2017-07

    スポンサーサイト - --.--.-- --,--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Sunday in the Park with Georgeの楽士たち - 2009.07.24 Fri,11:04

    まったくもってMusicalのオーケストラなんて観客にとっては誰が弾いてても興味ないことだろうから、チラシにも指揮者の名前さえ出なかったりすることが多いし、今回は数十人という規模ではなく7人で弾いているにもかかわらず、プログラムにさえ、何も詳細が記されてないので、ここで毎日難曲と楽しみながら戦っている兵士たちを紹介しよう。
    今は時間がないので、それぞれの人物像へのコメントはそのうち加筆しようと思っています。

    演奏場所は、オーケストラピットではなく、舞台上手奥の空間で弾いています。

    プログラムには各パート二人ずつ書かれていることがほとんどだけれども、それは、レギュラーと代役が併記されているので、同時に演奏して居るのは指揮者を除いて7人です。
    たまたま昨日、一昨日は全員レギュラー・プレイヤーだったので、撮ってみました。

    吉住典洋まずは、頼れる我らが船長の指揮の吉住典洋(よしずみのりひろ)さん

    吉田翔平Violinの吉田翔平さん

    館泉礼一Violaの館泉礼一(たていずみれいいち)さん

    篠崎央Celloの篠崎央彡(しのざきおう)さん

    野溝法子今回指揮者を含め、唯一全公演一人で演奏されているHarpの野溝法子(のみぞのりこ)さん

    荻野清子Keyboard(打楽器やSynthの音&もろもろ)の荻野清子さん

    野間美希Piano&Keyboardの僕と、僕が弾けないときにやってもらっている野間美希さん。この日はたまたま昼公演は彼女、夜は僕だったから初日以来、この瞬間珍しく遭遇していました。

    スポンサーサイト

    Sunday in the Park with George開幕しました - 2009.07.06 Mon,13:12

    SundayKeyboard配置昨日渋谷のPARCO劇場で開幕しました。
    僕の作業環境はこんな感じです。
    ピアノのペダルの右横にちょっとみえているフットスイッチで右側のキーボードの音色を切り替えます。
    キーボードを弾くときにヴォリュームペダルを踏むことは皆無な様にしてあるので、あとチェレスタの音を弾くときとか一部、ダンパーペダルを使うのでそれが見えています。

    ときどき、Steinwayのペダルを左足で、そして同時にKeyboardのペダルを右足で踏んで弾く時もあります。
    だからピアノのを椅子が左側に寄せて右側の脚が移動するのにキーボードスタンドを蹴らないようにしてあります。
    キーボードには譜面台を置いていません。
    だからキーボードを弾くときの目線は指揮者(画面でいえばほぼこの写真の真上方向)とピアノのところにある譜面に向いています。

    カーテンコールのどこか最後の方の4小節間だけこのバンドの姿が不思議な形で客席に見えるらしいけどまだ弾くのに忙しくていつそうなっているのか知りません。

    SundayBand初日写真は僕の位置から見える指揮者以外の皆さんの配置です。
    開演前練習していたりプログラムを読んでいる時間帯のことです。
    こんな事は未だかつてなかったけど、今回、服装に関しては、「黒は禁止」ということでした。
    その理由は、先に記述したとおり、カーテンコールで客席に見えるときに黒だと溶け込んでしまうからということらしい。

    昨日はマチネ(昼公演)の開幕という亜門氏もかつて経験がないと言っていましたがそういえば、僕もそうなので、終演後、さっそくロビーで酒盛りが始まりましたが、バンドはその後階下の居酒屋に繰り出し、事務所主催で一升半の焼酎を摂取し、帰ろうと思ったら、若い人たちが「締めにラーメン」と言いだし、2007年決闘血が高いといわれてからそういう行為を自粛してきた自分でしたが、たまにはいいだろうということで、博多ラーメン屋に行き(珍しく記憶があったぞ)、そして珍しく何も紛失することなく、帰宅しました。
    まだ日が沈む前から飲み続けていたので、正気を残したまま帰宅するとは偉いぞ、自分と思いました(違)

    昨日は終演直後尿意を催し、客席ロビーにあるトイレに向かおうと舞台袖からドアを開けて出たとたん、亜門氏と僕の共通の大学の同窓生三人に出くわし、びっくりし喜び合いました。
    その三人は特に高等部から大学まで亜門氏と一緒だったせいか、作品を見たら彼の人生の投影に見えたような家族的な感慨を語っていました。

    ほとんど弾いているところからは観客の反応が分からないので、懐かしい再会は嬉しかった。

    Sunday in the Park with Georgeの視覚効果の仕掛けは相当面白いです(加筆再投稿) - 2009.07.04 Sat,10:32

    ソンドハイムのミュージカル、サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージはついに明日渋谷のPARCO劇場で開幕しますが、昨日劇場で通し稽古をしていました。

    その時点では自分が全部弾いていたので観ることができなかったけど、その前のリハーサル中には、僕と分担し全公演のうち何割か弾いて貰う、もう一人のピアニストに演奏を頼み、二幕の半分くらいは客席にいて、客の視点で観、聴く事が初めて出来ました。

    今回のこの舞台は、視覚的には画家、ジョルジュ・スーラー(実際は、英語読みのジョージと発音される)の話だし、チラシにある有名な“グラン・ジャット 島の日曜の午後”がチラシにもなっているので、当然「眼」に訴える演出がされるんだろうなとは漠然と想像していたけど、やっぱり自分は演出家ではないので、具体的にはなにも思い浮かんではいなかったのは当然です、ストーリーも知らなかったんだから。

    しかし、こんなにまで「網膜」、あ、だまされてはいけない、表面的な視覚の悦びではなく、二次元だったものが三次元になったり、そこにいろんな人間の人生が重なり合ってリアリティをうきだたせるイメージなんだな、そう、それを観ている人に楽しませるこんなに凝ったしかけのある作品だとは思わなかった。

    だからあんなにシンプルな舞台装置だったんだ。
    同様に、ほとんど舞台装置がなかった、CHICAGOのシンプルさとは全然違う。

    あっちが黒の上に成り立っているシンプルな世界だったらこっちは、根本が真っ白でなくてはいけない世界観だし、あっちは、バンドが客に見えているということが象徴的に大事だけど、これは音楽がとても大事なんだけど、もしかしたら音質には影響があることは承知の上で、客席から見えないところから音楽が鳴ってくるというのは視覚効果を最大限に強調するためには必然かも、、とはこれを書いていて思えてきた。

    さっきまでは、なんで、せっかく生演奏なのに、マイクを通した音しか客席に聞こえないのか、いくらピットの無い劇場とはいえ、あんまりじゃねえか、とずっと劇場にいるときから、弾いている場所で自分が聴いている「生の音」と客席で聞こえてくる音の質感の乖離にいらいらしていたんだけど、やっぱりこうやって文章にしていくあいだに点と点がつながってくることもあるんだな。

    これこそ点描に通じるといったら無理矢理な感じがするけど(爆)

    話を元に戻そう。

    映画の特殊撮影を楽しむというのとはちょっと違うけど、舞台なのに映画を観ているような錯覚、やっぱりこれが舞台で起きていることが面白いといえばよいのか、とにかく観にいらっしゃってその部分も含めて楽しむに限ります。

    かつて、高校生の頃(70年台半ば)いろんな「実験映画」(寺山修司さんの「演劇的にアヴァンギャルドなもの、たとえば、「青少年の為の映画入門」と題されて、三つのスクリーンがあって、両側の画面にはなにが映っていたか、もしかしたら寺山修司さんの小学校の通信簿だったかなあ、あとは忘れた、、、そして真ん中には、スキンヘッドの全裸の少年が現れてカメラに向かって放尿するだけ(爆)、とか、別の作品では売春婦みたいな女性が二人観客を画面の中から挑発していたら一人の観客が僕のそばの客席から画面に向かって歩いていくとそのうち画面にひっぱりこまれて画面のなかに現れて身ぐるみ剥がれて真っ裸でまた画面の中から飛び出てくる、、、とか、逆にグラフィック・アーティスト出身の監督のものだと、ストーリーはなく、とにかく眼がチカチカするような感じの、動く「模様」みたいなものがずっと続くものなど、、、)を観て歩いた時期があった(そういえば、当時西武劇場と言っていたこの劇場でもそういうイヴェントで観に来てたんだ)から手法の「新しさ」とかに面白がっているというより、そのころの「アヴァンギャルドなとんがりかた」とはちがって、なんというか「普通に」商業演劇でも素材の一つとしてそういう手法が溶け込んでいることに隔世の感を感じるのです。

    でも今回の舞台装置の中にある絵の制作にはすごい苦労が隠されているのだろうね。

    自分の仕事としては、かなりピアノ単独の状態から間髪を入れず、ピアノとキーボードを左右の手で同時に演奏することに移動しながら早い曲の譜面から眼がそれない状態で棒を見ながら周りの音を聴いてアンサンブルすることにも慣れてきたので、今日のゲネ・プロでたぶん初日を迎える自信を確実にすることができそうです。

    それはそうと、数日前にも感極まって涙してしまったことを書いたが、もう何が起こるか分かっているのに同じ場所でまた涙を抑えることができなかった。

    その瞬間、客席は暗かったし、周りに人がいないところで涙をぬぐえてよかったと思いつつ、やっぱり長い間練習してきたセクションとは違い、まだこの作品に知り合ったばかりだとはいえ、またもや涙腺が緩んでしまう心理っていったい自分がどうしたんだろうと思って、楽器のところに戻ったら何人か同じ事を言ってきた。

    ということは、みんなそれぞれの私生活に投影しがちで(爆)、なんか思い当たるふしか、心の中の理想を見たのか、どうかわからんけど、これはやっぱりこの手の仕事をしている輩にとっては、低くない確率で心の琴線に触れる内容なのかもしれません。

    さすがに弾いているときには大丈夫になったけど、観たらだめだ(爆)
    画家の人生なんて知らないわけで、そのリアリティとかが真に迫っているとかいうんじゃないところなんだけど、なんかいろんな場面が重なったあと出てくるある台詞がツボなんですね(爆)

    もちろん今回の仕事に関わって居る人全員泣いているわけじゃないから(爆)、これから観る人(音楽家であれそうでなくたって)にとってはもちろん泣けなくても恥じることはないし、ましてや僕に、年取ったから涙腺弱くなったんじゃないの?と言いたくなったとしても、自分の人生に作品を投影して涙するくらいの権利は俺にもあるわけだから、聞く耳を持ちません(爆)。

    そんなことより、観にいらっしゃる方は、もしかしたら、
    "グランジャット島の日曜の午後"という絵を今一度よ~く、このページや、画集などでじっくり観てから劇場にいらっしゃると、より楽しめるかもしれません。
    関連する作品と本作の習作もそこにあるから見比べると興味深いね。

    スーラーに着いては、このページに情報があります。



    いけないことなんだが、泣いてしまった - 2009.07.02 Thu,01:43

    Sunday in the Park with Georgeのリハーサルで、昨日から劇場に通っている。

    オーケストラの配置は、戸田恵子さんのブログのこの記事に出ているとおり。

    これは劇場に入る前に別の場所で稽古していたときのもの。

    僕の後ろ姿は一番左だけど、見えているキーボードは、ほとんど右手だけで弾くことが多い。
    その90度左に劇場では、Steinwayのフルコンサートグランドが置いてあり、そっちがメインなんだけど、両手で両方の鍵盤を弾いていることも結構ある。

    僕のすぐ右に長髪のマルチ・リードの大下君(@2004年のMiss Saigonで共演した)が居る。

    その右隣には、Harpが居て、その奥に見えているのが、キーボード(こっちは様々な楽器の音色を担当)の荻野清子ちゃん。彼女の事は、この記事なんかに出ている。

    そして、僕の斜め前に、ViolinとViolaとCelloが扇形に拡がって座っている。

    固有名詞を出してないプレイヤーのみなさんはみんな初共演の方々です。
    一部の人とは飲みましたが、そのうち追々打ち解けてくるでしょう。(演奏上はもうすっかり仲良しだけど)

    画面には見えてないが、この写真だと左側に指揮者がいて、僕らは舞台上手の袖の奥で弾いている。

    客席からは一切見えないし、きっと生の音は聞こえない。
    そうして、僕らは演技も装置も見えない。

    練習の最中もついぞ、全貌を見ることができなかったから、視覚的には未だによく分かってないことも多い(爆)
    これはCHICAGOみたいに舞台上に乗っかってればまだしも、いつものことだからしょうがない。

    台本も渡されないことがあたりまえだし、、

    しかし、台詞と歌は聞こえてくるのでストーリーは大体分かる。

    この写真の日だったか、最後の場面に来て、台詞のやりとりを聴いているだけで、胸が熱くなった。
    泣きそうになってしまい、完全に譜面の繰り返しの回数が分からなくなってやばくなった。

    まあ、練習中だからいいや。その瞬間は完全に客になってた。
    本番ではもう大丈夫。

    すばらしい作品だと日に日に思えてきた。
    指揮者用のモニターが僕のすぐ後ろにあって場当たりをしているときに見ると実に綺麗な舞台だ。

    やっぱり宮本亜門がこの作品を取り上げようと思った動機の中に、いくら大学の同級生とはいえ、当人に訊いた訳じゃないから僕は知らないが、Candideにあったものとある部分共通して存在する「生きる力を鼓舞する」というテーマがあるのかなって思った。

    これは、果たして主婦や、会社員や公務員の人が同じ場面で僕と同じ気持ちになって泣けるかどうかわからないけど、僕はものすごくツボにはまってしまい絵描きの話だけどなんか泣けてしまいました。

    スーラーに興味があるひとはもちろんだけど、伝記として見るのではなくとにかく、ドラマとして、そして音楽が面白いです。
    生きる力がわいてくる。

    初日に向けては今戦争状態にすべてのセクションが入ったので大変で、僕も試行錯誤の繰り返しで失敗も多いけど、なんか客席のそばで弾けないことを除けば(ああだと、生演奏してないと思い込む客が相当居るかも知れない)大変だけど精神的にはちっともつらくなく楽しい。

    この時期の劇場のロビーは、幕が開けた時とは大違いの様相を呈しています。

    詳しくは伝えるつもりもないけど、本当にどれだけ多くの人がここにいて様々な仕事をしているか実感できるという感じです。
    休憩中もロビーなんかに居場所というかスペースはない様な状態だから(楽屋がとても遠い場所にあるからいちいち行きたくならない)、結局楽器のところにいて何かしらしています。

    ふと思った。

    かつてやはり宮本亜門の演出だったときにSound of Musicも弾いていたけど、昔のミュージカルって曲を演奏した後、台詞の場面が長くて時に、15分くらいは演奏がなく、ミュージシャンがタバコなんかを吸いにピットの外にでていっちゃうというのがあったけど、最近のミュージカルというかこれだって20年くらい前のものだろうけど、結構間が空かずに弾き続けているというやつが多い気がするね。

    そういう方がだれないで集中力が続くから良い。

    そういえば、ミュージカルって、曲ごとにナンバーが着いていて、たとえば、最初の曲がM1で次がM2とか呼ぶ。
    関連している曲や続けざまに来る曲の中には、その後に接尾辞みたいに、アルファベットが続いたりする。
    M1AとかM1Bとか。

    しかし、今回のこの作品の二幕のM29と名付けられた曲からは、ずっと曲が続いて来て、なんとM29Pまであったりする(爆)
    こんなのは初めてだ。

    しかも譜面を初めて見たとき、その一曲前は自動的にM29Oと書いてあって、ハイフンが入ってればまだしも、最初「290曲め?」ってジョークが飛んだのはお約束通りだった(爆)

    寝ている時間よりピアノを弾いている時間の方が長い生活もたまには楽しいものです。 - 2009.06.27 Sat,01:26

    6/22からSunday in the Park with Georgeの練習に参加しているけど、蓋を開けてみるとかなりの重労働にも関わらず、どういうわけだか楽しくてしょうがない。

    ピアノのパートは、CHICAGOのときは、自分の位置じゃかなり全体の中で大事な音を弾いていたけれども、録音したバランスで聴く限り、ほとんどピアノの美味しい場面は聞こえてなかったから残念だったけど、これはたぶん良くも悪くもたくさん聞こえるだろう。
    今日(昨日)から、ピアノの横にセッティングされたキーボードと一緒に二台を渡り歩く練習も兼ねて歌合わせに臨んだ。

    7人の音楽家が奏でるそれぞれのパートが無くてはならない役割をもっていて、まるで絵を描くための絵の具の様だ。

    家に帰っても久しぶりに、丑三つ時に近い時刻まで練習したりしてみても、楽しくてやめられないが、ゴーシュみたいに寝不足で行くと歳だしろくな事がないから寝てみるけど、一日中頭のなかにはこの作品の音が鳴っている矢先、明日じゃない今日からこの仕事のリハーサルが始まるのだけど、これも午前中から夜まで一回のリハーサルが二日間を二回やるのだけど、この一ヶ月だけ区切っても自分が舞台で弾く本の厚さを重ねると結構な腰掛けになるかもしれないのだが、やっぱりマイペースだの、自分が自発的にやろうとしていることの処理能力なんかたかが知れていて、たまにこういうタイトなスケジュールのなかで、いくつもの作品と同時につきあわなければいけない様な異常な負荷がかかっている状態だと、疲労しているはずなのに、面白さが先に立ってすぐに忘れる。

    傍から見てるとすっごく楽しそうに見えるこういう仕事でも、実にくだらないパワー・ハラスメントを受けるような仕事をしたりすると、それは他の仕事同様、精神的に重くなってきてとほほになるけど、最近は共演者もこっちが楽しくやる人ばかりだし、このカンパニーは音楽家は初めての人がほとんどだけど、雰囲気も良いし、今日(じゃない昨日)初めて役者と対面したとき手を振ってくれる人が半分近くいたので嬉しかった。

    この間から稽古ピアノの人がそばで聴いているんだけど、自分が他の作品でその役割を担っていたときの気持ちを考えると「下手に弾いたら」ある部分役者以上に傷つくのはそういう人たちだと(俺なら毒づく)分かっているので、せっかく育ててきた作品を嫁に貰うよというくらいの責任感を感じ、特にピアノのパート(当初は電子ピアノで弾くことになっていたけど、劇場にあるSteinwayで弾くことになった。この劇場で演奏したという思い出は1985年くらいに武満徹さんのやっていたMusic Todayでの思い出に遡るから同じ楽器じゃないだろうけど、それ以来だから興奮している)だし、初日に彼女たちと乾杯できたらと思う。
    客よりもそっちをまず何よりも喜ばしたいくらいだ(爆)

    今回はピアノのパートにはBGMの最中アドリブして良い箇所が珍しくあるのでそれを数十回遊べるのも自分の楽しみの一つ。

    今日はそっちの練習はお休みだけど、子供たちのヴァイオリンと一日中戦う。
    戦うけど遊ぶ。
    日曜日もそっちに行くからMusicalは二日間お休み。
    二日間は、ベートーヴェンやモーツァルトやヘンデルや諸々クラシックの演奏家みたいに(爆)、弾いてくる。
    最近僕のジャンルはどこにあるのか分からなくなりつつありますね。

    「負荷負荷な寝心地」は魂の強化には必要な土台だ。
    どだい、マイペースで上手く行ったことはよく考えたら俺の人生で何もない。
    筋肉や骨は負荷をかけないと強化されないのと似たようなものだ。
    病気は気からというけど、人生を面白くするのも、その気になってさえ居ればあっというまに幸せを感じられるものだな。

    元来怠惰に出来ている性格だから、趣味なんかないし、ある意味音楽は趣味で一日中遊んでいる様なものだから、上手い具合な巡り合わせと、任侠の気持ちを起こさせてくれる何かの要素が、自分が誰かの為に役にたっているかもしれないという気持ちを産み、自分が予想も出来ないハイテンションになるのが楽しい。

    面白い作品に出会うことは運でもあるだろうけど、面白くするのはやる側の気持ち一つで堂にでもなるからね。

    演奏という言語以外のコミュニケイションの方法でいろんな人たちと楽しい時間を過ごすことが出来るというのはありがたいと思いますし、作品と共演者に感謝だ。

    このハイな気分を習いに来ている人たち(特になんかつらそうに演奏して居る人がいたりすると)に伝えたいのだけど、いくら得意の言葉の洪水をもってしても、言葉はあくまで言葉に過ぎないわけで、それが全くできないのがもどかしい、どうしたらいいのかなあ。

    楽しかったCHICAGOの次にこのすばらしい作品に出会えてこれはまた忘れられない作品になると確信した。

    予想と裏切り(加筆訂正再投稿) - 2009.06.23 Tue,11:34

    人間は、未知のものに向き合ったとき、否、向き合うことが分かっていて、それを実際に味わう直前に、多くの場合、それまでの経験値で何か似ているものを探してどう味わったらよいかというような、予想を立てる。

    それが良い悪いといっているつもりじゃないが、実際、自分が作曲して演奏し続けている一連の山猫合奏団による宮沢賢治作品(“どんぐりと山猫”、“セロ弾きのゴーシュ”、“注文の多い料理店”)を、それをご覧に(お聴きに)なっていらっしゃらない人々に口で説明を試みるとたぶん、こっちが期待したものと先方が予想するものの乖離は相当に大きい。

    先頃、川崎市のあるフェスティヴァルで演奏させて貰ったが、事前のいくつかの取材でも、僕は参加していないが、スタッフとの打ち合わせでも、同じ日本語で、同じ事を話題にしているのに、僕らと先方では恐ろしく違うものが頭に浮かんでいただろうということは、上演後再び同じ人たちとの会話で実感したものだ。

    逆に一度理解して貰うと「安心して」先方も僕らの評価ができるし、ありがたいことなのだが、それは好意を持って貰ったときであって、逆の場合は発信者にとってとても凹む。

    しかしそれは宿命なんだけど、別に自分の作品のオリジナリティをここで自慢するためにかいたんじゃないんだ。


    昨日から"Sunday in the Park with George"のオーケストラの稽古が始まった。

    この仕事が決まって事務所から参考の音資料が来るだいぶ前に、表示されているアルバム(ロンドンのカンパニーの演奏)をiTunes Storeからダウンロードしを聴いてみた。

    ソンドハイムのこの音楽について、聞いてみるのと弾いてみるのでは、こういう状況だといつものことではあるけど、印象が違う。
    やっぱり聴く以上に弾いてみると実に面白い。

    しかも、なんで今日これからリハーサルに行かなくてはいけない忙しい時刻にこんなことを支離滅裂になりながら書くかというと、まだ歌合わせ(ごく一部あれが歌といえるのか、音楽に乗せた台詞といえるのかどっちともつかないものなのだけど)がないので、完全な実感とはまだ違うのだけど、歌が乗ったロンドンのカンパニーの演奏を聴くと、完全におこがましいのだけど、言葉と音楽の関わりに於いて、自分が作曲していて模索している根本的な事についてとても、あこがれるというか納得というか、実に示唆が富むサンプルを、しかも実際に演奏しながら味わえるという幸運に遭遇したと感じたからだ。

    ただ、他の人が同じように思っているかは知らないし、これから一般の聴衆がこの作品、特に音楽の面に関して、「なんじゃこれ」とか「難しい」、逆に「ユニーク」、「面白い」と思うかそれは、事前に簡単に予想できるものではない。

    これのどこがミュージカルなんだ、オペラじゃないかと思うかもしれないし、オペラだって?こんなミュージカルっぽいのに、とか、これは、ストレートプレイの音楽の部分を増やしたものじゃないかとか、なにを言っているのかどれもあたらないようで当たっているような微妙な感じがする。

    ボーダーレスだの、ボーダーラインにあるものとか言ってしまえば簡単だけど、この作品が最初からそこを狙ってビジネスしているわけではないのは明白だ。

    そうは言っても、自分だって最初聴いたときは、何じゃこれっぽいところはなかったわけではない。
    でも、それって「Musicalを聴いている」という予見から出てくる感想であって、単に「音楽」を聴いているという感覚からすると何もびっくりすることはないのだけど、ここの微妙な差異がやっかいだったりするのだ。

    でも、何回か聴いたり、こうやって弾いてみるとそのおもしろさに気づくんだけど、聴衆は一回しか観ない(一回も観ない人の方が圧倒的に多いわけだけど(爆))人がほとんどで、その人たちにどう伝わるのかは僕らの責任も相当あるけど、なんかいわゆる安全パイっぽいテイストがあふれている作品に関わるより、実にやりがいを感じます。

    今回のミュージシャンたちは、もう一人のキーボード(CHICAGO以来の共演です)とマルチのリード奏者(大下君といって何年か前のMiss Saigonの時に一緒でした)の二人以外指揮者も音楽監督もアレンジャーたちもみんな初めての人ばかりでそれも新鮮です。

    この作品は80年代のものなのかな。
    ちょっと70年代から現代音楽の分野で流行っていたスティーヴ・ライヒのミニマルミュージックの作品のテイストがする箇所もある。

    でも、弾き続け、聴き続けているとやっぱり、Musicalってこうじゃなきゃ、とも思えてくる。

    Sunday in the Park with GeorgeのOrchestraのリハーサルが始まりました。(再投稿) - 2009.06.22 Mon,10:45

    SundayInTheParkチラシ今日から、Musical "サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ"のオーケストラ(といっても十人未満)のリハーサルが始まります。

    なかなか難しそうな曲なので苦労しそうだけど実に楽しみです。

    編成は、Violin,Viola,Cello,Harp,Multi Reed,Keyboard,Piano(Keyboardも一部あり)の7人です。

    Sunday In The Park With GeorgeとWestside Story - 2009.04.18 Sat,18:58

    SundayInTheParkチラシ
    サンデー・イン・ザ・パークとネットで検索すると、FMの番組も拾ってしまいますが、それではなく、タイトルにあるとおり、「ジョージと一緒に」という言葉も着く題名の、ミュージカル公演の告知です。

    作曲家は、ご存じWestside Storyの作詞を手がけ、昨年話題になった、「スウィニー・トッド」の作曲家としても有名な、スティーブン・ソンドハイムの手によるものです。
    (オスカー・ハマースタインさんの弟子なんだね。そういえば、「ワルツが聞こえる?」というほとんど誰も知らない作品もかつて弾いたのだけど、それってこの二人のコンビだったとは今知った(爆))

    東京渋谷にあるPARCO劇場で7/5(日)から8/9(日)まで公演があります。
    公式サイトとスケジュールはこちらにあります。

    ただし、この話が来たのが最近で、残念ながら全公演を演奏することは他の仕事との兼ね合いで不可能です。

    演奏楽器は、ピアノ(正確に言うとキーボードは二人でピアノだけの音色を出す側という意味)だそうです。
    演出家は大学の同級生だった宮本亜門ちゃんで、彼とはCANDIDE以来だし、出演者の中にももちろん初めての方が多いけど、別の公演で一緒だった人もいるので楽しみです。

    Wss50th

    ちょうど同じ時期に、再びブロードウェイから来日公演のWestside Storyも来ていて、(なんでも、50周年記念だそうで)このころと同様、通常はアシスタント・コンダクターが弾いているピアノパートを僕が代役で弾くことになっています。

    1996年にこのカンパニーに初めて関わったときは編成が違っていてアシスタント・コンダクターは、キーボードでオーボエやファゴット、そしてギターなどの楽器を弾いていたのでピアノは僕が二ヶ月の公演すべてを担当していました。

    しかもバーンスタインの作品に対しては、CANDIDE(演奏会形式ではなく、日本で行われた二回の舞台公演は両方ともリハーサル・ピアノをやりました)や佐渡裕ちゃんとのおつきあいで何度もバーンスタインの作品を弾いたゆえに、やはり作品にも、演奏回数は本当に少ないのですが、そこで演奏する人たち(もちろんそのたびに違うが再会する相手もいるので)との邂逅にも思い入れがあります。

    7月はその他にも恒例のイヴェントと別のお芝居の公演で生演奏することになっていますが、それは別記事で告知します。

    ゆえに、両方の公演は全公演通じて弾くわけではありません。
    肝心の僕の出演日ですが、


    Sunday in the Parkは数が多いので、「出演しないことが今のところ決定している日」を書いておくと、

    7/11(土),12(日),
    7/17(金),18(土),19(日),
    7/22(水)(夜の公演は弾きますが、昼は弾きません。),
    7/25(土),

    8/5(水)の昼公演のみNG,たぶん夜は弾くことになると思う。
    8/9(日)千秋楽

    Westside Storyは、演奏する日のみ列挙しておくと三回の公演のみです。
    7/25(土)の昼公演のみ(名古屋公演)
    7/30(木)の昼公演のみ(東京公演で、夜は"Sunday~"に行くつもりです両方とも渋谷の劇場だからありがたい(爆))
    8/5(水)の昼公演のみ(これも7/30同様に夜はPARCO劇場に行くつもりです。)

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました   NIKON-D5100 SIGMA-DP2Merrill   葉っぱ 僕の作曲  SIGMA-DP2Merrillで撮りました @Discover神奈川県相模原市 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました Fuji-FinePix2500Zで撮りました  動物 CANON-PowerShotG10で撮りました CASIO-EX-FH20で撮りました SIGMA-DP1sで撮りました  CANON-EOS_KissX  RICOH-CX3   Tokyo CANON-EOS_KissX3で撮りました flowers 金属系 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 俯瞰 人間 楽器  SIGMA-DP1s 室内 animals  RICOH-CX6で撮りました birds Kannon   初めて知った漢字の読み書き like-a-face  昭和の香り Yokohama story 公園  鍵盤 bridges Olympus-E-PL3 overlook temple  井の頭自然文化園 動く 手造 SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫  RICOH-CX6 庭園 薔薇 Xmas  SD15 clouds 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 飛翔 子供 印象的な看板 階段   CASIO-EX-FH20 toilets Okinawa 雨粒 trees イギリス館 噴水  railways stations  CANON-PowerShotG10 cats 黄昏 Ferris-wheels カラス  people 静物  乗り物 Fuji-FinePix2500Z insects   rusted 栗鼠 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001  枯れて綺麗なもの autumn-leaves swimming 立山 Kyoto Osaka  有楽町 iPhone4で撮りました 飛行機 歴史 むすび座 飛騨高山 西洋館 orange the-last-century 枯葉 dogs ぼけ写真 parks  films absence celesta 東山動植物園 water  Kanagawa 楽寿園 秋桜 owls arts narcissus 富士サファリパーク aquariums instruments  technic SL  単焦点 lakes  pigs 奈良 音楽 美ら海水族館 みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 不在 temples moving  山羊 silhouettes man-made  小石川後楽園 tunnels  墨田区  知多湾 セキレイ Foveon 蜻蛉 大磯城山公園 さがみ湖プレジャーフォレスト mountains 訃報 巡礼 八重洲 水族館   contrast dam 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました CANON-EOS_KissX3 Islamic  NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 韓国 シーサー concerts ponds 朝露 汐留 Steinway  みゅう 浜離宮 両生類  ダリア 東京駅  天王寺動物園 考える 木漏れ日 黒部ダム  peoples 根性植物 東京ジャーミイ my-father's-photos 椋鳥 SIGMA-DP2Merril 秩父 rare カンガルー swim お地蔵様 韓国の日本語表記 Tokyo-bay  最乗寺 変な建物 garden 遠近法 正露丸 六本木 教会 shadow  photo話 glass ゴジラ graveyards green モスク 根岸競馬場跡  ズーラシア ノウゼンカズラ 富士花鳥園 三菱一号館 パチもの 青山 Miyazaki gardens 信号機 Mt.Fuji Shinjuku 銀座 演奏場所 fishes Halloween 螺旋 谷中 f1.4 architectures 蜘蛛 高千穂 公孫樹 蚤の市 SIGMA-DP1Merril USA blue 丸の内   多摩動物公園 向日葵  仏像 首里城 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses ガラス  toriis Clematis 酔芙蓉 パチンコ ダム PaxCrossOver Andre_Henry 日比谷 枯れた蓮 スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました  rabbits 池袋 ススキ Wien 東京国際フォーラム  MF 皇帝ダリア mushrooms 山手111番館 youtube 東京Tower rainbow カマキリ 銭湯 wood 外国 Boesendorfer 吉祥寺 Nagoya 線路 mannequin 遊園地 YouTube gold 逆光 Tokyo-tower 神戸花鳥園 WestsideStory square_piano  アンドレ・アンリ island 大久野島 台風  Hiroshima 板橋区 屋根 reptiles 蒲公英 揚羽 下北沢 move 自動車 水中 grasshoppers black cars 水面 達磨 shrines whale_sharks car 川鵜 Tokyo-Rainbow-Bridge dragonflies road 空中写真 Yokohama-Bay-Bridge 親子 廃墟系 御茶ノ水 slow_shutter spirals ドライフラワー 藤野 空港 麒麟 steampunk 陽光 上高地 真鶴 睡眠  SIGMA ペンギン 照葉大吊り橋 上野動物園 windows 皇居 正月 アルパカ  bike 招き猫 エーデルささゆり 硝子 千葉県 MFレンズ ハナミズキ Foveon_Classic_Blue Merrill DP2 organ ruins indoor ceiling 三嶋大社 海遊館 所有物 二条城 sleeping 卒塔婆 helicopters  purple airplanes Shibuya gull downtown 牡丹 床屋 長屋門公園 絶滅危惧種 帆船 透過光 プリモ芸術工房 hippopotamus 動画 レンガ synchronized 辺野古 Illuminations フィルム写真から  サボテン ship 仙台 Chita-bay stories 工場 流し撮り crows stairs 野牡丹  清水寺 sepia 山科 嵐山 鶏頭  横浜DockyardGarden @親父の撮った写真から cembalo 外苑 旅客機 記念撮影 小物 絵画館 羽田空港  心斎橋 小学校 赤外線 物真似 壁画 石川県 28-80mmの中古MFレンズで撮りました 誕生寺 金沢 横浜マリンタワー 秋葉原 宮城県  松島  草野心平記念文学館 カラー(花) 道志川 自衛隊   原宿 神話  朝顔  表参道  草野心平 お台場 pigeons reflections candle 四天王寺 chimneys ropeways woods Nara お盆 吉祥院 trolley_bus シマウマ BIKE trumpets 幻冬の詩 towers fishings 古宇利大橋 煙突 bricks インコ 独奏 東林寺 roofs cigarettes   ice_needles  dark 透明人間 神奈川 lions asses 山猫 椿 lights 黒鳥 shadows farms 鉄道模型 ジオラマ 八王子車人形 Story Olympus-E-M5 keyboards 原鉄道模型博物館 Guys&Dolls 菖蒲 airports 鸚鵡 deers chameleons meerkats jellyfishes  halls RICOH-CX4 Santa_Claus  roller_coaster jeu_de_timbres blue_rock-thrush 髪切虫 movies 神楽坂 Shiodome bottle doors Arashiyama paint Ushimado 大阪 Tokyo-Gate-Bridge Bechstein turtles Tokyo-Sky-Tree farm street-lamp bench koala Erard Sunshine-aquarium Kobe seal  アシカ ハイビスカス コウノトリ 野毛山動物園 岡本太郎 Okayama still-lifes symmetry iPhone4 Tokyo-International-Forum 模型  Matsushima beach Sendai ropeway 銀閣寺 RhodesPiano 桂川 和歌山県    新世界 仁王 時計 調布市 gate door Olympic Sweden England 中津川 cicada window Apple 蝸牛 Google クワガタ raccoon NEWS 牧野Vl.教室 高幡不動 縁日 寝顔  sports 中国 路地  live 文鳥 Tuvalu 天狗 知覚 白鳥 石像 スカシバ 釣り人 上野 駱駝 カピバラ 高尾山 Pleyel  カニングハム 恐竜 代官山 Poulenc curry 長崎県 翡翠  早稲田 酒場 人形 cosmos 弾き振り しょく Debussy うみねこ きのこ 両国 破壊 ザトウムシ ToyPianos ToyPiano earthquake fighters keybords islands winte squirrels dams Ginza pansies spiders vines Japanese_blue_magpie raccoon_dogs Ninja dragons fennecs Caramel foods dolls Hackbrett cicadas lens sunshines Sinjuku fishing fliers buoys Dance cityscapes objets sonw  photos skating illuminations performances bicycles organs lover 枯れた raccoons apples 檜ホール icstruments girl crescent 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins boy marmots Yokohama神奈川県 black_kite 渡月橋 chance dragonfles friends 菓子 walrus hydrants capybaras maras sea_lions asteroids dolphins fountains singing cable_car icicles XmasTree flamingos fisshs moths otters ducks wooper‐looper amphibians education stars bamboos buds stingrays tulips battles Cheetama jupiter8 chain lock Pipe-Organ photo リス アトリエ萌 ムラサキシキブ 配管 車両 Olympus sunflower 等々力渓谷 Like-a-face E-PL3 自分の作曲 Mt.FUJI DP 135mm単焦点の中古MFレンズ ピンク 三渓園 Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 DIGNO2 slowshutter  三輪車 Jupiter8 Musician Olympus-EM5 SIGMA-DP!Merrill 那覇 白黒 ダンス 横浜開港記念館  八ヶ岳 玉暈け レトロ モノレール  donkey 東山動物園 platforms landscapes 街灯 hat 白石  sprinkler monpou cocert storms Landscape tablephoto walnuts surprise snowman table glasses mirrors reflectons table_photos stove 変電所 花虻  brown 墨絵 illumination 井手詩朗 Lion 山之口貘 solo gazing neon tortoise running 碍子 advertisement retro laughing gerbera 兵庫 sculptures armors 日本橋 三越劇場 灯り 深川不動尊 踏切 政治   怒り 劇場 三越 廃墟 なりすまし @親父の遺した写真から 海老 Mozart Cimbalom 門前仲町 富岡八幡宮 背中 ハート 天龍寺 internet 警告 コスプレ サンタクロース 花束 イルミネーション 並木 Gogh SIGMA-SD15 地名 ソフトフォーカス 銅像 孤独 マジックアワー Architecture 豪徳寺 オダマキ 船橋市 走る cafe 根岸森林公園 客船 彼岸花 ヒーロー violin 通天閣 加古川 天安河原 フランス山 冬桜 高千穂峡   花火 カビ キッチュ 神戸市 天井 眼鏡 水紋 鯉幟  風車 根津美術館 石仏 茅ヶ崎市 美術 メジロ 仕事の話  那覇空港 調律師 調律 七五三縄 天岩戸神社 うろこ雲 邦楽 モノクロ セピア 海洋博公園 保護色  茨城県 戦闘機   museums wild-boars globefishes sharks dead-leaves mold restaurants roads castles bigs still-lives bronze pelican peacocks 大仏 butterflies witer goats giraffes ice ships travels cable-cars trolley-bus gates bees mask 運河 高山市民吹奏楽団 酒席 abutilon eyes rajilways lighthouses theaters hummingbird-moths horseflies restaurant signals ceilings light benches goldfish dahlia Ikebukuro crocodile Tennoji-zoo zoorasia Ayu Miyagi Nago moonlight airplane radio-drama Yokohama-Marine-Tower cultivator Itabashi laws-of-perspective Haneda-airport anchor screw about-photo sand construction-site サザンカ wall crawfishes sunshine-aquarium snakes genius backlight brick dried-flowers words stinkbugs dragon Umeda cormorant birdsseagull moire sakai-river egret Aichi lizards apple 狛江市 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。