2017-02

    スポンサーサイト - --.--.-- --,--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Boesendorferの鉄骨は銅色で綺麗 - 2013.02.01 Fri,17:37

    Boesendorfer
    檜チャリティコンサートホールにあるWienの名器、Boesendofer Pianoの美しい中身です。
    http://photozou.jp/photo/show/1934405/167787532にキャプションとコメントがあります。
    スポンサーサイト

    開館前のプリモ芸術工房に今居ます - 2012.10.31 Wed,18:43

    11/17に我らが山猫合奏団による久しぶりに東京公演があります。
    新しくオープンする小さなホールで、“セロ弾きのゴーシュ”を演奏するのです。

    目出度いことに、メンバーの1人、チェリストであり、“セロ弾きのゴーシュ”のゴーシュ役をも演じている、大島純が、ホールのオーナー、そしてプロデューサーとしてもデビューする記念すべき日でもあります。

    東京は、目黒区の洗足駅前(目黒線の改札を出たらすぐに見える)に開館する、その名も、
    プリモ芸術工房http://primoart.jp/)という所に来ています。(リアルタイム更新(爆))

    そして一番大事な備え付けのPianoは、彼の重要な共演者でもあり、僕も新日本フィルハーモニーなどで、良く共演する、Pianistの、加納麻衣子さん所有の、ちょうど今年で100歳を迎えるNEW YORK STEINWAYが置いてあります。
    プリモ芸術工房の100年前のピアノ

    今日は、ホールのオーナーと楽器のオーナーのお二人立ち会いのもと、試弾させてもらっています。

    上の写真にあるMAKERSという表記は、僕は沢山のSteinwayを見てきましたが初めてでした。
    音は、あまりNEW YORK製っぽくなく、なんとなくHamburg製っぽい感じがして訊いてみたらどうやら、元々NEW YORK製の楽器をHamburgにもっていってどうのこうの(爆)した楽器らしいです。

    楽器の事について少し書くと、実に品の良い音がする楽器で、実に気に入りました。
    いろんな音色が作れる、音のパレットの多い楽器だと思いましたし、サロンの大きさにはとても合っているサイズの楽器だとおもいました。

    本当にいつも思うけど、新しいサロンとかホールとか、「新品の楽器」を買う事が多いけど、僕が思うに、こういう古くて素晴らしい楽器を入れた方が、個性が出て良いようにいつも強く思います。

    100年前の楽器だけど響きは毎回新しい輝きを生み出して聴衆に届いていくはずです。

    このホールはきっと、この楽器の個性が「売り」になるホールになると思います。

    それと、横断歩道は渡る必要はあるけど、建物は駅の改札の真ん前だから視認性も良い位置に立っているから迷うことも無く、少々の雨なら走れば傘を差さないでもたどり着けるからアクセスも理想的。
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    時間を忘れて様々な曲を弾いています。

    会場には天井の低さからは想像できないくらいの豊かな響きがあります。
    最高です。

    昨日と今日は、カメラ小僧であることを忘れてしまいました。バキッ!!☆/(x_x)
    じゃない、pianistであることを思い出しました(爆)

    白石准としては、久しぶりに独奏のconcertをしてみたくなりました。
    でも、僕を知らない人がこの写真を見たら、ピアノ弾きが座っているのでは無く、清掃に来たようなおじさんに座って貰って写真を撮ったとしか思えないだろうなあ(爆)
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    前にも別の記事で書いた「譜面台」の話ですが(link先の楽器も同じ時代のNEW YORK製)、古い楽器のこう言った「素通し」の細工は実に演奏者にとって譜面台を降ろしたときと上げたときの差が無くて嬉しいし、楽器の品を感じるね。
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    最後の写真と、ここからが追記。
    帰り際、ホールへの階段の登り口で、記念撮影。
    勿論、左側が、pianistの加納麻衣子さん、右側がゴーシュこと、cellistの大島純氏。
    この二人で、このホールを運営していくそうです。
    頑張れ。
    かのまいと大島純

    11/17の“セロ弾きのゴーシュ”の宣伝記事に関しては、家に帰ってから書きました。
    トラックバックに表示されています。

    大阪のマグノリアホールで1905年製のNEWYORK STEINWAYを弾いてきました - 2012.04.10 Tue,23:33

    京都でLiveをした翌日、Mingleは京都から大阪の池田にあるマグノリアホールに移動し、そこでconcert(liveと何が違うのかわからないが何となく分けてみた(爆))


    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製あまり公式Websiteにも触れられていないのが不思議なのだが、ホールに入ってびっくり。

    どう考えても戦前のNEWYORK製のSTEINWAY PIANOがありました。

    このホールはそんなには古くないのに、新品ではなく(僕好みの)骨董品が置いてあるとは、、、、実に嬉しくなりました。

    これは美術館に併設されているホールですが、こういう風情のある楽器が在るという事は、単に「楽器」で在る事を超えて、それ自体が美術品の様なものなので、とても良い事だと思いました。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製何度かNEWYORK製のSTEINWAYに関しては紹介してきましたが、この時代のLOGOは実に今のと違って派手です。

    Hamburgは判るのだけど、Londonにも工場が在ったのかなあ、確かに一時、EnglandはPianoの名産地でも在った訳で、、、、

    今度調べてみよう。

    これに影響されたんだろうね、古いヤマハのピアノのロゴも昔は派手でした。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製足も優雅な猫足。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製譜面台も細工が施され、こういう風になっていますが、これは単に装飾的で美しいだけでなく、譜面台をたてても音が遮られないので、弾く方はありがたいのです。

    つまり、現代のピアノは譜面台を倒したり、外して暗譜で独奏している時と、譜面を見て弾くために譜面台を起こすときの「聴こえ方」がすごく違う訳ですが、これではほとんど違いが無くなります。

    ちなみに今までこのBlogで紹介して来た古い時代のピアノは同様に譜面台が「板」状態じゃないものが多いです。


    IBachの場合。(関係ないが、iBachと綴ると、今や世界中を席巻しているAppleの製品みたいだ(爆))

    Bechsteinの場合。

    Erardの場合。

    Pleyelの場合。

    Hofmannピアノの場合。


    それと、このページでも紹介しましたが、一般的なGrand Pianoとは譜面台の倒れる側が逆になりますから、例外もあるようですが、だいたいの場合そういうpianoはNEWYORK STEINWAYだと予想が着きます。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製この時代のものは、特許について鉄骨にたくさん表示してあります。普通ならうざいが、それ自体が装飾になっている感じです。
    以下にそれらを紹介します。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製NEWYORK製だと判るのはここでもかな。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製ここにも。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製ちなみに、特許を取った時代は、Roman派の作曲家が多数生きていた時代でもあるわけで、感慨深いものがあります。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製ORNAMENTAL DESIGNという項目もあるのが面白い。

    マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製かつて調律師から教えてもらった、通称STEINWAYの「金玉」も健在です(爆)


    白石准の手@マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製

    現代の楽器とはかなり指向性の違う音でしたが、状態も良く、実にPianist冥利に尽きながら演奏できました。
    新しいホールが出来ると、必ず新品の楽器が納入されるのが常識ですが、こういう風に、どこにも滅多に無い古い楽器を据え付けるというのはホール独自の個性を主張できて実に価値があると考えます。

    それはかつて京都の森田ピアノでErardを弾いた時にも感じましたが、楽器屋は新品を売らないと商売にならないので、どんどんホールに買い替えさせるように仕向けるのはしょうがないですが、ピアノは本来100年以上持つということは、このピアノが明らかに証明している訳です。

    RH@マグノリアホールのNEWYORK STEINWAY1905年製

    これは小林一三さんの指示だったのかは存じませんが、感動しました。

    こういう楽器があると、またピンポイントで「此処に」来たいと思うものです。

    Broadwood社製square piano再び - 2011.08.15 Mon,10:47

    Broadwood square piano2長らく上高地や親不知の写真を出し続けているが、元々今月上旬に沖縄で台風に閉じ込められて帰ってきた(一応山猫合奏団のconcertだったのですが、その事については山猫合奏団のページに詳しく出ているので自分としては触れないことにする(爆))後、また北陸に行ったのは、このblogの最初の頃に紹介した、南砺市にある竹田楽器という所に行って古いpianoに触ることと、近々僕に習っている人達をつれて、様々な古い鍵盤楽器を体験して貰い、主に古い楽器を使わせて貰ってここで発表会をしたいのでその打ち合わせを兼ねていることでした。

    前回このBroadwood社製のpianoの紹介の写真の時は、蓋を閉めて撮って居たので今回は全開です。

    1801年製と言ってたかな、この日は調律はされてなかったのでまともに曲は弾けませんでしたが、Grand pianoでもなく、Upright pianoでもない味わい、それは自分にだけ音が残響とともに包んでくれる体験ができるのです。

    で、後で紹介するこれよりあとの時代の楽器には産業革命の影響で楽器の中に鉄骨の鋳物が入ってくるがこれはCembaloと同じく鉄骨が入ってない時代のものだから弦の張力も緩いわけです。

    そしてまさに蓋を閉めれば机として使えちゃったりするわけで(爆)

    ピアノの形の変遷については、このWikipediaを参考のこと。

    Broadwood square piano1

    どうです、これは一番低音の所のハンマーだけど、現代のピアノと90度向きが違うしなんと可愛い大きさな事。
    しかもフェルトではなく、鹿の皮が被せてあるだけだ。
    Broadwood square piano3

    ここで普通はよく見かけるハンブルグ製のスタインウェイと外観の違いを比べてみましょう。 - 2011.07.25 Mon,09:51

    ハンブルク製Steinway1牛窓シーサイドホールは、日本でも珍しい方ですが、ニューヨークスタインウェイのコンサート用のピアノが置いてあります。

    そのピアノについては、この記事にも紹介されていますが、外見から今じゃ世界の大半のホールにあるハンブルグ製とどう違うのか(中身もちょっと違いますがそれはなかなかわかりにくいので)たまたま白石准が22日に盛岡の素敵なホールで弾いたとき(すっごく状態の良いピアノでした。)に撮したものがありますので、比較してみましょう。

    まず譜面台の構造をご覧下さい。

    この譜面台は日本のヤマハやカワイと同じく後ろにつっかえ棒があって、前に起こして角度の調整もできるいわゆる我々が慣れ親しんできた方式です。

    世界中のピアノの多くがこの方式です。

    しかしニューヨークの楽器は逆に起こします。

    そして昔はハンブルグ製のものも艶消しでしたが、現在はこの様に光沢の塗装になっています。

    牛窓シーサイドホールのピアノは艶消しですよね。

    ハンブルク製Steinway3この記事にも紹介しましたが牛窓シーサイドホールのピアノにはこの鉄骨の位置にロゴが入っていましたし、ダンパーのところも艶消しでした。

    写真のせいかもしれませんが、鉄骨のカーブも微妙にちがうのかな、それはちょっと自信ないけど。

    ハンブルク製Steinway2ペダルの装飾もすべての時代のモデルがこの通りではないでしょうが、現代のハンブルグのものはペダルの付け根だけが金色の枠になっていますが、前述のニューヨーク製は全面が金の板になってます。

    盛岡へ5@盛岡のマリオスではとっても状態の良いSteinwayで弾けました - 2011.07.24 Sun,10:06

    盛岡のピアノ7/22は盛岡の盛岡市民ホール(マリオス)で弾きました。

    小ホールの方でしたがオルガンがあるせいで、実に響きも良く、調律師のおかげで楽器の状態も良く、リハーサルの後時間があったので、別の日に弾く協奏曲の曲も練習させてもらったときに実に気分良くまた訪れてみたいホールでした。

    お世話になった役員の方々、そして熱狂的な拍手を頂いたお客様、そして熱演した他の若い出演者達、色々と親切にありがとうございました。

    僕が主宰する山猫合奏団はいまのところ宮沢賢治の作品を主に作曲していますが、そのうちこの場所で演奏する事が叶ったら良いなあと本当に思いました。

    夢の実現を待ちたいと思います。

    しかしリハーサルの時に撮ったので、コンビニの袋が映っているのと蓋を全開にしなかったことが悔やまれます(爆)

    盛岡のオルガン今思えばPipe Organがあったので、一曲くらいTrumpetとしゃれで演奏してしまえば良かったとおもいました。Trumpet tuneなんか最高でしたでしょうね。

    久しぶりに牛窓シーサイドホールのピアノの写真を出しましょう(笑) - 2011.07.10 Sun,00:04

    スタインウェイからみたホールすっかり牛窓観光案内のブログになってしまった感がある最近の記事の流れですが、この位置からの視点はほとんど誰も日常見るものではないと思いますので久しぶりにPianoの写真です。

    鉄骨の裏側に浮いた活字がちょっと見えますが、STEINWAYと刻印されています。
    あの位置にはハンブルク製には無かったように思いますが、、、どうなんだろう。

    あとダンパー(弦の上のかまぼこみたいに見えるやつ)のつや消し具合がいいですね。

    そう、このピアノのボディの表面は黒い艶消しなんです。

    昔はハンブルク製も艶消しでしたが、今は普通の楽器と同じく光沢です。

    艶消しは個性的だったし、協奏曲を弾くとき後ろのオーケストラの奏者が照明が反射してまぶしくないので重宝されたものなのですが、、、

    その伝統はニューヨーク製に残っているのが嬉しいです。

    掛川花鳥園にあった珍しいYAMAHAのロゴ - 2011.06.25 Sat,12:32

    どこにあったかというと、昨年末三度も訪れた掛川花鳥園のフクロウが居る部屋の端っこに置いてありました。
    ピアノ弾きとしては弾いてみたかったけど、触ってはいけないと書いてあったのでね、、、。

    Steinwayも戦前の楽器って凄くいろんなところにパテントの事とか書いてあるから、昔の楽器ってある意味アルファベットが凄く目立ったのね。
    掛川花鳥園のピアノ

    Newyork Steinwayのupright piano@サイガバレエ - 2011.06.12 Sun,10:26

    雑賀先生昨日は、サイガバレエと車人形の共演を観に、スウェーデン大使館に行ったことはこの記事に報告した(実に珍しい写真が撮れたので、ちゃんと中身について改めて記事にしようと思ってる)が、実は、7/16の山猫合奏団の公演も少なからずというか、ほぼ全面的にサイガバレエのご協力に基づいて行われるのです。

    主催は、青少年音楽協会とあって、そこは、第二次大戦後にまったく音楽に触れる機会のなかった日本の子供たちのためにアメリカ人の故カニンガムさんが長い間お金を出して活動していた団体なのですが、ほとんどの雑務はサイガバレエがやっているのです。

    故カニンガムさんは、写真の雑賀淑子さんと、とても深くおつきあいされていて、そのご縁で僕も彼女の前で何度も弾いたし、軽井沢のハーモニーハウスの開所式でも弾いたし、僕が良く世話になる新日本フィルハーモニーもよく彼女の催しで弾いていました。

    それで、6/7に所用のついでに飯田橋にある稽古場をふらっと訪れたら、なんと、僕がたぶん1987年頃だったか、この稽古場(床が昔の桜の木で出来ていてすごく響きがいいのです。)で、バルセロナの作曲家、Federico Mompouの作品を独奏した思い出の、進駐軍のキャンプにあったNewyork SteinwayのUpright Pianoが、修理から戻ってきてあったのです。

    サイガバレエのSteinway2

    びっくりしたことに、塗装まできれいになって、もちろん中身は新しいアクションになっていますから、ほぼ新品同様です。
    もちろん、修理したのは、僕の調律を長年している新井吉一さんです。
    サイガバレエのSteinwayのlogo
    撮している自分の顔が映るくらいに、ぴかぴかだ(爆)

    サイガバレエのSteinway3きっとこのピアノはNew Yorkの戦前の作品。
    そして日本の駐留軍のキャンプにやってきて、下手をすると、ビールがこぼれたかもしれないぐらいの野蛮な状態で三十年前に僕がこのバレエ団にお世話になる事になった時から「古色蒼然」として稽古場に鎮座していました。

    そのいきさつはこのサイトを1997年に興した頃に書いたものが残っています。

    このピアノは、だから日本で言えば、郷愁の昭和の真ん中より前のものかもしれません。
    勿論僕よりだいぶ年上です。

    Pianoは手入れさえ良ければ(ものが良ければというのもあるが)100年以上持つはずです。
    この稽古場には国産のピアノは合わない(爆)、やっぱりこのPianoがあることに意味を感じます。

    このblogにはPianoというcategoryがあって、僕が出会った思い出深い楽器を紹介していてそこに分類してもよかったけど、追記に面白い「昭和の残骸」があるので、このcategoryにしました。

    一番最初の写真にあるベンチも高さは変えられないけど、30年前から僕がしっている椅子です。
    頑丈な作りで未だにびくともしない。

    蓋もこの写真の様に、洒落た閉まり方をします。

    雑賀先生は、このPianoのお披露目concetは是非白石准で、と言ってくれていますので、近々またここで懐かしい空気の中で独奏会をすることになると思います。

    しかしながら、

    牛窓シーサイドホールのSteinway Pianoのご紹介 - 2011.04.24 Sun,10:44

    牛窓シーサイドホールのSteinwayPiano1世界でもっとも定評のある、と行ってほぼ間違いの無いピアノ・メーカーであるSteinway社のコンサート用の一番大きいサイズのピアノが岡山県の「日本のエーゲ海」とも言われる風光明媚なところにある牛窓シーサイドホールにはあります。

    スタインウェイ社はドイツのハンブルグとアメリカのニューヨーク製の二つのモデルがあることをご存じない方が結構多いのですが、実は、特に日本のコンサートホールにあるほとんどのスタインウェイは、ハンブルグのスタインウェイのピアノです。

    白石准に限らず多くのピアニストがそのハンブルグ製のピアノに親しんでいますが、有名な、かの巨匠、ホロヴィッツが使っていたピアノはニューヨーク製でした。

    スタインウェイはもともとドイツの楽器っぽく思われていますが、たしかに祖先は、シュタインヴェックという今も現存するドイツのピアノメーカー(今はグロトリアン・シュタインヴェックです。)ですが、その発音と、この蓋に刻まれている& sonsが示すように、息子達がニューヨークで会社を興したのが、今のスタインウェイ社の始まりです。

    そのいきさつに着いては、該当のウィキペディアをご参照ください。

    それで、里帰りというか後で出来たのがハンブルクの会社です。

    で、日本にどのくらいニューヨーク製のコンサートグランドがあるかと云いますと、5台と聴いたことがありますが、個人輸入のものを含めるとそれは全く正確な数字ではないはずですが、極端に少ないという意味では何百台あるか分からないハンブルク製とは違って珍しいということには違いがありません。

    詳しくは書きませんが、ハンブルク製も素晴らしい楽器で僕も大好きですが、同じ名前のメーカーのピアノといえども、ニューヨーク製のこれはとても個性の違う楽器なのであります。



    NewYork Steinwayの蓋1外見からドイツ製かアメリカ製か判断するのは例外もあるのでしょうが、まず、大体譜面台を見れば一目瞭然です。

    本当はハンブルク製の写真もここに出せばよいのですが、それは追々。

    このピアノの譜面台は、格納されているときは、「前に」倒れています。

    NewYork Steinwayの蓋2譜面を置くときには、後ろ側に起こすのです。で、つっかえ棒などは無いので、倒れ方の角度の調整はできません。

    これがニューヨーク製の特徴です。

    ハンブルク製の譜面台はヤマハやカワイと同じく、格納時には後ろに倒れていて譜面を立てるときは前に起こし、そしてそれを支えるつっかえ棒が後ろにありその立てかける位置によって角度を変えられます。

    ですから、格納されたまま譜面台を立てると、結構奥に譜面が行ってしまうので、前に引き出さないと近眼の人には遠過ぎます(笑)

    あと、ペダルの所に見える金属の当て板みたいなのも、たしかハンブルク製にはなかったやに思います。
    今度ちゃんと確認しておきます。



    牛窓シーサイドホールのSteinwayPiano3274cm(鍵盤の前から大きく後ろにでている胴体までの長さです)のモデルだと分かる形式「D」の刻印です。製造番号からネットで探すと製造年代もわかります。

    ちなみに、通常お家や学校の音楽室にあるグランドピアノの多くが、その長さが165cmから180cmの物が一番多いわけで、274cmというのが如何に長いかが良く分かります。



    牛窓シーサイドホールのSteinwayPiano4これがお尻の長い本格的なピアノだという写真です。

    個人で持って居る小さめのホールとしてはこれ以上贅沢な条件はないでしょう。
    このピアノから様々なプレイヤーによって、牛窓の方々に感動をあたえるシーンが増えることを祈るばかりです。

    なお、写真はclickすると少し大きくなります。

    三越ピアノ(爆) - 2010.08.08 Sun,09:42

    三越ピアノ某稽古場にあった、ピアノの蓋の裏の右側に刻印が。
    きっと、まだデパートが強かった時代に、箔をつける(と思い込んでいる)ために、こういうロゴをつけたのだろう。

    こういうところのデパートマンのセンスは音楽家のそれとは気の毒になるくらいまったく正反対だと思うけどね。


    これは時間が経ったら意味ない書き込みになるけど、今朝は、この時間帯twitterの方に画像をたくさんアップしています。
    http://twitpic.com/photos/belokamensky


    Boesendorfer-2 - 2007.12.04 Tue,01:30

    Boesendorfer pianoについて紹介したhttp://juninho.blog16.fc2.com/blog-entry-238.htmlの記事の補足です。

    ベーゼンのエキストラ鍵盤左の写真は東京オペラシティのリサイタルホールで5/14に弾いたベーゼンドルファーのインペリアルという一番大きなモデルで、最低音がドまである楽器。
    でもこの音域は弾くためというよりは共鳴の効果を期待するためのものと考えるべきでしょう。

    Boesendorfer(ベーゼンドルファー)のPiano - 2007.12.03 Mon,08:48

    このblogはアクセス解析が出来て、その中に検索エンジン経由でたどり着いたとき、どのようなkeywordで探してこられたのかを閲覧することが出来る。

    boesendorfer01そのなかに、かなりの割合で、“ヴェーゼンドルファー”という記述が見られます。

    実はその綴りはカタカナだけど間違えていて、自分の記事のなかにはそういう記述をした記憶がないのになぜ僕のサイトに引っかかるのか良く分からないけど、ヴェーゼンではなく、ベーゼン(まあこれだってウムラウトの記述は日本語では正確に出来てはいないとは言えますが)と記述すべきなので、WesendorferやWoesendorferではなく、Boesendorfer(文字化けを恐れ、敢えてウムラウトの表示をしない綴りで書いてみた)であることをアナウンスする記事を投稿します。

    ちなみにヴェーゼンとくると、リヒャルト・ワーグナー(ヴァーグナーと書けと言われそうだけど(爆))のパトロンだったヴェーゼンドンクWesendonckという名前が有名なのでごっちゃになるのかな。

    そんなお節介なことしないでも日本の法人の公式ページを紹介すればいいのかと思ってこの記事を最初に投稿していたときは、会社はちゃんと存在していたのだが、2007年の秋に倒産したらしい。
    ゆえに、この項目、再投稿し、
    wikipediaにリンクを変えておきます。

    ヤマハがベーゼンドルファーを買収したというこの組み合わせはもっともあり得ないような感じなんだけど、
    まあこんなことはどうでもいいや、話を続けよう。

    普通のPianoでやっていたrehersalで弾けなかったSolの音を弾いたよ - 2006.11.16 Thu,00:56

    Boesendorferandjun★2006/11/15新日本フィルハーモニー定期演奏会の記事に書き忘れたけど、このPiano partには通常のPianoの音域より下の音が書いてある。
    ErardのPianoを弾いたときにも書いたけど、20世紀前半、Pianoは音域の拡大という流行があったのだろうね。

    でもLaより下の音域はBoesendorferしか現在は採用してないし、通常は共鳴のためにあるようなものだから、ここを弾くのは1月のErardでのPoulenc以来でした。

    でもさしものBartokもFa#より下の音は書いていないから、彼もそれより下の音が実用になるとは考えてなかったのかも知れないですな。

    写真はそれまでの三日間のrehersalではSteinwayのPianoで弾いていたので譜面に書いてあるSolの音を弾けなかったので本番当日初めて譜面の通りに弾いて実にわざとらしく喜んでいる風情を出している“やらせ奏者”(爆)

    撮影は連弾で共演者した“かのまい”ちゃん。

    HOFMANNのPiano - 2006.09.09 Sat,09:52

    ホフマン蓋の裏9/6にリサイタルを行ったソプラノの人見共さんのお家には1910年代にウィーンで生まれたホフマンというメーカーの小さなピアノがありました。

    めちゃくちゃ歌うピアノでした。

    ノイズが乗って鮮明ではないので残念ですが美しいものでした。

    きちんと測ってないけど、お尻のながさは160cm未満だったようにおもいます。お家で楽しむには本当にすばらしい楽器で、練習をしたのは別の部屋にあったアポロピアノでしたが、練習後ご主人の手作りのすばらしい料理の数々を味わう前に見せられた僕は数十分の間弾きまくり、練習ではちっとも汗をかかなかったのに汗だくになっていました(爆)


    ホフマン全体このリサイタルへの最終の練習は、練習もさることながら、このピアノと、岩牡蠣やムール貝、おいしいワインと焼酎の思い出が当日のすばらしいテンションにつながったと思います。

    そうそう、忘れてはいけないのは同居している猫ちゃんや犬ちゃんとももりあがり、なんとかレトリバーの、通常はそのエネルギーに訪問者はたじたじなはずの子が僕の毒気に終止劣勢だったそうで(ちょっと酩酊して覚えていない(爆))、僕が勝手に「おい、さだきち」と命名したのは覚えています。

    帰りに駅までご夫妻とわんちゃんが送ってくださいましたが、びっくりしたことに、彼が歩くと商店街の人たちがとてもうれしそうに店からでてきて親交を深めていたことです。

    彼は商店街の有名人(犬)だったのです。

    すごかった。

    この楽器にはまたぜひとも会いにいって弾いた後30kgの彼を抱き上げてみたいと思います。
    最近近所の獣医の家にいる中型犬も猫のように持ち上げるのが趣味になっているみたい(爆)

    犬はでかいのが大好き。


    ホフマン弦中もシンプル。

    この時代の譜面台は穴が空いているから(今まで出した他の古いモデルで同様だし、もっと凝っているのもある)譜面台を立てても音が籠もらない。


    ホフマン鍵盤ひなびた音がするんだけど、力強いよ。


    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました   NIKON-D5100 SIGMA-DP2Merrill   葉っぱ 僕の作曲  SIGMA-DP2Merrillで撮りました @Discover神奈川県相模原市 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました Fuji-FinePix2500Zで撮りました  動物 CANON-PowerShotG10で撮りました CASIO-EX-FH20で撮りました SIGMA-DP1sで撮りました  CANON-EOS_KissX  RICOH-CX3   Tokyo CANON-EOS_KissX3で撮りました flowers 金属系 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 俯瞰 人間 楽器  SIGMA-DP1s 室内 animals  RICOH-CX6で撮りました birds Kannon   初めて知った漢字の読み書き like-a-face  昭和の香り Yokohama story 公園  鍵盤 bridges Olympus-E-PL3 overlook temple  井の頭自然文化園 動く 手造 SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫  RICOH-CX6 庭園 薔薇 Xmas  SD15 clouds 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 飛翔 子供 印象的な看板 階段   CASIO-EX-FH20 toilets Okinawa 雨粒 trees イギリス館 噴水  railways stations  CANON-PowerShotG10 cats 黄昏 Ferris-wheels カラス  people 静物  乗り物 Fuji-FinePix2500Z insects   rusted 栗鼠 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001  枯れて綺麗なもの autumn-leaves swimming 立山 Kyoto Osaka  有楽町 iPhone4で撮りました 飛行機 歴史 むすび座 飛騨高山 西洋館 orange the-last-century 枯葉 dogs ぼけ写真 parks  films absence celesta 東山動植物園 water  Kanagawa 楽寿園 秋桜 owls arts narcissus 富士サファリパーク aquariums instruments  technic SL  単焦点 lakes  pigs 奈良 音楽 美ら海水族館 みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 不在 temples moving  山羊 silhouettes man-made  小石川後楽園 tunnels  墨田区  知多湾 セキレイ Foveon 蜻蛉 大磯城山公園 さがみ湖プレジャーフォレスト mountains 訃報 巡礼 八重洲 水族館   contrast dam 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました CANON-EOS_KissX3 Islamic  NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 韓国 シーサー concerts ponds 朝露 汐留 Steinway  みゅう 浜離宮 両生類  ダリア 東京駅  天王寺動物園 考える 木漏れ日 黒部ダム  peoples 根性植物 東京ジャーミイ my-father's-photos 椋鳥 SIGMA-DP2Merril 秩父 rare カンガルー swim お地蔵様 韓国の日本語表記 Tokyo-bay  最乗寺 変な建物 garden 遠近法 正露丸 六本木 教会 shadow  photo話 glass ゴジラ graveyards green モスク 根岸競馬場跡  ズーラシア ノウゼンカズラ 富士花鳥園 三菱一号館 パチもの 青山 Miyazaki gardens 信号機 Mt.Fuji Shinjuku 銀座 演奏場所 fishes Halloween 螺旋 谷中 f1.4 architectures 蜘蛛 高千穂 公孫樹 蚤の市 SIGMA-DP1Merril USA blue 丸の内   多摩動物公園 向日葵  仏像 首里城 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses ガラス  toriis Clematis 酔芙蓉 パチンコ ダム PaxCrossOver Andre_Henry 日比谷 枯れた蓮 スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました  rabbits 池袋 ススキ Wien 東京国際フォーラム  MF 皇帝ダリア mushrooms 山手111番館 youtube 東京Tower rainbow カマキリ 銭湯 wood 外国 Boesendorfer 吉祥寺 Nagoya 線路 mannequin 遊園地 YouTube gold 逆光 Tokyo-tower 神戸花鳥園 WestsideStory square_piano  アンドレ・アンリ island 大久野島 台風  Hiroshima 板橋区 屋根 reptiles 蒲公英 揚羽 下北沢 move 自動車 水中 grasshoppers black cars 水面 達磨 shrines whale_sharks car 川鵜 Tokyo-Rainbow-Bridge dragonflies road 空中写真 Yokohama-Bay-Bridge 親子 廃墟系 御茶ノ水 slow_shutter spirals ドライフラワー 藤野 空港 麒麟 steampunk 陽光 上高地 真鶴 睡眠  SIGMA ペンギン 照葉大吊り橋 上野動物園 windows 皇居 正月 アルパカ  bike 招き猫 エーデルささゆり 硝子 千葉県 MFレンズ ハナミズキ Foveon_Classic_Blue Merrill DP2 organ ruins indoor ceiling 三嶋大社 海遊館 所有物 二条城 sleeping 卒塔婆 helicopters  purple airplanes Shibuya gull downtown 牡丹 床屋 長屋門公園 絶滅危惧種 帆船 透過光 プリモ芸術工房 hippopotamus 動画 レンガ synchronized 辺野古 Illuminations フィルム写真から  サボテン ship 仙台 Chita-bay stories 工場 流し撮り crows stairs 野牡丹  清水寺 sepia 山科 嵐山 鶏頭  横浜DockyardGarden @親父の撮った写真から cembalo 外苑 旅客機 記念撮影 小物 絵画館 羽田空港  心斎橋 小学校 赤外線 物真似 壁画 石川県 28-80mmの中古MFレンズで撮りました 誕生寺 金沢 横浜マリンタワー 秋葉原 宮城県  松島  草野心平記念文学館 カラー(花) 道志川 自衛隊   原宿 神話  朝顔  表参道  草野心平 お台場 pigeons reflections candle 四天王寺 chimneys ropeways woods Nara お盆 吉祥院 trolley_bus シマウマ BIKE trumpets 幻冬の詩 towers fishings 古宇利大橋 煙突 bricks インコ 独奏 東林寺 roofs cigarettes   ice_needles  dark 透明人間 神奈川 lions asses 山猫 椿 lights 黒鳥 shadows farms 鉄道模型 ジオラマ 八王子車人形 Story Olympus-E-M5 keyboards 原鉄道模型博物館 Guys&Dolls 菖蒲 airports 鸚鵡 deers chameleons meerkats jellyfishes  halls RICOH-CX4 Santa_Claus  roller_coaster jeu_de_timbres blue_rock-thrush 髪切虫 movies 神楽坂 Shiodome bottle doors Arashiyama paint Ushimado 大阪 Tokyo-Gate-Bridge Bechstein turtles Tokyo-Sky-Tree farm street-lamp bench koala Erard Sunshine-aquarium Kobe seal  アシカ ハイビスカス コウノトリ 野毛山動物園 岡本太郎 Okayama still-lifes symmetry iPhone4 Tokyo-International-Forum 模型  Matsushima beach Sendai ropeway 銀閣寺 RhodesPiano 桂川 和歌山県    新世界 仁王 時計 調布市 gate door Olympic Sweden England 中津川 cicada window Apple 蝸牛 Google クワガタ raccoon NEWS 牧野Vl.教室 高幡不動 縁日 寝顔  sports 中国 路地  live 文鳥 Tuvalu 天狗 知覚 白鳥 石像 スカシバ 釣り人 上野 駱駝 カピバラ 高尾山 Pleyel  カニングハム 恐竜 代官山 Poulenc curry 長崎県 翡翠  早稲田 酒場 人形 cosmos 弾き振り しょく Debussy うみねこ きのこ 両国 破壊 ザトウムシ ToyPianos ToyPiano earthquake fighters keybords islands winte squirrels dams Ginza pansies spiders vines Japanese_blue_magpie raccoon_dogs Ninja dragons fennecs Caramel foods dolls Hackbrett cicadas lens sunshines Sinjuku fishing fliers buoys Dance cityscapes objets sonw  photos skating illuminations performances bicycles organs lover 枯れた raccoons apples 檜ホール icstruments girl crescent 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins boy marmots Yokohama神奈川県 black_kite 渡月橋 chance dragonfles friends 菓子 walrus hydrants capybaras maras sea_lions asteroids dolphins fountains singing cable_car icicles XmasTree flamingos fisshs moths otters ducks wooper‐looper amphibians education stars bamboos buds stingrays tulips battles Cheetama jupiter8 chain lock Pipe-Organ photo リス アトリエ萌 ムラサキシキブ 配管 車両 Olympus sunflower 等々力渓谷 Like-a-face E-PL3 自分の作曲 Mt.FUJI DP 135mm単焦点の中古MFレンズ ピンク 三渓園 Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 DIGNO2 slowshutter  三輪車 Jupiter8 Musician Olympus-EM5 SIGMA-DP!Merrill 那覇 白黒 ダンス 横浜開港記念館  八ヶ岳 玉暈け レトロ モノレール  donkey 東山動物園 platforms landscapes 街灯 hat 白石  sprinkler monpou cocert storms Landscape tablephoto walnuts surprise snowman table glasses mirrors reflectons table_photos stove 変電所 花虻  brown 墨絵 illumination 井手詩朗 Lion 山之口貘 solo gazing neon tortoise running 碍子 advertisement retro laughing gerbera 兵庫 sculptures armors 日本橋 三越劇場 灯り 深川不動尊 踏切 政治   怒り 劇場 三越 廃墟 なりすまし @親父の遺した写真から 海老 Mozart Cimbalom 門前仲町 富岡八幡宮 背中 ハート 天龍寺 internet 警告 コスプレ サンタクロース 花束 イルミネーション 並木 Gogh SIGMA-SD15 地名 ソフトフォーカス 銅像 孤独 マジックアワー Architecture 豪徳寺 オダマキ 船橋市 走る cafe 根岸森林公園 客船 彼岸花 ヒーロー violin 通天閣 加古川 天安河原 フランス山 冬桜 高千穂峡   花火 カビ キッチュ 神戸市 天井 眼鏡 水紋 鯉幟  風車 根津美術館 石仏 茅ヶ崎市 美術 メジロ 仕事の話  那覇空港 調律師 調律 七五三縄 天岩戸神社 うろこ雲 邦楽 モノクロ セピア 海洋博公園 保護色  茨城県 戦闘機   museums wild-boars globefishes sharks dead-leaves mold restaurants roads castles bigs still-lives bronze pelican peacocks 大仏 butterflies witer goats giraffes ice ships travels cable-cars trolley-bus gates bees mask 運河 高山市民吹奏楽団 酒席 abutilon eyes rajilways lighthouses theaters hummingbird-moths horseflies restaurant signals ceilings light benches goldfish dahlia Ikebukuro crocodile Tennoji-zoo zoorasia Ayu Miyagi Nago moonlight airplane radio-drama Yokohama-Marine-Tower cultivator Itabashi laws-of-perspective Haneda-airport anchor screw about-photo sand construction-site サザンカ wall crawfishes sunshine-aquarium snakes genius backlight brick dried-flowers words stinkbugs dragon Umeda cormorant birdsseagull moire sakai-river egret Aichi lizards apple 狛江市 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。