2017-04

    スポンサーサイト - --.--.-- --,--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    久しぶりにモンポウだけを弾きました。 - 2013.06.03 Mon,23:51

    演奏会が終了したのでタイトルを書き換えました
    なお、本文はそのままです。

    ゆえに、本番前に着いたコメントとタイトルの整合性がちょっと失われますがご容赦。
    20130531flier

    元はと言えば、去年、僕に習っているマダムたちのコンサートがきっかけでした。
    この日を境に、彼女たちと、お手伝いしてくれた仲間の音楽に対する取り組みがドラスティックに変わっていきました。

    そして、僕がずっと独奏をしてないことに対して、尻に鞭を入れてくれたのも彼女たちでした。
    で、今回お膳立てをしてくれたのも彼女たちでした。

    だから自分の為というよりは、その気持ちに応えたいと思います。

    しかも、僕が初めてこの作曲家の作品を弾き出した1987年ころ、モンポウがこの世を去りました。
    まだ存命中の作曲家なんだとそのころはびっくりしたくらいでした。
    (1893年生まれですから)
    そして、92年、日本で開催されたモンポウ・フェスティヴァルという催しの為に、ひょんな巡り合わせで奥さんですばらしいピアニストでもあるカルメンさんに貴重な5時間にも及ぶLessonを受けることがきっかけで、ますますのめり込みました。

    そのうちバルセロナのお宅にも行く事になりました。

    モンポウのピアノを(僕の知っているメーカーではなく、もしかしたらスペインのものだったか?)ちょっと触れたら(やっぱりバッハやモーツァルトじゃなく、この場合誰でもモンポウのさわりを弾いたら)そこで、またLessonになりました(爆)

    Lessonのほとんどが、彼女のモンポウの想い出に関する「のろけ話」だった気もしますが、まあ、弾き方云々ではなく、彼女の思い入れを通じてモンポウのスピリッツを少しだけ学んだ気もします。

    自分のアプローチに関して、お前のモンポウはピントが狂っているとは云われなかっし(爆)、弾いている間に、突然「あなたに彼を会わせてあげたかった」と言われた時には感無量になった想い出があります。

    しかし、最近知ったのですが、そのカルメンさんも天国で夫に再会することとなった様で、もう一回くらい聴いて貰えたらと思って居たのに凄く残念に思います。

    その教えに恥じない演奏をしたいと思います。

    画像をclickするか、以下の文字列をclickするとPDF書類で、もうちょっと精細なチラシを見ることが出来ます。
    http://shiraishijun.jp/chirashi/20130531flier.pdf

    2013/05/31(金)
    19:00

    横浜の上大岡という駅にあるひまわりの郷という素敵なホールです。
    二年前にそこでコンチェルトを弾いた場所です。
    ひまわりの郷のサイトに小さいけど地図があります。
    http://www.himawari-sato.com/modules/access2/

    チケット申し込みは、http://form1.fc2.com/form/?id=601550からもできます。

    なお、この写真を撮った場所は、山猫合奏団のチェリスト、大島純氏がオーナーの、プリモ芸術工房で撮りました。
    で、撮影も大島純氏であります。感謝
    関連記事

    ● COMMENT ●

    山口由紀さん、ありがとうございます

    山口さん、ご来場感謝致します。

    僕のコンサートはいつも喋りすぎると云われるほど能書きが長く(爆)、今回は「いつもよりすっきりしていた」と云われので、それは肝に銘じます(爆)

    僕は自分の「技術を披露する」ことはまったく目的にはしてないので、「知り合いの家にお呼ばれして飯食って弾く」空気にするためには、単なる曲の紹介ではなく、ポピュラーの歌手の方たちの様に、曲に関係ないことも含め、語りかけるコンサートにしたいと思って居ます。

    たしかに喋ると、演奏する集中力には良くないのではありますが、僕が30年近く前から小さい所で(実は独奏に関して云えば、ああいう大きさで弾くより、圧倒的に仰るとおりのサロンでの演奏の方が「日常」というくらい多い)弾く時、こんなにお客様との距離が近いのに、何も言わずにただ弾くのは「失礼」だろうと思って居るので、僕に習っている人達の発表会では、おしみさんなどを始め出演者は、原則弾く前に、その曲への思いとかをトークしていただくことにしています。

    演奏する事と、語りかけることが別世界にならないよう、その立ち位置はたぶん一生変わりません。
    また弾く時にはいらして頂けたら幸いです。

    白石先生のコンサート

    初めまして。横浜で、ピアノ教師をしております。

    先生のコンサートを、facebook で知り、押見さんの推薦もあり、拝聴させて頂きました。

    モンポウを、紹介したいという、先生のお気持ちが、とてもよく伝わり、モーツアルトや、ケンプのエピソードも、ご紹介頂いたり、楽しいコンサートでした。

    先生の音楽に対するお考えや、作曲家、演奏家の知られざるエピソードなど、もっとお話も聞きたく
    なりました。

    次回は、是非、サロン風コンサートみたいにして、演奏や、先生ご自身ののお話など、ご披露頂けたらと思います。

    音楽を通して、人生を追及したい気持ちは、皆が共通する何かが、あるような気が致します。

    おしみさん、長崎ちゃらんぽらんさん、ありがとうございます

    こういうご感想を頂くと、努力した冥利に尽きます。
    自分としては、色々な破綻が気になって翌日は目覚めが悪かったのですが、伝わるべき事が伝わっていたのを目にすると、最近亡くなったらしい、彼の奥さんのカルメンへの「少しは20年前よりは上手くなったかも知れないです」と報告できるかもしれません。

    お疲れ様でした

    こういうコメントを頂くと努力もやってよかったと思いますね!
    よかったです。

    演奏会の感想をご紹介します。

    演奏会後、いただきましたコメント、こちらに記載させていただきます。

    *一つ一つの音にこだわりを持ち、それが心に沁みました。
    *こんなにモンポウを表現できる方はいません。
    *このところ自分のピアノをアピールすることに必死になっているコンサートがある中で、音楽に囲まれた充実した日々を送られていらっしゃることが伝わる素晴らしいコンサートでした。音楽を通じての生き方が大切なのですね。
    *モンポウと白石准さんは音の響きを大切にして音楽を楽しむという接点があるのだと思いました。
    *初めての曲でもお話しが入るのでわかりやすかったです。
    *モンポウを紹介したい気持ちを大事に楽譜を据えていらっしゃいました。
    *音の響きは聴くものだと思ったけれど、音が見えるような感じがした。
    *暗い曲なのに悲しくならなかった。
    *ギターに編曲された曲で知っていたけれど、原曲を聴けてよかった。遠くから来た甲斐がありました。
    *東北の民話にあるような世界でした。人間の奥に宿る情緒を感じました。
    *ピアノで美しい音を弾く人はいるけれど、白石准さんの音には物語を感じます。ピアニストであるけれど、表現者なのだと思います。
    *左の据え方がすばらしい。
    *モンポウをこのホールで弾いたことはとても意味がある。
    *次回はモンポウの歌とギターを入れてやってほしい。
    *スペイン音楽と共にスペインワインを味わえたのも嬉しかった。


    皆様のご感想、心より感謝いたします。ありがとうございました。

    ピアニストのかりんさんは、実際に弾いてみられたのですね。

    モンポウを理解するには、譜面にすべて書いてあると思います。

    普通テヌートは音の上に書いてあるのに、ときどき、音と音との間に書いてあったり、この間弾いた曲じゃ無いけど、あるフレーズの上にQと書いてあって、その次のフレーズには、Aみたいな事がかいてあって、最初なんだと思ったら、問いと、答えだったんですね。

    そういう普通の譜面にはない情報をモンポウは書いているので、確かにモンポウ自身の演奏や僕の場合はカルメンの言葉は手助けになっているけど、やっぱりほとんどが譜面を見ればイメージが湧いてきます。

    僕の方が年取っているとか男だからとかいう理由ではなく、僕は最初から、「どう弾いたら良いか」という悩みは皆無でした。
    単に、弾こうと思っていることははっきりするけど、技術的にそれが出来ないだけの悩みでした。
    だから違和感無く、僕には合ってる作曲家だったのかもしれません。

    モンポウと仲良くしていただけたら、嬉しいです。

    役に立つかどうかわからないけど、僕の中では、モンポウは皺だらけのおじいさんの温かい手ざわりの音楽、そしてプーランクは男性だったけど、ふくよかな女性のたぽたぽした二の腕のやわらかさ、冷たさ、そして際限ないおしゃべりが続く音楽という認識もあります(爆)

    ありがとうございました

    コメントをしようと思いつつ遅くなってしまいました。
    夕方、歌と躍りの楽譜を開いてみました。モンポウの音楽は、私はまだよく演奏する事ができません。というのは白石さんの語られたように、或いはタイトル通り、躍り、なのですが一瞬一瞬の響きにとらわれすぎてしまって音楽が止まってしまうんです。
    先週の白石さんの演奏はとても説得させられる躍りで大変感激致しました。
    これも白石さんのおっしゃっていたところですがやっぱりモンポウ自身の演奏ともまた全然違いました、聴衆である私の表現の解釈(という言葉が適切かどうかはわかりません)の幅も広がる素敵な演奏会でした。ちなみに私はプレリュードの1番がとても好きです、確かに救われない気持ちになりますが笑
    またNさんとうかがいますね。

    ヨシコさん、ありがとうございます。

    モンポウの曲がテレビドラマで使われていたなんて知りませんでした。

    共有感は僕の位置からは判断できませんが、そうだとしたら嬉しいです。
    独奏で自己主張に走るか、聴いて居る人の共感を得ることになるかは、本当に難しい事だと思います。
    僕は若い頃から自己主張が強いことを、良くも、そして悪くも言われてきました。
    しかし、それはヴィルトーゾになることという指向は一度も持ったことはなく、どうしたら、伝わるかということの永遠の繰り返しでした。

    だから、無用とも思えるトークが炸裂するのも、伝えたい事が無数にあるからです。
    その気持ちが強すぎると自分で重圧に潰れます(爆)

    でも安全運転からは何も生まれない。
    そして、「こうしたい」が「こうせねばならぬ」になりがちで、それも自分をつぶすことになります。

    前よりも少し客観的にモンポウにアプローチできる様にはなった気がしますが、まだまだ興奮しすぎです(爆)
    次回聴いて頂く時にはまた成長したいと思って居ます。

    遅れをとりました!

    降り注いでくる音に包まれた演奏会でした。
    モンポウは20年以上前でしょうか、櫻の園という映画(女子高の演劇部の話だったか?)でショパンの主題の変奏曲が使われていて、それを聴いたのが最初でした。
    そのときは、ちょっと違う感じのおしゃれなショパン、という印象でした。
    映画の挿入曲としてBGMのような第一印象をもってしまったことが大きな間違いでした。
    前奏曲集がとりわけ深く染みてきました。
    会場の皆さんと一緒にモンポウの重なりあう音、音楽を吸い込み、幸せでした。
    あのときの空気全部を共有できたというような気がしました。
    ありがとうございました。

    おしみまさこさん、大変お世話になりました

    今回の企画の中心人物のおしみまさこさんに喜んで頂いたのが一番大事なことだったのだと思います。
    もう独奏は趣味でいいやと思って居た僕を無理矢理こうやって追い込んだのですから(爆)

    別に語録は並べなくてもいいと思いましたが、そんな偉そうな事を言ってましたか、、、恥ずかしい。

    今日は山猫合奏団のための新作の詩(今回は山之内貘)の朗読の為の音楽を一曲書き上げ、その後、当日にも配った宝塚の元トップスターの方のコンサートの打ち合わせ(昨日もだったが)に行きまして、共演する韓流の若い男の子たち4人と歌の練習をしました。

    まったく違う世界のことをしていましたが、若い男の子達、凄く可愛くてかっこよかったです(爆)

    もう、あの夏のコンサートは売り切れ寸前だそうです。
    ここで告知しなきゃと思ってるけど、告知する頃にはソールドアウトかな(爆)

    このコンサートも僕の新境地開拓の冒険になります。
    オリジナルの曲もあるし、ピアノトリオ(Pf.Bs.Dr)がどういう結果になるか。

    演奏会を終えて

    白石准さま お疲れ様でございました。
    もう次のお仕事に取り掛かっていらっしゃることと思いますが。。。

    今、思い浮かぶ白石語録をここに書き留めてみます。

    技術は大切、でも本当に伝わるのは技術以外のもの。ある意味それはとても怖いこと。
    ピアノや音楽と格闘してはいけない。
    上手く弾いてやろう、うまく弾けるのになどと思うなかれ、偉大な音楽を伝える人になりなさい。
    ピアノを好きになるな、音楽を好きになれ。
    その音楽をどう感じて、どう楽しむのか、どう伝えるのか。
    知らない曲に出会う喜びを味わってほしい。
    レッスンとは正しい弾き方を習うのではない。作曲家のスピリッツを学ぶのです。
    僕はピアノを弾くのではなく、音楽を演奏します。

    今回の演奏会でまたまた白石スピリッツを学ぶことができました。
    音楽で楽しんでいる人がそこにいる、音楽を楽しんでいる自分がそこにいる。
    そんな人々との繋がりを大切にする純粋な気持ち、音楽を通じての生き方が准さんの音には表れていました。だからこそオール モンポウプログラムだったのですね。



    今回の演奏会…夢が実現したのではなく、ただただたくさんのご縁の積み重ねを大切にしてきたことが偶然に繋がって「みんなの演奏会」となったのだと思います。
    お力になってくださった児玉さん、雪さん、ドラさん、守田さん 本当にありがとうございました。
    イイネ!を下さった皆様、残念ながらいらしていていただけなくとも応援メッセージを下さったたくさんの皆様、そして聴きに来てくださった皆様 最後に良き理解を示してくれた主人に心より感謝いたします。
    何よりまた音楽を楽しむ方が増えましたこと、とても嬉しいです。
    私も与えられた1日1日誠意をもって正直に音楽と共に日々重ねてまいります。

    これからも八王子にある龍谷寺ホールにて白石准さんのレッスンは益々進化することでしょう。
    そして次なる演奏は…楽しみですね。

    gattopardaさん、ありがとうございます。

    別に意識して今までと違う弾き方をしたわけではないのですが、10年以上モンポウの記憶を寝かせておいてあるあいだに、弾いてみたら知らない音が出てたという感じでしょうか(爆)

    奥さんでピアニストの、カルメンにもう一度会いたいなと漠然と思っていましたが、亡くなってしまってもうそれも叶わないし、かといってその教えを忠実に受けた高弟の方に習いたいか、となると、ちょっとそれは微妙な距離になってしまうから、そういう気も起こらないし、じゃあ誰かに伝えるべきかと問われたらそんなことしたらばちがあたると思うし(爆)。

    譜面に書いてあることを僕の音にして、カルメンに聴いて貰ったとき、本質的に僕が酷いことをしている、とは言われなかったし、僕のイメージを膨らませるために色んな具体的な事の示唆をしてくれたLessonでした。

    その結果、譜面を通じて自分がイメージしていることは「正しい、正しくない」という次元ではなく、変ではないのかもと自信は持ちました。(はなから、正しい演奏なんて目指してないし)

    じつはその時他の演奏家には僕とは違って凄くきつく否定的な事を言っていたのを目にしたので、単なるお世辞ではなく、やっぱり弾き方によっては色々あるんだなと思ってました。

    思い出すに、彼女が僕の為に熱弁をふるったあの日のことは、僕が受けた生涯のLessonというLessonの中で、未だに忘れられない貴重な時間でしたから、(まあコンサートでも言ったけどのろけが数分の一だったけど、それはそれだけ愛していたという証拠で、モンポウは幸せだったんだなと思いました。)その「モンポウの空気感」(を示唆されたことが大事だったと思う)と、それを受け取る「僕の主観」の融合が大事なわけでしょう。

    自分の主観、といったって、彼女に習った20年前とはもう違う領域に来ているし、僕も死ぬまでこれと共に音楽生活を歩んで行くべきだと思いました。

    やっと書ける

    音楽の感動を言葉にするのは難しい。週末をはさんで、やっとここに書き込めるようになりました。

    音楽会の帰り、まず同行者と話したくなくなりました。二人ともピアノを弾く人間でもあるから、聴いて来た音を繰り返し内なる音楽の世界で噛み締めていたのですよね、、、「じゃまされたくない」オーラを互いに出していました。

    そして次に、私は無性にピアノが弾きたくなって、日曜の午後に一生懸命時間を捻り出して練習室に弾きに行きました。

    私は、准さんと芸術学科で同窓生ということもあり、多分十代の終わりから准さんのピアノの音を耳にしています。色々なエピソードを知ってますし、、、それがじゃまして音楽そのものを受け取れてないのでは、、、と今までは複雑な思いがありました。
    しかし、今回は、本当に心から音の世界に浸りきりました。
    初めて出会ったような、新鮮な世界でした。
    ピアノであんな世界を描けるんだ、、、とちょっと感動したと同時に、新たな目標ができました。

    最後になりましたが、企画して下さったマダムの皆様、、、これからも、准さんをよろしくお願いします。
    休憩のワインも、おつまみも美味しく頂きました。本当にありがとうございます。

    ベードラさん、ありがとうございます。

    不勉強なんて、おっしゃらないでくださいね、べーどらさん。

    クラシック音楽を好きな方々のなかでも数多の人がこの作曲家の存在や魅力に気づいているわけではありません。
    たぶんあの日、客席に居たほとんどの人達が名前を聞くのも初めて、という人だらけだったと思います。

    逆に僕は流行歌を始め、世の中の人がカラオケで歌うような歌は、ほとんどが知らない曲だらけですから(爆)

    でもPHOTO蔵を通じて知り合えたベードラさんが、わざわざ足を運んで頂いた事がうれしいし、お声をかけていただいたら、そのまま一緒に飲みに行ったとおもいましたので残念でした。

    また聴いて頂くことを、そしてお会い出来ることを楽しみにしています。

    ベードラさんの写真も素晴らしいものが多いですから、みなさん、見に行ってみてください。
    http://photozou.jp/photo/top/2876791

    Lucyさん、ありがとうございます。

    終演後Lucyさんにはお会い出来ませんでしたが、喜んで頂いて嬉しかったです。

    なんと、チラシが入って居たと思いますが、今日は夏のShowの打ち合わせで恵比寿に居て、帰り杉並の実家に寄る前に下北沢で途中下車し、どうしても食いたかった好きな店にいったら、そのきょうちゃん夫妻が居たのです(爆)

    しかも僕が座った席は彼女たちの隣という凄い偶然。

    話を元に戻します。
    僕にとって、モンポウと、プーランクは若い頃からとても愛してきた作曲家なので、やっぱり特別な思い入れがありました。

    山猫合奏団の本拠地にもなりそうな、プリモ芸術工房でもやる計画を立てています。

    10年間一つも音符を譜面に書けないくらい精神的に辛い思いをしたというモンポウに比べたら、僕の苦しみなんかは屁みたいなものなので、もっと先に行けるよう頑張ります。

    雪さん、ありがとうございます

    モンポウは政治的には確かにスペインの人なんですが、我々にはなかなか直感的には理解できないほど、スペインという国はいくつもの国が集まって出来ているといっても良いような文化にあるから、首都マドリードや、アンダルシアといったそれはそれでまた個性のある場所ともまったく違うので、「スペインの作曲家」とは僕は言わないようにしています。

    やっぱりバルセロナであり、それよりも国をまたがった独自の文化のあるカタルーニャの作曲家というほうがふさわしい。

    今回僕が自分で発案した演奏会ではありませんでしたが、もう独奏は自分からしても誰もそれを必要となんかしてないと思い込んでいたけれど、ある意味強制的にこのコンサートをやる羽目になって、自分も実に久しぶりではあったけど、まとめて弾いてみて、87年に弾き始めたんだけど、それとは違うモンポウを感じる事となりました。

    だから僕を追い込んだこの企画者、押見さんには大変な感謝を感じていますし、また新たな出発として、本当の意味のレパートリーにするべく、弾き続けないと行けないのだと思いました。
    やっぱり同じ曲を百回くらいは人の前で弾かないと自分のものにはなりません。
    長く弾いて来たけどまだまだ回数が少なすぎる。

    また前を向こうと思いました。

    素晴らしい演奏をありがとうございました

    ネットで拝見して白石さんのコンサートに初めてうかがいました。

    モンポウ?

    不勉強な私はこのコンサートまで(失礼ながら)まったく知りませんでした。
    ですので始まるまでは一寸不安でした。

    しかし、コンサートの冒頭、白石さんは私の心を見透かすかのように演奏を始めずにマイクを握ったのです!!
    そして、モンポウという作曲家の解説、これから演奏する曲の説明(これがシロートにはとてもわかりやすい!)をしたうえで演奏に入っていくのです!!

    そしてその演奏は、素晴らしい演奏でした。

    白石さんが作りだす会場の空気感。
    決して肩肘張っているわけではないけれど聴衆を引き付けるピアノ。

    選曲もあえて明るめの曲をセレクトしてくださったようで、あっという間の2時間でした。
    そしてとても贅沢なひと時でした。

    素晴らしい演奏をありがとうございました。

    本当に久しぶりの素敵な演奏会でした。
    きょうさんと余韻に浸りながら帰りました。

    良~い! 良~い曲です!

    モンポウ降臨

    オール モンポウ プログラム

    私にとって、とても思い出深い日となりました。
    心のひだを、モンポウひと色に満たされ、とても幸せな刻だったからです。
    お手伝いの関係で、前奏曲集と、ショパンの主題による変奏曲を会場で聴かせていただきました。

    モンポウは、内なる情熱の音楽なので、サロン風な場所で弾かれるのがいいのかと思っていましたら、このホール(380人入るそう)全体が、水琴窟のように音が響きあって、とても魅惑的でした。

    水をうったような静けさ
    その静寂の中から音のパレットを混ぜたように音楽が生まれました。

    前奏曲集
    私はスペインに行ったことはありませんが、自分の心を吐露するようなメロディーや、どこかに悲しさをもっているような響き 明るい太陽の輝き 恋 など、散りばめられているような気がしました。
    左手だけのも・・・美しい。とても音楽が深い。メロディーが深い和音に支えられていました。
    花火にたとえられたのもありましたね

    白石さんの息遣いも聴こえ、会場一帯が、ひとつの息をのみこむような 一体感
    そして幸福感に包まれました。
    私は、一番後ろから聴いていましたが、そんな感じが伝わってきました。

    ショパンの主題による変奏曲
    これは、モンポウがまさに会場に降りてきていました。
    変奏曲というより、オマージュのようだと私は思いました。
    おなじみの主題の後、第一バリエーション
    ショパンのメロディーにモンポウの音を重ねて、まるで愛しむように流れ出します。
    この時、モンポウが降りてきたように感じました。
    そして、音を辿りながら、自由に変化していく様は、モンポウが自分の才能をひけらかすのではなく、ショパンと戯れ、言葉さえ交わしているように感じました。
    音が重厚さを増していき、とても高揚して聴いていたら、エピローグ
    エピローグに移るこの間は、白石さんが予告していたわけですが、とても深い間でした。

    モンポウの深淵に私達を引きずりこむような

    エピローグの余韻が会場の天井まで昇って、
    もう一度 深淵に沈んでいった時、拍手・・・

    素晴らしかったです。拍手 鳴りやみませんでした。

    もう一度 モンポウに会いたいと思いました。

    おめでとうございます。

    大月さんご訪問ありがとうございます

    たみさん、気づくのがあと数日早ければ、、(爆)
    たぶん門仲天井ホールで弾いて居た頃のモンポウとは違う所に行けたかな、その分年取りました分、そのテンションの深さに溺れてしまうことなく淡々と弾く事が出来ました。

    また近々千葉の船橋方面で弾こうとは思っていますので宜しくお願いします。

    両国門仲天井ホールでのデビューは、山猫合奏団の演奏になると決まっております。(日時は未定)

    お世話になりました

    長崎ちゃらんぽらんさん、僕にとっても想い出のステージになりました。
    他の仲間のみなさん共々、お手伝いありがとうございました。
    心強かったです。

    やっぱり僕にとっては特別な作曲家なんだと、今までに無い次元に突入したモンポウでした。
    また弾きます。

    お久しぶり

    白石さん、お久しぶりです。大月(旧武田)です。昔、白石さんが門天ホールでモンポウを弾いてらした頃によく聴かせていただいておりました。
    昨日、谷めぐみさんのリサイタルを聴き、素晴らしいモンポウの「夢とのたたかい」の3曲を聴くとともに、彼女がモンポウのレッスンを受けていたことを知り、白石さんのことを思い出しました。
    私もその後、スペイン歌曲を歌っており、最近はアルゼンチンの歌曲に見せられていますが、なんといっても原点はモンポウであり、白石さんのピアノでしたから、急に懐かしくなりネットで検索してこのブログにたどりつきました。なんと5/31にモンポウのリサイタルをされていたとは!!
    残念!! また白石さんのモンポウがお聞きしたいので、企画してくださいね。できれば、両国門天で。

    横浜の1つの演奏会

    明日は、日々催される色んな演奏会の1つに過ぎないかもしれないけれど
    私たちにとっては、何か待っている・・・そんな気がします。
    ワクワクします。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://juninho.blog16.fc2.com/tb.php/4562-d33fef3e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    2013/6/23に山之口貘の詩による白石准の新作を演奏しました «  | BLOG TOP |  » 新日本フィルハーモニーの首席ホルン奏者の井手詩朗さんと弾いて来ました

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました   NIKON-D5100 SIGMA-DP2Merrill   葉っぱ 僕の作曲  SIGMA-DP2Merrillで撮りました @Discover神奈川県相模原市 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました Fuji-FinePix2500Zで撮りました  動物 CANON-PowerShotG10で撮りました CASIO-EX-FH20で撮りました SIGMA-DP1sで撮りました  CANON-EOS_KissX  RICOH-CX3   Tokyo CANON-EOS_KissX3で撮りました flowers 金属系 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 俯瞰 人間 楽器  SIGMA-DP1s 室内 animals  RICOH-CX6で撮りました birds Kannon   初めて知った漢字の読み書き like-a-face  昭和の香り Yokohama story 公園  鍵盤 bridges Olympus-E-PL3 overlook temple  井の頭自然文化園 動く 手造 SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫  RICOH-CX6 庭園 薔薇 Xmas  SD15 clouds 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 飛翔 子供 印象的な看板 階段   CASIO-EX-FH20 toilets Okinawa 雨粒 trees イギリス館 噴水  railways stations  CANON-PowerShotG10 cats 黄昏 Ferris-wheels カラス  people 静物  乗り物 Fuji-FinePix2500Z insects   rusted 栗鼠 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001  枯れて綺麗なもの autumn-leaves swimming 立山 Kyoto Osaka  有楽町 iPhone4で撮りました 飛行機 歴史 むすび座 飛騨高山 西洋館 orange the-last-century 枯葉 dogs ぼけ写真 parks  films absence celesta 東山動植物園 water  Kanagawa 楽寿園 秋桜 owls arts narcissus 富士サファリパーク aquariums instruments  technic SL  単焦点 lakes  pigs 奈良 音楽 美ら海水族館 みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 不在 temples moving  山羊 silhouettes man-made  小石川後楽園 tunnels  墨田区  知多湾 セキレイ Foveon 蜻蛉 大磯城山公園 さがみ湖プレジャーフォレスト mountains 訃報 巡礼 八重洲 水族館   contrast dam 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました CANON-EOS_KissX3 Islamic  NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 韓国 シーサー concerts ponds 朝露 汐留 Steinway  みゅう 浜離宮 両生類  ダリア 東京駅  天王寺動物園 考える 木漏れ日 黒部ダム  peoples 根性植物 東京ジャーミイ my-father's-photos 椋鳥 SIGMA-DP2Merril 秩父 rare カンガルー swim お地蔵様 韓国の日本語表記 Tokyo-bay  最乗寺 変な建物 garden 遠近法 正露丸 六本木 教会 shadow  photo話 glass ゴジラ graveyards green モスク 根岸競馬場跡  ズーラシア ノウゼンカズラ 富士花鳥園 三菱一号館 パチもの 青山 Miyazaki gardens 信号機 Mt.Fuji Shinjuku 銀座 演奏場所 fishes Halloween 螺旋 谷中 f1.4 architectures 蜘蛛 高千穂 公孫樹 蚤の市 SIGMA-DP1Merril USA blue 丸の内   多摩動物公園 向日葵  仏像 首里城 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses ガラス  toriis Clematis 酔芙蓉 パチンコ ダム PaxCrossOver Andre_Henry 日比谷 枯れた蓮 スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました  rabbits 池袋 ススキ Wien 東京国際フォーラム  MF 皇帝ダリア mushrooms 山手111番館 youtube 東京Tower rainbow カマキリ 銭湯 wood 外国 Boesendorfer 吉祥寺 Nagoya 線路 mannequin 遊園地 YouTube gold 逆光 Tokyo-tower 神戸花鳥園 WestsideStory square_piano  アンドレ・アンリ island 大久野島 台風  Hiroshima 板橋区 屋根 reptiles 蒲公英 揚羽 下北沢 move 自動車 水中 grasshoppers black cars 水面 達磨 shrines whale_sharks car 川鵜 Tokyo-Rainbow-Bridge dragonflies road 空中写真 Yokohama-Bay-Bridge 親子 廃墟系 御茶ノ水 slow_shutter spirals ドライフラワー 藤野 空港 麒麟 steampunk 陽光 上高地 真鶴 睡眠  SIGMA ペンギン 照葉大吊り橋 上野動物園 windows 皇居 正月 アルパカ  bike 招き猫 エーデルささゆり 硝子 千葉県 MFレンズ ハナミズキ Foveon_Classic_Blue Merrill DP2 organ ruins indoor ceiling 三嶋大社 海遊館 所有物 二条城 sleeping 卒塔婆 helicopters  purple airplanes Shibuya gull downtown 牡丹 床屋 長屋門公園 絶滅危惧種 帆船 透過光 プリモ芸術工房 hippopotamus 動画 レンガ synchronized 辺野古 Illuminations フィルム写真から  サボテン ship 仙台 Chita-bay stories 工場 流し撮り crows stairs 野牡丹  清水寺 sepia 山科 嵐山 鶏頭  横浜DockyardGarden @親父の撮った写真から cembalo 外苑 旅客機 記念撮影 小物 絵画館 羽田空港  心斎橋 小学校 赤外線 物真似 壁画 石川県 28-80mmの中古MFレンズで撮りました 誕生寺 金沢 横浜マリンタワー 秋葉原 宮城県  松島  草野心平記念文学館 カラー(花) 道志川 自衛隊   原宿 神話  朝顔  表参道  草野心平 お台場 pigeons reflections candle 四天王寺 chimneys ropeways woods Nara お盆 吉祥院 trolley_bus シマウマ BIKE trumpets 幻冬の詩 towers fishings 古宇利大橋 煙突 bricks インコ 独奏 東林寺 roofs cigarettes   ice_needles  dark 透明人間 神奈川 lions asses 山猫 椿 lights 黒鳥 shadows farms 鉄道模型 ジオラマ 八王子車人形 Story Olympus-E-M5 keyboards 原鉄道模型博物館 Guys&Dolls 菖蒲 airports 鸚鵡 deers chameleons meerkats jellyfishes  halls RICOH-CX4 Santa_Claus  roller_coaster jeu_de_timbres blue_rock-thrush 髪切虫 movies 神楽坂 Shiodome bottle doors Arashiyama paint Ushimado 大阪 Tokyo-Gate-Bridge Bechstein turtles Tokyo-Sky-Tree farm street-lamp bench koala Erard Sunshine-aquarium Kobe seal  アシカ ハイビスカス コウノトリ 野毛山動物園 岡本太郎 Okayama still-lifes symmetry iPhone4 Tokyo-International-Forum 模型  Matsushima beach Sendai ropeway 銀閣寺 RhodesPiano 桂川 和歌山県    新世界 仁王 時計 調布市 gate door Olympic Sweden England 中津川 cicada window Apple 蝸牛 Google クワガタ raccoon NEWS 牧野Vl.教室 高幡不動 縁日 寝顔  sports 中国 路地  live 文鳥 Tuvalu 天狗 知覚 白鳥 石像 スカシバ 釣り人 上野 駱駝 カピバラ 高尾山 Pleyel  カニングハム 恐竜 代官山 Poulenc curry 長崎県 翡翠  早稲田 酒場 人形 cosmos 弾き振り しょく Debussy うみねこ きのこ 両国 破壊 ザトウムシ ToyPianos ToyPiano earthquake fighters keybords islands winte squirrels dams Ginza pansies spiders vines Japanese_blue_magpie raccoon_dogs Ninja dragons fennecs Caramel foods dolls Hackbrett cicadas lens sunshines Sinjuku fishing fliers buoys Dance cityscapes objets sonw  photos skating illuminations performances bicycles organs lover 枯れた raccoons apples 檜ホール icstruments girl crescent 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins boy marmots Yokohama神奈川県 black_kite 渡月橋 chance dragonfles friends 菓子 walrus hydrants capybaras maras sea_lions asteroids dolphins fountains singing cable_car icicles XmasTree flamingos fisshs moths otters ducks wooper‐looper amphibians education stars bamboos buds stingrays tulips battles Cheetama jupiter8 chain lock Pipe-Organ photo リス アトリエ萌 ムラサキシキブ 配管 車両 Olympus sunflower 等々力渓谷 Like-a-face E-PL3 自分の作曲 Mt.FUJI DP 135mm単焦点の中古MFレンズ ピンク 三渓園 Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 DIGNO2 slowshutter  三輪車 Jupiter8 Musician Olympus-EM5 SIGMA-DP!Merrill 那覇 白黒 ダンス 横浜開港記念館  八ヶ岳 玉暈け レトロ モノレール  donkey 東山動物園 platforms landscapes 街灯 hat 白石  sprinkler monpou cocert storms Landscape tablephoto walnuts surprise snowman table glasses mirrors reflectons table_photos stove 変電所 花虻  brown 墨絵 illumination 井手詩朗 Lion 山之口貘 solo gazing neon tortoise running 碍子 advertisement retro laughing gerbera 兵庫 sculptures armors 日本橋 三越劇場 灯り 深川不動尊 踏切 政治   怒り 劇場 三越 廃墟 なりすまし @親父の遺した写真から 海老 Mozart Cimbalom 門前仲町 富岡八幡宮 背中 ハート 天龍寺 internet 警告 コスプレ サンタクロース 花束 イルミネーション 並木 Gogh SIGMA-SD15 地名 ソフトフォーカス 銅像 孤独 マジックアワー Architecture 豪徳寺 オダマキ 船橋市 走る cafe 根岸森林公園 客船 彼岸花 ヒーロー violin 通天閣 加古川 天安河原 フランス山 冬桜 高千穂峡   花火 カビ キッチュ 神戸市 天井 眼鏡 水紋 鯉幟  風車 根津美術館 石仏 茅ヶ崎市 美術 メジロ 仕事の話  那覇空港 調律師 調律 七五三縄 天岩戸神社 うろこ雲 邦楽 モノクロ セピア 海洋博公園 保護色  茨城県 戦闘機   museums wild-boars globefishes sharks dead-leaves mold restaurants roads castles bigs still-lives bronze pelican peacocks 大仏 butterflies witer goats giraffes ice ships travels cable-cars trolley-bus gates bees mask 運河 高山市民吹奏楽団 酒席 abutilon eyes rajilways lighthouses theaters hummingbird-moths horseflies restaurant signals ceilings light benches goldfish dahlia Ikebukuro crocodile Tennoji-zoo zoorasia Ayu Miyagi Nago moonlight airplane radio-drama Yokohama-Marine-Tower cultivator Itabashi laws-of-perspective Haneda-airport anchor screw about-photo sand construction-site サザンカ wall crawfishes sunshine-aquarium snakes genius backlight brick dried-flowers words stinkbugs dragon Umeda cormorant birdsseagull moire sakai-river egret Aichi lizards apple 狛江市 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。