2017-03

    スポンサーサイト - --.--.-- --,--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    洋上の女神 - 2006.08.12 Sat,01:57

    これはかつて別ページに掲示していた物をこっちに移植するものである。なにぶん昔のことなので様々な点で今とは状況が違うところがあるが、基本的に加筆訂正はしない。

    おりえんと・びいなす“日本一周クルーズ”
    洋上の女神


    98/4/17アフターディナー船上Concert


    2000/5/7更新



    白石 准はコンサートホールではない様々な面白い場所で演奏してきたけど、ありそうでなかったのが船の上での仕事だ。

    今回の指令は豪華客船の旅だった。


    俺が乗船したのは、そのクルーズが出発した東京ではなく、出港して数日後に停泊する福岡から乗ることになっていた。

    そしてその任務は山口の隠岐の島から富山の高岡のそば、伏木という港へ行く途中ディナーのあとにするConcertで、独奏である。


    そして朝、港についたら完了するのであった。


    豪華客船なんて乗ったことはないなあ。


    船と言ったら井の頭公園や善福寺池のボート(すいません、地方の方、東京都杉並区のローカルな場所です。)か瀬戸大橋が開通する前の宇高連絡船かいくつかの短距離のフェリーしかないものな。


    どうやら俺の弾く晩は「フォーマル」な服装で船内の自室以外は過ごさなくてはならないそうだ。


    おお、なんか「たいたにっく」ぽいぞ。その日は「でかぷりお」の気分かもしれん。


    「でかぷりお」も良いが、おれは「でかめろん」の方が好きだ。


    乗船する前日に福岡に行ったがそこでの恒例の喰いまくりに関してはそのうちこの部分を修正するとして、いきなり乗船してみよう。

    たくしーで桟橋に向かう。豪華客船の過ごし方を全く知らない白石 准だからとりあえずいつもに比べればちょっとばかり「だんでぃー」に決めて到着を待った。


    おお、見えたぞ。白亜の船体が。すげえぞ、でけえ!。

    その船体は自分を映画の中に連れていってくれるように実に優雅な姿だった。


    びいなす
    写真提供「おりえんとびいなす」のゼネラルマネージャーの田中氏。感謝! 

    乗船する。目の前にいきなりグランドピアノ。


    これは僕の弾く会場じゃなさそうだが、いきなり蓋をささえているつっかえ棒の場所が間違っているのが目に入り、案内しようとしている船員(と呼ぶとなんか違うな、これじゃポパイが出てきそうだ。クルーだクル~)の方が唖然としている前でトランクを持ったままピアノの置いてある台に上り「よくまちがえるんだよな、、」ともぐもぐ言いながら、お節介にも正式な位置に直した。

    よく波で蓋がはずれないものだ。ま、こんだけでかいんだからな、でっかいビルが海に浮いているようなものだ。


    クルーズディレクターの服部さんに紹介されて、いろいろインストラクトを受けた。彼はまたネットワーカーだということがわかり、すぐに意気投合した。Macユーザーでないのが残念だったけど、SonyのVaioは薄くて羨ましかった。


    自分のConcertの時以外は客と同じように過ごしていいそうだ。おお、豪華客船のお客だ、俺は。


    何を最初にするか考えた。まずは探検が必要だろう。

    小説や映画だと、一等客室とか二等とかグレードがあって二等の客は立ち入ってはいけないところもあるじゃん、だから俺が歩いては行けない場所があるかどうか訊いてみたら、そういうのは無いそうだ。


    だから一番上のデッキ(6階だぜ!)にでたり、今はやっていなかったがプールのデッキにでたりしてみた。いい眺めだ。


    他には運動不足解消のためのジムや、カードルームなどもあり、ラウンジもなかなか素敵な感じだった。カジノもある。


    ますます映画の登場人物になった気分だ。


    ランドリーや美容院もあり、至れり尽くせりだ。部屋もなかなか過ごしやすい良い部屋だ。窓の外の風景を見なければホテルと変わらない。


    でも外の風景が気持ちを高ぶらせるよな。ふね~ってかんじで。


    一人でうろついていると、なおさら、「みっしょん・いんぽしぶる」、直訳すると「スパイ大作戦」の登場人物になった気もする。だれもいないデッキで、小型の秘密兵器の受け渡しなんかしたいなあ。


    ここで、ストーリー的に必要なのはセクシーな女スパイだがどうやら年配のお客様がほとんどだから、残念ながらブロンドで雌豹タイプの、スリットの入ったミニスカートの諜報部員には出会わなかった。

    あああ、デッキのプールで惜しげもなくそういうお方が見事なプロポーションを晒している季節にまた来たい!


    でも、「みっしょん・いんぽしぶる」や「ばっとまん」「いんでぃぺんでんすでい」といったかっちょいい映画ではMacが重要な役どころででているのでその点は狂信的なMac使いのおれもそれらの登場人物に似てると言っても許されるかい?

    実際は怪しい密航者がうろついているようにしかみえなかったろう。


    だって一人でうろうろするような雰囲気ではないからな、乗客のほとんどは、年配の裕福なご夫妻とか家族連れなどであるようにこのツアーは見受けられた。


    では次にどこに行ったか。それは間違いなく大欲情、違う、大浴場だ。


    自分の部屋にはシャワーコーナーがあるだけだ。俺はとにかく風呂に浸かるのが好きだ。つまり「よくじょうがとてもすき」ということだ。


    どういう意味であろうと。よく地方のConcertで宿泊施設に併設してある会場で演奏するとき、開演前に景気づけに温泉にはいっちゃって、いざ弾く段になるとふやけてどうしようもなくなることがあるが、Concertは明日だから今は良いだろう。豪華客船の客になるんだ、


    身を清めなくてはいかん。


    まだほとんど人のいない大きな湯船でのんびりし、実にリッチないい気持ちになっていた。


     、振立った。


    な、だ?地

    お俺がこんなところで真っで湯船に浸かっている間に
    出港したのだ。


    いかんなあ、出港するときにデッキにでて、紙テープを誰かと両側を持って、雄大な汽笛を聴きながら、これからの任務を遂行する決意を新たにするはずだったのに、、、、くそ~、桟橋に目頭を押さえている女スパイはいない。俺は本当に天涯孤独なスパイなのだ。

    もう一度我に返っても桟橋には本当に誰もいないのだ。テープが乱れ飛ぶわけでもないのだ。ちょっと残念だった。


    湯船にいたおれは、素朴な疑問を感じていた。


    「この状態、俺は海に浮かんでいると言って良いのだろうか」

    俺を受け入れている浴槽自体が海に浮かんでいるわけだから、、、、あまりくだらないので先に行く。


    風呂から出て部屋にもどりしばらくすると奇態に、否、期待に胸躍るディナーの時間になった。


    どうしていいかわからなかったがとりあえず食堂に行く。とても広い。実に沢山の人が乗っていたんだと言う事を改めて感じる。


    やはり年配のカップルが多い。いいなあ、夫婦でゆったりと船旅かあ。とりあえず空いているところに座るとボーイの人が来て食事の用意をしてくれる。メインディッシュはすでに置かれているのでご飯と暖かい汁物などを持ってきてもらうわけだ。


    誰も俺のことは無関心なはずだが、もう出港して数日たっているわけで、みんな別々に行動されているはずでも、船長主催のウェルカムパーティーなんかはすでに開催されているはずで、雰囲気的に一つの共同体が形成されているものだ。


    自分はこの晩初めてこの人たちの眼に触れる存在だから「なんでこの奴は一人なんだ?」「いままで見かけなかったなあ、、」とか観察されている様な気 がして落ちつかなかった。一人で飯を食っている人はいないわけではなかったが、なんかとても陸の上のレストランに一人で入った感覚と違うものを感じてい た。


    まわりの人に、自己紹介をしなくてはならないのかなあ、とまでプレッシャーを感じていた。とくに窓際の席ではなく結構中央のテーブルに一人だったから。


    食事の感想から先に言うと、味、量とも申し分のない素晴らしいものだった。

    それは翌日の朝食も、昼食も、船を下りるまで食事に関しては、年配の人が多いのにこんなに量があっていいのだろうかと思うくらいヴォリュームがあって、俺には嬉しいコース料理だった。


    和洋食が混在したもので、メニューをデジカメで撮っておけば良かったとつくづく思った。


    なかなかふざけた話題には俺の文章表現力が威力を発揮する時がある(という評判があるらしい)が、味について言葉で説明するのは俺にはとにかく下手だ。この手の話題ではいつも旨い旨いとしか書いていない。

    で も本当に旨かった。旨いとしか書くことの出来ないから、デジカメで料理を写してやろうと持参はしていたが、なんかその図を想像すると、俺のように育ちがい いお坊っちゃんとしてはやはり行儀がいいとは言えないので座ったときにズボンの中で妙に存在感を主張しながらついぞ何も写すことはできなかったもどかしさ がある。


    と書いてしまったが実の所は食っているときはWebの事なんか全部忘れている。
    食うときは食えばよいのだ。

    で、俺は何十とある8人掛けくらいの大きな丸テーブルに一人で座っていたのだが、その隣に少々お酒が入って猛烈に盛り上がっている一団がいた。

    面白いおじさんが熱弁を振るっているらしくそのうちの一人のご婦人が、つっこみを入れながらとにかくすごい声で笑いころげている。


    “人間笑い袋”とはこの事だ。

    まるでお笑い番組のテレビのサクラの観客の笑いのような低い声で思いっきり笑っている。

    みると椅子から落ちそうな瞬間もあって隣のご婦人と抱き合って支えあっていた。


    俺はそっちを向いて食事をしていたのだが、おれもつられて笑いそうになるのをこらえるのに精いっぱいだった。


    だって30秒から1分ごとに爆裂噴火しているのだ。

    それととても対照的に、俺の反対側のテーブルでは大学教授風なロマンスグレーの紳士がまわりのご婦人たちに「シルクロードから伝来した文化の軌跡」について真面目にうんちくを垂れている。


    聴いているご婦人たちも憧憬を隠そうとせず一生懸命聴いている様子である。


    かたや、人生の辞書に苦悩という文字が存在しないのだろうなと思うくらい、


    爆裂した笑い声


    俺の頭はこのコントラストに、熔けそうになっていた。


    さすがの俺もどう処して良いのか悩んだ。


    おれも本当は爆笑したいが、広いテーブルには他に誰も座っていない。


    ここで俺がのけぞって笑い出したらどうなるのだ。


    前述のようにもう数日航海しているからなんとなくお互いが話さなくとも、乗船している人間たちには暗黙の「共同体」ができあがっているようなのに、俺は新参者だ。


    そいつがいきなりテーブルに一人でいて、話し相手もいないのに耳まで口が裂けているがごとく笑ったりしたら、、、、


    Concertをする前から変態扱いじゃ仕事にならん。

    でも隣で盛り上がりが大噴火しているのに、まったくポーカーフェイスで優雅にディナーを一人で味わっているのも、別のテーブルからこの情景を見ていたとしたら妙だろうな。


    でもスパイは冷徹でなければならんのだ。

    必死でこらえ、景気づけ、あるいは気をそらすために(?)にビールを飲んだ。


    だんだんくらくらしてきた。自分は酔ったのだろうか、、、、初めて乗る船のせいなので、船酔いなのか酒酔いなのかわからない感じだ。


    しかしもうこれ以上ここに座っていると、人間笑い袋のご婦人の声に素直に反応できない自分への欲求不満で、発狂しそうになりそうだったので、デザートを平らげてすぐ、部屋にもどることにした。


    でも通路を歩いているときには困った。まだこの船の振幅に体が慣れていないのだ。


    大きい船なのでそんなにひどい揺れではないが、たぶんこの手の船に乗る初体験の緊張と、あの爆裂した笑い声に打ちのめされてパンチドランカー状態になっていたのに加え、たったビール一本で泥酔してしまったのかも知れぬ。

    夜にも試してみたが携帯電話が通じない事が多かった。海のうえだものな。なんか電波が追いかけてこないので不都合も確かにあるが、海の上なんだからそう言うことは忘れる覚悟が出来た。


    それにコンピュータ無しの生活なんて本当に久しぶりだからな、妻もいないし好き勝手をしちゃおう。


    そうそう、テレビのチャンネルを次々とザッピングしていたら、韓国の放送がとても鮮明に入ってきた。そうだよな、この辺ならそういうこともあるのだろうな、、、2002年サッカーワールドカップ日韓共催万歳!じゃない、韓日と書いてあるね。普通。


    翌朝になった。少し寝坊したので朝食時間の終了ぎりぎりに昨晩食べた場所に再び行った。


    笑いの女神にはできれば会いたくなかったのだが、俺が行ったときはもうほとんどの人は朝食を済ませたようで、がらがらの状態であったせいもあってとても静かだった。


    ウェイターやウェイトレスには外国の人が結構いて、僕が納豆をかき混ぜているときに女の子がおひつを持って来てくれて親切にご飯を盛ってくれたので、ちょっと質問を投げかけてみた。



    (納豆を指さして)"Do you like this ?" 
    彼女は苦笑して首を横に振ったので、

    "Japanese is very very funny people like me. Don't you think so?"


    と言ってみたら笑ってくれました。



    もちろん日本語は通じるようなのだが、せっかく海に出たんだ、外国船にのったテイストも味わいたい気持ちにもなっていた。


    本当にお目出たい奴だ、俺は。でも本当にそんな気持ちになれるほどしゃれているのだ、この船は。久しぶりに人に「えいご」を喋ったなあと思いながら、朝飯にしては結構ボリュームがある食事に感動しながらまた舌鼓を打っていた。


    食事をするエリアから客室へ通じる通路に休憩用の椅子とテーブルがある。こちらからは良く見えなかったが少なくとも20メートルは離れているであろうその場所の方からから、突然、また例の


    「人の心を一旦掴んだら絶対に離さない、人間笑い袋状態の嬌声
    が聞こえてきた。

    すくなくとも音楽用語で言えば昨晩はアンサンブルでのフォルティッシモだったのだが、


    今朝はまさに独奏のフォルティッシモである。


    ううう、たか!」


    でも決して不愉快なものではないのだ。だってあのご婦人、きっと人生を十分楽しんでいらっしゃるとしか思えないからだ。人を落ち込ませるより笑わせる方がいいに決まっているものな。

    それにしても、すごい


    これは、誰かそばに連れがいたら、膝を叩きながら(考えたら不思議な行動だけど)絶対に感動を共有できるのに!!


    そう、感動というのは自分一人で受けるよりも友人と共有するともっとおもしろくなるものだ。

    突然美学的真理に目覚めた。そうだWebに書こう。


    でもクルーズ・ディレクターの人が困るかな、などといろいろ思いながら食事を済ませた。


    でも誘惑にあらがいきれず、一人で気味悪くにやけながら食い続けたことは言うまでもない。


    さしずめ俺がだったら顔は食器の方を向けながら耳の方向は完全に通路側を向いていたことだろう。


    隠岐の島へは、もともと船が大きいので桟橋に直接横付けできず、沖合いで碇を降ろし、大きなプラットホームの船を横付けして別の水上バスの様なものに乗り換える予定だった。(もろに手すりのない駅のプラットホームがそのまま船になったと想像して下さい。広さはそうだな、テニスコートくらいの広さかな)

    この手順は、まるで


    アポロ宇宙船が月を周回しアームストロング船長が月面着陸用の船に乗り換えて月に行くような感じだ


    しかしながらその日は波が高く、朝早く上陸できるはずだったがなかなかその連絡船に乗ることができなかった。


    それでも数時間遅れでとりあえず島に渡った。だいたい、俺が乗船する前日なんか関東近辺は台風のような雨と風で、俺は福岡に飛行機でたどり着けるかどうかさえ心配した気候だったのだ。だからさしもの巨大な客船も揺れたのだろう。その日じゃなくて良かった。


    時間もあまりないし、俺の任務本番当日だからオプショナルツアーを夕方まで楽しんでいる一般のお客様と違い、本格的に隠岐を探検する事もできず、約1時間くらいしか島ではぶらぶらできなかった。

    イカ釣り漁船や、一般家庭の玄関の前に俺が新聞屋だったら間違えて新聞を突っ込みそうになる感じに小さい郵便ポストが何気なくあることに妙に感動してカメラに納めたりしたあと、帰りの連絡船(へんな書き方)を待つ間、漁協が直営しているみやげ物屋のなかの水槽をぼーっとして眺めている間に、
    ハコフグのフォルムに惹かれた。


    しかしなんだな、神さまは何故こいつをこんな形に作ったか知りたくなった。
    どう考えても
    ジョークで作っちゃったとしか思えず、俺はどんな動物に生まれ変わろうとも文句は言えないが、箱フグだけにはなりたくねえな
    と箱フグに哀れみを感じていた
    あっと言う間に時間になった。
    「あっ」


    (時間の経過を表す白石 准が編み出した新しいレトリック。)


    島で食事をしなかったので、乗船するとすかさずまた船の食堂に行った。


    さっき大量に朝食を食ってからまだ3時間も経っていなかったのに、、。二度も遭遇したあの「女神」はきっと島にいるのだろうと思い、海を見ながら窓際で舌鼓を打っていた。


    しかし女神はいつでも俺を見守ってくれていたのだ。


    なんと、俺の座っているすぐそばのデッキの出入口から、また土石流が流れるように笑いながら女神が登場するではないか

    なんと、島には行っていなかったのだ!飯を吹き出しそうになった。これこそ俺のウェブのごとく噴飯ものだ。


    どうやら俺が興味を持った視線を浴びせかけているのを女神も感じているらしく、一瞬眼が合った。


    不思議な気分だ。俺も盛り上がるのが好きなのだがら友達になりたかったのだが、どうもいつもの調子で自分から喋りかけるタイミングに躊躇しているのだ。


    信じられないことにクルーズ・ディレクターの人に対して以外はほとんど無口な白石 准なのだ。


    まったく、、俺はピアニストみたいだ。


    「あっ」

    で、夜になり、Concertの時間になった。


    飯はどうしたかって?その時だけはルームサービスで食べたのだ。これもすこぶる美味しかったよ。


    会場が船の先端に近いところだったので客室にいるときより揺れが大きいような気がした。


    やはり海はあまり凪いではいないようだ。酒も入っていないのに、頭がくらくらする。


    そうだ、揺れる列車やバスで本を読もうとすると、眼が異様に疲れて気分が悪くなるのといっしょだ。


    いつものConcertの様にへらへらしながら喋ってConcertをすすめてる間はいいのだが、弾くときは視覚を含め、全神経が集中する。(おおいに疑問を感じる輩もいるだろうが)


    そうなってくると、鍵盤が上下左右に微かに揺れているわけだから眼がまわりそうになる。


    本当に酒に酔って弾いているのと全く同じだ。


    これも何回かステージを経験するとだんだん慣れてくるのだろうが、何せ初陣だ。


    文字どおり運命のに翻弄されている自分を感じていた。


    とりあえず終了した時はお客さんも結構喜んでくれたようなので、クルーズ・ディレクター氏も首が飛ばずにすみそうだったのでよかった。


    プログラムは「白石 准の音楽世界の旅」と題していろいろな国の大作曲家の作品を集めて弾いてみた。船で航海している雰囲気に合わせてね、、、


    終演後、その晩はどうやって過ごすか迷った。すぐに風呂に入るのもいいが、俺の部屋に近い会議室のような広い部屋で22時から映画の上映会があると聞いたので行ってみることにした。

    演奏終了後間もなかったのでもちろん燕尾服のままだったのだが、部屋に行ってみると同時刻はダンスの時間であり、酒を飲んでいる人も多かったらしく、部屋には俺とビデオをセットしている係りの人だけだった。


    「もう始まります。」と言われたし、他に誰もいないので、部屋を立ち去るに立ち去れなくなって、しょうがないのでそのまま座っていると、部屋が真っ暗になって映画が始まった。


    SFの宇宙もののそれもどこかコメディーが入っているB級と呼べるやつで、係りの人もいなくなったので俺は広い部屋に燕尾服のままとりのこされて、人目を気にせず、ことさら大声でげらげら笑っていた。


    腹が減ったので部屋に戻り差し入れのサンドイッチをくわえ、映画の所にもどると、ビデオは先に進んでいたので勝手に戻してまた見た。


    なんということだ、そのうち燕尾のまま靴を脱いで床に座って、面白いところがあると前にも増して少々空虚な気がしたが、あたりをはばからず爆笑していた。


    女神の前で笑えなかった悔しさをここで一気にはらすかのごとく、部屋に鳴り響く自分の声に高揚しながら。


    でも我に返る(事もある)と妙だ。

    さっきまでピアノを弾いていて終わった後、何人ものお客に囲まれてねぎらいと「感動した」というお言葉に汗をかきながら照れながら行儀良くお辞儀をして応対していた奴が、同じ服装のままでサンドイッチをくわえながら真っ暗な会議室でギャグに笑い転げている図はやはり変だ。


    この瞬間だれかがこの部屋に入ってきて間違えて明かりを付けたら、結構肝を冷やすかもしれんと思った。だっていくらインフォーマルの晩だからといってお客様は大体ジャケットにネクタイ程度の姿のはずなのに燕尾を着て汗だくになっている(演奏直後だもの)訳の分からない怪しいやつ(船に乗っているひと全員が俺を聴いたわけではないからね)が床にあぐらをかいて笑い転げているのだから、、、、靴下もぬいじゃったし。


    同じ事を何度も書いてしつこいレトリックだな、俺って。


     良く寝たよ。すぐに慣れるものなんだな、
    揺れが気にならなくなったようだ。

    になった。朝飯には不思議なことに女神には会わなかった。


    やっと呪縛からとけたのだ。

    下船する日なのだから縁起がいいぞ。でも女神に会わずにもう船を降りるのか。なんかちょいと寂しい気分になってきた。もっと乗っていていろんな人と仲良しになりたいものだ。


    昨晩、短い間だったが深夜スタッフルームでクルーズ・ディレクターをはじめカジノの人とか他のバンドのひとと乾杯した。もっと 乗っていれば盛り上がったのにな。俺はギャンブルはやらないのでカジノの人たちと喋ることができて面白かった。もし自分の妻がギャンブルの専門家だったら どういう結婚生活になるのか想像して興奮した。

    しかし、秘密諜報部員は任務を完了したらすぐに、姿を消すのが相場ときまっているのだ。


    すぐに東京に戻って「別の人間」にならなくてはならないミッションがあったのだ。そう、今晩はシンセサイザー弾きとなってオーケストラの練習にでた あと、夜遅く金管楽器のアンサンブルのピアニストにもなりすまし練習につきあわなくてはならない。怪人二十面相はめずらしく忙しかったのだ。


    そうして港に着いてクルーズ・ディレクターの服部さんに挨拶をしたらとても親切なことに駅まで一緒に荷物を持って送ってくださった。短い間だったか本当に面白かった。感謝!


    駅に着くと高岡行きの列車がまさにホームに入ってくるときで急いで切符を買い、階段を走って向こう側に見えるホームを目指していたら!


    なんと信じがたい事に女神の笑い声が聞こえるではないか。

    さすがだ!どこにいても「布教」に余念がないらしい。


    階段の下の方にいる女神も乗り遅れそうになってあわてていた。そして階段を駆け下りてくる俺を見上げて、「まにあうかな?」とすこし心配してくれているような眼でこちらを見ている。


    しい人なんだ!」と思った。

    ホームに降りたときに彼女たちが列車の前で閉まったドアの前で立ち尽くしているので、ついに俺は口を開いた。


    「あのう、この列車は自分でドアを開けるんですよ。」

    それに気づいた女神のご一行は、ドアが開くまで待とうとしていた自分たちを恥じて再びその場で爆笑噴火した。


    ま、まずいことを教えてしまったかも、、余震が止まらない激しいものだった。


    驚くべき事に一昨日のディナーで俺の後ろでシルクロードの文化について「講義」をしていたダンディな教授風な紳士もそのご婦人たちのグループに同行しているのだ。

    女神の御利益というか誰とでも仲良くなる才能なのだろうか、それとも最初から知り合いなのか?それにしちゃ、一昨日の「世界」の違いはなんだったのか、、、


    頭の中に一瞬にして哲学的な悩みが駆けめぐり、反射的に女神一行のいない方の車両に駆け込んでいた。


    女神が乗り込んだほうの列車の被害がどれだけ甚大なものであったかは想像に難くない。


    席に座ってからも連結部分の奥から絶え間なく聞こえている絶叫のような爆笑のこだまを聞きながら列車の高岡への到着を待っていた。


    最後の最後まで人間笑い袋に守られて俺は事故も無く、でかぷりおにもならず、無事高岡の地を踏むことになるのだから、彼女はきっと僕の守護霊だったに違いない。


    そのあと、女神とも駅で挨拶もせず別れ、空港行きのバスを待つ間、富山に来たおりは必ず買う、「ブリ寿司」いいか、鱒寿司もいいけど、俺は断然ブリ寿司派だが、それを買って飛行機の切符を見たら卒倒しそうになった。 なんと、

    飛行機の切符の便の日付が昨日になっている!


    ではないか!

    昨年のスコチッチとのツアーの最後の奄美の空港での乗り遅れ事件(びーた日記/スコチッチ日本ツアー、奄美編を参照のこと)に続き、またもや絶体絶命だ!


    俺が大馬鹿野郎で、事務所に切符を発注したときに帰りの日付を間違えていたのだ!


    でもって、空港に着いたときにカウンターのお姉さんに泣きついたら、ちょうどその日は奇跡的に好いて(誰を?俺かあ、そうか、、)、違う!、空いていたらしく、ありがたいことに変更あつかいで目指す飛行機に乗せてもらうことが出来た。

    これも「守護霊様」の御利益だろう。おかげで東京で待ちかまえていた仕事には何とか間にあった。


    豪華な客船に乗って素敵な海を見ながら、美味しいものを食べて、スタッフの素晴らしいサボートのおかげで気持ちよく(頭がぐらぐらしながら)ピアノが弾けて、たぶんお客様には喜んでもらえて、かつ


    「人生はいつでもどこでも笑い続けなくてはいかん」


    と身を持って教えてくれた女神に会うことができて今回の仕事は本当に充実したものだった。


    ただ、船のなかでお湯に浮いていたときに自問した、


    「俺は海に浮いていると言えるのか」

    という哲学的命題に関してはいまだに修行が足りず、回答がでてこんのだが、、、、



    関連記事
    スポンサーサイト

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました   NIKON-D5100 SIGMA-DP2Merrill   葉っぱ 僕の作曲  SIGMA-DP2Merrillで撮りました @Discover神奈川県相模原市 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました Fuji-FinePix2500Zで撮りました  動物 CANON-PowerShotG10で撮りました CASIO-EX-FH20で撮りました SIGMA-DP1sで撮りました  CANON-EOS_KissX  RICOH-CX3   Tokyo CANON-EOS_KissX3で撮りました flowers 金属系 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 俯瞰 人間 楽器  SIGMA-DP1s 室内 animals  RICOH-CX6で撮りました birds Kannon   初めて知った漢字の読み書き like-a-face  昭和の香り Yokohama story 公園  鍵盤 bridges Olympus-E-PL3 overlook temple  井の頭自然文化園 動く 手造 SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫  RICOH-CX6 庭園 薔薇 Xmas  SD15 clouds 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 飛翔 子供 印象的な看板 階段   CASIO-EX-FH20 toilets Okinawa 雨粒 trees イギリス館 噴水  railways stations  CANON-PowerShotG10 cats 黄昏 Ferris-wheels カラス  people 静物  乗り物 Fuji-FinePix2500Z insects   rusted 栗鼠 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001  枯れて綺麗なもの autumn-leaves swimming 立山 Kyoto Osaka  有楽町 iPhone4で撮りました 飛行機 歴史 むすび座 飛騨高山 西洋館 orange the-last-century 枯葉 dogs ぼけ写真 parks  films absence celesta 東山動植物園 water  Kanagawa 楽寿園 秋桜 owls arts narcissus 富士サファリパーク aquariums instruments  technic SL  単焦点 lakes  pigs 奈良 音楽 美ら海水族館 みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 不在 temples moving  山羊 silhouettes man-made  小石川後楽園 tunnels  墨田区  知多湾 セキレイ Foveon 蜻蛉 大磯城山公園 さがみ湖プレジャーフォレスト mountains 訃報 巡礼 八重洲 水族館   contrast dam 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました CANON-EOS_KissX3 Islamic  NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 韓国 シーサー concerts ponds 朝露 汐留 Steinway  みゅう 浜離宮 両生類  ダリア 東京駅  天王寺動物園 考える 木漏れ日 黒部ダム  peoples 根性植物 東京ジャーミイ my-father's-photos 椋鳥 SIGMA-DP2Merril 秩父 rare カンガルー swim お地蔵様 韓国の日本語表記 Tokyo-bay  最乗寺 変な建物 garden 遠近法 正露丸 六本木 教会 shadow  photo話 glass ゴジラ graveyards green モスク 根岸競馬場跡  ズーラシア ノウゼンカズラ 富士花鳥園 三菱一号館 パチもの 青山 Miyazaki gardens 信号機 Mt.Fuji Shinjuku 銀座 演奏場所 fishes Halloween 螺旋 谷中 f1.4 architectures 蜘蛛 高千穂 公孫樹 蚤の市 SIGMA-DP1Merril USA blue 丸の内   多摩動物公園 向日葵  仏像 首里城 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses ガラス  toriis Clematis 酔芙蓉 パチンコ ダム PaxCrossOver Andre_Henry 日比谷 枯れた蓮 スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました  rabbits 池袋 ススキ Wien 東京国際フォーラム  MF 皇帝ダリア mushrooms 山手111番館 youtube 東京Tower rainbow カマキリ 銭湯 wood 外国 Boesendorfer 吉祥寺 Nagoya 線路 mannequin 遊園地 YouTube gold 逆光 Tokyo-tower 神戸花鳥園 WestsideStory square_piano  アンドレ・アンリ island 大久野島 台風  Hiroshima 板橋区 屋根 reptiles 蒲公英 揚羽 下北沢 move 自動車 水中 grasshoppers black cars 水面 達磨 shrines whale_sharks car 川鵜 Tokyo-Rainbow-Bridge dragonflies road 空中写真 Yokohama-Bay-Bridge 親子 廃墟系 御茶ノ水 slow_shutter spirals ドライフラワー 藤野 空港 麒麟 steampunk 陽光 上高地 真鶴 睡眠  SIGMA ペンギン 照葉大吊り橋 上野動物園 windows 皇居 正月 アルパカ  bike 招き猫 エーデルささゆり 硝子 千葉県 MFレンズ ハナミズキ Foveon_Classic_Blue Merrill DP2 organ ruins indoor ceiling 三嶋大社 海遊館 所有物 二条城 sleeping 卒塔婆 helicopters  purple airplanes Shibuya gull downtown 牡丹 床屋 長屋門公園 絶滅危惧種 帆船 透過光 プリモ芸術工房 hippopotamus 動画 レンガ synchronized 辺野古 Illuminations フィルム写真から  サボテン ship 仙台 Chita-bay stories 工場 流し撮り crows stairs 野牡丹  清水寺 sepia 山科 嵐山 鶏頭  横浜DockyardGarden @親父の撮った写真から cembalo 外苑 旅客機 記念撮影 小物 絵画館 羽田空港  心斎橋 小学校 赤外線 物真似 壁画 石川県 28-80mmの中古MFレンズで撮りました 誕生寺 金沢 横浜マリンタワー 秋葉原 宮城県  松島  草野心平記念文学館 カラー(花) 道志川 自衛隊   原宿 神話  朝顔  表参道  草野心平 お台場 pigeons reflections candle 四天王寺 chimneys ropeways woods Nara お盆 吉祥院 trolley_bus シマウマ BIKE trumpets 幻冬の詩 towers fishings 古宇利大橋 煙突 bricks インコ 独奏 東林寺 roofs cigarettes   ice_needles  dark 透明人間 神奈川 lions asses 山猫 椿 lights 黒鳥 shadows farms 鉄道模型 ジオラマ 八王子車人形 Story Olympus-E-M5 keyboards 原鉄道模型博物館 Guys&Dolls 菖蒲 airports 鸚鵡 deers chameleons meerkats jellyfishes  halls RICOH-CX4 Santa_Claus  roller_coaster jeu_de_timbres blue_rock-thrush 髪切虫 movies 神楽坂 Shiodome bottle doors Arashiyama paint Ushimado 大阪 Tokyo-Gate-Bridge Bechstein turtles Tokyo-Sky-Tree farm street-lamp bench koala Erard Sunshine-aquarium Kobe seal  アシカ ハイビスカス コウノトリ 野毛山動物園 岡本太郎 Okayama still-lifes symmetry iPhone4 Tokyo-International-Forum 模型  Matsushima beach Sendai ropeway 銀閣寺 RhodesPiano 桂川 和歌山県    新世界 仁王 時計 調布市 gate door Olympic Sweden England 中津川 cicada window Apple 蝸牛 Google クワガタ raccoon NEWS 牧野Vl.教室 高幡不動 縁日 寝顔  sports 中国 路地  live 文鳥 Tuvalu 天狗 知覚 白鳥 石像 スカシバ 釣り人 上野 駱駝 カピバラ 高尾山 Pleyel  カニングハム 恐竜 代官山 Poulenc curry 長崎県 翡翠  早稲田 酒場 人形 cosmos 弾き振り しょく Debussy うみねこ きのこ 両国 破壊 ザトウムシ ToyPianos ToyPiano earthquake fighters keybords islands winte squirrels dams Ginza pansies spiders vines Japanese_blue_magpie raccoon_dogs Ninja dragons fennecs Caramel foods dolls Hackbrett cicadas lens sunshines Sinjuku fishing fliers buoys Dance cityscapes objets sonw  photos skating illuminations performances bicycles organs lover 枯れた raccoons apples 檜ホール icstruments girl crescent 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins boy marmots Yokohama神奈川県 black_kite 渡月橋 chance dragonfles friends 菓子 walrus hydrants capybaras maras sea_lions asteroids dolphins fountains singing cable_car icicles XmasTree flamingos fisshs moths otters ducks wooper‐looper amphibians education stars bamboos buds stingrays tulips battles Cheetama jupiter8 chain lock Pipe-Organ photo リス アトリエ萌 ムラサキシキブ 配管 車両 Olympus sunflower 等々力渓谷 Like-a-face E-PL3 自分の作曲 Mt.FUJI DP 135mm単焦点の中古MFレンズ ピンク 三渓園 Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 DIGNO2 slowshutter  三輪車 Jupiter8 Musician Olympus-EM5 SIGMA-DP!Merrill 那覇 白黒 ダンス 横浜開港記念館  八ヶ岳 玉暈け レトロ モノレール  donkey 東山動物園 platforms landscapes 街灯 hat 白石  sprinkler monpou cocert storms Landscape tablephoto walnuts surprise snowman table glasses mirrors reflectons table_photos stove 変電所 花虻  brown 墨絵 illumination 井手詩朗 Lion 山之口貘 solo gazing neon tortoise running 碍子 advertisement retro laughing gerbera 兵庫 sculptures armors 日本橋 三越劇場 灯り 深川不動尊 踏切 政治   怒り 劇場 三越 廃墟 なりすまし @親父の遺した写真から 海老 Mozart Cimbalom 門前仲町 富岡八幡宮 背中 ハート 天龍寺 internet 警告 コスプレ サンタクロース 花束 イルミネーション 並木 Gogh SIGMA-SD15 地名 ソフトフォーカス 銅像 孤独 マジックアワー Architecture 豪徳寺 オダマキ 船橋市 走る cafe 根岸森林公園 客船 彼岸花 ヒーロー violin 通天閣 加古川 天安河原 フランス山 冬桜 高千穂峡   花火 カビ キッチュ 神戸市 天井 眼鏡 水紋 鯉幟  風車 根津美術館 石仏 茅ヶ崎市 美術 メジロ 仕事の話  那覇空港 調律師 調律 七五三縄 天岩戸神社 うろこ雲 邦楽 モノクロ セピア 海洋博公園 保護色  茨城県 戦闘機   museums wild-boars globefishes sharks dead-leaves mold restaurants roads castles bigs still-lives bronze pelican peacocks 大仏 butterflies witer goats giraffes ice ships travels cable-cars trolley-bus gates bees mask 運河 高山市民吹奏楽団 酒席 abutilon eyes rajilways lighthouses theaters hummingbird-moths horseflies restaurant signals ceilings light benches goldfish dahlia Ikebukuro crocodile Tennoji-zoo zoorasia Ayu Miyagi Nago moonlight airplane radio-drama Yokohama-Marine-Tower cultivator Itabashi laws-of-perspective Haneda-airport anchor screw about-photo sand construction-site サザンカ wall crawfishes sunshine-aquarium snakes genius backlight brick dried-flowers words stinkbugs dragon Umeda cormorant birdsseagull moire sakai-river egret Aichi lizards apple 狛江市 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    05 | 2017/03 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。