2017-10

    スポンサーサイト - --.--.-- --,--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    “ジョディと子鹿のフラッグと”その後 - 2010.07.27 Tue,09:50

    2007年に作曲した“ジョディと子鹿のフラッグと”ですが、むすび座のホームページから転載しました。
    去年と一昨年の話ですが(爆)


    ジョディー09tomo21 平成21年度文化庁
    「本物の舞台芸術体験事業」 参加作品に!

    本作品が
    文化庁本物の舞台芸術体験事業参加作品に選ばれました。
    この事業は「子ども達が優れた舞台芸術を鑑賞するため」に
    文化庁が行っている事業で、
    むすび座は「西遊記-悟空誕生の巻-」に続き
    2度目の参加となります。

    平成20年度
    「厚生労働省社会保障審議会」 推薦作品に!

    本作品が
    厚生労働省社会保障審議会が推薦する
    児童福祉文化財に選ばれました。
    スポンサーサイト

    久々に“ジョディと子鹿のフラッグと”に触れました - 2010.04.13 Tue,01:01

    むすび座2010/04/12昨日はGuys and Dollsの初めての休演日だった。

    久しぶりに名古屋に行って自分が人形劇団むすび座のために作曲した作品(邦題は「子鹿物語」で良く知られているもの)の練習に参加してきました。
    メンバーに新人の人が入ったからでもあります。

    最後に聴いてから格段にみなさん「自分のもの」にしていて感心しました。
    ゆえに、久しぶりだったせいもあるし、以前には思いつかないようなアドヴァイスが自ずと出てきて、作品の成長とともに自分も違う聞こえかたが出来るようになっているのだと思いました。

    やっぱり芝居の上に成り立っている音楽の中にいることがなによりも楽しいということを改めて実感した一日でした。

    まだ劇団のウェブサイトには告知されていませんが8月に名古屋で、二年ぶりくらいになる僕の生演奏での公演が実現することになっています。

    来週には札幌と函館に公演しに行くそうです。

    むすび座のウェブサイトはこちら

    追記にはこの作品に間接的に関連のある動画を紹介しています。

    あれ?きゃらめると鹿のフラッグと? - 2010.03.19 Fri,23:47

    100317驚き顔

    この写真を見たときに、思わず、飼い猫のきゃらめるが、僕が2007年に作曲した、“ジョディと子鹿のフラッグと”に出てるのかと思った(爆)
    しかしよく似てるしこの組み合わせもなんか見たことないね。
    他の写真はこちらにあります。
    http://cuteoverload.com/2010/03/19/some-enchanted-morning/

    “ジョディと子鹿のフラッグと”09春動静 - 2009.04.27 Mon,23:40

    初演から1年半くらい経ったむすび座の人形劇ですが、今月は毎週といっていいくらい土曜日に演出の変更に伴うリハーサルにつきあっています。

    mingleの関西ツアーの合間の4/25の土曜日にまた名古屋に行ってきました。

    80歳を超えてらっしゃる関矢幸雄先生は毎週日帰りで名古屋まで横浜市から通って、時にこのように立ち上がって直接指導されています。
    同時にいくつかの劇団のお芝居の稽古も進行中であり、このエネルギーにはのけぞるくらいびっくりです。
    今回は僕は京都に戻るのでご一緒に帰る事はできませんでしたが、いつも帰りは車中で、生ビールと弁当と、日本酒を飲まれているのをみるにつけ、Mingleのメンバーもそうだし、とてもすごい表現者たちで「小食」な人は僕の周りにはあまりいないような気がする。(爆)

    初演以来、様々なマイナーチェンジを繰り返してきました。
    音楽も作って練習しちゃ、そのうちそれが上演時間の関係などの理由で削られたり、ステージング(振り付けや動きやもろもろの装置の配置などなど)も変わってきました。
    それこそ初演のころの冒頭の部分とは別の作品といっていいような感じになりましたね。
    東京での生演奏が去年の7月にありましたが、これとももう全然違う。

    今月の僕の変更は、数曲のデータ(普段はMacで作った録音データで音楽が鳴る)の楽器の変更や雰囲気の変更、調性の変更、曲の長さの変更など)において、去年の初夏以来思えば、かなり大きい変更をしました。
    その変更はまだ100%は完了してないので、残りの部分は京都からの帰りにまた名古屋に寄ってリハーサルし、5月半ばにまた名古屋に行ったときに完了します。

    たしかこの投稿時の4/27に今現在の最新バージョンでの初演がどこかの小学校で行われたはずですが、見届けられなかったのは残念です。

    また5月中旬以降のヴァージョンの上演を観る機会を楽しみにしたいです。

    この記事にあるとおり、このリハーサルの後、美味しい京都の料理を楽しみに名古屋から京都まで帰ろうとしたらアクシデントに見舞われましたが、閉店間際に銀閣寺のそばの「おめん」といううどん屋さんに間に合ったのですが、その報告は別記事にするかな。
    090425jodi_1

    090425jodi_2

    “ジョディと子鹿のフラッグと”生演奏「公開初演」 - 2008.07.19 Sat,03:19

    ウィルソン先生と1

    開演前、健闘を約束するウィルソン先生と。

    ウィルソン先生と2

    終演後健闘をたたえ合うウィルソン先生と。



    鹿と少年 - 2008.07.16 Wed,10:16

    7/19に東京で行われる“ジョディと子鹿のフラッグと”の初の生演奏公演を控えて人形劇団むすび座とともに一昨日からまた名古屋にいる。
    正確に言うと、昨日までは、名古屋から犬山方面に数十分名鉄に乗って行く郊外の江南市のホールにいたのだが、江南なんて初めて来た場所だと思っていたら、ホールの裏側の駐車場あたりの壁を見たとたん、絶対ここには来たことがあると記憶がよみがえった。

    2000年の初夏から秋にかけて、演出の木村光一氏率いる地人会(残念ながら昨年解散してしまったようです)により、東海地方や北陸、北海道、そして東京の三軒茶屋で公演をした、アーノルド・ウェスカーの名作、「ザ・キッチン」(ストレートプレイでは、調理場という名前も定着している)のミュージカル版の公演で来たのである。
    (上演時の写真はここ
    しかも、この場所は、ミュージカル版「世界初演」の地でした。

    去年、豊橋のそばの幸田町のホールに行ったときも、まったくこれと同様に、「初めて来た」と思っていたらホールの外観を見たとたん、「あ、来たぞ、ここ」という最初はデジャ・ビュかと勘違いするような体験が同じ作品によるものだったということはまさに奇遇でしたし、渡世人的なこの仕事を長く続けていると、思わぬ出会いと再会があるのだと実感しました。

    と前置きが長くなりましたが、今回は作曲家の立場で客席で「高みの見物」という訳にはいかない「出演者」なのと、もう19日までは人形使いたちとは会えないので、先週の練習で変更になった箇所(細かい変更はまた昨日もあったけど(爆))を形になる状態にする必要があるので、演出家や振り付けの方々は昨夕お帰りになりましたが、僕はそのまま残って今日も大高にある劇団の稽古場で、ピアノと人形の動きの連係プレイの確認と僕自身演奏するための譜面の変更をすることになりました。

    今日の記事の題名は、「子鹿物語」と言う名前で日本では知られているこの作品の、どうやら新訳が出たことを、稽古中の会話で知って、もちろんまだ読んでいないのですが、これから読む期待と、まだご存じない方にもお知らせしたいと思いました。

    ネット上にこの新訳を紹介をされている記事がありましたので紹介させていただきます。

    人形劇って聴いただけで、「児童劇」と思われてしまうようなイメージを払拭したいと思います。
    それは、僕が“セロ弾きのゴーシュ”や“どんぐりと山猫”、“注文の多い料理店”など、宮沢賢治の作品を音楽化したものについてのアプローチも、子どもを対象としたつもりは毛頭無いわけだし。


    鹿と少年(上) (光文社古典新訳文庫 Aロ 3-1)鹿と少年(上) (光文社古典新訳文庫 Aロ 3-1)
    (2008/04/10)
    ローリングズ

    商品詳細を見る


    鹿と少年(下) (光文社古典新訳文庫 Aロ 3-2)鹿と少年(下) (光文社古典新訳文庫 Aロ 3-2)
    (2008/04/10)
    ローリングズ

    商品詳細を見る

    普通は一回観たら(弾いたら)それで終わりなんだろうけど、作品は繰り返しによって成長していく - 2008.07.09 Wed,23:59

    今日も日帰りで名古屋に行ってむすび座7/19の東京公演のための“ジョディと子鹿のフラッグと”の練習に行ってきた。
    毎度の事だが「また台本と演出が変わっていた」と書く。
    しかも今回のはかなりのメジャー・チェンジだ。
    これでたぶん第29稿になるだろう。

    先月末弾いたときとは大幅に変わっていた。
    冒頭と幕切れがもう全然違う。

    その結果新たな音楽(歌のナンバーではない)を作る必要になった。

    あと、いくつかの曲を僕の方でも変更したのでそれの練習をした。

    その変更は、「何度も観て」音楽の設計として、もっとこうすれば良いなと自分の方が反省して変えたものもあれば、出演者たちが初演の頃の昨年秋から比較すると、歌唱力などが進歩しているのを実感できたから、もう一歩前の要求ができるなと踏んだから決断したものとがある。
    後者の「理由」は、立ち上げ時から関わってきた自分としてはとても嬉しい。
    普段オペラやミュージカルをやっている役者と同じような要求はできないけれども、人形を遣いながら様々な演出の水準の高い要求に応えて来ている彼らには、段々歌としても説得力がついてきたと認めてあげたい。
    それは、やっぱり一回や二回の公演では得られない経験値のなせる技でしょう。

    名古屋の劇団だから東京に来るのはそうめったにあることではない。
    事実、今年に入って二度東京で公演をしているわけで、それをご覧になった方々は「もう観たし」と思われていると思います。

    しかし、7/19はそのどちらとも、そして初演以来のすべての公演のどれとも違う。
    生演奏であることが一番の違いではあるが、他の面でも前述の様に大幅に変わった。
    7/19までもう学校公演もないということなので、じっくりこの新しいヴァージョンの公演を迎えることに腕ぶす思いだ。

    奇しくも今月は、自分の書いたもう一つの作品、“注文の多い料理店”も改訂初演を迎える。
    両方とも、作曲家として設計図の変更をしたこと、そしてパフォーマーとして共演者たちから新たな刺激を受けて演奏の質も違う段階に進んだ感じがあり、自分の書いた音符からも新鮮な発見がある。

    このストーリーには、「生と死」について、否応なしに見せつけられる場面があります。
    ナイフを振り回す場面や動物が人間の都合でその運命を変えられてしまうことを短絡的に最近起きる事件と結びつけてもらうのは好きではないけれども、教条的な意味ではなく、子どもは子どもなりに、そして大人は大人なりにこの作品を様々な面で感じてもらえれば嬉しいです。

    7/19は参宮橋でお待ちしています。


    これ以降は僕に習いに来ている人以外は読んでも興味深いことは書いてありません。

    生演奏版“ジョディと子鹿のフラッグと”初演 - 2008.06.28 Sat,14:40

    味岡小学校1先週の日,月曜日に引き続き、一昨日の金曜日からまた名古屋入りし、むすび座の稽古場でリハーサルを重ねた後、昨日は名古屋の北の方の小牧市の味岡小学校の体育館で“ジョディと子鹿のフラッグと”の公演があり、7/19の東京公演に備え、昨年の初演以来、初めて生演奏版で臨みました。(小学校のサイトは2008/6/28分の記事に観劇会というものがあります)
    キーボードを持ち込んだのは、東京公演でチェレスタを使うことのシミュレイションでした。
    このキーボードにはチェレスタの音が無いので、手前に見えるMacintoshにキーボードからの演奏データを送り、その中のソフト音源をスピーカーにつないで使いました。
    このやり方は、昨年末に“胡桃割り人形”の金平糖の踊りを弾いたときと同じです。

    もちろん、7/19は本物のチェレスタ(Mustel製)を使います。

    午前と午後の公演を二度弾きました。

    録音には様々な楽器の音色がちりばめられているし、二本の手では弾けないくらいたくさんのパートが重なっていますが、やはり音は少なくなっても、ピアノだけでその場で演奏することによる効果は人形遣いたちにも影響を及ぼします。

    特に、熊との格闘場面や嵐、そして鹿が暴れるところなどではすべての動きにシンクロできますから。

    7月に一般のお客さんの前で演奏するのが楽しみです。
    是非ともご来場下さい。

    チケットはここから申し込んでいただくとむすび座に僕から連絡できます

    脚本もまた先週とも変わっていました。

    どうしてもこのような小学校で上演するには上演時間の制限というのがありますので、当初からできるだけ短くということは課題だったのですが、あまり割愛してストーリーが意味不明になるのも怖いしなにせ原作はとても長い。

    僕の気に入っている場面がなくなっているのは残念なところもありますが、まだまだ変貌し続ける作品なので一回一回が楽しみです。

    去年の10月の初演以来どのくらい変わったのか書き記すのが難しいくらいですが、こういう状況だと観る方も、リピートする楽しみがあるでしょう。

    常に生まれ変わるこう言う作り方は最近“セロ弾きのゴーシュ”にも影響を与えています。

    “ジョディと子鹿のフラッグと”写真館 - 2008.05.27 Tue,23:08

    来たる7/19に国立オリンピック記念青少年総合センターで僕の生演奏(通常は録音で様々な楽器で構成されているのでピアノとチェレスタでなされるそれは初演になる)で行われる人形劇団むすび座“ジョディと子鹿のフラッグと”(原作は“子鹿物語”、僕が作曲しました)の写真を以下に掲示しますが、この写真は昨年秋の初演から間もない頃のものなのでいまでは演出などが変わっているので同じ情景ではないところがあります。

    写真掲示については劇団に了承済みです。(転載は不可)

    クリックすると大きい画像で見られます。
    細かく解説するとネタバレになるので、情景としてはかなり割愛しています。


    ジョディ01主人公ジョディと生き物たち。



    作曲家の手を離れて作品が成長しているのを実感する喜び - 2008.02.02 Sat,23:18

    指導する関矢先生昨日は、名古屋に行って人形劇団むすび座“ジョディと子鹿のフラッグと”という僕が作曲した劇の練習に参加してきました。

    2/8に東京公演があるのですが、僕は大阪にいて観ることが出来ないし、今年に入ってまだ一度も行ってないので、年末に観た演出の変更点、そしてその後に手を加えられた変更を確かめ、歌の指導をしてきました。

    台本は、第23稿であり、その中で二度マイナーチェンジをされているので、コンピュータソフト的に言うと、Ver.23.2というところでしょうか。

    10月の初演時には確か17稿だったから、それでもすごいとは思うけど、年末に観たときも大幅に10月の時点と変わっていて驚き、今回はそれともまた違う場面と台詞があって実に新鮮でした。

    演出の変更により台本も大幅に変わっているから、自動的に音楽の使われ方も初演の頃とはだいぶ変わっていて、歌のカットや、反対に一度はカットされたものが復活したものもあるけど、それ以上に僕の立場として驚きを持って聞こえたのは、BGMの使われ方が僕の知らない間にいろんなところに変更や追加がされていたことでした。
    (演奏そのものは自分が演奏したものではある)

    僕の場合、通常自分が作曲したものは、自作自演がほとんどであり、録音して芝居で使われたものであっても、変更は自分のやりかたで自分の手でやってきたので、作曲家の手を離れてみんなのものとしてそこで役割を果たされているのを見るのは初めてなので新鮮でした。

    BGMに使われたところでごく一部気になったところは僕の指示のもとに修正してもらいましたが、僕がもともとプランしたBGM以外のところでの挿入が実に上手くいっているだけではなく、初演直後は僕が期待した音楽の動きと人形の動きがあまりシンクロしてなかったところが、みなさんに余裕が生まれて「音楽を聴きながら」動きを合わせてくれてるということがあちこちでみられて思わずガッツポーズをしちゃったところもあります(爆)

    完成度はどんどん増しているとは思ったけど、今回一通り観た感じからすると、きっとまだしばらくの間はどんどん変更されていくのだろうなと思わせる箇所もあり、一月ごとに観たらそのたびに違う演出を楽しめるのではないかと思いました(爆)

    写真は昨年10月の初演の小学校公演で、開演前に主人公のジョディを演じる辰巳さんに人形無しで動きの指導をする演出家の関矢幸雄さん、後ろは父親のペニーを演じる藤仲さん。

    もうこの時の初演から数十回の上演がされたようで、新年度になったら僕の書いた音楽としてはもっとも多くの上演回数になることは時間の問題です。

    歌は、どうしても、いつも同じタイミングの「録音」の伴奏で歌っていたせいか、歌自体にエネルギーの動きが止まっているところがあったので、実際にピアノで弾いて軌道修正しました。

    近いうちにピアノ一台で(追々は山猫合奏団による室内楽版でもやりたい)でも、「生演奏」による上演をどこかでしたいと思っています。
    そうなれば、また演じている人たちもいつもとは違うエネルギーを共有することになるだろうし、また一皮むける水準になるのだと確信しました。

    2/8の東京の下北沢の公演も順調な売れ行きだそうで安心しました。

    見届けられないのは実に残念。
    もしその場所にいられたとしたらたぶん生演奏公演になっただろうしね。

    劇団員のみなさんの成功をお祈りしています。

    恋と幻(れんとげん) - 2008.01.08 Tue,11:11

    レントゲン撮影さあ、息を吸って、、、止めて、はい、そのまま、、。


    ギロチンなに言ってんのよ!レントゲンじゃないわよ。
    頸椎ストレッチの新製品だっていうから試してるんじゃないの。

    肩こりがひどいのよ、最近。

    駅伝の悪夢(違) - 2008.01.07 Mon,03:26

    駅伝の悪夢

    写真とタイトルはもちろん関係ないが、年末、名古屋の人形劇団むすび座の“ジョディと子鹿のフラッグと”のリハーサルに行ったときの一こま。

    この写真を撮ったときは、主人公のジョディが子鹿に出会う瞬間のポーズを検討しているところなのだが、今見ると先日箱根で行われた駅伝の気の毒なシーンをちょっと思い出してしまった。

    監督が選手を激励しているのだが、、、、
    しかもあと少しで元箱根のゴールに子鹿が待っているのに、、

    今年の駅伝は事情があってリアルタイムでは観られなかったが、驚異的な走りと同時に、涙を誘う悲劇も、そして、個人的には学連選抜の健闘がとても興奮した。

    自分が作曲で関わったこの写真の作品は10月の中旬に幕を開けたが、そのあともどんどん変更が加えられ、台本もそれ以降三回、この練習を観たときは曲の使われ方も変わっていたし(意外と自分の知らない間に上手くアレンジされていたのでおもしろかった(爆))、もう初演の時とは別の作品になっていると言えるくらいの変更があった。

    また自分が手を入れなければ行けない箇所が増えていた。

    昨日は奇しくもやはり自分の作曲した“どんぐりと山猫”と“セロ弾きのゴーシュ”の12/20のライブ録音の試作品をメンバーで試聴しながら、iTuneに公開するためのトラック割りとタイトル付け、そして30秒ほど試聴できる箇所の選択、午後の早い時刻から諸々深夜までいろいろやっていた。

    奇しくも三連発としては、本日、もう一つの自作品、“注文の多い料理店”の2008年リニューアル版のリハーサル(15日に学芸大学の付属の養護学校で演奏する)をする。

    2月から始まるミュージカルの練習で身動きが出来なくなる前に色々自分の作品に手を入れなければいけなくなったが、今月下旬に9月にツアーに参加した佐渡裕率いるシエナ・ウィンドオーケストラのライブのDVDも発売されるらしいし、“どんぐりと山猫”と“セロ弾きのゴーシュ”も早ければ2月にはiTuneに公開されるらしいし、iTuneとは別にCDにもなります。

    “どんぐりと山猫”に関しては、また近いうちに、ピアノのオリジナル版とは別に、語り手を除いて6人編成のものも今年は復活演奏と録音をしたいと思っています。

    ついでなわけではないけど、山猫合奏団もリニューアルしたのと同時に、僕の周りのアマチュアの音楽家の集い、“みんなの音楽会”もこの名前を年が変わったのを機会に、幕を下ろし、新たな名前とコンセプトを胸に、意欲的な仲間達と音楽を通じた活動をしていきたいと思います。

    “ジョディと子鹿のフラッグと”試演会 - 2007.10.16 Tue,23:33

    熊と鹿昨年の10月に最初の会合があってから自分の中で動き出した、名古屋を本拠地とする人形劇団むすび座の創立40周年の企画の一つである、“ジョディと子鹿のフラッグと”がついに、今週の19日の小学校公演を初演として幕を開ける。

    たしか作曲を本格的に始めたのは1月からだったと思うが、初めて一昨日の日曜日に名古屋の郊外のホールで「公開リハーサル」が行われた。

    写真は全くその日の事とは関係ないが(爆)、鹿と熊という重要な登場人物の温泉の粉が売っていたので買ってしまった。


    workstation今までも芝居の音楽を学生時代からそこそこ書いてきたし、MIDIを使って録音したものもいくつかあるが、今回は機材的には本当にテープやMD,DATやCDなどのメディアを一切使わず、譜面(長年使っているFinale)から音(今回初めてLogicを使ってみた)までMacintoshで制作し、実際に音を鳴らす機械は写真の機械で、一見普通のミキサーに見えるけど、中にハードディスクが入っていて、僕の音楽もUSB経由で転送し、音響のスタッフの犬塚さんという方によって、音量の加減もあらかじめ打ち込んで、曲によってや、曲の途中でのヴォリューム調整も自動的にフェーダーが動いて適切に出力されるという、完全なデジタル仕様の作品となった。

    試演会であぶり出されたいろんな問題点を検討し、明日から「小学校仕様」のリハーサルが開始され(もちろん昨日も今日も作業は続いているが全体のという意味)、劇場公演はたしか、来年初頭に東京方面、そして満を持して名古屋では三月に行われるらしい。

    それまでには色々変わっていくだろうし、変更に対応できるように今回は「生演奏の録音」という手段を執らなかった。

    自分の経験としても、自作自演のものとは次元が違って、歌ったり動いたりする相手がたくさんいるわけで、単に情景を表す劇音楽とは違って、半分はミュージカル風にも作られているので、音楽を考えて譜面にすること、それを、役者達に教えること、そして実際に本番で鳴る音楽を音にすることという作業を一人でやってきたわけで、とても忘れられないものになった。


    やはり大学の頃に演劇を専攻したこと、Musicalをたくさん経験したことは、自分の世界観に影響を与えているのだろうし、数年前に“セロ弾きのゴーシュ”を書いて以来、作曲をするということが自分のアイデンティティにとって演奏すること以上に比重を占めているかもしれないということも同時に実感した。

    しかし人形劇は大変だ。
    自分が普段関わるミュージカルは役者と別にスタッフがいる。
    彼らは基本的にすべてのことを自分たちでやるし、第一人形を活かすためにとても無理な体勢で僕の書いた歌を歌わなくてはならない。
    しかも、ミュージカルの様に、常にマイクが体にくっついている訳ではないから、試演会でも独唱者が舞台の奥に行ったときにどうしても声が遠くなって聞き取りにくいということがあちこちにあってその問題点をこれから様々な会場でやっていくことにおいてどう解決するかは、歌の上達うんぬんとは関係ないところでもっとも気がかりなところだ。

    音そのものもまだ試行錯誤しており、とりあえず19日の初演まで名古屋のホテルでいじくり倒してみるし、たぶん帰って来ても細かい修正は来年まで続くだろう。

    そのうち、都合が合えば、生演奏での上演も視野に入っているようだから、それはまたイメージが変わるだろうし、作品が一人歩きできるまでは相当子育てに時間がかかりそうで、もっと試演会では、達成感によって号泣でもするかと思っていたがちっともそんな気にはならなかったのが拍子抜けと言うより、問題点があまりに多くてとてもじゃないが、まだ出来た実感がまるでない。

    さてどんなスタイルの音楽になったかは、一般公開される来年(それまでにはもっと歌も上手くなっていると思うし)をお楽しみに。

    来年の今頃は、自分の作品としては過去もっとも演奏回数の多い作品になっているだろうから、納得いく音楽にしたいと思います。

    日曜日の試演会には、はるばる東京圏からも何人も駆けつけてくれた人がいて、感謝でした。

    自分の作品を観客の眼でみること - 2007.08.29 Wed,10:07

    座席灯の微笑み今週頭から人形劇団むすび座が名古屋から引っ越してきて東京近辺で今作曲中の“ジョディと子鹿のフラッグと”(世の中的には“子鹿物語”)のリハーサルをしている。

    昨日は自宅(神奈川県の最北部)から自転車で一時間弱のところのホールでやっていた。

    稽古場で動きやなんかを観ているのと違って初めて広いところで客席から観ていると違って見えてくるものだ。
    その驚きと新鮮さを座席灯が代わりに表現してくれた(爆)

    歌は何度も書き換えて(一曲ずっと練習してきたものを捨てて書き直したものもあるが、台本だってこの時点で第15稿だ(爆))ほぼ、固まってきたが、これから大変なのは「音」にする作業だ。
    ライブ演奏で上演する機会もそのうち東京方面に来たときに僕と予定が合えばあろうが、基本的には録音で行われることになっているからね。

    人形を扱いながら(舞台転換も専門のスタッフがいるわけではないので全部役者がやるし、装置も人形もみんなで作っている)歌ったり踊ったりするわけだから、実に過酷なことが舞台で行われているわけだが、初演まであと一ヶ月ちょっと、自分としても作曲を初めてから(今年明けてからまもなく)、10月の初演まで、作曲、指導、演奏とこれほど時間をかける仕事も初めてでもあるし、このことに対しての思い入れの深さは、かつてないほどに思う。

    歌への要求は普段それほどミュージカルの役者のようには経験のない人たちではあるけど、あまり妥協せずやってきたし、今回は有能な振り付けの人が参加し、ダンスとしての動きも入るので、前述のように早く「音」を完成させなければいけない。

    少しずつ出演者達の歌が上手になっているのを観るのと、それに動きがついてくるのを観るのは一番入れ込みの激しい観客の気分だ。

    こんな具合だから今は批判は重々承知でスケジュールのページを更新する気力を失っていることをここに表明します。

    そのうちこの仕事のプレッシャーからの逃避行動で突然スケジュールのページの更新が行われるかもしれません。(爆)

    音といえば、週末のサントリーホールでのサマーシリーズのリハーサルも始まっているが、電子楽器をオーケストラで使う場合、その機種が「現行モデル」でない場合、本当に調達するのに困ってくるな。
    今回はかつて一世を風靡した楽器だからまだ中古屋でも見かけるし、今回楽器のレンタルの会社が所持していたから良かったけれど、あと10年後にこの作品を演奏するときはどうするんだろうなあ。

    ジョディと子鹿のフラッグと - 2007.02.14 Wed,00:12

    現在名古屋を本拠地とする人形劇団のむすび座の新作の為に作曲をしています。
    10月に初演を予定をしているものなので、まだ情報は公式サイトにはでていませんし、題名はあまり聴いたことがないように思われがちですが、いわゆる「子鹿物語」です。

    でもいわゆるというところが難しい(どうも子鹿物語というとバンビの可愛いイメージしか浮かんでこない)のです。

    原題は『イアリング』 The Yearling (1938)という(耳飾りじゃねえぞ)、子鹿の一年と少年の一年は同じではないという過酷な「男の子が大人になるということ」の物語です。

    子鹿物語というキーワードで検索するとあらすじやいろんなことは調べられます。

    マージョリー・キーナン・ローリングズという人の原作を、大ベテランの演出家、関矢幸雄氏の手によって(かつて一度東海地方で様々な団体の合同公演で上演されたことはあるらしい)むすび座の秋の新作として生まれる予定だそうです。

    今まで自分で作曲してきたなかには、子供達の演じるミュージカルも作ったことはあるし、歌は入っていたけど基本的に芝居の中のごく一部のものだったりしたけど、今回のものは本格的なミュージカル路線とは言えないかもしれないけどかなりの分量の歌を書かなくてはいけない。

    まだ今日時点で3曲しか歌は書けてないけど数回名古屋に出向いて役者さんたちと練習しています。

    自分の書いた音楽が歌になって最初に聞こえてくる時のなんとも言えない興奮を大事に、自分のこの分野の仕事としては最も規模のでかいものになる様な気がするし、いざ幕が開いたら相当長い間のレパートリーになる予定だそうだから、何百回以上やっても耐えうる音楽にする責任を感じながらひねり出せるものは全部出したいし、自分で出来うると思うこと以上の発見をしてみたいと思っています。

    自分の知り合いにも聴かせたいけど、本拠地が名古屋なので、自分の住んでいる東京圏で上演するチャンスがいつくるか(ないことはないみたい)、楽しみに待つしかないですね。

    そうそう、今回の題名のさいごの「と」というのが演出家にとってはとっても大事な助詞だそうです。

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました   NIKON-D5100 SIGMA-DP2Merrill   葉っぱ 僕の作曲  SIGMA-DP2Merrillで撮りました @Discover神奈川県相模原市 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました Fuji-FinePix2500Zで撮りました  動物 CANON-PowerShotG10で撮りました CASIO-EX-FH20で撮りました SIGMA-DP1sで撮りました  CANON-EOS_KissX  RICOH-CX3   Tokyo CANON-EOS_KissX3で撮りました flowers 金属系 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 俯瞰 人間 楽器  SIGMA-DP1s 室内 animals  RICOH-CX6で撮りました birds Kannon   初めて知った漢字の読み書き like-a-face  昭和の香り Yokohama story 公園  鍵盤 bridges Olympus-E-PL3 overlook temple  井の頭自然文化園 動く 手造 SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫  RICOH-CX6 庭園 薔薇 Xmas  SD15 clouds 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 飛翔 子供 印象的な看板 階段   CASIO-EX-FH20 toilets Okinawa 雨粒 trees イギリス館 噴水  railways stations  CANON-PowerShotG10 cats 黄昏 Ferris-wheels カラス  people 静物  乗り物 Fuji-FinePix2500Z insects   rusted 栗鼠 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001  枯れて綺麗なもの autumn-leaves swimming 立山 Kyoto Osaka  有楽町 iPhone4で撮りました 飛行機 歴史 むすび座 飛騨高山 西洋館 orange the-last-century 枯葉 dogs ぼけ写真 parks  films absence celesta 東山動植物園 water  Kanagawa 楽寿園 秋桜 owls arts narcissus 富士サファリパーク aquariums instruments  technic SL  単焦点 lakes  pigs 奈良 音楽 美ら海水族館 みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 不在 temples moving  山羊 silhouettes man-made  小石川後楽園 tunnels  墨田区  知多湾 セキレイ Foveon 蜻蛉 大磯城山公園 さがみ湖プレジャーフォレスト mountains 訃報 巡礼 八重洲 水族館   contrast dam 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました CANON-EOS_KissX3 Islamic  NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 韓国 シーサー concerts ponds 朝露 汐留 Steinway  みゅう 浜離宮 両生類  ダリア 東京駅  天王寺動物園 考える 木漏れ日 黒部ダム  peoples 根性植物 東京ジャーミイ my-father's-photos 椋鳥 SIGMA-DP2Merril 秩父 rare カンガルー swim お地蔵様 韓国の日本語表記 Tokyo-bay  最乗寺 変な建物 garden 遠近法 正露丸 六本木 教会 shadow  photo話 glass ゴジラ graveyards green モスク 根岸競馬場跡  ズーラシア ノウゼンカズラ 富士花鳥園 三菱一号館 パチもの 青山 Miyazaki gardens 信号機 Mt.Fuji Shinjuku 銀座 演奏場所 fishes Halloween 螺旋 谷中 f1.4 architectures 蜘蛛 高千穂 公孫樹 蚤の市 SIGMA-DP1Merril USA blue 丸の内   多摩動物公園 向日葵  仏像 首里城 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses ガラス  toriis Clematis 酔芙蓉 パチンコ ダム PaxCrossOver Andre_Henry 日比谷 枯れた蓮 スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました  rabbits 池袋 ススキ Wien 東京国際フォーラム  MF 皇帝ダリア mushrooms 山手111番館 youtube 東京Tower rainbow カマキリ 銭湯 wood 外国 Boesendorfer 吉祥寺 Nagoya 線路 mannequin 遊園地 YouTube gold 逆光 Tokyo-tower 神戸花鳥園 WestsideStory square_piano  アンドレ・アンリ island 大久野島 台風  Hiroshima 板橋区 屋根 reptiles 蒲公英 揚羽 下北沢 move 自動車 水中 grasshoppers black cars 水面 達磨 shrines whale_sharks car 川鵜 Tokyo-Rainbow-Bridge dragonflies road 空中写真 Yokohama-Bay-Bridge 親子 廃墟系 御茶ノ水 slow_shutter spirals ドライフラワー 藤野 空港 麒麟 steampunk 陽光 上高地 真鶴 睡眠  SIGMA ペンギン 照葉大吊り橋 上野動物園 windows 皇居 正月 アルパカ  bike 招き猫 エーデルささゆり 硝子 千葉県 MFレンズ ハナミズキ Foveon_Classic_Blue Merrill DP2 organ ruins indoor ceiling 三嶋大社 海遊館 所有物 二条城 sleeping 卒塔婆 helicopters  purple airplanes Shibuya gull downtown 牡丹 床屋 長屋門公園 絶滅危惧種 帆船 透過光 プリモ芸術工房 hippopotamus 動画 レンガ synchronized 辺野古 Illuminations フィルム写真から  サボテン ship 仙台 Chita-bay stories 工場 流し撮り crows stairs 野牡丹  清水寺 sepia 山科 嵐山 鶏頭  横浜DockyardGarden @親父の撮った写真から cembalo 外苑 旅客機 記念撮影 小物 絵画館 羽田空港  心斎橋 小学校 赤外線 物真似 壁画 石川県 28-80mmの中古MFレンズで撮りました 誕生寺 金沢 横浜マリンタワー 秋葉原 宮城県  松島  草野心平記念文学館 カラー(花) 道志川 自衛隊   原宿 神話  朝顔  表参道  草野心平 お台場 pigeons reflections candle 四天王寺 chimneys ropeways woods Nara お盆 吉祥院 trolley_bus シマウマ BIKE trumpets 幻冬の詩 towers fishings 古宇利大橋 煙突 bricks インコ 独奏 東林寺 roofs cigarettes   ice_needles  dark 透明人間 神奈川 lions asses 山猫 椿 lights 黒鳥 shadows farms 鉄道模型 ジオラマ 八王子車人形 Story Olympus-E-M5 keyboards 原鉄道模型博物館 Guys&Dolls 菖蒲 airports 鸚鵡 deers chameleons meerkats jellyfishes  halls RICOH-CX4 Santa_Claus  roller_coaster jeu_de_timbres blue_rock-thrush 髪切虫 movies 神楽坂 Shiodome bottle doors Arashiyama paint Ushimado 大阪 Tokyo-Gate-Bridge Bechstein turtles Tokyo-Sky-Tree farm street-lamp bench koala Erard Sunshine-aquarium Kobe seal  アシカ ハイビスカス コウノトリ 野毛山動物園 岡本太郎 Okayama still-lifes symmetry iPhone4 Tokyo-International-Forum 模型  Matsushima beach Sendai ropeway 銀閣寺 RhodesPiano 桂川 和歌山県    新世界 仁王 時計 調布市 gate door Olympic Sweden England 中津川 cicada window Apple 蝸牛 Google クワガタ raccoon NEWS 牧野Vl.教室 高幡不動 縁日 寝顔  sports 中国 路地  live 文鳥 Tuvalu 天狗 知覚 白鳥 石像 スカシバ 釣り人 上野 駱駝 カピバラ 高尾山 Pleyel  カニングハム 恐竜 代官山 Poulenc curry 長崎県 翡翠  早稲田 酒場 人形 cosmos 弾き振り しょく Debussy うみねこ きのこ 両国 破壊 ザトウムシ ToyPianos ToyPiano earthquake fighters keybords islands winte squirrels dams Ginza pansies spiders vines Japanese_blue_magpie raccoon_dogs Ninja dragons fennecs Caramel foods dolls Hackbrett cicadas lens sunshines Sinjuku fishing fliers buoys Dance cityscapes objets sonw  photos skating illuminations performances bicycles organs lover 枯れた raccoons apples 檜ホール icstruments girl crescent 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins boy marmots Yokohama神奈川県 black_kite 渡月橋 chance dragonfles friends 菓子 walrus hydrants capybaras maras sea_lions asteroids dolphins fountains singing cable_car icicles XmasTree flamingos fisshs moths otters ducks wooper‐looper amphibians education stars bamboos buds stingrays tulips battles Cheetama jupiter8 chain lock Pipe-Organ photo リス アトリエ萌 ムラサキシキブ 配管 車両 Olympus sunflower 等々力渓谷 Like-a-face E-PL3 自分の作曲 Mt.FUJI DP 135mm単焦点の中古MFレンズ ピンク 三渓園 Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 DIGNO2 slowshutter  三輪車 Jupiter8 Musician Olympus-EM5 SIGMA-DP!Merrill 那覇 白黒 ダンス 横浜開港記念館  八ヶ岳 玉暈け レトロ モノレール  donkey 東山動物園 platforms landscapes 街灯 hat 白石  sprinkler monpou cocert storms Landscape tablephoto walnuts surprise snowman table glasses mirrors reflectons table_photos stove 変電所 花虻  brown 墨絵 illumination 井手詩朗 Lion 山之口貘 solo gazing neon tortoise running 碍子 advertisement retro laughing gerbera 兵庫 sculptures armors 日本橋 三越劇場 灯り 深川不動尊 踏切 政治   怒り 劇場 三越 廃墟 なりすまし @親父の遺した写真から 海老 Mozart Cimbalom 門前仲町 富岡八幡宮 背中 ハート 天龍寺 internet 警告 コスプレ サンタクロース 花束 イルミネーション 並木 Gogh SIGMA-SD15 地名 ソフトフォーカス 銅像 孤独 マジックアワー Architecture 豪徳寺 オダマキ 船橋市 走る cafe 根岸森林公園 客船 彼岸花 ヒーロー violin 通天閣 加古川 天安河原 フランス山 冬桜 高千穂峡   花火 カビ キッチュ 神戸市 天井 眼鏡 水紋 鯉幟  風車 根津美術館 石仏 茅ヶ崎市 美術 メジロ 仕事の話  那覇空港 調律師 調律 七五三縄 天岩戸神社 うろこ雲 邦楽 モノクロ セピア 海洋博公園 保護色  茨城県 戦闘機   museums wild-boars globefishes sharks dead-leaves mold restaurants roads castles bigs still-lives bronze pelican peacocks 大仏 butterflies witer goats giraffes ice ships travels cable-cars trolley-bus gates bees mask 運河 高山市民吹奏楽団 酒席 abutilon eyes rajilways lighthouses theaters hummingbird-moths horseflies restaurant signals ceilings light benches goldfish dahlia Ikebukuro crocodile Tennoji-zoo zoorasia Ayu Miyagi Nago moonlight airplane radio-drama Yokohama-Marine-Tower cultivator Itabashi laws-of-perspective Haneda-airport anchor screw about-photo sand construction-site サザンカ wall crawfishes sunshine-aquarium snakes genius backlight brick dried-flowers words stinkbugs dragon Umeda cormorant birdsseagull moire sakai-river egret Aichi lizards apple 狛江市 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。