fc2ブログ

    2022-05

    ガイズ&ドールズの舞台裏の高い位置にあるバンド台では怪人が人知れず跋扈していた - 2010.08.31 Tue,10:42

    鍵和田変顔610トロンボーンの鍵和田さんは、Guys and Dollsの公演中、直接舞台が見えないところで指揮をしながらピアノも弾いている僕がプレッシャーにさいなまれていると同情して下さり、開演の数分前には、たびたび(東京公演からなんだな、実は)ガムテープを使ってこの様なイヴェントを、僕の為、バンドのために催して下さいました。

    それに加え、鍵和田さんはまったく舞台で何が起きているのか解らないで吹いていらっしゃる訳で(僕以外の人はほぼ全員舞台上は全く見えて居ません)こういうことでもしないと間が持たないというのも本音です。

    だから、ピットでは人によってはストーリーさえ分からないまま弾いている場合も良くあるのです。

    普段舞台装置の後ろの見えないところで弾いている僕らですが、確かにHot Boxの場面は前が開くので(東京公演と違い、ハバナの場面は今回は開かなかった)、僕と違い正面を向いている他の人たちは舞台が見えるのだろうと思っていたら、あまりに演奏に忙しく譜面と指揮から眼が話せないのでまったく舞台は見なかったと皆さんおっしゃってました。

    だから思う以上にバンドの人たちのメンタルっていうのは、参加しているけど最後までなにがなんだか分からないということが多いから集中力を保つのが大変なのです。

    だから良く、千穐楽まであのクオリティの高い演奏をしてくれたと、賞賛して余りあるものです。

    これは僕が通常のオーケストラピットに入って弾いているときも同じです。

    どんなすばらしい公演を何十回とやろうとも、全部乗っていたらまったく観たことがない状態になっています。

    ではその瞬間、バンド台に笑顔が咲いた、偉大な巨匠の作品の本当にそのごく一部(今回の公演のものでたまたま撮したもの)をご紹介しましょう。

    写真はクリックすると無意味にちょっとだけでかくなります。

    偉大な先輩に感謝(爆)

    そうそう、今回のバンドは血液型でいうと、彼と僕だけAB型でした。
    エキストラがいろいろ入ってその分布は変わったけど、千穐楽近辺は、7人のバンドの中、すべての血液型が揃って居ました。

    その中でも一番落ち着きのなかったABの我々は考えてみたら一番じっとしてなかった。


    鍵和田変顔611なかなかの出来映えにトランペットの木幡さんに撮影されています。


    バンド開宴前613なごやかな開演前のひととき。

    僕はカメラに写ってしまうので演奏中は常に上着は着ていましたが、皆さんは高い位置にあって照明に近いしあの灼熱の場所では、暑いので普段はこの状態で演奏していました。

    Hot Boxの場面とカーテンコールの時だけ上着を羽織っていました。

    しかし鍵和田さんの横顔には、、(爆)


    鍵和田変顔670実はこの咥えているいるミュートがとっても重くて数秒で落ちました。


    鍵和田変顔671時間が経つごとに、細工が巧妙化してきてついに、3Dの領域に入りました。


    鍵和田変顔672横から見た方が良く分かる。


    鍵和田変顔681ハバナの太陽をイメージしました(爆)


    鍵和田変顔699南国の鳥のイメージです(爆)

    10月になって、この鳥を見ていたら鍵和田さんを思い出しました(爆)(10/10/2加筆)


    鍵和田南国の鳥くちばしを開けたり閉めたりしていました。動画でないのが残念です(爆)


    准扇風機723あまりの暑さに、開演してから台詞が長く続くところで扇風機に頭を冷やしに来ているコンダクター・ピアニスト。

    アーバイドがスタンバイしているのが見えて居ます。


    鍵和田変顔731これは、大変な意欲作で、ピカソみたいです。


    鍵和田変顔733イリノイのシセロから来たちょっと危ないギャンブラーのビッグ・ジュリーはこんな感じかな(爆)


    鍵和田変顔734あら、右頬も、、


    鍵和田変顔735これはやたら自然で、遠くから見ると本当に国籍不明なGuyになります。
    メキシコかコロンビアにいそうだ。


    准変顔736僕も試しに脱力系で挑戦してみました。


    鍵和田変顔769巨匠の制作場面(爆)


    鍵和田変顔770涙がちょちょぎれるぜ。


    鍵和田川上変顔777このバンド中唯一の三十代のトランペットの川上鉄平君も大阪人らしく、参加しました。

    鍵和田さんのミュートの先のティッシュは勿論息を入れると鯉のぼりの様に震えます。


    宮地変顔778千穐楽についに参戦。

    ドラムの宮地さんのある意味とってもシンプルでラディカルな作品。

    まだまだたくさんあったのですが、このようにバンドはみんな仲良しに芝居の前はこんなことして良い50代の親父達がよろこんでいたずらをしてリラックスに励んでいました。

    この顔はもちろんキャストもスタッフもお客様も見ることのできない一瞬でした。(巨匠は撮影後すぐにその作品を捨てていました。制作するのにときどき二日がかりだったりするのに)

    SHE LOVES MEの時もそうでしたが、今回のバンドも本当に仲が良く良い思い出になりました。

    感謝します!
    スポンサーサイト



    Guys and Dolls血圧バンド(再投稿) - 2010.08.30 Mon,08:24

    ついに今日Guys and Dolls名古屋公演の千秋楽が来ましたが、バンドは一昨日飲み会をしました。

    HotBoxFunkyGuysBandの紹介は、この記事や、この記事や、この記事にあります。

    最初の写真は、24日にTrumpetの木幡さんが、千秋楽を迎えた日に川上鉄平君と「引き継ぎの儀」を行っている瞬間です(爆)

    彼は30代なので、これで、今回のバンドは、20代1人、30代1人、40代1人、他は全部50代ということになりました。前回は30代がいなかったので(その代わり還暦の方がいらっしゃいましたが)これでバランスがとれました。(なんの?)
    引き継ぎの儀

    血圧756これ以降居酒屋の写真(クリックするとでかくなる)は28日でありますが、白石准は今回血圧計を持って来ていてこの日は劇場に持って行って測っていたら飲み屋でも測ろうということになってみんな測っている最中です。

    Bassの稲垣さんは“どんぐりと山猫”のTシャツを来てくれています(爆)

    中央がTrumpetの川上君ですが、実はこの日、終演後大騒ぎを起こしたのです。


    アイスクリームのケース実はアイスクリームの差し入れがあったのですが、(写真は昨日だったので、他のものも入っているが、昨日はバータイプのアイスクリームだけたくさん。)キンキンに冷えていて彼は、べろをだして、舐めた瞬間、ほとんどドライアイス状態だったアイスにべろが張り付いちゃったのです。

    普通なら笑い話ですが、冗談抜きで大騒ぎになり、特に管楽器奏者なわけですから、僕が突き指するのに匹敵する大騒ぎで、ポットからお湯を汲んで彼が持っているアイスの上からゆっくり流しながらそれでも数十秒か1分くらい(もしかしたらもっとかな)かけてアイスからべろを引きはがしました。

    カメラを持っていましたが撮るということも忘れどうなるかとみんな見守っていましたが、なんとか無事アイスからべろがはずれ、「感覚はあるのか」とか「病院に行った方が良いのでは」とかいろんな声が飛び交いましたが、居酒屋に行ったらこの通りで安心しました。

    みなさんも、アイスクリームが冷えすぎている状態は気をつけましょう。


    血圧757今度は稲垣さんが測っています。

    “どんぐりと山猫”の山猫が驚いているのが可愛い。

    僕の血圧は秘密です。

    高いから持って行っているのです(爆)

    だからこんなところでも測りながら気絶してたし(爆)

    でも血圧バンドっていうと血圧計のバンドの部分みたいだ(爆)
    くだらないしゃれになってる(爆)


    英太郎761この写真を撮っている頃僕は記憶がありません

    それなのに、撮影者になっています(爆)

    酔っているので次の写真に比べ、ピントがぼけている(爆)

    キーボードの水野さん(今回は客席からほとんど見えない状態の下手側の端で弾いていらっしゃいます)は欠席したので他の六人で呑みました。


    英太郎762でも変顔をすることは忘れてません。

    この後タクシーにみんなに乗せられて帰った(僕だけウィークリーマンションなので遠いのです。)らしいのですが、全然覚えてないし、降りた後(なぜ降りる場所を言えたのかもわからん)にローソンでビールとチーズを二つ買ったらしい(朝テーブルの上にあった)。わけわからん

    しかも左の足首の上あたりには、擦り傷があるし、どこで怪我をしたのかも覚えてない。


    上着を取りにこのおまけの写真は、ドラムの宮地さん(飲み会の写真は澁谷君、宮地さんの写真は、ここにあります。)が、本番5分前になって上着を楽屋に忘れて来た事を思い出し慌てて取りに行って不在なところです。

    めずらしくニヒルな稲垣さんが笑っています(爆)

    とにかく、病人もでなかったし、よくぞ、あの灼熱のピットでここまですばらしい演奏をしていただいたバンドの皆さんに感謝です。

    さあ、今日は盛り上がって有終の美を飾りましょう。

    今回は手羽先を食わなかったなあ、、、。


    シュトゥーデルってアップルパイみたいなやつか。 - 2010.08.25 Wed,23:23

    チーズケーキとアップルパイGuys and Dollsの中に出てくる「チーズケーキとシュトゥーテル」に触発されてきっとこの差し入れはされたのだと思う。

    とってもおいしかったです。

    名古屋滞在中のガイズのカンパニーの人たちは喜んで食べていました。

    感謝です。

    僕はアップルパイが好きなのでネイサンが賭けようとしたシュトゥーデルの方が好き。


    初めて本当の蝶ネクタイをしてみました。 - 2010.08.22 Sun,22:28

    蝶ネクタイ着用前今まで出来合いの蝶ネクタイをしてきましたが、今日初めて蝶ネクタイを自分で結ぶという事に挑戦しました。

    先生はトランペットの木幡さんでした。

    これが着用前です。

    蝶ネクタイ着用時あまり上手くは行ってないけどなんとかね。

    それより、日に日にタキシードが重くなっているような気がします(爆)
    汗を吸い込んですごいです。

    あ、ばれた。時計が全く変わってない。

    実は上の写真「前」じゃなくて「後」なんだよな(爆)

    Guys and Dolls劇場の前、そのそば、その中で - 2010.08.21 Sat,22:17

    Guys and Dollsの名古屋公演に、もう何日も前から入っているのに今日、中日劇場の前で、初めて広告を見ました(爆)
    今日は初めての二回公演でした。
    やっぱりきついよ。本当にきつい。
    下着のシャツを二枚持って行ってよかった。
    出勤する時もシャツは二枚持って行くべきだね。
    中日劇場100821

    この記事で見えた顔の辺りの「眼」から反対側を見上げるとこんな感じです。
    これで、何日連続でテレビ塔を写しているのだろう(爆)
    あの記事で、「口」に見えるところに今日もバスは停まってるね。
    テレビ塔を中日劇場の方から見る

    ナイスリーの金澤博君の手と昨日飯を食ったハンドルネーム「おばちゃん」との手の大きさの違い(爆)
    まるでこの記事のようだ。
    手の大きさを比べる

    凶悪な二人組(再投稿) - 2010.08.21 Sat,21:56

    暑くて死にそうなんだよ、なあ。

    そうだ、昨日噛み切った、じゃない、髪切った。

    エイモスと、じゃない、新ナイスリーの金澤博氏と。
    凶悪二人組



    上の写真は、8/7でした。

    今日再投稿します。

    劇場に入ってもこの通り。
    ナイスリーと准100821

    Viva初日Guys and Dolls名古屋公演 - 2010.08.20 Fri,11:04

    昨日は昼に舞台稽古、そして夜に初日を迎えました。
    写真は、舞台稽古後、ロビーで演出家の駄目出しを聞いている時に、窓のそとから中日劇場の前のセントラルパークや栄の街をミニチュア風に撮ってみたものです。

    ゆえに、記事の内容と風景は全く関係ありません(爆)

    しかし、糞暑いよ。
    前と同じくタキシードで弾いていますが、一回終わるとすごくびしょびしょになります。
    中日劇場からの眺めミニチュア1

    初日はいろいろなことがありましたが、そのなかでもバンドとしては、二幕の最初、ホットボックスでの演奏後、チェイサーが終わって場面転換するところで、東京の38回で一度も拍手が起きなかったところで初めて拍手をいただきました。
    感激です。
    東京の時はその曲が終わった時はあんなにがんばったのに、しーんとしているのでどうしてなんだろうと思い続けていたので、初めて笑みが漏れました。
    ありがとうございました。

    とっても良い仕上がりだと思うので、これから千秋楽までたくさんの人に観ていただけたらと思います。
    中日劇場からの眺めミニチュア2

    Guys and Dolls2010名古屋バンド - 2010.08.19 Thu,00:06

    今日はいつもの事ながら、初日を前にしたミュージカルの仕事に於いて一番長い一日でした。
    朝から、Guys and Dollsの名古屋公演のご一行は、場当たりをしながら最後までやりました。

    11時に音を出して、20時半くらいまでやっていました。

    その間耐え続けて音をだしていたバンドのメンバーです。
    この時や、この時に紹介したので、名前は省略します。

    今回代役が入るのは、ドラムとトランペットだけです。
    ほとんどが前回演奏している人たちなのでバンドは実に滞りなくやっています。

    まず、管楽器セクションです。
    いつも書くけど、見えないところから聞こえて来てたった三人で管楽器を支えているようには聞こえません。
    もっと褒めてあげてほしい(爆)

    Guys and Dollsバンド名古屋管楽器

    反対側はこうなっています。
    Guys and Dollsバンド名古屋リズムセクション

    僕の視界だけど、ブラウン管は液晶に比べて時差がないのは良いけど、あまりに鮮明じゃないので表情はまったく見えません。鮮明に観るためには液晶の方がいいけど、時差を考えたらブラウン管の方が、、、
    どうしたものか。
    白石准視界名古屋Guys and Dolls

    はじっこのトロンボーンとか反対側のキーボード、そして舞台上にいる人たちがモニター越しに見ている僕の姿です。
    今回は広角レンズらしく、湾曲しています。
    モニター准普通

    だから、興奮して迫るとこうなります(爆)
    モニター准魚眼

    まだなにも出されていない段階の舞台とか客席は僕から見るとこう見えています。
    結構高いところで弾いているし、やっぱりクリエよりは2倍半から3倍くらいのキャパシティだからでかいね。

    本当に面白いのでたくさんの人に観ていただきたいものです。
    劇場が大きい分、まだチケットは今日現在すべての日で余裕があるようです。
    中日劇場100817

    指揮のモニターに映っている時に着ていたTシャツはこっちに来てから買いました。
    実はこんな柄でした(爆)

    これは羊でしょうか、アルパカでしょうか、誰か教えて。

    すべての写真はクリックするとでかくなります。
    あんかけTシャツ

    Guys and Dolls名古屋公演のバンド合わせ始まりました(再々投稿) - 2010.08.11 Wed,23:58

    Guys and Dollsバンド1Guys and Dollsの名古屋再演へのリハーサルは、今日からバンドが全体に参加しました。

    というか、最初一時間くらいバンドだけで合わせて、いきなり通し稽古にノンストップで臨み、ほとんど問題ありませんでした。
    みんな良く覚えているものです。
    やっぱり数ヶ月前のことだからね。


    Guys and Dollsバンド2トランペットの川上君(指さしている人、レギュラーの木幡さんのトラです)は、SHE LOVES ME以来の再会です。

    いつもそうなんだけど、稽古場にバンドが来る日は、役者のテンションがその前日までと全然変わる。
    それは、初めて本番を観る観客より眼が輝いているかもしれない。

    これはバンドが入った初日だけ観られる空気。

    初演の時のバンドの人の紹介は、ここにあります。
    しかしながら、今回の再演では、今ここに写っている人たちだけが出ます。


    Guys and Dollsの稽古 - 2010.08.04 Wed,23:22

    100804稽古僕のピアノには改訂された台本が置いてあります。

    女の人は寒いと言うけれど、僕とナイスリー(こんど写真撮す、CHICAGOのエイモス)はめちゃくちゃ暑がり。
    とくにエアコンが当たらないので本当に暑い。

    生首ビューティ(爆) - 2010.08.03 Tue,21:34

    chinatsu&saori100803
    今日のGuys and Dollsの練習の休憩中の一コマ。

    もちろん、こんなシーンはありません。

    練習中、僕は暑くて死にそうでしたが、女性達はクーラーが効きすぎて辛かったらしく、こうやってスカートを家ぶって体を温めていたのです。

    まるで胴体の無い人みたい。

    左側は、秋山千夏さん
    右側は、香月彩里さん


    chinatsu100803こっちのほうが変(爆)



    再演 - 2010.07.28 Wed,23:37

    今日もGuys and Dollsの練習に行ってきました。

    たまたまなんだけど、今月頭までやっていたCHICAGOも今やっているGuys and Dollsも再演です。

    いつも思うのだけど、初演と全く同じメンバーで再演に臨んだことはほとんどありません。
    だから、初演の時の打ち上げで、「また会えるよね」と言われても大人げなく、曖昧に答えてしまったりします。

    特に今回は、再演が4月の千穐楽の後少しして、突然決まったからやりたくても出来ない人が多かったわけで、その人たちには本当に気の毒に思うけど、そのおかげというか、新たに入った人たちのテイストが全然違ってとても面白い。

    稽古をつきあう自分としては実に複雑な気分にはなるのだけど、前の人もとても面白かったのだけど、今回のもとても面白い。

    もちろん、新たに入った人はその個性を出しているのだけど、面白いのは、当然ながらそれと絡む前から居る人たちも変わっちゃうのが面白い。

    そして、CHICAGOもそうだったけど、再演って、やっぱりどこか、カンパニー全体が落ち着いている。
    0から作るのとは全然違う。

    だからこそ、後から入っている人たちはそれに追いつくために初演の数倍の速度で消化することが求められているのではあるけど、、。

    今日も練習の新たな予定表が配られていたけど、もう初日まで二枚しかない(爆)

    しかも、あと数日で八月じゃねえか。

    ついこの間正月を迎え、SHE LOVES MEを終え、すぐにGuys and Dollsの練習に入り、それが終わるとCHICAGOがあって、またこれに戻ってきたけど、あっというまに一年の後半に入って来ちゃった。

    これが終わる頃には、秋の気配が少しずつでてくるのか、、、。

    Guys and Dolls始まりました - 2010.07.27 Tue,21:29

    実はもうとっくに今月の頭から新しいメンバー達は練習に励んでいたのですが、かなりの数の人が集ったのは今日が最初みたいで、あちこちで再会と自己紹介が行われていました。

    どうだろう、1/3くらい4月の公演から変わっている様で、だからテイストもかなり前回とは違う。
    しかも、メンバーのEnsembleの人が主役級の人の代わりをやるからそれは本番で見られないのでおもしろい。

    やっぱりmusicalはリハーサルの方が面白いね(爆)

    twitterにも書いたとおり、サイコロを投げる場面があって、1のぞろ目が出ることになっているところが、本当にそれが出たので大盛り上がり。
    しかも、もう一回その場面をやっても同じ目が出たのでまた盛り上がり。

    なんか幸先が良いスタートになったようです。

    14年ぶりに会った人も居て、うれしかった。

    面白いもので、この公演をやったあと、CHICAGOを経験して、また戻ってくると、なんかが違っていて、こういうのを成長と言うのだろうな、幾分前とものが違って見える様な気がしてこれから半月、どういう作品になるか楽しみです。

    Guys and Dolls再び - 2010.07.02 Fri,14:29

    Guys and Dolls2010東京千秋楽この写真は去る4/30の千秋楽の写真である。

    もう一ヶ月半ほど、ブログの更新をサボっていたので、遙か彼方昔の話になってしまった(からセピア色にしてみた)が、幸運なことに8月中旬から下旬にかけて名古屋の中日劇場で再演になったようです。

    一部4月のメンバーとは変わるようです。

    名古屋の夏は半端じゃなく暑い。

    タキシードを着てそれがサウナスーツになる予感(爆)

    精進すれば痩せられるかも。

    いや、絶対に痩せる。

    中日劇場のサイトに情報があります。

    Viva! "Hot Box Funky Guys" @"Guys and Dolls"2010 Japan(再追記再再投稿) - 2010.04.30 Fri,00:19

    本日で千秋楽を迎えるGuys and Dollsのバンドの紹介は、こっちの記事でもちょっとほのめかしては居ましたが、改めて本番の衣装を着た状態の猛者たちをご紹介しましょう。
    僕は全公演乗っていますが、そうでもない人もいらっしゃって、代役の人もいらっしゃいます。
    その人たちも、追記に紹介したので紹介しましょう。

    Mr.木幡一瞬サッチモかという表情をしていますが(爆)、すばらしいハイトーンを聴かせてくださっている木幡光邦さんです。

    今回僕は初めての共演です。

    二幕頭のHot Boxでのアデレイドのショウのミンクというナンバーの最後のハイトーンはすごい迫力ですが、今回は一人で吹くわけでそうじゃない音域もたくさん吹いているわけです。

    それは他の二人もそうなのですが、並大抵の技ではありません。
    いいですか、みなさん、管楽器は三人しかいないのです!
    おのおののソロも興奮しますが、その三人がハーモニーを作って忙しく動いているときにはゾクゾクする興奮があります。

    どうやらほぼ同世代だそうです。
    Musicalに関わると、リード楽器のマルチプレイヤーという方々にたくさん会ってきましたが、この人は、ラッパとともにギターも弾くらしいです(驚)
    詳しくは、彼のウェブサイトにて参照してください。
    これから紹介するホーンセクションは全部彼のバンドのメンバーでもあり、5/5にライブがあるようです。



    Mr.近藤CHICAGOでも、SHE LOVES MEでもご一緒した近藤淳さんです。
    でも二度の共演で味わえなかった、彼の本当の実力を今回嫌と言うほど感じています。

    格好いい、なんて素敵なんだ、ううむ、どう表現して良いか解らない音と優しさで木管楽器を担当しています。
    フルート、クラリネット、サックス、どれも媚薬のような香りのする歌です。
    Websiteはこちら。年齢的にも大先輩です。
    実は、彼の出発点は、トランペット奏者だったそうですよ。


    Mr.鍵和田トロンボーンはこれまた初共演の鍵和田道男さんです。
    彼のWebsiteであるkagiyan.comに詳しい情報があります。時に圧倒的な迫力の咆吼、そしてトロンボーンならではの、ユーモアたっぷりの歌い廻し、そして哀愁のこもったフレーズなど、様々な表情のある音色が、この芝居の味付けにとても貢献して頂いています。
    大先輩ですが、誰も見えないところで茶目っ気たっぷりのユーモアを発揮してくださるので、一同、かなり和んでます。
    はっきり言って、トロンボーン一本でマルチ金管奏者状態です。
    内訳は、セカンド・トランペットの音域から、テナー・トロンボーンのメロディーも、そして時にバス・トロンボーンの音域も、まるで落語の様に、メロディを吹いたら、合いの手の超低音の一発まで独りで兼ねています。

    ああ、この作品を本来のビッグバンドの編成でやってみたいよ、、、。


    Mr.水野Sunday in the Park with George、そしてSHE LOVES ME、と続き、去年から三連発でご一緒している水野久興さんです。
    マニュピレーターとしてもこの少ない編成の中で、ブラスの補強、そしてストリングス、あとはパーカッションと鐘類を一手に引き受けていらっしゃいます。
    SHE LOVES MEでもそうでしたが、彼の技のおかげで、この少ない人数が、二倍以上多い奏者で演奏してるかのような錯覚が客席で聞こえているわけです。


    Mr.宮地ドラムスは、蜘蛛女のキス(96年の日本初演版)とか安寿ミラさんのコンサート以来、なんと十数年ぶりの共演となった、宮地良幸さんです。
    とにかく、この業界にとても長い人なので、どんな注文にも即座に応えられるし、任せておけばなんでも楽に出来ます。
    彼だけでなく、今回のメンバー全員に言えることですが、このある意味「高齢者に近いバンド(爆)」の「総経験値」というのが如何にすごい事か、もしかしたらカンパニーのメンバー自体判らないかも知れないと思うくらいの職人集団だと思っています。

    数ヶ月前のSHE LOVES MEの時もそうだったけど、結局終演後最後まで一緒に楽屋や居酒屋に居るのは、ピアノとドラムスとベースのリズムセクションなんだよな。なぜだろう(爆)。
    彼の刻むリズムの上に安心してみんなが弾いています。


    Mr.稲垣SHE LOVES MEに引き続き、というよりは、やっと本領発揮のJazzのテイスト満載の作品でご一緒できた感慨のある、Bassの稲垣護さんです。
    前回ご一緒したSHE LOVES MEでも、イローナの歌う"図書館"で、すばらしいソロ(といって良いだろう)を披露してくださいましたが、今回も、スタンダードの名曲になっている"If I were Bell"でのベースは、普段ミュージカルではなかなか聴くことの出来ない必聴ものの演奏です。
    たぶん、昨年の11月下旬以降、僕ともっとも酒を飲んだ回数の多い相手です(爆)



    あと、水野さんと僕のキーボード奏者以外のセクションはおのおの代役の人がいらして、それも追々ご紹介します。

    みなさんお忙しい人たちばかりなので、初日に集って演奏したこの「レギュラー」が同時に全員そろうのはもう残すところ千秋楽までもしかしたら一回か二回くらいしかありません。

    しかしながら、代役の人たちも、すごいキャリアの持ち主のベテランばかりなので、違うテイストにはなりますが、とても刺激的です。
    レギュラーもエキストラもネットでそれぞれお名前を検索すると如何にすごい実績があるか一目で分かるでしょう。

    そう、今回のバンドの中には30代の人は一人もいなくて、代役を含めて20代、40代がたった一人ずつ、そしてあとは全員50代以上で、中には今年還暦を迎える方もいらっしゃると聞いています。

    もっと若い頃にこの快感を味わいたかったとは思うこともあるけど、最近新しいことや刺激的なことが目の前に拡がるときに思うことは、今だからそう感じているのかもしれないと思いますし、人より遅かったかも知れないけど、今この人たちと演奏することが実現していることに感謝して勉強できるということこそが幸運な人生だと言うことでしょう。
    だから、「もう若くないのだな」と感じて若い人にジェラシーを感じることより、「若造よりおっさんの方が何倍も楽しくできる」と最近お目出度く思えるようになりました、というかもともと若いときに早くじいさんになりたいと願っていたので、やっと僕の青春時代が到来したと言えるのかも知れません。

    しかし、改めて写真を見ると、みんな素敵な表情してるなあ。
    Viva! Old Guys!


    Oscar & Dollsおっと、僕の写真を忘れていたが、この間、可愛いDollsのみんなが記念撮影してくれたけど、そのまま出すと恥ずかしいし、今更僕の顔を見たいやつもこのサイトに来る中では居ないと思うのでレタッチしたやつでお茶を濁します。
    ううむ、悪徳バンドマスターな感じがにじみ出ているなあ。
    もしかしたら、劇中で話題になるアデレードの上司のチャーリーなのかもしれません(爆)


    では、追記にレギュラー以外の方たちを紹介しましょう。

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました 顔に見えるもの cityscape RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました  funny 東京都 landscape  NIKON-D5100  神奈川県 龍谷寺 SIGMA-DP2Merrill   architecture 葉っぱ 僕の作曲  山猫合奏団 妙な看板 monochrome 宮沢賢治 @Discover神奈川県相模原市 SIGMA-DP2Merrillで撮りました 動物園 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました 岡山県 Fuji-FinePix2500Zで撮りました  横浜 動物 lighting CANON-PowerShotG10で撮りました 牛窓 静岡県 CASIO-EX-FH20で撮りました macro SIGMA-DP1sで撮りました art sky  CANON-EOS_KissX nostalgia  RICOH-CX3 Musical 八王子 白石准 紅葉 night  どんぐりと山猫  sunshine sunset 掛川花鳥園  Tokyo winter concert CANON-EOS_KissX3で撮りました 京都 flowers 金属系 俯瞰 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 人間 piano 新宿 楽器  沖縄県 セロ弾きのゴーシュ SIGMA-DP1s metallic ちいたま 室内 渋谷 retouch animals  reflection RICOH-CX6で撮りました birds  Kannon diorama  初めて知った漢字の読み書き food 鉄塔 新宿御苑  like-a-face 昭和の香り  公園 Yokohama story autumn 鍵盤  bridges music overlook Olympus-E-PL3 temple 井の頭自然文化園  orchestra pink 動く SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫 手造   zoo 庭園 RICOH-CX6 大阪府 神社 薔薇 Recording 宮崎県  Xmas 鳥居  相模原北公園 白石准の演奏姿 SD15 山梨県 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました clouds SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 leaves 富士山 飛翔 階段 子供 印象的な看板 human sea   trumpet history CASIO-EX-FH20  雨粒 服部牧場 Okinawa trees toilets  tower 植物園 片倉城跡公園 イギリス館 噴水  twilight 注文の多い料理店 京都府 相模川 soccer CANON-PowerShotG10 stations railways  きゃらめる カラス  演奏会場  富山県 river 黄昏 people  Ferris-wheels cats 静物 snow  梅田 Fuji-FinePix2500Z 乗り物 insects  tulip 杉並区  栗鼠 rusted SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001 枯れて綺麗なもの  立山 autumn-leaves swimming Osaka Kyoto 赤坂 moss 百合 有楽町  名古屋 spring iPhone4で撮りました むすび座 飛行機 歴史   牧場  愛知県  info orange the-last-century parks 西洋館 dogs 飛騨高山 ぼけ写真 枯葉 栃木県 とちぎ花センター  兵庫県 Mingle celesta tree 東大寺 紫陽花 Kanagawa films absence water 東山動植物園 秋桜  楽寿園 skytree manhole summer 河口湖 オツベルと象 SL 福島県 love 鉄道 owls aquariums 富士サファリパーク arts narcissus 単焦点 instruments   technic 昇仙峡  羽村動物公園 movie red 宮ヶ瀬湖 県立相模原公園 奈良 pigs みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 lakes 美ら海水族館 音楽 yellow Germany  kingfisher 小石川後楽園  山羊 Roland  white crane 城山湖 moving silhouettes temples children man-made tunnels   墨田区 不在 知多湾  morning 相模原市 pond falls factory 爬虫類 麻溝公園 concerto 訃報 サイガバレエ 小宮公園  岩手県 えびの高原 八重洲 contrast mountains Foveon セキレイ 巡礼 大磯城山公園 dam さがみ湖プレジャーフォレスト 水族館   蜻蛉 みゅう 韓国 CANON-EOS_KissX3 両生類  scrap ダリア   iTunes hotel moon  アルテリッカ joke  長野県 劇団あとむ 町田市 朝露 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました 木漏れ日 黒部ダム ponds  汐留 考える NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 concerts Islamic Steinway 東京駅 天王寺動物園 シーサー 浜離宮 garden liquor 三重県 カンガルー 教会 根性植物 曼珠沙華 椋鳥 lesson  cat お地蔵様 park キジムナー・フェスタ サンシャイン水族館 狛犬 浅草  my-father's-photos shadow swim peoples 秩父 正露丸 韓国の日本語表記 rare SIGMA-DP2Merril 六本木 Tokyo-bay  遠近法 東京ジャーミイ 変な建物 photo話 最乗寺  螺旋 蜘蛛  多摩動物公園  ズーラシア blue 富士花鳥園  向日葵 銀座 埼玉県 睡蓮 ラ・フォンテーヌ fail flower 三菱一号館 HDR 境川 railway 東京 自転車 USA 言語 Miyazaki Shinjuku Mt.Fuji glass モスク graveyards green SIGMA-DP1Merril 蚤の市 fishes gardens 根岸競馬場跡 architectures 青山 谷中 信号機 ノウゼンカズラ ゴジラ 演奏場所 パチもの 丸の内 f1.4 Halloween 高千穂 公孫樹 mushrooms 演劇 Wien bell  ススキ 仏像  日比谷 youtube 群馬県 cycling メディアに取り上げられたこと 岡山後楽園 枯れた蓮 technology 大阪城 観音 silhouette  sunrise Clematis MF パチンコ 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses rabbits   山手111番館 Andre_Henry 皇帝ダリア toriis ガラス ダム スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました 首里城 東京国際フォーラム PaxCrossOver 池袋 酔芙蓉 蒲公英 台風  YouTube France square_piano 東京Tower 線路 揚羽 pigeon Boesendorfer  カマキリ 外国 施食会 amateur flying DigitalPiano 編曲 WestsideStory Trumpet  寺子屋 fire stones smile 大宮八幡  京都市交響楽団 sheep 水中 grasshoppers black shrines mannequin wood rainbow cars move 屋根 神戸花鳥園 Hiroshima 大久野島 whale_sharks Nagoya アンドレ・アンリ 下北沢 reptiles 板橋区 銭湯 逆光 遊園地 吉祥寺 自動車 island Tokyo-tower gold 水面 達磨 藤野 ペンギン synchronized 動画 上野動物園 サボテン 牡丹  工場 川鵜  アルパカ 空港 steampunk レンガ エーデルささゆり 御茶ノ水 皇居 麒麟 帆船 仙台 親子 ハナミズキ 所有物 海遊館 流し撮り mirror 宮沢賢治展 美術館 岐阜県 かもめ  沖縄 シエナ・ウィンド・オーケストラ 陽光  animal pine 和田堀公園 箱根 二条城 江ノ島 廃墟系 空中写真  ivy 古墳 鹿 instrument aquarium ルミナリエ 上高地 MyComposition Foveon_Classic_Blue windows 招き猫 照葉大吊り橋 真鶴 ruins dragonflies 卒塔婆 downtown hippopotamus stairs spirals sleeping Illuminations DP2 SIGMA Merrill MFレンズ 睡眠 slow_shutter stories purple helicopters airplanes Shibuya gull crows  長屋門公園 透過光 絶滅危惧種 フィルム写真から 硝子 Chita-bay プリモ芸術工房 三嶋大社 床屋 organ 辺野古 ship Tokyo-Rainbow-Bridge road ドライフラワー car indoor Yokohama-Bay-Bridge bike 千葉県 正月 ceiling ハイビスカス   大阪 嵐山 道志川  朝顔  赤外線 模型 独奏  インコ 煙突 アシカ symmetry 野毛山動物園 Erard Bechstein 岡本太郎 清水寺 松島    宮城県 横浜マリンタワー   羽田空港 お台場 山科 心斎橋 鶏頭 表参道 石川県 金沢 原宿 秋葉原 絵画館 外苑 小物 誕生寺 ホウジャク 広島県 七沢森林公園 dance crow 精進湖 dragonfly 神戸 草野心平 bridge 京都府立植物園 飛行機雲 高山正樹 津堅直弘 新日本フィルハーモニー insect 楠定憲 Piano 津山 山口県 rose rain spiral シマウマ  鸚鵡 髪切虫 BIKE 幻冬の詩 神楽坂  reflections 菖蒲 黒鳥 多摩川 bicycle 八王子市 東京湾 turtle 八王子車人形 山猫 Guys&Dolls keyboards 神奈川  お盆 四天王寺 candle chimneys 吉祥院 towers asses lions trolley_bus trumpets ropeways Nara 透明人間 cigarettes bricks roofs dark ice_needles woods fishings 古宇利大橋 jellyfishes meerkats ジオラマ 鉄道模型 椿 lights Olympus-E-M5 Story 自衛隊  @親父の撮った写真から farms shadows RICOH-CX4 halls deers chameleons blue_rock-thrush jeu_de_timbres airports Santa_Claus roller_coaster 東林寺 原鉄道模型博物館  カラー(花) cembalo 壁画 コウノトリ  Shiodome Tokyo-International-Forum iPhone4 神話 横浜DockyardGarden 野牡丹 小学校 movies  記念撮影 旅客機 物真似 sepia 28-80mmの中古MFレンズで撮りました Ushimado 草野心平記念文学館 doors Okayama koala bench still-lifes bottle pigeons ropeway seal Tokyo-Sky-Tree turtles farm street-lamp Arashiyama Tokyo-Gate-Bridge Sunshine-aquarium Kobe paint Sendai Matsushima beach Hackbrett dolls illuminations winte performances  photos skating Ginza earthquake fighters bicycles pansies ToyPiano ToyPianos dams islands keybords squirrels fishing battles tulips buoys Dance snowman surprise tablephoto fennecs walnuts cityscapes fliers sonw organs lover objets Sinjuku cicadas lens sunshines 枯れた moths ducks wooper‐looper amphibians otters education buds stingrays stars maras capybaras 檜ホール icstruments table 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins bamboos fisshs Japanese_blue_magpie raccoon_dogs raccoons vines spiders foods dragons Ninja apples icicles asteroids dolphins fountains sea_lions singing XmasTree flamingos cable_car Caramel 135mm単焦点の中古MFレンズ ムラサキシキブ photo Pipe-Organ Cheetama アトリエ萌 リス  三渓園 ピンク jupiter8 chain 自分の作曲 E-PL3 Olympus DP Mt.FUJI lock 配管 車両 横浜開港記念館 ダンス  Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 三輪車 Olympus-EM5 Architecture Jupiter8 Musician DIGNO2 slowshutter 玉暈け 八ヶ岳 白黒  モノレール SIGMA-DP!Merrill 那覇 レトロ sunflower 等々力渓谷 monpou cocert  sprinkler stove running 碍子 変電所 白石 platforms mirrors reflectons table_photos Landscape storms landscapes 街灯 hat tortoise advertisement solo 井手詩朗 illumination 山之口貘 Lion Like-a-face donkey 東山動物園 花虻  gerbera 兵庫 retro laughing neon brown 墨絵 gazing glasses 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    04 | 2022/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: