2017-06

    スポンサーサイト - --.--.-- --,--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Sound Check - 2013.08.09 Fri,07:56

    キャプションは、写真、あるいは、文字列をclickした先にあります。
    今日からの(僕にとっての他流試合の)コンサートの準備が昨日から会場で始まりました。
    Guys & Dollsでもご一緒した、Bassの稲垣護さんと
    Drumsの澁谷さんと、再び共演します。
    サウンド・チェック@2013/08/08
    サウンド・チェック@2013/08/08 posted by (C)白石准(belokamensky改め)

    サウンド・チェック@2013/08/08-2
    サウンド・チェック@2013/08/08-2 posted by (C)白石准
    スポンサーサイト

    Viva Musical2 - 2007.10.10 Wed,15:47

    幸田町チラシ去る10/5は愛知県の額田郡幸田町(ぬかたぐん こうたちょう)というところ、といっても愛知県人じゃない限りわからないので、新幹線の豊橋の近く(でも駅名は、こうだと、濁った音の表記だった)といっておきましょう。
    そこのホールの自主事業で、5月にジキル&ハイドの名古屋公演でお世話になった指揮者の西野淳氏の紹介で、四人のすばらしいシンガー達と西野氏が企画構成司会を務めたミュージカルのナンバーのコンサートに出てきました。

    出演者は、全員愛知県のご出身の方々でした。
    河崎麻栄(岡村麻未さんという名前で東京では活躍されていますが、地元なのでご本名でした)さん、岩本やよいさん、永見隆幸さん、佐野文彦さんというそれぞれ、とても水準の高い(全員初対面だったのですが、びっくりしました。僕がたまに関わるMusicalの団体ではお会いしたことがなかったので)歌唱力の方々だったので、実に充実した仕事になり、楽屋や打ち上げでも仕事を忘れ、何年も一緒にやっていたようなユニットのような心の交流ができてたのしかったです。

    それと、西野さんの選曲が実にすばらしく、僕の知らないミュージカルナンバー(どちらかというと最近の作品が多かった)も多く、それぞれ実際に彼が棒を振っていた曲がほとんどで、解説や上演当時のエピソードのお話も舞台上で初めて聞いて「観客」として楽しみました。

    先日も埼玉オペラ協会でも司会がなかなかおもしろかったし、ちゃんと原稿をきちんと書いたトークというのは無駄がなく僕のようなフリートークしかしないやり方には脱線だらけなので反省しました(爆)

    前日の正午過ぎからリハーサルが合ったのですが、会場に近づくまで、自分としては、初めて訪れるところだと思いこんでいました。

    しかし、建物が見えてきたとたん、ここにかつて一度猛暑の夏に訪れた記憶がよみがえってきました。
    そうです、2000年の夏に行われた“ザ・キッチン”というミュージカルの公演だったのです。
    完全に来たことを忘れてました(爆)

    その偶然は実はこの記事の一つ前の埼玉オペラ協会のコンサートに誘ってくれた会長が、このミュージカルのなかで「コック長」を演じていたわけで、この一週間の流れはいろいろな偶然とご縁を感じました。

    打ち上げに行くときもびっくりしっぱなしでした。
    だって、まったく月の明かりしかないような田んぼのなかにぽつんとたっているお店に連れて行かれたからです。
    だから、騒いでも全然大丈夫でした。

    今回集った人数は多すぎないわけだしとても個性が際だつ感じがあって、これをパッケージにして売れたらいいのにねと話をして帰ってきました。

    ジキル&ハイド大阪公演開幕 - 2007.05.11 Fri,09:30

    ジキル&ハイドの大阪公演のリハーサルのために月曜日から大阪に来ているが、ついに今日から本番が始まる。

    東京公演をご覧になった人はご存知の通りオーケストラはピットではなく舞台上の奥で左右に別れて客席から見えないところで(舞台装置の配置によってはたまには視界に入るときもあるが)弾いています。

    僕は上手(「かみて」、客席から見て右側のこと)側の指揮者のまん前にいるので、1ヶ月にわたる東京公演、およびその前のリハーサルでも一度も弾いてなかった「最も遅れて来た初心者」としては理想的な環境で弾いてます。

    しかも主要なキャストが大阪からお一人初登場されるので東京公演の初日前のように何日もリハーサルがあったのは新参者の自分にとっても周りに溶け込む為には実に都合が良かった。

    なにせ今回の公演はファイナル公演ということだそうだけど、キャストだけではなくオーケストラの中も、何回もの再演を経験している人がほとんどだからね。

    三台あるキーボードのうち僕は9割方ピアノの音を出していますが、結構歌に直接絡んでいるから稽古ピアノの譜面と同じ感じのところも多く、歌い手の道標になってるのでやりがい満載。

    だから自分だけ何回も立ち稽古の時に呼ばれて見学させられたんだな。

    やっと解った(爆)

    後はチェンバロの音もある。
    それ以外は単独で歌や台詞に絡んでいるような時のハープとその他電子音的なキーボードのサウンド。
    それ以外の鍵盤ぽくない音は他の二台のキーボードがやってる。

    ほとんど全曲中休みがなく単独で弾いてる曲もあったりするので実にやりがいがあるし、今回のオーケストラでは、数年前に弾いたミス・サイゴンの時のメンバーも多く、指揮者を含めても一番の年寄りなので有能な若い人たちにいたわられながら(爆)楽しくやってます。

    キーボードセクションには音色のセッティングをしてくれた専門の有能なスタッフもいるし、10年前はそれを自分でやらなくてはならなかったから最近は弾くだけでいいから気楽(譜面は気楽なんてもんじゃないが)なもんです。

    繰り返し書くけどこの作品の曲は本当に素晴らしい。

    ジキルとハイド - 2007.03.29 Thu,23:23

    3/27からタイトルの(正確にはジキル&ハイド)Musicalのリハーサルに毎日参加しています。
    正確に言うとその前の週にも個人的に練習を見学しに行ったのではありますが、このファイナルと銘打った公演に参加するのはとても光栄なことです。

    残念ながら僕はエキストラなので、東京公演は一切演奏しません。

    http://www.umegei.com/m2007/jikil_hide.html

    http://www.chunichi-theatre.com/presents/2007/5/5gatsu_p7.html
    にある大阪と名古屋の公演のみ参加します。

    今日はオーケストラと役者の歌合わせでした。
    すばらしいストーリーと熱い演奏(まだ今日は僕は弾かなかった)と役者さんたちの熱唱に感動しました。

    特に主役のお二人、鹿賀丈史さんとマルシアさんには圧倒されました。

    今回のパートは、稽古ピアノをずっとされていた國井雅美さん(何度も彼女とは一緒に仕事をしてきたけど、この世界の第一人者と言って良い職人。)のエキストラ(キーボードは三人いるがその第一キーボードのパートで、主にピアノやハープシコードなどの鍵盤の音色)です。

    自分も経験があるけど、稽古ピアノの人がそのまま演奏するというのは、そうじゃない場合に比べ、その作品に対する思い入れ、そして役者との理解度に於いて、他の追従を許さないところがあるわけで、僕は彼女の弾く様にある程度「個性の違いに寄る演奏のスタイルの違い」を出さない様に努めないと、彼女の弾き方に慣れている役者たちが違和感を感じてしまったりします。

    もちろん指揮者を信頼して指示に従えばそれで良いのですが、こういう「長い仕事」ではその指示に含まれる情報だけではない「もうすでに出来ているもの」に新参者がその代わりをするのは並大抵のことではありません。

    自分が今まで「初演」として参加した作品はいくつかあって、そのなかには稽古ピアノから参加したものもそうでないものもあるけど、そういうときは自分が為したことはある意味すべて正当化される気楽さもあったけど、これはもう四度の公演、そして今回はその最終章であるからしてその意気込みはカンパニー全体としてすごいものがあるし、今回僕以外にも初めての人たちもいるわけだけど、四月から一ヶ月は経験値を積む訳で、五月から僕だけ新参者になる(ごく一部役者さんもそういう立場の方がいらっしゃるけど)ので、最初からチームに溶け込めるかは僕のスキルにかかっているので責任重大で(結構ソロっぽく裸になるところもあるし)実際に楽器の前に座る時期になったら相当ピリピリするのは必定。

    ただ、救いは指揮者の真ん前で演奏できるので、指揮者の西野淳氏自体とても分かりやすく指示を出してくれる人なので、良い結果が出せる様に明日の通し稽古を、ゴーシュさながら「眼を皿の様にして」見学しようと思います。

    明日はその練習の後、西宮に向かい指揮者の佐渡裕氏から声をかけられた別の仕事に向かいます。
    その件はまた後日。

    ★2007/2/11ボブ・佐久間&京響ポップス,バレンタイン「花のコンサート」 - 2007.02.12 Mon,22:00

    京響リズムセクションtrio昨日は京都コンサートホールで、京都市交響楽団の仕事で、ピアノとチェレスタ(今回はMustel社製)を弾いた。

    今回は「花」というタイトルに関係のある曲ばかりで、歌謡曲からジャズ、クラシックの名曲入り乱れてのコンサートだった。

    この手のレパートリーをするときは、京都市交響楽団(以後京響)で二年前から毎年一回から二回このメンバーで共演をしている。

    写真(実はこれは二年前の初共演時に撮ったもの)の左からドラムスの江森文男ちゃん、そして右がベースの大塚功ちゃんです。

    今回は僕にも1コーラスアドリブソロがあって、この二人のサポートでとても気持ちよく弾かせてもらいました。

    そういえば、東京のオーケストラの仕事で僕がアドリブなんかするような状況はここ数年なくて地方の仕事に行くとこうやって「そっちの方が多かったり」するのは面白い傾向で、東京圏で僕を聴き続けている人にも見せてないある意味面白いシーンではあります。

    通常のオーケストラの仕事と違い、鍵盤の譜面は音符ではなくコードしか書いてないものがほとんどだったのだけど、唯一クラシックっぽくすべての記譜が音符で書いてあったボブ佐久間氏のオリジナルの「SAKURA」がとても印象に残りました。

    日本のメロディのさくらをモティーフにつぼみとか朝だったりさくら吹雪や夜桜など、いろんな情景を管弦楽の色彩で表現していました。

    優れたアレンジャーとして有名な彼の他の曲もとても弾きやすく、この手の仕事としては、南安雄さんの作品とともに僕のもっとも楽しみにしている仕事です。

    あと僕にとってのトピックは、かつて東京交響楽団のコンサートマスターをされていたグレブ・ニキティンちゃんが、最近このオーケストラに移籍していたことは知っていたけど、数年前に何回か東京でDuoやTrioで共演して以来の再会だったことがうれしく、考えてみたらオーケストラの中での共演は初めてだったし、今回のアレンジにはヴァイオリンのソロがあちこちにあって、息をのむような美しさで観客だけでなく僕らも魅了されました。

    岡田真澄さん御逝去 - 2006.05.30 Tue,00:21

    ファンファン大佐の愛称で親しまれている彼がお亡くなりになったことをネットのニュースで見てびっくりした。

    彼とは実は二度、Musicalでお仕事をご一緒したことがあった。

    一度目は、ラ・カージュ・オ・フォールという作品で、しかもその公演中に体調を崩されて倒れた俳優さん(この役はほとんど主役)のピンチヒッターとして突如呼ばれて、一日でまた舞台を再開させたのだった。

    かつて一度演じた役だったとはいえ、数年ぶりのことで練習期間は一日しかない。
    結構出番が多い役だから普通の人だったらそう簡単にはいかないと思います。

    台詞と歌と動きを彼が覚えるためにやった特別練習をオーケストラピットからみていて、彼の気迫とそれを成し遂げてしまったキャリアのすごさに感動し、またそれを周りのキャストとすべてのスタッフが一丸となっていました。

    特に、この芝居の主役である「妻」役の市村正親さんの練習中の気迫が凄かったことも覚えています。

    大突貫工事をした翌日の「再初日」では、最初にナイトクラブのボスということで、観客に向かってお店の宣伝をするのですが、もちろん正確には覚えてないけど、
    「みなさんお久しぶりです、しばらく旅行に出かけていましたが、ついさっき帰ってきました。どうもご心配かけました。」
    みたいな内容のアドリブの台詞で、観客をもすべての出演者に対しても、ほとんど固唾をのんで「現実の状態」を心配し、緊張して始まったはずのショウが、「まさに現実と虚構が入り交じった挨拶」によって、一気に「舞台上の世界に」持って行かれて、その瞬間「今日は絶対に大丈夫」と確信したものです。
    なにか武者震いというか、気持ちの良い鳥肌立ちながらその台詞を聴いた途端ピアノを弾いていましたよ。
    実際市村さんの演技もいつも凄いのですが、その日の歌は格別オーラが凄かった。それにもみんな引きずられていったのだと思います。

    サッカーで「局面をドラスティックに変えるパスとかシュート」とかあるけど、あの「前振り」はまさにそれでした。

    彼の人柄とキャリア、普段からダンディであることは誰も否定しないと思うけど、これこそお洒落に、みんなを「普段」に戻したプロフェッショナルの余裕の魔法でした。

    その日のカーテンコールは女性のキャストは熱狂する観客の前で、まるで千秋楽のような涙を流していました。

    昨日、アマチュアの大人のための発表会をやって、そのゲストで仲良しのあべちゃんという人とその作品のことを話題にし、懐かしがっていたから、このニュースのタイミングの一致に驚いています。

    そのあべちゃんと出会った作品でもある、

    ★2005/12/23,24フィリッパ・ジョルダーノ,クリスマスコンサート - 2005.12.24 Sat,10:39

    フィリッパ2005チラシにあるとおりのコンサートです。 僕は今回、僕を含めて9人編成のミュージシャンと一緒に彼女の伴奏をしました。内訳は、Piano(指揮のまねごと(爆)を含む、僕がやりました。)とViolinとCelloとContrabassとGuitarとHarpとFluteとPercussionsとKeyboard(曲によってはPercussionsも担当)です。

    昨日初日の演奏が終わりましたが、演奏者は皆さん水準の高い方ばかりで、フィリッパの「そのたびに違う(爆)テンポの違い、間合いの取り方」にしっかり着いてきて下さいました。

    歌の伴奏は長年僕はしてきているので、そのたびに違う事をされるのは、「独りでピアノで歌い手に着いていく」上では何も困らないのですが、8人の仲間を引き連れて、予想外なタイミングに対応するのはさすがに大変です。

    でも歌い手の気持ちも分からないでもないし、彼女の声はもちろん、美貌に視覚が「やられてしまっているので」(爆)、彼女に対する不満はありません。

    本番ではドレスを着ているのでわかりませんが、リハーサルのときに、ミニスカートで登場するとき、その脚の美しさに気絶するかと思いました。(^_-)

    なんだか、マエストロ、マエストロ、といわれて本番もトーク中に僕をつれだして、漫才状態になってしまい、終演後それが面白かったらしく「明日も頼むわよ」と言われ、今回は白石准の「語り」は無いはずの仕事なのにどうしてくれる!(謎)と思いました。

    昨今世の中をにぎわしているマンションやホテルの構造計算書偽造問題にもちょっと共通することがあるのですが、今回の譜面が最悪です。

    何が最悪って、音楽がきちんと演奏されるために必要な、表情記号、ダイナミックス、スラーの類がいっさい無いのですが、まあその位なら職人達はなんとか練習のときになんとかできますが、歌のコンサートの伴奏をするのに、歌詞が書いてない(!)から、練習のストレスはすごかったですし、演奏上の事故がきわめて起きやすいし、起きたときの対応がとてもしにくい状態です。

    音楽の中で暗黙の内に共有している最低限の「耐震能力」が暗黙の「法定内」で満たされているとは言いがたい状態です。

    しかもピアニストが指揮をすることを前提としているのに、与えられた譜面は、ピアノの「パート譜」、つまりピアノが弾くところしか書いてない状態だったから、他のみなさんがなにをしているかも歌い手が何を歌っているのかも分かりません。

    基本的にはピアノ以外のパートの人はそれでよいわけですが、つまりそのまま演奏したら、みんなをまとめている僕が全体像を俯瞰せず演奏することになります。

    それはあまりに危険なので、自分はスコア(全部の音が書かれている譜面のこと)で弾くことにしましたが、ピアノのパートと歌のパートがマンションで言ったら3階と7階くらい離れているところに書いてあるから弾きながら歌をみるのはとても難しいし、しかも歌詞がないから微妙なルバートに着けるのをどうすればいいのだということになりますし、譜めくりが4小節ごとに行われるので譜めくりの人がずっと立ちっぱなしで気の毒だ。(爆)まあそれは製本することにより 8小節ごとにめくることに改善できたけど、それでも忙しいことに代わりはない。

    なかでももっともやばいのは、シューベルトのアヴェ・マリア。
    この曲だけたぶん違うアレンジャーの作品で、どういうわけだか、ピアノとキーボードと歌のたった三人で演奏する曲なのに、スコアがないどころか、メロディーと歌詞のパートが僕のピアノのパート譜には書いてない。

    もちろん知らない曲ではないけどピアノのアレンジがオリジナルとは全く違うし、ドイツ語で歌ってないし、めちゃくちゃテンポが伸びたり縮んだりするからもう、すべて動物的な「勘」(爆)で弾くしかない。

    それは彼女に責任があるのではなく、音楽を建物にたとえれば、「設計図」である楽譜をちゃんとすれば何とでもなる話です。

    これは譜面に明るくない人には分かってもらえないかも知れないけど、音符が書いてあればすぐに読めるとおもうでしょ。違うんですよ。

    コンピュータで書かれた譜面にはきちんと推敲しないととんでもなく「読めない音符」が多く出てくるのです。
    異名同音といって、文法上、ファの♯で書くべき処をピアノの鍵盤なら同じということでソの♭で書いてあると、実は頭に直感的に和音が浮かばないものなのです。

    そういう箇所があちこちにすごく多いので音楽をしながら「流れ」で音をあらかじめならすことがとてもできないから、ストレスがすごい。

    現場の「施工」をする人間にとって命綱の譜面がこれほど酷い仕事は経験の無いことではないが、それさえきちんとしていたらもっと楽しんで、楽に、できます。

    そういうチェックはなぜ事前にされないのか理解に苦しむし、この編成では彼女も初めて歌う状態なのに、だいたいアレンジャー(だれがしたのか誰も知らない(爆))が立ち会わないのも腹が立つ。

    エピソードとすれば、昨日のコンサートでは今までに経験したことのないヤジが僕らの演奏(フィリッパが着替えている間に演奏されたヴァイオリン、チェロ、ピアノによる三重奏)に向けられた。 それは意外なほど聴衆の方に賞賛して頂けて、最初は立ってお辞儀をするつもりもなかったけど、挨拶をしていたら、ブラヴォーの声につづいて文章が舞台に飛んできた。

    大意としてはとてもありがたい賞賛の言葉だったのだが、そのうちエスカレートしてきて、分別のある大人なら言ってはいけないこと(だから書かない)まで達し、こっちは感謝の会釈をするしかないが、ああいう褒められ方をしても困ってしまいます。

    しかし、マイクを使っていないのにあれほど明確に言葉の内容と声量があった方で、ヤジの内容は困惑するばかり(故に動揺してしまい、次の曲の頭の合図や弾くところを間違えた(爆))だったが、オペラや舞台の役者になればすごいだろうなとか関係ないことを同時に思ってしまった。(爆)

    いろんなやばいことは起きているけど、全体をみれば、すばらしい共演者に出会えて楽しい仕事です。

    2005/12/23~5オペラ“ヘンゼルとグレーテル”佐渡裕プロデュース - 2005.12.21 Wed,20:35

    この仕事は、今年の10月に始まったリハーサルが自分にとって「最初の」かかわりではなく、2004年の夏、2003年の夏と秋、友人である指揮者の佐渡裕氏から頼まれて、このオペラから抜粋された4曲でストーリーと、歌を子供達に触れさせて、この作品、及びオペラというものを身近なものにするプレ事業から関わっていたころから始まっていた。

    まさか本公演の稽古ピアノまでするとは思ってなかった。
    やった仕事は、オペラの世界ではコレペティトルという役名だが、自分としてはミュージカルのリハーサルピアノは何回かやったし、オペラのアリアをコンサートでピアノで弾いたりオーケストラの一員として弾くという仕事は数多くやってきたが、オペラの公演のリハーサルに関わるのは初めての経験だったので、敢えて稽古ピアノということで記す。

    実際にオーケストラが演奏する状態になるまで、歌手達のリハーサル時にそのかわりをピアノでつとめました。
    本番ではもともと鍵盤のパートはないし、演奏には参加しません。

    今回副指揮についたのは、2001年に東京を中心に行われたミュージカル“キャンディード”の時に出会った、矢澤氏、永野氏だったので懐かしかった。
    矢澤氏とは今年の初夏、ウィーンに行ったわけで今年は、二度も長期間の仕事を一緒にしたことになる。

    キャストの中には、初めての人ももちろんいらしたが、別の機会に共演したことのある人もいて、新しい出会いと再会を喜んだ相手もいて楽しかったです。
    この投稿時点では、本番の日が訪れてはいないが過去形で書いたのは、先日19日をもって自分の仕事は終了したからである。

    いろいろ忙しかったので佐渡裕氏とは話す時間があまりなかったが、この公演の事を含め、劇場の責任者でもある彼から、いろんな夢を聞かされたなかで、今後もこの劇場を中心に白石准が出来うる新しいことを彼と実行すること(事業が実際に動き出したときに具体的に内容を開示しよう)を頼まれたのでとても心意気を感じて帰ってくることが出来た。

    新しいオーケストラは全員三十代半ばより若い人たちで構成され、国籍も様々(半分くらいは日本人ではなかった。)、たしか在籍は3年間だったかな、そういう試みは他のどこでもないわけで、既製のオーケストラを基準に考えた視点からはいろんな批判もあるだろうが、僕はこの「制限」の中だからこそ生まれてくるエネルギーを感じ、まだ荒削りなところはあるとは思うが、素晴らしい可能性を実感してきました。3年後の成長も楽しみだし、またほとんどメンバーが替わって違うサウンドになる(それをやっかむ人がいるとは思うが)のもまた新鮮じゃないかと思います。

    そのほかにも、劇場を「本拠地」とするオーケストラは最近、僕が一番世話になる新日本フィルハーモニーやオーケストラ・アンサンブル金沢など、いくつかでてきたけど、劇場がオーケストラを持つという、たぶん西洋では当たり前の事だけど日本ではなかなかなかったこと(初めてかどうかは詳しくは知らないが)と、子供達のオーケストラもあるし、それを含んだ教育的な色々な試み、そして地元への結びつき(アウトリーチ活動)などなど、様々な情報発信を佐渡裕氏がやり始めたことに末席で関われたこと、しかもこのオペラのカンパニーとしては、二年前のプレ事業から参加したことは誇りに思いました。

    二日間の舞台稽古を見てどんどん、すべてのセクションのテンションが高まってきたし、成功を祈るだけです。

    余談ですが、昨日帰ろうとしたら、いきなり、開演のベルを劇場の装備されているものではなく、ヘンゼルとグレーテルが踊る曲の一節をチェレスタで弾いて録音してくれと、いきなり言われ、もともと本番では演奏しないし、本番を前に帰っちゃう(爆)し、カンパニーのみんなへの置きみやげにはちょうどよいなとも思いながら、録音させてもらいました。

    ゆえに僕の事を知っている人で公演に来る人は40秒弱、僕の演奏を開演直前に聴くことが出来ます。(爆)

    そうそう、余談その2。
    大がかりなオペラやミュージカル、バレエの公演は助成があったにせよ、かなりチケット代は高くなるものだけど、今回の公演は最高に高くても6500円だし、安いのは2000円の席もあるし、マネージメントをしているセクションは大変なご苦労があるとは思いますが、「気軽にオペラを見る」という意味に於いては画期的な事だと思いました。

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました   NIKON-D5100 SIGMA-DP2Merrill   葉っぱ 僕の作曲  SIGMA-DP2Merrillで撮りました @Discover神奈川県相模原市 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました Fuji-FinePix2500Zで撮りました  動物 CANON-PowerShotG10で撮りました CASIO-EX-FH20で撮りました SIGMA-DP1sで撮りました  CANON-EOS_KissX  RICOH-CX3   Tokyo CANON-EOS_KissX3で撮りました flowers 金属系 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 俯瞰 人間 楽器  SIGMA-DP1s 室内 animals  RICOH-CX6で撮りました birds Kannon   初めて知った漢字の読み書き like-a-face  昭和の香り Yokohama story 公園  鍵盤 bridges Olympus-E-PL3 overlook temple  井の頭自然文化園 動く 手造 SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫  RICOH-CX6 庭園 薔薇 Xmas  SD15 clouds 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 飛翔 子供 印象的な看板 階段   CASIO-EX-FH20 toilets Okinawa 雨粒 trees イギリス館 噴水  railways stations  CANON-PowerShotG10 cats 黄昏 Ferris-wheels カラス  people 静物  乗り物 Fuji-FinePix2500Z insects   rusted 栗鼠 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001  枯れて綺麗なもの autumn-leaves swimming 立山 Kyoto Osaka  有楽町 iPhone4で撮りました 飛行機 歴史 むすび座 飛騨高山 西洋館 orange the-last-century 枯葉 dogs ぼけ写真 parks  films absence celesta 東山動植物園 water  Kanagawa 楽寿園 秋桜 owls arts narcissus 富士サファリパーク aquariums instruments  technic SL  単焦点 lakes  pigs 奈良 音楽 美ら海水族館 みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 不在 temples moving  山羊 silhouettes man-made  小石川後楽園 tunnels  墨田区  知多湾 セキレイ Foveon 蜻蛉 大磯城山公園 さがみ湖プレジャーフォレスト mountains 訃報 巡礼 八重洲 水族館   contrast dam 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました CANON-EOS_KissX3 Islamic  NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 韓国 シーサー concerts ponds 朝露 汐留 Steinway  みゅう 浜離宮 両生類  ダリア 東京駅  天王寺動物園 考える 木漏れ日 黒部ダム  peoples 根性植物 東京ジャーミイ my-father's-photos 椋鳥 SIGMA-DP2Merril 秩父 rare カンガルー swim お地蔵様 韓国の日本語表記 Tokyo-bay  最乗寺 変な建物 garden 遠近法 正露丸 六本木 教会 shadow  photo話 glass ゴジラ graveyards green モスク 根岸競馬場跡  ズーラシア ノウゼンカズラ 富士花鳥園 三菱一号館 パチもの 青山 Miyazaki gardens 信号機 Mt.Fuji Shinjuku 銀座 演奏場所 fishes Halloween 螺旋 谷中 f1.4 architectures 蜘蛛 高千穂 公孫樹 蚤の市 SIGMA-DP1Merril USA blue 丸の内   多摩動物公園 向日葵  仏像 首里城 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses ガラス  toriis Clematis 酔芙蓉 パチンコ ダム PaxCrossOver Andre_Henry 日比谷 枯れた蓮 スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました  rabbits 池袋 ススキ Wien 東京国際フォーラム  MF 皇帝ダリア mushrooms 山手111番館 youtube 東京Tower rainbow カマキリ 銭湯 wood 外国 Boesendorfer 吉祥寺 Nagoya 線路 mannequin 遊園地 YouTube gold 逆光 Tokyo-tower 神戸花鳥園 WestsideStory square_piano  アンドレ・アンリ island 大久野島 台風  Hiroshima 板橋区 屋根 reptiles 蒲公英 揚羽 下北沢 move 自動車 水中 grasshoppers black cars 水面 達磨 shrines whale_sharks car 川鵜 Tokyo-Rainbow-Bridge dragonflies road 空中写真 Yokohama-Bay-Bridge 親子 廃墟系 御茶ノ水 slow_shutter spirals ドライフラワー 藤野 空港 麒麟 steampunk 陽光 上高地 真鶴 睡眠  SIGMA ペンギン 照葉大吊り橋 上野動物園 windows 皇居 正月 アルパカ  bike 招き猫 エーデルささゆり 硝子 千葉県 MFレンズ ハナミズキ Foveon_Classic_Blue Merrill DP2 organ ruins indoor ceiling 三嶋大社 海遊館 所有物 二条城 sleeping 卒塔婆 helicopters  purple airplanes Shibuya gull downtown 牡丹 床屋 長屋門公園 絶滅危惧種 帆船 透過光 プリモ芸術工房 hippopotamus 動画 レンガ synchronized 辺野古 Illuminations フィルム写真から  サボテン ship 仙台 Chita-bay stories 工場 流し撮り crows stairs 野牡丹  清水寺 sepia 山科 嵐山 鶏頭  横浜DockyardGarden @親父の撮った写真から cembalo 外苑 旅客機 記念撮影 小物 絵画館 羽田空港  心斎橋 小学校 赤外線 物真似 壁画 石川県 28-80mmの中古MFレンズで撮りました 誕生寺 金沢 横浜マリンタワー 秋葉原 宮城県  松島  草野心平記念文学館 カラー(花) 道志川 自衛隊   原宿 神話  朝顔  表参道  草野心平 お台場 pigeons reflections candle 四天王寺 chimneys ropeways woods Nara お盆 吉祥院 trolley_bus シマウマ BIKE trumpets 幻冬の詩 towers fishings 古宇利大橋 煙突 bricks インコ 独奏 東林寺 roofs cigarettes   ice_needles  dark 透明人間 神奈川 lions asses 山猫 椿 lights 黒鳥 shadows farms 鉄道模型 ジオラマ 八王子車人形 Story Olympus-E-M5 keyboards 原鉄道模型博物館 Guys&Dolls 菖蒲 airports 鸚鵡 deers chameleons meerkats jellyfishes  halls RICOH-CX4 Santa_Claus  roller_coaster jeu_de_timbres blue_rock-thrush 髪切虫 movies 神楽坂 Shiodome bottle doors Arashiyama paint Ushimado 大阪 Tokyo-Gate-Bridge Bechstein turtles Tokyo-Sky-Tree farm street-lamp bench koala Erard Sunshine-aquarium Kobe seal  アシカ ハイビスカス コウノトリ 野毛山動物園 岡本太郎 Okayama still-lifes symmetry iPhone4 Tokyo-International-Forum 模型  Matsushima beach Sendai ropeway 銀閣寺 RhodesPiano 桂川 和歌山県    新世界 仁王 時計 調布市 gate door Olympic Sweden England 中津川 cicada window Apple 蝸牛 Google クワガタ raccoon NEWS 牧野Vl.教室 高幡不動 縁日 寝顔  sports 中国 路地  live 文鳥 Tuvalu 天狗 知覚 白鳥 石像 スカシバ 釣り人 上野 駱駝 カピバラ 高尾山 Pleyel  カニングハム 恐竜 代官山 Poulenc curry 長崎県 翡翠  早稲田 酒場 人形 cosmos 弾き振り しょく Debussy うみねこ きのこ 両国 破壊 ザトウムシ ToyPianos ToyPiano earthquake fighters keybords islands winte squirrels dams Ginza pansies spiders vines Japanese_blue_magpie raccoon_dogs Ninja dragons fennecs Caramel foods dolls Hackbrett cicadas lens sunshines Sinjuku fishing fliers buoys Dance cityscapes objets sonw  photos skating illuminations performances bicycles organs lover 枯れた raccoons apples 檜ホール icstruments girl crescent 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins boy marmots Yokohama神奈川県 black_kite 渡月橋 chance dragonfles friends 菓子 walrus hydrants capybaras maras sea_lions asteroids dolphins fountains singing cable_car icicles XmasTree flamingos fisshs moths otters ducks wooper‐looper amphibians education stars bamboos buds stingrays tulips battles Cheetama jupiter8 chain lock Pipe-Organ photo リス アトリエ萌 ムラサキシキブ 配管 車両 Olympus sunflower 等々力渓谷 Like-a-face E-PL3 自分の作曲 Mt.FUJI DP 135mm単焦点の中古MFレンズ ピンク 三渓園 Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 DIGNO2 slowshutter  三輪車 Jupiter8 Musician Olympus-EM5 SIGMA-DP!Merrill 那覇 白黒 ダンス 横浜開港記念館  八ヶ岳 玉暈け レトロ モノレール  donkey 東山動物園 platforms landscapes 街灯 hat 白石  sprinkler monpou cocert storms Landscape tablephoto walnuts surprise snowman table glasses mirrors reflectons table_photos stove 変電所 花虻  brown 墨絵 illumination 井手詩朗 Lion 山之口貘 solo gazing neon tortoise running 碍子 advertisement retro laughing gerbera 兵庫 sculptures armors 日本橋 三越劇場 灯り 深川不動尊 踏切 政治   怒り 劇場 三越 廃墟 なりすまし @親父の遺した写真から 海老 Mozart Cimbalom 門前仲町 富岡八幡宮 背中 ハート 天龍寺 internet 警告 コスプレ サンタクロース 花束 イルミネーション 並木 Gogh SIGMA-SD15 地名 ソフトフォーカス 銅像 孤独 マジックアワー Architecture 豪徳寺 オダマキ 船橋市 走る cafe 根岸森林公園 客船 彼岸花 ヒーロー violin 通天閣 加古川 天安河原 フランス山 冬桜 高千穂峡   花火 カビ キッチュ 神戸市 天井 眼鏡 水紋 鯉幟  風車 根津美術館 石仏 茅ヶ崎市 美術 メジロ 仕事の話  那覇空港 調律師 調律 七五三縄 天岩戸神社 うろこ雲 邦楽 モノクロ セピア 海洋博公園 保護色  茨城県 戦闘機   museums wild-boars globefishes sharks dead-leaves mold restaurants roads castles bigs still-lives bronze pelican peacocks 大仏 butterflies witer goats giraffes ice ships travels cable-cars trolley-bus gates bees mask 運河 高山市民吹奏楽団 酒席 abutilon eyes rajilways lighthouses theaters hummingbird-moths horseflies restaurant signals ceilings light benches goldfish dahlia Ikebukuro crocodile Tennoji-zoo zoorasia Ayu Miyagi Nago moonlight airplane radio-drama Yokohama-Marine-Tower cultivator Itabashi laws-of-perspective Haneda-airport anchor screw about-photo sand construction-site サザンカ wall crawfishes sunshine-aquarium snakes genius backlight brick dried-flowers words stinkbugs dragon Umeda cormorant birdsseagull moire sakai-river egret Aichi lizards apple 狛江市 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。