2017-10

    スポンサーサイト - --.--.-- --,--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    これも建築物で、ラッパの一種が見えています - 2013.09.26 Thu,11:11

    細かいキャプションは、写真か、文字列をclickしてください。
    これもラッパなんですな
    これもラッパなんですな posted by (C)白石准
    関連記事
    スポンサーサイト

    木のベルを持つピッコロトランペット、そしてアンドレ・アンリ氏とのprofile写真撮影 - 2013.09.14 Sat,23:41

    それぞれのキャプションは写真か文字列をclickした先にあります。
    明日は彼とトランペット協会の演奏会に出演します。

    Piccolo Trumpet
    Piccolo Trumpet posted by (C)白石准


    普通のトランペットと、ピッコロトランペット
    普通のトランペットと、ピッコロトランペット posted by (C)白石准


    そのままそのまま!
    そのままそのまま! posted by (C)白石准


    撮影風景(爆)
    撮影風景(爆) posted by (C)白石准


    パパの背中を息子が撮る
    パパの背中を息子が撮る posted by (C)白石准
    関連記事

    楽器の王様 - 2013.02.16 Sat,21:17

    楽器の王様

    昨日の演奏会は日経新聞の読者の為のものだった。
    シベリウスのフィンランディアと、ブルッフのg-mollのViolin Concerto(Vn. 南 紫音さん)そしてサン=サンーンスの交響曲第三番「オルガン付き」(Org. 室住素子さん)
    そのピアノを弾くことは告知していたが、リハーサル前にオルガンを撮ってみた。
    あ、指揮者は川瀬健太郎さんという若い人でした。
    ちょっと横顔がサッカーの香川真司選手に似てた(爆)けど、爽やかな音楽でした。
    posted by (C)belokamensky
    関連記事

    昨日は友人のトランペットの発表会手伝ってたが肝は撮影(爆) - 2013.02.12 Tue,02:14

    出番を待つ
    出番を待つ

    らっぱ
    らっぱ

    Piccoro Trumpet
    Piccoro Trumpet

    Trumpets 6重奏
    Trumpets 6重奏
    関連記事

    楽器がにょきにょき - 2013.01.29 Tue,18:38

    楽器がにょきにょき
    キャプションは、写真をclickするか、こちらへ。
    関連記事

    雷製造器と風神マシーン - 2013.01.11 Fri,10:01

    サンダーマシンピンぼけになったから今日と明日の本番で撮り直してきますが、これが、この記事で紹介されたリヒャルト・シュトラウスの50分にも及ぶ大作、アルペン交響曲で使われる、雷の音を表現するサンダーマシンです。

    もちろん、売っているものではなく、(たぶん)新日本フィルハーモニーの自作です。

    雷が落ちるときに叩かれます。
    雷鳴はティンパニーや大太鼓もこれに重なるし、稲妻にはピッコロ・フルートもピカってます。

    こっちは、ウィンド・マシンで、回転することによって布がある部分と擦れて、ヒューヒューと風の音を出します。
    回転する速度を変化させることにより、風の表情が豊かになります。
    もちろん、決まった音符の長さに従って演奏する訳ではありません。
    完全に「生のサウンド・エフェクト」です。
    手作り感満載で良いですね。
    両方とも頂上に主人公が登ったあと、下りで出会う嵐の場面で使われます。
    ウィンドマシン
    とにかく、人口密度の濃い舞台になってます。
    まるで吹奏楽かと思うようにフルートも6人(基本は4人で2人はオプション。電気的に増幅できなかった時代、とにかく強い音が欲しかったシュトラウスは、人海戦術を考えた)いるし、オーボエも5人。
    ホルンに至っては9人(そのうち4人はワーグナーチューバという変わった楽器を吹く)と、舞台裏に十数人。
    ハープも二台でまったく同じ事を重ねて増幅、スコアを見ると、4台でもいいぞ、と書いてある。
    そのくせ、チェレスタは重ねろとかいてなくて独りだが、お陰でまったく聞こえない(爆)
    あと牧場のそばを通るとき、牛の首に着いているカウベルも鳴りますし、パイプオルガンも色んな場面で加勢します。

    コンサートの案内は、ここ
    どうやら、この大曲、今週は読売日本交響楽団も演奏したようで、大量に必要なホルン奏者のエキストラの確保が大変だったようです。
    オケの配置
    指揮者のメッツマッハーさんは、今じゃ珍しい、「弦楽器の配置を、第一バイオリンと第二ヴァイオリンを左右に振り分ける」スタイル。
    故に、通常指揮者から見て右側で弾いているチェロやコントラバスが左側に、そして、チェレスタ、ハープが右側に居る(ホルンもオケによって位置は違うが普段新日本フィルハーモニーは左で吹いているから、右側に居るのは珍しい)のでとても慣れない位置で弾いています。

    そうそう、僕は、ハープの横で、滝の場面だけ弾いていると前の記事で書いてしまったけど、嵐の後にもちょっとしぶきを立てています。わずか4小節(爆)
    聴き取れる人が居たら大したものだ。
    あと、弾く当人にも過酷な試練なのがこの曲のパッセージ。
    リヒャルト・シュトラウス独特の「調性があるのだが、何処に行くか分からない転調がめまぐるしくあって」初見で弾くにはちょっとやっかいなパッセージ。
    それを、周り中が大音響の中で弾くとどうなるか。
    「全然自分の弾いている音が聞こえない状態」で弾いているので(爆)、何を弾いているのかも判らなくなりそうという、ピアノでもたまにあるのだけど、これがorchestraで鍵盤を弾く難しさで譜面上の難易度とはちょっと違う部分だ。

    きっと、前で弾いているヴァイオリンの人の方が良く聞こえているだろう(爆)

    それよりも、自分としては、もう一つの
    ヤナーチェク作曲(マッケラス編) 歌劇『利口な女狐の物語』組曲
    というのが面白いと思います。
    一曲だけ元々のオペラのアリアを伴奏したことがあるけど、こんなに繊細で面白いけど知られてない曲もないよな、という感じです。

    こっちは音は少ないけど、チェレスタは聞こえる箇所がある(爆)
    関連記事

    ハックブレット(Hackbrett)という楽器に初めて遭遇しました - 2012.12.15 Sat,20:00

    今日が放送日なので再投稿します。
    投稿したのは、12/7なので、文頭の「昨日」というのは、12/6の事でした。
    ハックブレット(Hackbrett)という楽器に初めて遭遇しました

    昨日、今日、明日本番の午後のオーケストラのリハーサルの後、NHKのFMのラジオドラマの収録のに行ったら、オーケストラの演奏会ではたまに見かけるツィンバロム(Cimbalom)に似て居る親戚の楽器、ハックブレットという楽器に遭遇しました。

    独特の形状の撥で叩きます。
    もちろん、この向きで叩いたりはしないはずです(爆)
    90度起こして角のところで弾くと思います。
    両側で音色が違うのは、写真をclickして大きくすると詳細がわかりますが、片一方には皮のように見える物が張ってありますね。
    そっちだとちょっとソフトになって良く聴くCimbalomの様な(それだって違う素材の撥を変える事があるかもしれないけど強引に言えば古い時代のハンマーが皮の時代のpiano)音に近いことになって、皮の張ってない方で弾くとbaroqueの鍵盤楽器、Cembaloみたいな音がすることになります。
    隣の写真に出ているハックブレットという楽器の撥
    Cimbalomと同じような実に神秘的な音がしました。

    その楽器の興味のある方は、以下の日取りのNHK FMの番組をお聴き下さい。
    (ハープもチェレスタもクロタルというアンティック・シンバルもあったから楽器に詳しくない人はどれがこの楽器か判らないかも知れないな。)

    弾いている動画も撮ったので、貼り付けようとおもったけど、演奏されていたのは、小川美香子さんというこの楽器のスペシャリストなので、楽器についての説明やそこでは彼女の演奏する動画も観られると思うので、彼女のblog(http://ameblo.jp/mikakoogawa/)に行って下さい。
    (そのページにある動画は、GuitarとのDuoですよ、念のため(爆))

    こういう楽器を打弦楽器と言います。
    良く、Pianoの事を「弦が張ってあるから弦楽器の一種」という人を見かけますが、あれは間違い。
    「弦楽器」と言うのは、通常、ヴァイオリンやチェロの様に弓で弾いたり、ギターやベースの様に指ではじいて弾くグループの事を言います。

    Pianoの親戚は、打弦楽器です。
    ばちで叩くけど、その叩く物が、皮だったり、金属だったり、木をくりぬいたものとかではなく、弦を叩く楽器ですから、マリンバや木琴と同じく音階を弾けます。
    ちょうどそういう種類の楽器をまとめて表示しているページを見つけたので参照して下さい。
    http://saisaibatake.ame-zaiku.com/gakki/jiten_dagengakki.html

    そういう分類だと、ギターは、撥弦楽器、弓で弾く楽器を、擦弦楽器 (さつげんがっき)と分ける場合もあるね。

    そういえば、学生の頃、大学の演劇専攻の研究室に、なぜか楊琴があって、その音色に惚れて、それを使って劇音楽を録音した記憶がある。(調律もわからないので、そのままの状態で僕が弾いた(爆))
    その撥は竹製だったなあ。
    あれどうなっているんだろう。

    でもHarpも含めて弦が鳴る楽器を総称して弦鳴楽器と分類する場合もあるけど、ギターとピアノを同じグループにする意味も解らないが、、(爆)

    そういう分け方をしているページも見つけました。
    普段見かけない楽器も多いので参照すると良いでしょう。

    そこには、去年紹介した、ニッケルハルパもありました。
    たしかにニッケルハルパは、ヴァイオリンとピアノの合いの子みたいだったからなあ、、
    分類って難しいのかも。

    音楽の先生は子供に教えるとき、こういう楽器のグループを定義するのが難しいね。

    でも、通常弦楽器と行ったら、前述の様に分けるのが自然だと思うし、Pianoは鍵盤楽器と言えば良いと思う。
    たしかに、チンバロムとPianoは親戚だけど、ジャンルがあまりに違うし、PianoやOrgan、CembaloやCelesta、そして電子楽器で鍵盤が着いている物は近しいという意味で同じグループにすれば良いのだと思いますが。

    楽器の事は関係ないけど、分類学というのがあるくらいだし、何かを論じるときには分類がちゃんとしてないと話が進まないことが多い。

    話は飛ぶが、その分類がどうも出来ない奴がたまに居るからやっかいになるんだ。
    我らが山猫合奏団は、音楽団体なのか演劇団体なのか定義できにくいのと同じで(爆)

    噴飯百科のこのblogの貴重なネタが一つ増えた事を喜びます。


    作曲は最近良く使って下さる菅野由弘さんです。
    いつも沢山の鍵盤楽器を乗り換える事になる菅野作品ですが、今回は、たった三つ(爆)(Piano,Celesta,Elec.Piano)で済みました。(曲の途中で抜き足差し足で乗り換えるというものはあったが)

    現在放送中のAMのラジオドラマと同じ作曲家です。
    今回はかなり雰囲気の違う音楽でした。

    そうそう、曲の終わりで、ハックブレットさんは、Pianoの様なペダルは着いてないので、音を消すことが叶いません。
    指でハープの様に手の平で消音しようと思えばできるかもしれないが、そうすると凄く不自然に音が切れるので、基本的に音は止めません。
    故に、曲終わりではあの楽器の余韻が無くなるまで誰も動けませんでした(爆)
    きっと、音響さんの方で音をfade outしたのだと思います。


    以下の放送(ということはAMラジオドラマもそうか)は、「らじる★らじる」というネット放送でも聞くことが出来るそうですね。
    http://www3.nhk.or.jp/netradio/

    『家の終わりに』
    【放送日】
    2012年12月15日(土曜日)22:00-22:50@NHK FMラジオ
    番組紹介は、このページにあります。(放送日が過ぎるとこのlinkは意味を成さなくなります。)
    関連記事

    開館前のプリモ芸術工房に今居ます - 2012.10.31 Wed,18:43

    11/17に我らが山猫合奏団による久しぶりに東京公演があります。
    新しくオープンする小さなホールで、“セロ弾きのゴーシュ”を演奏するのです。

    目出度いことに、メンバーの1人、チェリストであり、“セロ弾きのゴーシュ”のゴーシュ役をも演じている、大島純が、ホールのオーナー、そしてプロデューサーとしてもデビューする記念すべき日でもあります。

    東京は、目黒区の洗足駅前(目黒線の改札を出たらすぐに見える)に開館する、その名も、
    プリモ芸術工房http://primoart.jp/)という所に来ています。(リアルタイム更新(爆))

    そして一番大事な備え付けのPianoは、彼の重要な共演者でもあり、僕も新日本フィルハーモニーなどで、良く共演する、Pianistの、加納麻衣子さん所有の、ちょうど今年で100歳を迎えるNEW YORK STEINWAYが置いてあります。
    プリモ芸術工房の100年前のピアノ

    今日は、ホールのオーナーと楽器のオーナーのお二人立ち会いのもと、試弾させてもらっています。

    上の写真にあるMAKERSという表記は、僕は沢山のSteinwayを見てきましたが初めてでした。
    音は、あまりNEW YORK製っぽくなく、なんとなくHamburg製っぽい感じがして訊いてみたらどうやら、元々NEW YORK製の楽器をHamburgにもっていってどうのこうの(爆)した楽器らしいです。

    楽器の事について少し書くと、実に品の良い音がする楽器で、実に気に入りました。
    いろんな音色が作れる、音のパレットの多い楽器だと思いましたし、サロンの大きさにはとても合っているサイズの楽器だとおもいました。

    本当にいつも思うけど、新しいサロンとかホールとか、「新品の楽器」を買う事が多いけど、僕が思うに、こういう古くて素晴らしい楽器を入れた方が、個性が出て良いようにいつも強く思います。

    100年前の楽器だけど響きは毎回新しい輝きを生み出して聴衆に届いていくはずです。

    このホールはきっと、この楽器の個性が「売り」になるホールになると思います。

    それと、横断歩道は渡る必要はあるけど、建物は駅の改札の真ん前だから視認性も良い位置に立っているから迷うことも無く、少々の雨なら走れば傘を差さないでもたどり着けるからアクセスも理想的。
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    時間を忘れて様々な曲を弾いています。

    会場には天井の低さからは想像できないくらいの豊かな響きがあります。
    最高です。

    昨日と今日は、カメラ小僧であることを忘れてしまいました。バキッ!!☆/(x_x)
    じゃない、pianistであることを思い出しました(爆)

    白石准としては、久しぶりに独奏のconcertをしてみたくなりました。
    でも、僕を知らない人がこの写真を見たら、ピアノ弾きが座っているのでは無く、清掃に来たようなおじさんに座って貰って写真を撮ったとしか思えないだろうなあ(爆)
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    前にも別の記事で書いた「譜面台」の話ですが(link先の楽器も同じ時代のNEW YORK製)、古い楽器のこう言った「素通し」の細工は実に演奏者にとって譜面台を降ろしたときと上げたときの差が無くて嬉しいし、楽器の品を感じるね。
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    最後の写真と、ここからが追記。
    帰り際、ホールへの階段の登り口で、記念撮影。
    勿論、左側が、pianistの加納麻衣子さん、右側がゴーシュこと、cellistの大島純氏。
    この二人で、このホールを運営していくそうです。
    頑張れ。
    かのまいと大島純

    11/17の“セロ弾きのゴーシュ”の宣伝記事に関しては、家に帰ってから書きました。
    トラックバックに表示されています。
    関連記事

    モダンタイムス@ライブシネマby京都市交響楽団 - 2007.05.30 Wed,23:21

    三台鍵盤@モダンタイムス・ライブシネマこの楽器の配置は今日から始まったリハーサルのものである。
    6/3に京都会館で行われる「ライブシネマ」(たぶんこのリンクは期間限定です)という、チャップリンの映画を彼の書いた音楽をオーケストラで生演奏するというものである。
    かつて、東京で新日本フィルハーモニーもやったのだけど、企画としての意欲はこの催しを先駆的に始めただけあって、すごい意気込みです。

    「街の灯」も僕は東京で弾いたけど、ゴングの音とかピストルの音とかサイレントかホイッスルのような、効果音はフィルムのなかにある音を活かして、音楽の部分だけを演奏していたけど、京都市交響楽団を指揮する齊藤一郎氏(この企画はこのオーケストラでは彼がすべて監修している)はすべての音をオーケストラにさせるので、打楽器奏者たちは大変である。

    だから、ほとんどの奏者たちはすべてピットにいるけど入りきらない打楽器が舞台上手の花道に、そして舞台下手にピアノとチェレスタとおもちゃのピアノ(自分の所有物)、そして効果音専門の打楽器セクションが配置されている。

    ライブシネマ配置おもちゃのピアノはオリジナルのスコアには書かれていない。
    プレトークをやったおりに、僕が半分ジョークでこれを会場に持ち込み、「犬の生活」のなかにでてくるラグタイムをチェレスタと一緒に弾いて、齊藤氏がおもしろがって、モダンタイムスのある場面で使うよう要求したのです。

    ピアノとチェレスタを乗り換えるのもかなりスリリングだけど、このトイピアノを弾く時は、チェレスタと同時に弾くので、両手を開ききって、しかも左手がメロディ、右手がそれよりも低い音域で伴奏型のフレーズを弾くから手がおかしくなりそうだ(爆)
    こいつより上手に弾けないかもしれない。

    しかもこの作品はご存知のように非常に「悪魔的な機械の動き」があるので、とにかくめちゃくちゃテンポの速いところが多くてスリル満点だ。

    しかも面白いことに、小節数は、通常曲がかわればリセットしてまた「第一小節」から始まるのに、最初から最後まで、通し番号がうってあるので、最後は「3700小節」を少し超えたところで終わる(爆)

    いままで、リハーサル中四桁の小節数を指揮者が指示するというのは経験がないような気がするなあ。

    三台鍵盤2@モダンタイムス・ライブシネマしかし生演奏で映画をやるというのは実に面白いと思います。
    今現在チャップリンの11の作品の譜面が再構成されているということですが、自分自身も四つ目の作品になります。
    どうせなら、全部網羅したい。

    齋藤氏のリハーサルでは、毎回演奏者全員で映画を鑑賞してから本番に臨むらしい。
    新日本フィルハーモニーでやった時はそういう配慮がなかったから、自分が弾いているところがどういう場面なのかわからないで弾いていたことが多かったので、明日のリハーサルはまず午前中に鑑賞してから午後にまた音を出すらしいので、譜面を再び見る時に違って見えることでしょう。
    その方が弾いている時に観たくなってしまう誘惑に勝てるしね(爆)
    でもこんな角度じゃ観たくてもまともに見えない。
    ただでさえ、指揮者がとても遠くて、しかも暗い。
    この前まで弾いていたジキル&ハイドでは、目の前に指揮者がいたことを考えるとこんどは一番遠いところで弾くので、離れている楽器との時差が今日もあったので本番までには慣れないといけない。

    蛇足だけど、チャップリンの作品の中には制作当時、演奏されていた音楽は「既成の曲」の寄せ集めだったものもあり、公開されてから20年後に新たに作曲されたものとかもあるらしい。
    ということは日本の活動写真館、つまり、僕にはとても縁のある“セロ弾きのゴーシュ”の登場人物たちは、常に同じ曲を違う映画でも使い回していたこともあるわけだ。
    逃走場面ではオッフェンバックの「天国と地獄」とかね、。

    だから、映画館によっては同じ映画なのに違う音楽で上映されていたということもあり得る訳で、どこでも観ても映画は舞台劇とは違って同じ、というわけではなかったらしい。
    それが無声映画の魅力でもあったのだろう。
    活動弁士はたぶん日本だけの風習でこれも義太夫やそれに連なる日本の芸能の遺伝子の末に存在した(今もいらっしゃるから、現在進行形ではある)独自のものなのだ。
    関連記事

    jeu de timbresは鉄琴じゃなかった - 2006.09.06 Wed,00:53

    ラヴェルのダフニスとクロエの演奏会の本番直前になにげなしに楽器の中身を透かしてみたら(網戸みたいなものに覆われているから少し見える)、チェレスタとは似ても似つかぬ構造でした(爆)

    チェレスタ(celesta)の構造はこの記事に紹介してあるので参照して欲しいが、今回チェレスタに並んで演奏されたジュ・ドゥ・タンブル(jeu de timbres)という楽器は外見はチェレスタにそっくりで、違いはその音域が少ないだけで、叩くハンマーの形状が違うだけだと思っていたけど、良くみたら(糞、写真を取り損ねた)鉄琴のような「板」ではなく、縦に立った小さいパイプ状の金属を、しかも下から(つまりチェレスタとは逆、チェレスタは上から打っていたね。ということは方向的にはピアノと同じ)打っている。

    想像通り打つ素材そのものは金属だったけど。

    プロのオーケストラであってもこの楽器を所有しているところは少ないはず。
    今回演奏した新日本フィルハーモニーもほかの団体から借りていた。

    メーカーだって製造したところで使う曲はチェレスタでさえそう多くないのにこれだと、たぶん有名どころでは数えられるしかないだろう。

    この曲はorchestraの名曲としてファンも多いし、演奏頻度も多いけど、生で客席に居たら鍵盤奏者を観察すると良いです。
    同じ事をやっているのが二人いるわけではなく、それぞれ「別の」楽器で違う場所で弾いているということがもしかしたら判るかも知れません。

    話題からそれるけど、珍しい楽器でいえば、このダフニスとクロエでは、ウィンド・マシンというものが駆使される。

    リヒャルト・シュトラウスのアルペン交響曲でも使われるその楽器はまるでラジオドラマの効果音の道具を持ち出したような、「打楽器」というには無理のあるどのジャンルにも属さないものでしょう。
    そういう意味でもこの曲はCDで聴くよりは実際に聴いた方が面白いと思いました。

    何回もこのオーケストラで弾きましたが、その度にフルートの独奏をする白尾さんという首席奏者は本当にすばらしい。
    毎回聴いているとぞくぞくします。
    関連記事

    ★2005/9/5新日本フィルハーモニーサントリー定期第404回 - 2006.09.03 Sun,06:28

    20060903061520久しぶりに弾くラヴェルの“ダフニスとクロエ”である。
    やっぱりなんやかんや言ってこの曲は本当に美しい。

    鍵盤楽器は、チェレスタとジュ・ドゥ・タンブル。
    写真の右側が前者、左側の小さい方が後者。

    自分は今まで数回弾いたのは後者の方だけど今回はチェレスタ。
    弾くところは本当に少ないから半分はお客の気分。
    気持ちよくて毎日練習でこの音の渦のなかにいることが幸せだ。

    ジュ・ドゥ・タンブルはたぶんチェレスタより前から存在する楽器かも
    しれない。
    モーツァルトの魔笛にでてくるパッセージはこれで弾いてたのだと思う。

    グロッケンシュピール(鉄琴)を鍵盤で弾くと思えばよろしい。だから
    キラキラした音がでる。
    チェレスタは同じ鉄琴を打つ材料がピアノのハンマーの様に柔らかいか
    ら音色が全然ちがう。(チャイコフスキーの胡桃割り人形の金平糖の踊りまで待たないとこの楽器はでてこない)

    しかもこの曲のなかでだいたいは同時に演奏してないのだが一カ所だけ
    盛り上がるところで同時になるから二人奏者が必要なのだ。

    前にも書いたけどラヴェルはたぶんこんなに暇に書いたのはこれらの楽
    器は打楽器奏者が演奏するように考えていたのだろう。

    オーケストラの音楽にあまり普段触れることのない人はこれから入門す
    るのが最適だと思う。
    しかもCDではなく生演奏で聴くのが一番だ。

    バレエのための音楽なので、楽器の出す音で様々な具体的な自然の中の
    音を味わうことや理屈抜きに音の渦のなかに溺れて快感を得ることがこ
    んなにも楽にできる音楽も珍しいと思う。

    今回指揮者のアルミンク氏は、さかんに「ドイツ風な音を出さないでフ
    ランス風の色彩感のある音をだしてくれ」と要求する。
    それは主に音の立ち上がり方への注文だ。
    もっとふわっと立ち上がって欲しいということみたいだ。

    そういえば、ストラヴィンスキーやドビュッシーの管弦楽曲(協奏曲で
    はなく)には素材としてピアノが入ることがたびたびあるが、ラヴェル
    のそれは絶対にピアノはないね。
    鍵盤を使うときはチェレスタだね。
    そこに彼の色彩感が現れてるね。
    ピアノ曲をたくさんかいているけどそういうときはピアノの裏に管弦楽の色彩があって管弦楽のときはピアノを使わないのだ。

    関連記事

    Toy PianoでConcertoを弾きにテレビに出た - 2006.03.01 Wed,08:35

    jun_at_toypiano時期ははっきり覚えてないけど1998年頃だったか、テレビ朝日の「題名のない音楽会」の隠し芸大会というテーマの収録の時にこの楽器でチャイコフスキーのピアノ協奏曲の一番の冒頭のカデンツの終わりくらいまで弾きました。(爆)

    プロデューサーから電話で誘われたとき、「どこが隠し芸なんだ」と抗議したけど、この日の収録のネタが少なかったらしいので、強引に引っ張り出されました(爆)。

    当時は僕がたびたび出演させてもらった、司会が黛敏郎さんの頃のシリーズではなく、その後のもので、司会は武田鉄矢さんだった頃です。

    このトイピアノは友人から借りたものなんだけど、珍しくグランドピアノ型ではなく、縦型、いわゆるアップライト型で、しかも鍵盤上の蓋がついているものでした。

    その蓋が問題で、チャイコフスキーの冒頭の雄大な和音を弾くたびに振動で手の上に落ちてくるので、その度に蓋を元に戻すアクションが共演者や客席の笑いを誘ってました。

    そういえば、どうせなら恰好までふざけようと、モーツァルトみたいな鬘を借りて、燕尾服で金色の大きな座布団に座って弾いた記憶があります。

    自分の持ち物にもアメリカで買った縦型のものがあるのですが、それには蓋がついてないし、音域があまりに少なくこのネタには無理だったので借りました。
    ということはそこそこ音域があったのです。

    この縦型の玩具ピアノはオーケストラをバックに実に音も良く鳴ってくれました。

    この写真は収録後、渋谷公会堂の楽屋で東京交響楽団のメンバーとふざけているときのものだけど、周りの人たちはみんなこれを欲しがったものです。

    この時を遡ること10年くらい前に、この持ち主(ソプラノ歌手だった)とフルート奏者でコンサートをやったとき、なんかバロックより前の、実にシンプルな曲を演奏するときこのピアノで伴奏したときがありました。(爆)
    もちろんジョークではあったけど、なんとも言えない可愛い雰囲気があって、評判は良かったです。

    この楽器は国産のおもちゃだったけど、すごく良くできているなと感心しました。


    関連記事

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました   NIKON-D5100 SIGMA-DP2Merrill   葉っぱ 僕の作曲  SIGMA-DP2Merrillで撮りました @Discover神奈川県相模原市 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました Fuji-FinePix2500Zで撮りました  動物 CANON-PowerShotG10で撮りました CASIO-EX-FH20で撮りました SIGMA-DP1sで撮りました  CANON-EOS_KissX  RICOH-CX3   Tokyo CANON-EOS_KissX3で撮りました flowers 金属系 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 俯瞰 人間 楽器  SIGMA-DP1s 室内 animals  RICOH-CX6で撮りました birds Kannon   初めて知った漢字の読み書き like-a-face  昭和の香り Yokohama story 公園  鍵盤 bridges Olympus-E-PL3 overlook temple  井の頭自然文化園 動く 手造 SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫  RICOH-CX6 庭園 薔薇 Xmas  SD15 clouds 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 飛翔 子供 印象的な看板 階段   CASIO-EX-FH20 toilets Okinawa 雨粒 trees イギリス館 噴水  railways stations  CANON-PowerShotG10 cats 黄昏 Ferris-wheels カラス  people 静物  乗り物 Fuji-FinePix2500Z insects   rusted 栗鼠 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001  枯れて綺麗なもの autumn-leaves swimming 立山 Kyoto Osaka  有楽町 iPhone4で撮りました 飛行機 歴史 むすび座 飛騨高山 西洋館 orange the-last-century 枯葉 dogs ぼけ写真 parks  films absence celesta 東山動植物園 water  Kanagawa 楽寿園 秋桜 owls arts narcissus 富士サファリパーク aquariums instruments  technic SL  単焦点 lakes  pigs 奈良 音楽 美ら海水族館 みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 不在 temples moving  山羊 silhouettes man-made  小石川後楽園 tunnels  墨田区  知多湾 セキレイ Foveon 蜻蛉 大磯城山公園 さがみ湖プレジャーフォレスト mountains 訃報 巡礼 八重洲 水族館   contrast dam 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました CANON-EOS_KissX3 Islamic  NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 韓国 シーサー concerts ponds 朝露 汐留 Steinway  みゅう 浜離宮 両生類  ダリア 東京駅  天王寺動物園 考える 木漏れ日 黒部ダム  peoples 根性植物 東京ジャーミイ my-father's-photos 椋鳥 SIGMA-DP2Merril 秩父 rare カンガルー swim お地蔵様 韓国の日本語表記 Tokyo-bay  最乗寺 変な建物 garden 遠近法 正露丸 六本木 教会 shadow  photo話 glass ゴジラ graveyards green モスク 根岸競馬場跡  ズーラシア ノウゼンカズラ 富士花鳥園 三菱一号館 パチもの 青山 Miyazaki gardens 信号機 Mt.Fuji Shinjuku 銀座 演奏場所 fishes Halloween 螺旋 谷中 f1.4 architectures 蜘蛛 高千穂 公孫樹 蚤の市 SIGMA-DP1Merril USA blue 丸の内   多摩動物公園 向日葵  仏像 首里城 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses ガラス  toriis Clematis 酔芙蓉 パチンコ ダム PaxCrossOver Andre_Henry 日比谷 枯れた蓮 スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました  rabbits 池袋 ススキ Wien 東京国際フォーラム  MF 皇帝ダリア mushrooms 山手111番館 youtube 東京Tower rainbow カマキリ 銭湯 wood 外国 Boesendorfer 吉祥寺 Nagoya 線路 mannequin 遊園地 YouTube gold 逆光 Tokyo-tower 神戸花鳥園 WestsideStory square_piano  アンドレ・アンリ island 大久野島 台風  Hiroshima 板橋区 屋根 reptiles 蒲公英 揚羽 下北沢 move 自動車 水中 grasshoppers black cars 水面 達磨 shrines whale_sharks car 川鵜 Tokyo-Rainbow-Bridge dragonflies road 空中写真 Yokohama-Bay-Bridge 親子 廃墟系 御茶ノ水 slow_shutter spirals ドライフラワー 藤野 空港 麒麟 steampunk 陽光 上高地 真鶴 睡眠  SIGMA ペンギン 照葉大吊り橋 上野動物園 windows 皇居 正月 アルパカ  bike 招き猫 エーデルささゆり 硝子 千葉県 MFレンズ ハナミズキ Foveon_Classic_Blue Merrill DP2 organ ruins indoor ceiling 三嶋大社 海遊館 所有物 二条城 sleeping 卒塔婆 helicopters  purple airplanes Shibuya gull downtown 牡丹 床屋 長屋門公園 絶滅危惧種 帆船 透過光 プリモ芸術工房 hippopotamus 動画 レンガ synchronized 辺野古 Illuminations フィルム写真から  サボテン ship 仙台 Chita-bay stories 工場 流し撮り crows stairs 野牡丹  清水寺 sepia 山科 嵐山 鶏頭  横浜DockyardGarden @親父の撮った写真から cembalo 外苑 旅客機 記念撮影 小物 絵画館 羽田空港  心斎橋 小学校 赤外線 物真似 壁画 石川県 28-80mmの中古MFレンズで撮りました 誕生寺 金沢 横浜マリンタワー 秋葉原 宮城県  松島  草野心平記念文学館 カラー(花) 道志川 自衛隊   原宿 神話  朝顔  表参道  草野心平 お台場 pigeons reflections candle 四天王寺 chimneys ropeways woods Nara お盆 吉祥院 trolley_bus シマウマ BIKE trumpets 幻冬の詩 towers fishings 古宇利大橋 煙突 bricks インコ 独奏 東林寺 roofs cigarettes   ice_needles  dark 透明人間 神奈川 lions asses 山猫 椿 lights 黒鳥 shadows farms 鉄道模型 ジオラマ 八王子車人形 Story Olympus-E-M5 keyboards 原鉄道模型博物館 Guys&Dolls 菖蒲 airports 鸚鵡 deers chameleons meerkats jellyfishes  halls RICOH-CX4 Santa_Claus  roller_coaster jeu_de_timbres blue_rock-thrush 髪切虫 movies 神楽坂 Shiodome bottle doors Arashiyama paint Ushimado 大阪 Tokyo-Gate-Bridge Bechstein turtles Tokyo-Sky-Tree farm street-lamp bench koala Erard Sunshine-aquarium Kobe seal  アシカ ハイビスカス コウノトリ 野毛山動物園 岡本太郎 Okayama still-lifes symmetry iPhone4 Tokyo-International-Forum 模型  Matsushima beach Sendai ropeway 銀閣寺 RhodesPiano 桂川 和歌山県    新世界 仁王 時計 調布市 gate door Olympic Sweden England 中津川 cicada window Apple 蝸牛 Google クワガタ raccoon NEWS 牧野Vl.教室 高幡不動 縁日 寝顔  sports 中国 路地  live 文鳥 Tuvalu 天狗 知覚 白鳥 石像 スカシバ 釣り人 上野 駱駝 カピバラ 高尾山 Pleyel  カニングハム 恐竜 代官山 Poulenc curry 長崎県 翡翠  早稲田 酒場 人形 cosmos 弾き振り しょく Debussy うみねこ きのこ 両国 破壊 ザトウムシ ToyPianos ToyPiano earthquake fighters keybords islands winte squirrels dams Ginza pansies spiders vines Japanese_blue_magpie raccoon_dogs Ninja dragons fennecs Caramel foods dolls Hackbrett cicadas lens sunshines Sinjuku fishing fliers buoys Dance cityscapes objets sonw  photos skating illuminations performances bicycles organs lover 枯れた raccoons apples 檜ホール icstruments girl crescent 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins boy marmots Yokohama神奈川県 black_kite 渡月橋 chance dragonfles friends 菓子 walrus hydrants capybaras maras sea_lions asteroids dolphins fountains singing cable_car icicles XmasTree flamingos fisshs moths otters ducks wooper‐looper amphibians education stars bamboos buds stingrays tulips battles Cheetama jupiter8 chain lock Pipe-Organ photo リス アトリエ萌 ムラサキシキブ 配管 車両 Olympus sunflower 等々力渓谷 Like-a-face E-PL3 自分の作曲 Mt.FUJI DP 135mm単焦点の中古MFレンズ ピンク 三渓園 Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 DIGNO2 slowshutter  三輪車 Jupiter8 Musician Olympus-EM5 SIGMA-DP!Merrill 那覇 白黒 ダンス 横浜開港記念館  八ヶ岳 玉暈け レトロ モノレール  donkey 東山動物園 platforms landscapes 街灯 hat 白石  sprinkler monpou cocert storms Landscape tablephoto walnuts surprise snowman table glasses mirrors reflectons table_photos stove 変電所 花虻  brown 墨絵 illumination 井手詩朗 Lion 山之口貘 solo gazing neon tortoise running 碍子 advertisement retro laughing gerbera 兵庫 sculptures armors 日本橋 三越劇場 灯り 深川不動尊 踏切 政治   怒り 劇場 三越 廃墟 なりすまし @親父の遺した写真から 海老 Mozart Cimbalom 門前仲町 富岡八幡宮 背中 ハート 天龍寺 internet 警告 コスプレ サンタクロース 花束 イルミネーション 並木 Gogh SIGMA-SD15 地名 ソフトフォーカス 銅像 孤独 マジックアワー Architecture 豪徳寺 オダマキ 船橋市 走る cafe 根岸森林公園 客船 彼岸花 ヒーロー violin 通天閣 加古川 天安河原 フランス山 冬桜 高千穂峡   花火 カビ キッチュ 神戸市 天井 眼鏡 水紋 鯉幟  風車 根津美術館 石仏 茅ヶ崎市 美術 メジロ 仕事の話  那覇空港 調律師 調律 七五三縄 天岩戸神社 うろこ雲 邦楽 モノクロ セピア 海洋博公園 保護色  茨城県 戦闘機   museums wild-boars globefishes sharks dead-leaves mold restaurants roads castles bigs still-lives bronze pelican peacocks 大仏 butterflies witer goats giraffes ice ships travels cable-cars trolley-bus gates bees mask 運河 高山市民吹奏楽団 酒席 abutilon eyes rajilways lighthouses theaters hummingbird-moths horseflies restaurant signals ceilings light benches goldfish dahlia Ikebukuro crocodile Tennoji-zoo zoorasia Ayu Miyagi Nago moonlight airplane radio-drama Yokohama-Marine-Tower cultivator Itabashi laws-of-perspective Haneda-airport anchor screw about-photo sand construction-site サザンカ wall crawfishes sunshine-aquarium snakes genius backlight brick dried-flowers words stinkbugs dragon Umeda cormorant birdsseagull moire sakai-river egret Aichi lizards apple 狛江市 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。