fc2ブログ

    2022-05

    いよいよ独奏だ@2013/03/09@サイガバレエのstudio - 2013.03.11 Mon,19:20

    ダンスの後は、僕の独奏になりました。
    バレエの稽古場でコンサート1
    バレエの稽古場でコンサート1

    バレエの稽古場でコンサート2
    バレエの稽古場でコンサート2

    バレエの稽古場でコンサート3
    バレエの稽古場でコンサート3

    バレエの稽古場でコンサート@アンコールに飛び入りが
    なんと盟友、木ノ脇道元ちゃんが乱入してアンコールで吹いてくれました。
    プーランクのフルートソナタの二楽章でした。
    バレエの稽古場でコンサート@アンコールに飛び入りが posted by (C)belokamensky
    スポンサーサイト



    3/9の夕刻飯田橋のサイガバレエのスタジオで弾きます - 2013.03.06 Wed,20:47

    てっきり関係者のみの「閉じたConcert」だと思って居たらそうでも無い事が今日判りました(爆)ので、数日前ですが、告知します。

    内容は、一部は、サイガバレエの面々が古典を踊り、その後、若い人達と「レ・シルフィード」の中のショパンの名曲三曲を僕と共演します。

    後半はでかでか出てるけど、モンポウの作品とそれだけではなくその他を弾きます。
    20130309広告


    元々は、稽古場にあるアップライトのスタインウェイピアノをレストアして持ってきたのでそれのお披露目です。
    このピアノについて、そして僕とサイガバレエとの関係については、この記事を参照してください。

    入場料は2000円です。
    半分は東北大震災で被災した動物たちの保護に使われます。

    場所は飯田橋のお堀の側にある方、神楽坂の方でもあるが、そっちの理科大の裏にあたります。
    サイガバレエの電話は、03-3268-3183
    申し込みはそこからしてください。
    Googleマップでしらべる住所は、
    162-0825
    新宿区神楽坂2-20
    です。

    始まりは、17です。
    雑賀先生のやることだから、きっと色んな演出が会場にはされていると思います。

    画像はclickすると大きくなりますが、もちろん、この状況はJokeで、合成してあるものです(爆)
    Junなんだけど、Juneとなっていて、女の人みたいだ(爆)

    NHK新日曜名作座、僕が弾いたラジオドラマが放送されました - 2013.01.05 Sat,14:57

    この記事で報告した時に録音したドラマが2012年の秋から2013年の初頭まで放送されました。

    NHKの該当ページは以下のものです。
    http://www.nhk.or.jp/audio/prog_me_future.html

    このURLは情報が刻々と変わるので、この放送が終わった後にはこのlinkは意味を成さないことになります。
    現在表示されているテキストをここに貼り付けておきましょう。

    『虹の岬の喫茶店』という作品です。
    【放送日】
    2012年11月25日~(12月30日は休止)2013年1月6日
    ラジオ第1 毎週日曜日 19:20-19:50

    原作:森沢明夫
    脚色:富永智紀
    音楽:菅野由弘
    演出:川口泰典
    技術:西田俊和
    音響効果:石川恭男
    出演:西田敏行 竹下景子

    あらすじ:峠を越えて、太平洋に突き出た半島に入る。海岸沿いを南に走り、トンネルを抜けたら、すぐに左折。雑草が生い茂る小さな岬の先端に、不意に喫茶店が現れる。青いペンキで塗られた小さな木造の建物。そこでは、とびきりおいしいコーヒーを煎れ、訪れる客にそっと寄り添う音楽をかけてくれる、初老の女性が待っている・・・。虹の立つ岬の喫茶店に、引き寄せられるように集まる人々の人生模様を描くハートウォーミング・ストーリー。

    そばにラジオの無い人は、
    http://www3.nhk.or.jp/netradio/
    で聞けます。

    宮崎の鉄道から見えた太平洋@retouch

    写真は、全くドラマとは関係ありません。
    ただ、海辺の話だと書いてあるので、海岸の写真を出してみました。
    ちょっと色を抜いたり別の色を濃くしたりしてレタッチして超現実的にしてはありますが。

    これは、宮崎から延岡まで行く電車の中から走行中、太平洋を撮ったものです。
    色味だけではなく、手前が電車のそばだからぼけているのも面白い要素かも知れません。

    撮影@SIGMA-DP2Merrill

    生演奏ではこんな配置は無いのだけど(爆) - 2012.12.15 Sat,11:22

    今日(2012/12/15(土))の夜22:00-22:50@NHK FMラジオで放送されるNHKのFMのラジオドラマの録音の際、最初Celesta(3枚目の写真左)で弾き始めて、曲の途中でPianoに乗り換える曲があった。
    そういう乗換は、管弦楽の鍵盤奏者には日常的なことなのだが、そういう場合、Celestaの置き場は、Pianoの右側に90°の角度で隣接して置くのがほとんどの状況だ。

    OEKのチェレスタ1配置によっては左側に置くことも無いわけでは無いと思うがそれは相当特殊な場合(Pianoの右側にSynthesizerなど別の鍵盤が置いてあるとか、、)だけだ。
    Celestaは単音で弾く状況も多く、Pianoの演奏に比べたら右手を使う頻度が圧倒的に多いわけだから、Pianoの右側に置くのがアフォーダンスとしては当然だろう。

    横の写真の様に左手はPianoで右手はCelestaを同時に弾くなんて曲も、Westside Storyの中ではあったりするからそういう置き方がポピュラーだ。(この写真の記事はこちら

    この写真のように大股開きをしているにも関わらず鋭角に配置しているのは僕の手が短いのと、この曲には必要の無いくらいYAMAHAの楽器の音域が広いモデルだったことと、しかも通常そういう弾き方をする可能性があるから、他の会社のCelestaのペダルは真ん中にあるのに、「ペダルは右足で踏む」という「この楽器を単独で弾くときの姿勢の自然さを追求した理由」だけでありがた迷惑で、YAMAHAがペダルを楽器の中心から寄せて右側に付けていやがって、凄く遠くなり、脚が拡がらなかったから届かない故、配置を鋭角にしているが、実は鍵盤が鋭角だと勿論手は弾きにくい。
    (管弦楽鍵盤奏者の条件としては、脚が楽に拡げられることと手が長いことが必須条件だなと実感しました(爆))
    別の記事にも書いたけど、Celestaがオーケストラの中での使われ方を知らないでこの一件親切な設計をしたYAMAHAの担当者出てこい!て感じですよ。

    ドビュッシー「管弦楽のための映像」マイクを通す音楽で無い限り、Pianoは蓋の開き方からして、奏者の右側に音が飛ぶから、奏者は客から視たらいつも右側を向いて弾いているのが通常だが、このCelestaの音が最も素直に飛ぶのは、楽器の背面からだから、奏者は、左の写真のように、指揮者に正対するのが基本。

    もちろん、協奏曲でない、管弦楽のパーツの一つとしてのPianoも指揮者に正対してはいるが、人間の向きは「指揮を見る」という事では重要なことだけど、「音の飛ぶ方向」という意味で象徴的なのは、録音の時のマイクの置き位置はPianoは、Pianoの独奏の時の客席の方向(蓋の開いている方向)から突っ込むが、Celestaは、楽器の背面に置くのであって、右側からも音は漏れているがそこにマイクを置いて録る意味がない。
    (この写真の記事はこの記事とは無関係だけどここにあります

    だから、こういう理由もあって、Pianoの配置が通常だとすると、Pianoの右側に置くべきで、左側に置く理由が見つからない。
    生演奏ではこんな配置は無いのだけど(爆)

    さて、楽器と椅子(この状態で演奏した)のこの置き方は何だ?(爆)

    もともと、このCelestaの左には、電気Pianoがあったが、この記事でも紹介したとおり、通常は各々の曲で独立して録るので、スタッフも、「鍵盤奏者が曲中に乗り換える事を想定した配置」にしないでセッティングしているものなのだ。

    この日も、録音して曲が進んでいくうちに、数曲曲の途中で乗り換える事が判明したので、楽器を理想的な配置にして、マイクのセッティングを変える手間よりは、奏者が抜き足差し足で乗り換えた方が手間が掛からないと思った。

    もちろん、作曲者も乗り換えに時間を要すると判っているから6小節とかの「暇」がある箇所なのだが、生演奏と違い、頭にはHeadphoneをしているし、余計な雑音を立ててみんなに迷惑をかけるのはいけないと思い、窮屈な配置の中でどうやったらスムーズに動けるか考えたあげく、椅子の背もたれをこういう風に90°向きを変え、Headphoneのケーブルも背中側に垂らして置いて、移動中背もたれに引っかからないようにし、Pianoに移動するとき、譜面を持ったままなのだが、ぱりぱり音がしないように、きっと見ていたら相当怪しい動きをしていた見えない苦労があったわけです(爆)

    さすがに裸足にはならなかったけど、こういう録音の時には、打楽器奏者や鍵盤の様に、移動するかも知れない楽器を担当する人は、踵が音のするような靴は履いていきません。


    移動の必要性は、この写真にあるようなもっと多くの楽器を弾いた別の時は楽器間の距離もあったし、大変でした。
    20120329NHK506St.
    しかし、この時の煩わしさは、曲中で乗り換える事は無かったので良かったのですが、Headphoneがささっている大きな機械(画面中央のCembaloのすぐ左にある各楽器のヴォリュームを調整するミキサー)を転がしながら「引っ越し」しなければいけなかったのと、奧にあるレスリースピーカー付きのOrganのスピーカーの回転を止めたり回すスイッチのON,OFFをその度にやらなければいけなかったことがありました。

    それに比べれば、今回はHeadphoneを付けたまま数歩歩けば良かったので雑音さえ立てなければ、そして、移動中に小節数のカウントを間違えなければ(爆)、大丈夫でした。

    後ろから撮って貰いました - 2012.11.11 Sun,01:03

    Pax CrossOverの小学校での本番前の練習時に、みんなを撮りましたが、逆に僕が弾いているのをViolinの高瀬真由子さんが撮ってくれていました。
    白石准の後ろ姿
    構図が面白いね。
    僕もたまに斜めに獲ったりするけど、今のところ、やっぱり斜めの構図は割合的に少ないから、これを参考に自分も試してみよう。

    でも、上着をちゃんと椅子にかけてないところとか、皺だらけのシャツとか、背中の糸くずみたいなのに気づいてないところがまさに白石准そのものだ(爆)

    Pax CrossOver沖縄公演 - 2012.11.09 Fri,09:12

    今朝は、これから9:30より、大里南小学校というところの体育館で低学年、そしてその後すぐ高学年のconcertがあります。

    編成は、2 Violins, 2 Trombones,Bass,Drums,そして、Pianoです。

    今朝は、昨日の様な朝焼けは見る事ができませんでした。
    だから、昨日の写真は貴重でした。
    Pax CrossOver2012/11/09

    鍵盤を沢山乗り換えて録音しました - 2012.03.29 Thu,23:49

    20120329NHK506St.今日は写真の様に5台の鍵盤
    (写真の左から時計回りとは逆に、Piano, Cembalo, Celesta, RhodesのElec.Piano & Hammond Organ
    の乗り換えで、NHKでラジオ・ドラマのための録音に参加していました。

    もちろん、この部屋には鍵盤しか写ってないですが、他の部屋には、他にも演奏家がセクションごとの部屋に別れてはいるけど、何人もいらっしゃいました。

    (Violin, Cello, Flute(Alto Fl.持ち替え), Clarinet(Bass Cl.持ち替え), Oboe(English Horn持ち替え), Trumpet, & Percussionsの方々)

    だいたい、いつも録音はしても本番を聞き逃す事がほとんどなので、今回は絶対聞くぞと思い、何時放送されるのかなと「新日曜名作座」のNHKの該当のページにて参照してみたら、昨年録音したものももう放送が開始になっていた事に気づきました(爆)

    楽しみにしていたのに聞くのをてっきり忘れていました。

    前回のは、池辺晋一郎さんの音楽、現在の(4/8からの放送)は菅野由弘さん。

    後者の菅野さんは、もうすっかり僕をUtility Keyboardistと認識し、昨年もたくさんのKeyboardを僕にあてがって神経をすり減らしてもらったのですが、今回もそれを念頭に書いたとの事(爆)

    認められるのはありがたいが、今回も乗り換えるたびにHeadphoneが刺さっている機械を自分で動かして楽器のもとに動くので大変でした。

    NHKのラジオドラマの告知のページは刻々と更新されると思うので、今現在掲示されている情報をそのままここにコピーして御知らせします。

    本当に偶然ですが、両方ともの作品で鍵盤を弾いています。

    両方ともすべての放送の音楽を一辺に録音したので実に長丁場でした。

    「春を背負って」については、この日に録音していました。


    『春を背負って』(全6回)
    【放送日】
    2012年2月19日~4月1日
    ※3月11日は放送休止となります。
    ラジオ第1 毎週日曜日 23:10-23:40
    原作:笹本稜平
    「春を背負って」
    「花泥棒」
    「野晒し」
    「小屋仕舞い」
    「擬似好天」
    「荷揚げ日和」
    脚色:古川壬生
    音楽:池辺晋一郎
    演出:川口泰典
    技術:糸林薫(1~3) 伊藤寿(4~6)
    音響効果:久保光男
    出演:西田敏行 竹下景子
    あらすじ:梓小屋と呼ばれる山小屋が、奥秩父の甲武信ヶ岳と国師ヶ岳の稜線を結ぶほぼ中間から、長野側にすこし下った沢の源頭にある。長嶺亨(36)は、4年前、それまで山小屋を経営していた父・勇夫が急死したため、脱サラし跡を継いだ素人小屋主。父をなくしたOLや、84歳のクライマー、7歳の女の子、ホームレスのゴロさん…美しい自然に囲まれたこの山小屋には、悩める人を再生する不思議な力がある。山岳の自然を背景に、さまざまな人間模様を描く。

    『小松左京SF短編集』(全6回)
    【放送日】
    2012年4月8日~5月13日
    ラジオ第1 毎週日曜日 19:20-19:50
    ※2012年4月8日から放送時間が変更となります。
    原作:小松左京
    「痩せがまんの系譜」
    「三界の首枷」
    「愚行の輪」
    「宗国屋敷」
    「空飛ぶ窓」
    「歩み去る」
    脚色:山本雄史
    音楽:菅野由弘
    演出:川口泰典
    技術:糸林薫
    音響効果:石川恭男
    出演:西田敏行 竹下景子
    あらすじ:小松左京。1931年、大阪に生まれる。1962年のデビュー以来、日本のSF小説界を代表する作家として活躍。不朽の名作といわれる『日本沈没』など、長編のほかにも、数多くの傑作短編を残している。2011年7月逝去。享年80。小松作品は、その勝れた先見性に娯楽性も相俟って、21世紀の今日でも新鮮さを失っていない。没後あらためて再評価が進む、SFの巨星が残した初期短編をお送りする。

    白石准の変な試みが新聞に出ちゃった(爆)@牛窓滞在2011/5-29 - 2011.05.17 Tue,16:55

    先ほど、岡山県の瀬戸内市の牛窓にある牛窓シーサイドホールで、僕の独奏会が無事終了しました。
    先日のプレコンサートでは、20余人でしたが、今日は40人くらいいらっしゃってくれました。

    全く告知をせず、しかも誰も知り合いが居ない中で、この増加ぶりには僕はびっくりでしたが、その中には今朝のこの新聞の記事をご覧になって駆けつけてくださった方がいらっしゃいました。

    14日には山陽新聞の方が取材に来られていましたが、まさか写真入りでこんなに大きい記事になるとは思わなかったので、(催し物紹介で、せいぜい3cm四方くらいの記事になると、、)びっくりしましたが、光栄な事です。
    山陽新聞
    Webでは期間限定に公開されるのでしょうが、
    http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2011051709461490
    に同じ記事が出ています。

    こんな事を思いついたのは岡山に来た初日(11日)の夜に、友人(元Oboe奏者)が僕と初めて会った時にいきなりピアノの下にもぐれといわれ、もぐって聴いたら良い音がした、という20代のころのアパートでの出来事が食事の時に出て、土曜日にいらした人数を見て、「部屋のリビングで弾いている状態にできるな」と思ったから東京でもやった事はないですが、ピアノの下まで入ってもらったのです。


    新聞で報道されたというその影響は副産物を産みました。
    2008年に松山に行った時にお世話になったそのコンサートの役員の方がたまたまこちらの方に居て、新聞を見て駆けつけてくださったのです。
    昼食もご一緒して懐かしみました。


    どこでどんな人に出会うか本当に面白いものです。
    他にも再会があったし、お客様の今日も紅潮した顔と、熱の入ったご感想の数々に眼を通し、ますます牛窓が好きになったし、まったく地ならしされてない、知り合いはピアノ一台を通じてしか作れないこの状況は、どこにでもコンサートという種は落ちている東京で音楽をするということと違って、凄くやりがいがあるような気がしてきました。

    昨日や今日は町中を自転車で走っていると、何人ものお年寄りに声をかけてもらえる様になりました(爆)
    異邦人にとって、実にうれしい事です。
    もう住んでも良いぞって気にもなっちゃいそうですよ。

    半分本気、半分ジョークもあったけど、先日のトークで、「今日は20人いらしていただいたので、次回はおのおの一人ずつつれて来ていただければ40人になり、その次は、、、」と言う事が成就したのです。

    もちろん初めての方の方がリピーターより圧倒的に多かったけど、リピーターが居たという事もすごくうれしいです。


    妙な話だけど、自分はピアノ弾きだったんだということを思い出させてもらった1週間だったわけで、またいつ訪れる事になるか、もうこれで終わりか、まったく見えていませんが、この二回のコンサートは自分にとって、忘れられないものとなりました。

    ありがたい事に周りの人はどんどん続けてとおっしゃってくださいます。
    僕は「希望」は忘れないけど、長年の経験からそういう「期待」を持たない様にしています。

    自分が書いた“オツベルと象”もこの間初演をしましたが、当然再演するものだと思っている人が多いし、そうなることは、もちろん希望してるけど期待していても何も起こらない時は何年も本当に起こらないものだということは、何十年も弾いて来て痛いほど知っているので、初日には凄く好意的に受け止めてもらったけど、油断せず、もう次は無いかもしれないという悲壮ではなく、無常の覚悟で、演奏させてもらいました。

    これで、「再び」があればそれに感謝し、喜んでまた皆さんの前に現れる事でしょう。

    ありがとうございました、牛窓の人たち。

    といって、まだ明日もあちこち撮って帰りますが、、、(爆)
    今日はこれから何しようかな、、、。
    どこで食うか、、、

    あ、なんだろう、今まで晴れていて、今日は夕焼けが撮れるかなと思っていたのに、海の方から今雷鳴が聞こえます。
    変な雲行きだぞ。

    矢野正治さんの作品に衝撃を受け、かつご本人にもお会い出来ました - 2011.04.19 Tue,01:43

    去る2011/04/16はもう既にその日の事を書いた記事がいくつもあるが、目的は、大阪の画廊、「菊」に行って、三人の画家の作品が展示されている(三方向の同時代展)中で、それに触発されて選曲した音楽を何人もの音楽家に寄ってコンサートをすることでありました。


    絵のある場所で弾くというのは結構僕もやっているし、凄くこっちも触発されるので好きです。
    最近では、Jean Cocteauの回顧展が忘れられません。神戸でこの時と、そしてこの時、そして岩手にも行った


    この画廊のオーナーの娘さんがViolinstで、しかもKaoちゃんと仕事上のお知り合いということで、Mingleが演奏することになったわけです。

    6月あたりに単独のLiveをここでMingleがするようです。
    僕は代役なので、たぶん、一期一会の場所になると思いますが、行くまでどういう仕切りの演奏をするかどうかも分かってなかった僕にとって(爆)、僕らが三人の作家のうち、矢野正治さんの絵の雰囲気に合った曲を小田島さんとkaoちゃんが選んでいたことを知り、準備で入ってその絵を拝見するに、仕事を忘れて驚愕と感動を覚えた次第です。


    矢野さんの仕事に関してはnetで探すとおびただしい数がでてくるし、時代によって勿論スタイルもすごい変遷をされている訳ですが、展覧会場にもあった画集の絵はここにあります。
    もちろん絵の傾向はそのページに出ている物とは今回は全然違いました。

    写真で紹介したいところですが、鮮明に写した物を掲示するのはきっと許可を得ないとしてはいけないのでしょうから、遠慮しておきますが、本当に観て頂きたいすばらしい作品です。

    絵は好きですが、それほど詳しいわけではありませんし、日本人の作家については本当に恥ずかしいほど知りませんでしたが、これほどの衝撃を感じたのはなかなかありませんでした。

    写真は、矢野さんと一緒に記念撮影をした時の物です。もちろんちょっと写っているのは彼の作品です。

    この様な作品と作家に出会えた事が今回のもっとも僕にとっての収穫でした。
    矢野正治さん

    自作の絵の解説をして頂きました。
    この絵の地下に見えるものはカタコンブ(catacomb)だそうで、Xの文字が見えますが、それはChrist(XmasのXだそうです)の象徴だそうです。
    本当に周りにもすばらしい絵がたくさんありました。
    細部にわたってものすごく細かく描き込んであるのと、全体の構図が大胆で空間の拡がりを感じるものでした。
    あと、画廊には画集が置いてあって(感動したのでNetで頼んじゃいました)、中でもイタリアの古典、カラヴァッジオの模写を正確にされて、その上でご自分の絵の中に取り込んでしまうという、まさに前衛を仕掛けるなら古典からという王道を実践されている方で感動しました。
    自作の絵を説明する矢野正治さん1

    画廊で他の作家の方と談笑するkaoちゃん。

    あと来客にとても素朴な老婦人がいらして、僕らの演奏を聴いた後、よっぽど衝撃を受けたのか(おとなしい曲ばかりではありましたが)、なんとおっしゃったかというと、生涯「Classical music」しか聴いたことがなかったらしく、こういう音楽を聴いたのが初めてで、しかも心を揺さぶっちゃったらしくその驚きの表明が半端じゃなかったことです。
    子供以上にsensitiveなご感想でその感想でこっちの気持ちも揺さぶられてしまいました。
    まあ、他の演奏者達は全員女性で、すべてClassical Musicだったので目立ったのでしょうね。

    こういう演奏で初めての人に聴かせると僕はそっちのフィールドには居ない人と思われてしまいますがまあそれでも良いでしょう(爆)
    画廊菊でのkaoちゃん

    静岡県立遠江(とおとうみ)総合高等学校吹奏楽部定期演奏会に出ます - 2010.12.25 Sat,00:02

    遠江総合高校吹奏楽部RH20101218この間から花鳥園の記事も含め、静岡県の掛川に何回も行っている記事を出していましたが、静岡新聞の記事や、静岡県合唱連盟のサイトに情報があるとおり、(後者のconsert.htmlというのは、たぶん本来ならconcert.htmlのはずだけどしょうがないね(爆))今度の日曜の夜に天竜浜名湖線の「遠州森」という駅の近くにある、森町文化会館大ホールで定期演奏会があります。

    僕は掛川から行ったので、掛川市かと思ったら、学校もホールも周智郡森町森なんですね。
    なんか、森町森って街の名前いいなあ。

    まだこの高校は合併してから間もないので、第二回だそうです。

    最初のRehearsalの時の記事は、ここにあります。

    指導している佐藤先生は、吹奏楽のために、子供たちにChorusやDanceを習わせているそうで、その分野も僕が弾くGershwinのRhapsody in Blueのコーナーの後披露されるそうです。

    この間、合唱も少し練習しているところを拝聴しましたが、なかなか綺麗な声でびっくりしました。

    なにせ、東京からは遠いし、日曜だけど夕刻(17時半、500円)の始まりなので、帰るのが大変だし、告知しないで来ましたが、日も迫ってきたので今日初めて情報を知ったので(爆)、ここに告知します。

    この記事の最初に引用した二つのサイトで、開演時刻も、入場料金も実はばらばらになっていますが、最初の新聞社のデータが正しいようです。



    2010/12/26(日)
    第2回遠江総合高等学校吹奏楽部定期演奏会

    開場   17:00   開演   17:30
    入場料  一般500円 (小学生以下無料)
    場所  森町文化会館大ホール(ミキホール)

    内容  1部  アルセナール  祈り トムティットトット
        2部  ラプソディーインブルー 合唱  ダンス
        3部  We are the World
             時代劇エキスプレス
             アニメヒロインメドレーなどなど


    大ホールをなんでミキホールというのかというと、森という字は、三つの木から出来ているからだそうです。

    トランペット・ア・ラ・カルト(13年ぶりの宮崎でのコンサート) - 2010.10.24 Sun,08:46

    津堅20101023-2ラブ・レターという記事を、ブログを始める前、それこそ、サイトを開いた最初の年、97年にトランペットの津堅さんと、東京音大の現役と卒業生の人たちが集ってそれぞれの地方で催されるコンサートに初めて行った時に書いたのです。

    今までに、それ以降、僕は東京音大の卒業生でもないのに、津堅さんのおかげで、宮崎、札幌、新潟、愛媛、鳥取と5ヶ所も行くことができ、それぞれに東京音大の方々と仲良くなりました。

    それが、今回再び宮崎と言うことで、静かな興奮を覚えていました。

    それで昨日は、13年ぶりの東京音楽大学校友会の宮崎県支部の演奏会(今回は現役の学生さん達だけでしたが)でした。

    これは開演前のリハーサルのセッティングの状況です。

    この日は、古いピストンも何も着いていないトランペットから現代のものまでを紹介するいつものプログラムでした。



    津堅20101023-1


    まず、ピストンもなにも着いていないナチュラルトランペット。ニ長調の楽器です。
    ヘンデルの組曲のニ長調の一番最初の曲を吹きました。これは自然倍音の音階しか出せませんので、ニ長調の曲です(爆)
    ナチュラルトランペット


    そのナチュラルに、木管楽器のようなキーを着けたキー・トランペットです。
    今ではほとんど吹かれる方はごくまれだそうです。

    この楽器は変ホ長調の楽器で、そうすることによって、ピアノや木管楽器の様に半音階が吹ける様になり、曲の中で半音階を吹いたり、転調しても持ち替えずに吹けるようになりましたが、やはり息漏れの音がします。
    ハイドンの協奏曲、つまりこの楽器のために書かれた歴史的な曲の一楽章を吹きました。
    ハイドンは、テーマこそ自然倍音の構成によるモティーフですが、これでもかというくらい転調をしています。
    きっと初演のリハーサルではオーケストラから歓声があがったことでしょう。
    キートランペット


    おなじ変ホ長調の楽器ですが、これが現代の楽器です。
    それで、ハイドンと同じく、半音階や転調が自由になった歴史的に初めての名曲、フンメルの協奏曲の三楽章をターボ付き(爆)で速く吹いてみました。
    Es管


    これはドイツの郵便局のマークにもなっているポストホルンです。
    短い管なので、単純なドミソドみたいな音しかでません。進軍ラッパや正露丸のテーマみたいなフレーズだけということです。
    これで、ポストホルンギャロップという曲を吹きました。だからメロディーはピアノにしかありません(爆)
    ポストホルン


    最後に現代の楽器、ピッコロ・トランペットです。
    高音が出しやすくできています。
    四つ目のピストンは逆に低い音を出すためのものだそうです。
    パーセルのトランペット・チューンを吹きました。
    ピッコロトランペット


    この本プロのあとは、アンコールが四曲ありました(爆)

    まず、唇を休ませるために(爆)、僕がドビュッシーの月の光を。
    そして、アメイジング・グレイスを吹いて、その後、なぜかピアノ連弾で、「冬のソナタ」を(爆)、そして最後に地元出身の学生さんとマイウェイを吹きました。
    冬のソナタ以外は僕の編曲でした。

    東京音楽大学の関係者の皆さん、僕はまったく大学には関係ないのですが、色々と良くしていただいてお世話になりました。ありがとうございました。

    かつてここが僕の個人的なコンサートの始まりだった - 2010.09.29 Wed,23:13

    准@Ensembleたしか30歳になったころだから今から20年以上まえのことになる。

    自分に来る仕事が伴奏ばっかりで、もちろんそれは自分の生きる道だったし、その年月があったからこそ、今のアンサンブルへの経験値として大事なことではあったのだけど、たまには共演者の事をおもいはからず思いっきり独奏でフォルテを出したい(最初は歌が多かったから)とか思っていた(爆)

    ちょうどそこのころ、東京の目黒区というと東京生まれでも場所を勘違いするのだけど、渋谷の近くの井の頭線の駒場東大前という駅から、東大とは反対側に行ってバス通りにでてすぐ右にカフェ・アンサンブル(http://www.cafe-ensemble.com/)というのが出来た。

    それはひょんなことで知り合ったご家族が経営するもので、何回か通っている内に、そこで小さなコンサートを始めることになった。

    それが、しゃべりながら弾くというスタイルを始めたきっかけ。
    だって、30人くらいしかはいらないところだったから、目の前に居るのに黙って弾くのはおかしいとおもったから(爆)

    これは別にコンサート中ではなく、知り合いのカメラマンと一緒に遊びに行ったときに撮って貰ったもの。

    髪は黒いし若かったね。

    写真だけ見るとクラシックではなく、ジャズの人みたいだ(爆)

    でもなかなか写真としては良い構図。

    ああ、久しぶりにハイネケン飲みたくなった。

    カノン・インプレッション2003 - 2010.08.13 Fri,22:35

    カノン・インプレッション1かつてWOWOWで放映したCANONという映画があって、それを改めて監督とか出演者が来てトークしたりするイヴェントに出たことがある。2003年の3月くらいのことだ。

    もちろん、自分とCelloの黄原亮司氏は本編の中で弾いては居ないが、本編の中でも弾いていたViolinの吉田直矢氏とともにトリオで、舞踊家の金森穣氏とその仲間たちと20~30分の共演をした。

    最初は映画のとおり、バッハからラヴェルやチャイコフスキーのトリオまでいろいろ考えてカノンを含む曲で構成した。
    なかなか見応え、聴き応えのあるイヴェントになったと思う。

    まあ、本編では、チェンバロで、バッハの「フーガの技法」の曲がメインテーマになっていたのだけど、今回のものは、カノンがテーマだったから、幅広く時代を網羅したのです。


    カノン・インプレッション2写真はリハーサルのもの。

    この仕事は僕の友人の通称つりし~ぬちゃんが持ってきてくれた。

    明日からの沖縄の仕事で会うし、この記事でも噂したので思いだした(爆)から昔の記事だけど加筆して再投稿します。


    カノン・インプレッション3これはたぶんホールのゲネプロの頃の写真。

    会場は青山の草月会館。あそこは狭くて好きだ。この記事の中にあるチャリティーコンサートもここだった。


    カノン・インプレッション4終演後、映画の出演者である加来千賀子さんたちが楽屋に来て、チェロを触っているところ。

    めちゃくちゃ細くて綺麗だった。

    写真が荒くて残念だ。
    まだこのころのデジカメって酷かったね。


    カノン・インプレッション5行定勲監督と。


    カノン・インプレッション6みんなで記念撮影。

    カノン・インプレッション7ダンサー達と、本番の後で。


    カノン・インプレッション8ダンサー達とリハーサルの後で。

    今やっているようなミュージカルもそうだけど、目の前で肉体が躍動するとこっちもテンション上がるものです。

    しかし、この記事の下にある、カテゴリーの「演奏@こんな場所でも,こんな事も」というところをクリックするともうこんなに変なところで演奏したことが溜まってるんだね。でもそれも21世紀以降のことがほとんどだから、それより前のこと書き出したら白石准は大道芸人かということになるかもしれない(爆)

    施食会2010石崎菜々ハープコンサート - 2010.07.23 Fri,23:59

    施食会2010-1東京は八王寺の龍谷寺の毎年恒例の施食会の前のコンサート、一昨昨年はこれ、一昨年はこれ、去年はこれに続き、今年(龍谷寺では毎年7/23が施食会の日と決まっている)はハープの独奏で、石崎菜々さんをお呼びしました。

    そうです、白石准が初めて「司会」だけで一つのコンサートをプロデュースしました。

    もちろん写真はクリックすると大きくなります。

    施食会2010-2今日はすごく暑くて、弦が切れたりするトラブルもありましたが、会場にも熱心に駆けつけてくださった檀家の方々が多く、質問を求めるとたくさんの質問が飛び、とても良い会でした。


    施食会2010-3暑くて大変だったにもかかわらず、熱演の石崎さん。
    彼女とは、東宝ミュージカルの“ベガーズ・オペラ”で知り合いました。


    施食会2010-4お疲れ様でした。




    再びフリッツ・クライスラー三昧 - 2010.07.17 Sat,10:04

    ナウリゾートホテル1007162007年の春のこの記事の時以来、再び、草津のナウリゾートホテルにいるなう。(爆)

    この写真は昨晩撮った。部屋ではネットにつながらないので、今朝食後にロビーで無線LANのあるところに来たのでつなげた。

    そして、中川富美子さんのヴァイオリンによるまたクライスラーの隠れた名曲三昧です。
    プログラムのすべてがクライスラーの作品です。

    今回の独奏は、クライスラー自身が編曲した‘愛の悲しみ’です。

    ラフマニノフの有名な編曲がありますが、あれほどしつこくない、オリジナルの雰囲気でちょっとリハーモナイズされたすっきりしたアレンジです。


    ナウリゾートチャペル内部100716内部はこんな感じです。
    今日は20時開演です。
    ホテルのサイトは、こちら

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました 顔に見えるもの cityscape RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました  funny 東京都 landscape  NIKON-D5100  神奈川県 龍谷寺 SIGMA-DP2Merrill   architecture 葉っぱ 僕の作曲  山猫合奏団 妙な看板 monochrome 宮沢賢治 @Discover神奈川県相模原市 SIGMA-DP2Merrillで撮りました 動物園 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました 岡山県 Fuji-FinePix2500Zで撮りました  横浜 動物 lighting CANON-PowerShotG10で撮りました 牛窓 静岡県 CASIO-EX-FH20で撮りました macro SIGMA-DP1sで撮りました art sky  CANON-EOS_KissX nostalgia  RICOH-CX3 Musical 八王子 白石准 紅葉 night  どんぐりと山猫  sunshine sunset 掛川花鳥園  Tokyo winter concert CANON-EOS_KissX3で撮りました 京都 flowers 金属系 俯瞰 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 人間 piano 新宿 楽器  沖縄県 セロ弾きのゴーシュ SIGMA-DP1s metallic ちいたま 室内 渋谷 retouch animals  reflection RICOH-CX6で撮りました birds  Kannon diorama  初めて知った漢字の読み書き food 鉄塔 新宿御苑  like-a-face 昭和の香り  公園 Yokohama story autumn 鍵盤  bridges music overlook Olympus-E-PL3 temple 井の頭自然文化園  orchestra pink 動く SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫 手造   zoo 庭園 RICOH-CX6 大阪府 神社 薔薇 Recording 宮崎県  Xmas 鳥居  相模原北公園 白石准の演奏姿 SD15 山梨県 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました clouds SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 leaves 富士山 飛翔 階段 子供 印象的な看板 human sea   trumpet history CASIO-EX-FH20  雨粒 服部牧場 Okinawa trees toilets  tower 植物園 片倉城跡公園 イギリス館 噴水  twilight 注文の多い料理店 京都府 相模川 soccer CANON-PowerShotG10 stations railways  きゃらめる カラス  演奏会場  富山県 river 黄昏 people  Ferris-wheels cats 静物 snow  梅田 Fuji-FinePix2500Z 乗り物 insects  tulip 杉並区  栗鼠 rusted SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001 枯れて綺麗なもの  立山 autumn-leaves swimming Osaka Kyoto 赤坂 moss 百合 有楽町  名古屋 spring iPhone4で撮りました むすび座 飛行機 歴史   牧場  愛知県  info orange the-last-century parks 西洋館 dogs 飛騨高山 ぼけ写真 枯葉 栃木県 とちぎ花センター  兵庫県 Mingle celesta tree 東大寺 紫陽花 Kanagawa films absence water 東山動植物園 秋桜  楽寿園 skytree manhole summer 河口湖 オツベルと象 SL 福島県 love 鉄道 owls aquariums 富士サファリパーク arts narcissus 単焦点 instruments   technic 昇仙峡  羽村動物公園 movie red 宮ヶ瀬湖 県立相模原公園 奈良 pigs みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 lakes 美ら海水族館 音楽 yellow Germany  kingfisher 小石川後楽園  山羊 Roland  white crane 城山湖 moving silhouettes temples children man-made tunnels   墨田区 不在 知多湾  morning 相模原市 pond falls factory 爬虫類 麻溝公園 concerto 訃報 サイガバレエ 小宮公園  岩手県 えびの高原 八重洲 contrast mountains Foveon セキレイ 巡礼 大磯城山公園 dam さがみ湖プレジャーフォレスト 水族館   蜻蛉 みゅう 韓国 CANON-EOS_KissX3 両生類  scrap ダリア   iTunes hotel moon  アルテリッカ joke  長野県 劇団あとむ 町田市 朝露 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました 木漏れ日 黒部ダム ponds  汐留 考える NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 concerts Islamic Steinway 東京駅 天王寺動物園 シーサー 浜離宮 garden liquor 三重県 カンガルー 教会 根性植物 曼珠沙華 椋鳥 lesson  cat お地蔵様 park キジムナー・フェスタ サンシャイン水族館 狛犬 浅草  my-father's-photos shadow swim peoples 秩父 正露丸 韓国の日本語表記 rare SIGMA-DP2Merril 六本木 Tokyo-bay  遠近法 東京ジャーミイ 変な建物 photo話 最乗寺  螺旋 蜘蛛  多摩動物公園  ズーラシア blue 富士花鳥園  向日葵 銀座 埼玉県 睡蓮 ラ・フォンテーヌ fail flower 三菱一号館 HDR 境川 railway 東京 自転車 USA 言語 Miyazaki Shinjuku Mt.Fuji glass モスク graveyards green SIGMA-DP1Merril 蚤の市 fishes gardens 根岸競馬場跡 architectures 青山 谷中 信号機 ノウゼンカズラ ゴジラ 演奏場所 パチもの 丸の内 f1.4 Halloween 高千穂 公孫樹 mushrooms 演劇 Wien bell  ススキ 仏像  日比谷 youtube 群馬県 cycling メディアに取り上げられたこと 岡山後楽園 枯れた蓮 technology 大阪城 観音 silhouette  sunrise Clematis MF パチンコ 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses rabbits   山手111番館 Andre_Henry 皇帝ダリア toriis ガラス ダム スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました 首里城 東京国際フォーラム PaxCrossOver 池袋 酔芙蓉 蒲公英 台風  YouTube France square_piano 東京Tower 線路 揚羽 pigeon Boesendorfer  カマキリ 外国 施食会 amateur flying DigitalPiano 編曲 WestsideStory Trumpet  寺子屋 fire stones smile 大宮八幡  京都市交響楽団 sheep 水中 grasshoppers black shrines mannequin wood rainbow cars move 屋根 神戸花鳥園 Hiroshima 大久野島 whale_sharks Nagoya アンドレ・アンリ 下北沢 reptiles 板橋区 銭湯 逆光 遊園地 吉祥寺 自動車 island Tokyo-tower gold 水面 達磨 藤野 ペンギン synchronized 動画 上野動物園 サボテン 牡丹  工場 川鵜  アルパカ 空港 steampunk レンガ エーデルささゆり 御茶ノ水 皇居 麒麟 帆船 仙台 親子 ハナミズキ 所有物 海遊館 流し撮り mirror 宮沢賢治展 美術館 岐阜県 かもめ  沖縄 シエナ・ウィンド・オーケストラ 陽光  animal pine 和田堀公園 箱根 二条城 江ノ島 廃墟系 空中写真  ivy 古墳 鹿 instrument aquarium ルミナリエ 上高地 MyComposition Foveon_Classic_Blue windows 招き猫 照葉大吊り橋 真鶴 ruins dragonflies 卒塔婆 downtown hippopotamus stairs spirals sleeping Illuminations DP2 SIGMA Merrill MFレンズ 睡眠 slow_shutter stories purple helicopters airplanes Shibuya gull crows  長屋門公園 透過光 絶滅危惧種 フィルム写真から 硝子 Chita-bay プリモ芸術工房 三嶋大社 床屋 organ 辺野古 ship Tokyo-Rainbow-Bridge road ドライフラワー car indoor Yokohama-Bay-Bridge bike 千葉県 正月 ceiling ハイビスカス   大阪 嵐山 道志川  朝顔  赤外線 模型 独奏  インコ 煙突 アシカ symmetry 野毛山動物園 Erard Bechstein 岡本太郎 清水寺 松島    宮城県 横浜マリンタワー   羽田空港 お台場 山科 心斎橋 鶏頭 表参道 石川県 金沢 原宿 秋葉原 絵画館 外苑 小物 誕生寺 ホウジャク 広島県 七沢森林公園 dance crow 精進湖 dragonfly 神戸 草野心平 bridge 京都府立植物園 飛行機雲 高山正樹 津堅直弘 新日本フィルハーモニー insect 楠定憲 Piano 津山 山口県 rose rain spiral シマウマ  鸚鵡 髪切虫 BIKE 幻冬の詩 神楽坂  reflections 菖蒲 黒鳥 多摩川 bicycle 八王子市 東京湾 turtle 八王子車人形 山猫 Guys&Dolls keyboards 神奈川  お盆 四天王寺 candle chimneys 吉祥院 towers asses lions trolley_bus trumpets ropeways Nara 透明人間 cigarettes bricks roofs dark ice_needles woods fishings 古宇利大橋 jellyfishes meerkats ジオラマ 鉄道模型 椿 lights Olympus-E-M5 Story 自衛隊  @親父の撮った写真から farms shadows RICOH-CX4 halls deers chameleons blue_rock-thrush jeu_de_timbres airports Santa_Claus roller_coaster 東林寺 原鉄道模型博物館  カラー(花) cembalo 壁画 コウノトリ  Shiodome Tokyo-International-Forum iPhone4 神話 横浜DockyardGarden 野牡丹 小学校 movies  記念撮影 旅客機 物真似 sepia 28-80mmの中古MFレンズで撮りました Ushimado 草野心平記念文学館 doors Okayama koala bench still-lifes bottle pigeons ropeway seal Tokyo-Sky-Tree turtles farm street-lamp Arashiyama Tokyo-Gate-Bridge Sunshine-aquarium Kobe paint Sendai Matsushima beach Hackbrett dolls illuminations winte performances  photos skating Ginza earthquake fighters bicycles pansies ToyPiano ToyPianos dams islands keybords squirrels fishing battles tulips buoys Dance snowman surprise tablephoto fennecs walnuts cityscapes fliers sonw organs lover objets Sinjuku cicadas lens sunshines 枯れた moths ducks wooper‐looper amphibians otters education buds stingrays stars maras capybaras 檜ホール icstruments table 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins bamboos fisshs Japanese_blue_magpie raccoon_dogs raccoons vines spiders foods dragons Ninja apples icicles asteroids dolphins fountains sea_lions singing XmasTree flamingos cable_car Caramel 135mm単焦点の中古MFレンズ ムラサキシキブ photo Pipe-Organ Cheetama アトリエ萌 リス  三渓園 ピンク jupiter8 chain 自分の作曲 E-PL3 Olympus DP Mt.FUJI lock 配管 車両 横浜開港記念館 ダンス  Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 三輪車 Olympus-EM5 Architecture Jupiter8 Musician DIGNO2 slowshutter 玉暈け 八ヶ岳 白黒  モノレール SIGMA-DP!Merrill 那覇 レトロ sunflower 等々力渓谷 monpou cocert  sprinkler stove running 碍子 変電所 白石 platforms mirrors reflectons table_photos Landscape storms landscapes 街灯 hat tortoise advertisement solo 井手詩朗 illumination 山之口貘 Lion Like-a-face donkey 東山動物園 花虻  gerbera 兵庫 retro laughing neon brown 墨絵 gazing glasses 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    04 | 2022/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: