fc2ブログ

    2024-02

    ここで普通はよく見かけるハンブルグ製のスタインウェイと外観の違いを比べてみましょう。 - 2011.07.25 Mon,09:51

    ハンブルク製Steinway1牛窓シーサイドホールは、日本でも珍しい方ですが、ニューヨークスタインウェイのコンサート用のピアノが置いてあります。

    そのピアノについては、この記事にも紹介されていますが、外見から今じゃ世界の大半のホールにあるハンブルグ製とどう違うのか(中身もちょっと違いますがそれはなかなかわかりにくいので)たまたま白石准が22日に盛岡の素敵なホールで弾いたとき(すっごく状態の良いピアノでした。)に撮したものがありますので、比較してみましょう。

    まず譜面台の構造をご覧下さい。

    この譜面台は日本のヤマハやカワイと同じく後ろにつっかえ棒があって、前に起こして角度の調整もできるいわゆる我々が慣れ親しんできた方式です。

    世界中のピアノの多くがこの方式です。

    しかしニューヨークの楽器は逆に起こします。

    そして昔はハンブルグ製のものも艶消しでしたが、現在はこの様に光沢の塗装になっています。

    牛窓シーサイドホールのピアノは艶消しですよね。

    ハンブルク製Steinway3この記事にも紹介しましたが牛窓シーサイドホールのピアノにはこの鉄骨の位置にロゴが入っていましたし、ダンパーのところも艶消しでした。

    写真のせいかもしれませんが、鉄骨のカーブも微妙にちがうのかな、それはちょっと自信ないけど。

    ハンブルク製Steinway2ペダルの装飾もすべての時代のモデルがこの通りではないでしょうが、現代のハンブルグのものはペダルの付け根だけが金色の枠になっていますが、前述のニューヨーク製は全面が金の板になってます。

    関連記事
    スポンサーサイト



    Ehrbar(エアバー)のPiano - 2006.02.24 Fri,08:56

    エアバー
    今はなくなっちゃったメーカーだけどウィーンの名器といわれるEHRBARエアバー(エルバーともカタカナ表記されたりする)ピアノです。

    専門家でもこのメーカーを知っている人はあまり多くないように思います。

    同じウィーンのメーカーでもベーゼンドルファーとは全然違う個性で、独特の「声」をもっていました。

    一時期自分の部屋にありました。たしかこれは170センチ台のちいさなものでしたが、とてもこっちが苦労しなくても歌ってくれるような楽器でした。

    プロフィール写真目線の“ピにゃニスト”もこれと一緒に記念撮影をすることに誇りを持っているようです(爆)

    関連記事

    Ibach(イバッハ)のPiano - 2006.02.21 Tue,09:20

    IBACH-1このIBACHというメーカー(ロゴから分かるようにドイツ)は確か現存してなかったかな。
    でも歴史は英国のブロードウッドと並んで相当古いはず。
    神奈川県の厚木市にある厚木楽器に陳列してあった。
    売り物というより現在はディスプレイ状態だけど修理を依頼されていてるものということだった。
    ゆえに今すぐ演奏会に使える状態ではないけど、なんか弾いてみると音がとんがって無くて古い時代のレコードを聴いているような独特の音がして素敵だった。
    製造番号が目立つところに見つけられなかったので良く分からないけど20世紀前半ひょっとしたら、初頭かなと思えるくらい古いと思います。

    その独特というのが大事なんだよね。この前の同じカテゴリーでもベヒシュタインの古い楽器のところでもかいたけど。
    会社によって、あるいは個体によって違う個性って人間の個性と同じで大事だと思う。
    毎回書くけどこういう楽器がちゃんと手入れをされて置いてある演奏会場がもっとあればいいのにって本当に思う。
    スタインウェイやヤマハでは出ない音があるんだけどな。


    IBACH-2独特のお尻のデザイン。
    丸いお尻も好きだけどこういう形も趣があるね。

    ベーゼンドルファーのお尻ちなみにこっちは同じように丸くないベーゼンドルファーのお尻。古い楽器は結構あったりする。プレイエルにすごくすてきなお尻の美しさをもつ楽器を見たことがあるけどそれは別記事で紹介しよう。

    IBACH-3脚フェチである自分は女性だけでなく、ピアノのそれにも気持ちが入る(爆)
    脚線美の種類から行くと、猫足も素敵だけど、こういう丸い脚も美しいと思います。

    関係ないけど、ブログのアクセス解析で「検索ワード」でどうやってアクセスしてこられたかというのを参照することが出来るのだけど、「脚線美」というので結構このページにヒットしている方々が多くてその結果がこれだったりするのでさぞかし怒らせているのだろう(爆)けどこれでまた一つヒットするネタが増えたね(爆)

    IBACH-4高音部の弦はこれもベーゼンドルファーと同じ方式で一本一本独立して留めてある方式です。

    スタインウェイの弦の留め方ちなみにスタインウェイやヤマハなど、ピアノの多くは、右の写真のように折り返してありますから弦が切れると場合によっては二つの鍵盤に影響がでる。
    写真の例が、ニューヨーク・スタインウェイだったりするところがちょっと珍しかったり(爆)
    ハンブルグと書いてある方が沢山見かけるしね。

    一概にどっちが良いとは言えないのだろう。
    各々言い分があるだろうし、技術者の中にはその特徴を聴いただけで分かる人もいるのかもしれないが、自分は見ないで弾いていて「弦の留め方」がどっちなのかは分からない。
    楽器は様々な要素が総合して弾き手にとってファンタジーを感じる「楽器」になるのだと思う。
    酷い状態のスタインウェイより、良く調整された国産のピアノの法が楽器としては素敵な音楽をする楽器になりうるのだから。
    まあ「腐っても鯛」という言葉どおり、腐ってもスタインウェイみたいなこともあるけど、持ち主の無理解で酷い状態なのに、ブランドとして「西洋の名器」だから凄いだろうとちゃんと手入れをしてない会場もたまにあるのだけど、そういうときは聴く側もそういうブランドで楽器の鳴りを期待するから始末に負えないときがある。

    逆に、国産の物でも弦を一本ずつ独立して留めてある方式のメーカーがあるけど、その会社の楽器は全く好きになれない楽器だし、構造の特色の一つは楽器を成立させる要素だけど「音楽」をするにはその部分だけが演奏を気持ちよくする「すべて」ではないからね。

    イバッハから話題がずれちゃったけど、こういう楽器で演奏会してみたいものです。
    それと、Steinway & sonsと同様に、メーカー名に「息子」という言葉が付随しているのは、やはり職人が世襲制であったことの象徴で面白いね。

    2005年にウィーンに行ったときに訪れた工房では、今の主人がなんと五代目だというからびっくりした。
    歴史を感じます。
    蛇足だけど、ピアノの工房と同時にダンススタジオをその彼が主宰しているのがまた凄いのです。(爆)
    関連記事

    Bechstein(ベヒシュタイン)1924年製 - 2006.02.18 Sat,00:04

    Bechstein1924

    タイトルにある楽器(写真右のC.Bechstein)は、今年の一月京都にある森田ピアノ工房でのコンサートで弾いたものである。

    その記事の中でも表明したとおり、小さな楽器だとは思えない立派な響きがした楽器です。

    すごく内面的な曲を弾くのに気持ちよくなる楽器、と一言で書いておきましょう。

    楽器の大きさ(165センチ)にしたら、立派な低音が鳴ってくれたことはコンサートブログでも書いたけど、高音部だって、現代のヤマハ(大昔はこのベヒシュタインがヤマハの手本だったらしい、今はスタインウェイが手本になっているようだけど)やスタインウェイの様に高音部を響かせるためのアリコート方式をとっているわけでもないのに、気持ちよく響いた。

    たしか最近のベヒシュタインはアリコートを取り入れているんじゃなかったっけな。間違えていたら誰か教えて下さい。
    需要と供給の関係でスタインウェイっぽくしないと売れないからなのかな。

    だんだん個性がなくなっていくのかな。

    これだけ良く鳴るわけでスタインウェイともベーゼンドルファーとも違う良さがあるのに。

    もちろんこの楽器は森田ピアノ工房の手入れの水準が高いから気持ちが良いわけだが、楽器の才能としてもとても素敵な音のする板を備えている感じがあったなあ。

    経済的に余裕があったら間違いなくこの楽器は自分の部屋にも大きさ的に合うしとても欲しいと思った。
    関連記事

    ★2006/1/21白石准のピアノの部屋@京都森田ピアノ - 2006.01.22 Sun,22:51

    erard_piano自分の主催ではなかったけれど、いつも東京圏で行っているタイトルと同じ小さい独奏会を、京都の森田ピアノで、1927年製のフランスのエラール(90鍵あるコンサート用グランド、左の写真(この写真は森田ピアノのサイトから頂きました))ピアノと1924年製のドイツのベヒシュタイン(165センチの家庭用グランド)をメインにしました。

    自分の予想外に部屋をあふれそうにお客様がいらしてくださり感謝感激です。

    すばらしい楽器を二つも(実はそれに加えてスタインウエイの縦型もちょっと弾いた)弾けて、通常ホールではできない体験で感じいりました。
    調整していただいた森田ピアノのみなさんに感謝です。


    エラールのピアノはプレイエルと並んでショパン時代からあるメーカーであるが、このピアノは前述の様に90鍵あって、現代の通常のピアノより二つほど低い鍵盤が存在します。

    erard_extrra_keys今回弾いたプーランクの“ナゼルの夜会”の終曲にはこういう音域の存在する楽器でなければ演奏不能の音が書いてある(右の写真でいうところの一番左端の鍵盤が出すソの音)ので、自分の経験としてはその音を弾いたのは初めての経験であります。

    現存するメーカーとしてはウィーンのベーゼンドルファーは、もっと下のドまでオプションの鍵盤があるモデルがあるから、それ以外では初めてだったけど、プーランクだけでなく、ラヴェルにもこの音があるということはフランスのメーカーにはこういう音域の鍵盤があるものがいくつかあるあらしく、近代の作曲家の「日常」にはその時点で、「これからのピアノの音域というのはこれが標準になるものだ」という確信があったのでしょうね。

    たしかにピアノが生まれて様々な改良が施されてきた中で、音域の拡大というのもあったわけで、90鍵を用意した当時のフランスのピアノメーカーはことごとくそれ以降消滅してきただけに、もっとそれらが強かったらスタインウェイもヤマハもカワイも通常は88鍵であるけど、90鍵のモデルを用意したかも知れません。

    でも、この二つの鍵盤がなくてもほとんどの音楽は演奏出来るし、逆にこの時代のピアノのなかには自分の家のドイツ製の1920年代の縦型ピアノもそうなのですが、一番上の鍵盤が3つ少ないものがよく見受けられるわけです。

    つまり85鍵だけど、よっぽど特殊な曲を演奏しない限りそれでもほとんど困ることはないけれど、こうやって「普通の楽器では弾けないけど、楽譜に本来書いてある音」をそのまま弾けるという喜びはやはり単純に嬉しい。

    もちろん、音域が広いことが喜びの最優先時候ではないですよ(爆)


    音色に関しての弾いて感じる喜びに関しては雑記帳ブログにも書いたけどこれほど饒舌な自分ではありますが、それを再現する言葉が見つかりません。

    今回はモーツァルトのK330のソナタとプーランクの“ナゼルの夜会”をエラールで、そして後半、モンポウの前奏曲集をベヒシュタインで弾きました。

    bechstein1924このベヒシュタインは165センチという小さな物なのに眼をつぶって弾いていると180センチ台のモデルを弾いているような響きを感じて、とても気に入りました。

    自分の家のピアノの部屋はとても狭いのでこういう楽器だととてもありがたいですね。

    このベヒシュタインの譜面台はなんとなく京都の町並みにあうような気がします。(爆)

    古い時代のピアノの譜面台は、エラールの写真をみても分かるとおりこのように隙間を多く取ったものが多いのです。

    これはデザインを考えているとだけ思う人もいるかも知れませんが、譜面を置いて演奏するとその効果を実感します。

    現代のほとんどのピアノは譜面台は隙間のない板であり、そうだと演奏者にはそれを建てたときそれを寝かせている状態ととても違う音色で聞こえてきます。

    そういう意味だとこれはとても演奏者にとって譜面台による「障害物のじゃま」をなしに音を聞けるのでうれしいのです。

    森田氏コンサートは工房の展示室でやったので、折角だから森田ピアノの親方、森田裕之氏に楽器自体の解説をしていただきながら行ないました。

    右の写真の一番右側はニューヨーク・スタインウェイの縦型ピアノ。

    響板を客席に向けて聴くと縦型ピアノの本当の底力が分かります。

    関連記事

    すみだトリフォニー小ホールのスタインウェイ - 2005.12.29 Thu,15:01

    トリフォニー小ホールのスタインウェイ最近このページは音楽の話題がまったく記述されていないので(爆)、久しぶりに楽器の事を書こうと思う。
    このピアノは、2005/12/7に行われた演奏会の時に弾いたピアノだ。

    だいたいにおいて有名なホールに置いてあるスタインウェイは水準が高く選定した人も一流にちがいないし、一流のピアニストが来て弾くわけだから楽器も育っていくわけで、このページのコンセプトからしたら、ものすごく古いとか、それほど有名なメーカーのものではないけれども良かったとか、自分が普段弾かない楽器を紹介するつもりでいたが、この製造番号のスタインウェイのD型のピアノは、とても印象に残ってびっくりした。

    といってもあまたのホールのスタインウェイと違ってどう良かったのかと書くのは実にむつかしい。

    音色が綺麗なのは言うまでもなく、反応がとても良く、自分としては「あり得ない繊細さでトレモロを弾く」ことが出来たので、ホールの人に絶賛したら、案の定、大ホールにマルタ・アルヘリッチが来て弾くときに小ホールのこの楽器を選んですごくお気に召したということなので、やっぱりそういう楽器だったのかと思いました。

    スタインウェイについては、専門家がいろんなことを言ったり書いたりしていて、その中には、戦後のスタインウェイは戦前のものに比べると劣ると強くいう人もいるが、こういう楽器を弾くと自分としては、いくら調律師の偉い人の意見であっても素直に賛成できないなあ。

    やっぱりすごいよ、スタインウェイ。
    関連記事

    楽器の良し悪しの印象はその楽器の置かれている場所にかなり依存する - 2005.07.21 Thu,00:42

    数年前、静岡県の三島にあるヴァンジ彫刻庭園美術館というところでコンサートをしたことがあります。

    最初ピアノ庫(実はただの倉庫)でちょっと練習したとき、「ああ、ありがたいことにスタインウェイ(ウォルナットっぽい化粧板のB型という、いわゆるコンサート用ほど大きくなく、しかしながら通常の家庭用よりは大きいもの。新品はこのクラスで1000万円近くする。)ピアノではあるけど、普段弾かれてないから、音の抜けは良くないなあ」と、かなりネガティヴに感じたのです。

    でも、いざピアノを移動して、演奏するメインの展示場で弾いてみると、びっくりするほど気持ちよかったのです。

    天井も高く、床面積もとても広い場所でしたから、残響もすごくありましたせいか、さっきのような「詰まった音」には聞こえなくて、空間に音がどんどん、羽ばたいて拡がっていく快感を感じました。

    楽器というものは、楽器の素質も大事ですが、素敵に響く空間と一緒になって初めてその威力を発揮できるのです。

    楽器と空間の音響効果もさることながら、そこにあった、ヴァンジの彫刻が僕の心のどこかをさまざまに刺激したことも確かでしたが。

    学生時代、知り合いの金属で作られた作品を二カ所の美術館で観たとき、周りの風景が違って、作品そのもののイメージが、正反対と言って良いような違いを感じて非常に興味深かったことがありました。

    音楽だけでなく、様々なものが、周りが変わることによってその印象も予想以上に変化していくように思いました。

    あの美術館は、再び弾いてみたい筆頭の場所でもあります。

    関連記事

    自分の楽器01 - 2005.07.19 Tue,13:49

    准の部屋01外出して出会った楽器の事ばかりかいているが、自分の部屋はこうなっている。
    職業としてピアノを弾いているのにグランドピアノがないのか、と思う人がほとんどだろう。

    二年前まで二十数年使っていた国産のピアノがあった。
    とても気に入っていたKAWAIのGS30という機種だ。
    もっとも初期のモデルだがその中でも「当たり」と自信を持って言える楽器だった。
    今は知り合いの歌い手の家に嫁に出した。

    写真の左がほとんど誰も知らないRachalsというドイツの今はたぶん現存しないメーカーのもの。右が新品で買ったけど、これも歴史は19世紀中盤からあるSeilerというメーカーのもの。
    キャラクターは全然違う。

    おのおのの事についてはまたいずれ。
    関連記事

    ノイマン - 2005.07.17 Sun,01:16

    Neumann
    これも森田ピアノ@京都にあったノイマンというピアノだ。

    今は存在しているかどうかは知らない。

    最近の縦型はけっこう小さく作ってあってそうなると低音弦はそれほど重厚には鳴らないものだけど、これはいわゆるヤマハのグランドピアノで言うところのC5といわれる200センチクラスの楽器の持つ弦の長さがあると説明されたけどそれは弾けばすぐに実感した。

    背も高い楽器だけにとても存在感のある深い音だった。
    黒いピアノはあまり見栄えに個性がないけど、これはなかなか細かいところでおしゃれしているね。

    自宅のRachalsも「同郷」のハンブルグだったし、Steinwayもそうだ。
    楽器の街でもあるんだな。
    関連記事

    ブリュートナーのアップライト - 2005.07.16 Sat,15:26

    Bruethner_up1これは、京都の森田ピアノで出会った一品。2004年の9月だ。
    その後2005年の4月末に再び訪れたときもまだ嫁には行ってなかったのでまた弾かせてもらった。

    スタインウェイやベーゼンドルファーの演奏会用の状態の良いピアノには全国様々な大きなホールで出会うチャンスも多いけど、スクエアピアノだけでなく、こういう家庭用の楽器の良さは、ホールではなく「部屋」でないと実感できないわけだし、そもそも縦型ピアノの本当に良い音がする奴はたまらなく気持ちいいのだ。

    外観もとても雰囲気があるが、音も良かった。

    まだ本格的な手入れをしていなかったので、印象を細かく述べるのは失礼かも知れないけど、この時代の楽器に良くある、オーヴァー・ダンパー(あるいはアッパー・ダンパーとも言うらしい)によって、音の切れ際がなんとも余韻があって好きなのだ。
    bruethner_up_inner
    写真(突っつくと大きいのが見られるよ)にあるように弦の振動を止めるダンパーが弦を打つハンマーの上にあるからそう呼ばれるのだろうが、自分の家に縦型ピアノがある人は覗いてみれば分かるとおり、通常は、これに比べればもっと弦の中心、つまりハンマーよりは下の部分で音を止めている。
    その方が効率は良いだろう。

    なんでハンマーの上で止めるのかは他にも理由があるのかもしれない(知ってる人は教えて)けど、弦の端を止めると言うことは効率の面では望ましいとは言えないが、その分余韻が出るわけだ。

    天才ピアニスト デヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた映画「社員」否、「シャイン」のなかで、彼がアップライトの前の板を取り外してアクションむき出しにして練習しているシーンで、メーカーは見えなかった(一回しか観てないから)けどオーヴァー・ダンパーだったのが印象的だった。
    古い時代のアップライトには多いのだろうね。

    でも弾く人によっては、音の切れが悪いので、これを好まない人も多いらしいけど、だからといって、「普通のダンパー」にレストアすることだけはやめてほしいなあ。

    ブリュートナーのグランドピアノは、アリコート方式といって、スタインウェイやヤマハのそれとは違い、高音部の三本の弦の上側(つまりハンマーはその弦には触らない)にもう一本共鳴用の弦を渡してあるのは有名な話だが、この会社はやっぱり「余韻」とか「残響」というものに対する嗜好が独特なんだろうね。

    多分戦前のモデルだけど、知り合いの歌の先生のご自宅にはとても良いブリュートナーのグランドピアノがある。
    伴奏でたまにそこに訪れるのに、生徒と先生が話し込む間、俺はその楽器にかじりついているのが常なのだ。
    この時代のブリュートナーだからか「その楽器」が特別なのか、最近のモデルはほとんど感銘を受ける楽器に出会ったことがない。

    最近横浜の西洋館で弾くチャンスがあった。とにかく建物に風情がある。
    もちろんそこに至るまでの外の庭園も、周りの住宅も風情がある。
    吹き抜けの部屋で響きも良かった。

    でもどうして、家具などはみんな西洋のものなのに、ピアノは後でおいた国産の「普通」の楽器なんだろう。
    劣悪なものではないからコンサートは楽しんで弾けたのだけど、こういう楽器が西洋館にあったらどれだけすばらしい気持ちになれるかと常々思う。

    ホールやサロンは、新品の楽器を買うことは当たり前だけど、サロンなんかこういう時代物をしつらえるという考え方も持って欲しいな。
    もちろんそれにはメインテナンスできる腕の良いピアノ技術者がいないと駄目なんだが。
    関連記事

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました 顔に見えるもの cityscape RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました  funny 東京都 landscape  NIKON-D5100  神奈川県 龍谷寺 SIGMA-DP2Merrill   architecture 葉っぱ 僕の作曲  山猫合奏団 妙な看板 monochrome 宮沢賢治 @Discover神奈川県相模原市 SIGMA-DP2Merrillで撮りました 動物園 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました 岡山県 Fuji-FinePix2500Zで撮りました  横浜 動物 lighting CANON-PowerShotG10で撮りました 牛窓 静岡県 CASIO-EX-FH20で撮りました macro SIGMA-DP1sで撮りました art sky  CANON-EOS_KissX nostalgia  RICOH-CX3 Musical 八王子 白石准 紅葉 night  どんぐりと山猫  sunshine sunset 掛川花鳥園  Tokyo winter concert CANON-EOS_KissX3で撮りました 京都 flowers 金属系 俯瞰 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 人間 piano 新宿 楽器  沖縄県 セロ弾きのゴーシュ SIGMA-DP1s metallic ちいたま 室内 渋谷 retouch animals  reflection RICOH-CX6で撮りました birds  Kannon diorama  初めて知った漢字の読み書き food 鉄塔 新宿御苑  like-a-face 昭和の香り  公園 Yokohama story autumn 鍵盤  bridges music overlook Olympus-E-PL3 temple 井の頭自然文化園  orchestra pink 動く SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫 手造   zoo 庭園 RICOH-CX6 大阪府 神社 薔薇 Recording 宮崎県  Xmas 鳥居  相模原北公園 白石准の演奏姿 SD15 山梨県 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました clouds SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 leaves 富士山 飛翔 階段 子供 印象的な看板 human sea   trumpet history CASIO-EX-FH20  雨粒 服部牧場 Okinawa trees toilets  tower 植物園 片倉城跡公園 イギリス館 噴水  twilight 注文の多い料理店 京都府 相模川 soccer CANON-PowerShotG10 stations railways  きゃらめる カラス  演奏会場  富山県 river 黄昏 people  Ferris-wheels cats 静物 snow  梅田 Fuji-FinePix2500Z 乗り物 insects  tulip 杉並区  栗鼠 rusted SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001 枯れて綺麗なもの  立山 autumn-leaves swimming Osaka Kyoto 赤坂 moss 百合 有楽町  名古屋 spring iPhone4で撮りました むすび座 飛行機 歴史   牧場  愛知県  info orange the-last-century parks 西洋館 dogs 飛騨高山 ぼけ写真 枯葉 栃木県 とちぎ花センター  兵庫県 Mingle celesta tree 東大寺 紫陽花 Kanagawa films absence water 東山動植物園 秋桜  楽寿園 skytree manhole summer 河口湖 オツベルと象 SL 福島県 love 鉄道 owls aquariums 富士サファリパーク arts narcissus 単焦点 instruments   technic 昇仙峡  羽村動物公園 movie red 宮ヶ瀬湖 県立相模原公園 奈良 pigs みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 lakes 美ら海水族館 音楽 yellow Germany  kingfisher 小石川後楽園  山羊 Roland  white crane 城山湖 moving silhouettes temples children man-made tunnels   墨田区 不在 知多湾  morning 相模原市 pond falls factory 爬虫類 麻溝公園 concerto 訃報 サイガバレエ 小宮公園  岩手県 えびの高原 八重洲 contrast mountains Foveon セキレイ 巡礼 大磯城山公園 dam さがみ湖プレジャーフォレスト 水族館   蜻蛉 みゅう 韓国 CANON-EOS_KissX3 両生類  scrap ダリア   iTunes hotel moon  アルテリッカ joke  長野県 劇団あとむ 町田市 朝露 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました 木漏れ日 黒部ダム ponds  汐留 考える NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 concerts Islamic Steinway 東京駅 天王寺動物園 シーサー 浜離宮 garden liquor 三重県 カンガルー 教会 根性植物 曼珠沙華 椋鳥 lesson  cat お地蔵様 park キジムナー・フェスタ サンシャイン水族館 狛犬 浅草  my-father's-photos shadow swim peoples 秩父 正露丸 韓国の日本語表記 rare SIGMA-DP2Merril 六本木 Tokyo-bay  遠近法 東京ジャーミイ 変な建物 photo話 最乗寺  螺旋 蜘蛛  多摩動物公園  ズーラシア blue 富士花鳥園  向日葵 銀座 埼玉県 睡蓮 ラ・フォンテーヌ fail flower 三菱一号館 HDR 境川 railway 東京 自転車 USA 言語 Miyazaki Shinjuku Mt.Fuji glass モスク graveyards green SIGMA-DP1Merril 蚤の市 fishes gardens 根岸競馬場跡 architectures 青山 谷中 信号機 ノウゼンカズラ ゴジラ 演奏場所 パチもの 丸の内 f1.4 Halloween 高千穂 公孫樹 mushrooms 演劇 Wien bell  ススキ 仏像  日比谷 youtube 群馬県 cycling メディアに取り上げられたこと 岡山後楽園 枯れた蓮 technology 大阪城 観音 silhouette  sunrise Clematis MF パチンコ 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses rabbits   山手111番館 Andre_Henry 皇帝ダリア toriis ガラス ダム スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました 首里城 東京国際フォーラム PaxCrossOver 池袋 酔芙蓉 蒲公英 台風  YouTube France square_piano 東京Tower 線路 揚羽 pigeon Boesendorfer  カマキリ 外国 施食会 amateur flying DigitalPiano 編曲 WestsideStory Trumpet  寺子屋 fire stones smile 大宮八幡  京都市交響楽団 sheep 水中 grasshoppers black shrines mannequin wood rainbow cars move 屋根 神戸花鳥園 Hiroshima 大久野島 whale_sharks Nagoya アンドレ・アンリ 下北沢 reptiles 板橋区 銭湯 逆光 遊園地 吉祥寺 自動車 island Tokyo-tower gold 水面 達磨 藤野 ペンギン synchronized 動画 上野動物園 サボテン 牡丹  工場 川鵜  アルパカ 空港 steampunk レンガ エーデルささゆり 御茶ノ水 皇居 麒麟 帆船 仙台 親子 ハナミズキ 所有物 海遊館 流し撮り mirror 宮沢賢治展 美術館 岐阜県 かもめ  沖縄 シエナ・ウィンド・オーケストラ 陽光  animal pine 和田堀公園 箱根 二条城 江ノ島 廃墟系 空中写真  ivy 古墳 鹿 instrument aquarium ルミナリエ 上高地 MyComposition Foveon_Classic_Blue windows 招き猫 照葉大吊り橋 真鶴 ruins dragonflies 卒塔婆 downtown hippopotamus stairs spirals sleeping Illuminations DP2 SIGMA Merrill MFレンズ 睡眠 slow_shutter stories purple helicopters airplanes Shibuya gull crows  長屋門公園 透過光 絶滅危惧種 フィルム写真から 硝子 Chita-bay プリモ芸術工房 三嶋大社 床屋 organ 辺野古 ship Tokyo-Rainbow-Bridge road ドライフラワー car indoor Yokohama-Bay-Bridge bike 千葉県 正月 ceiling ハイビスカス   大阪 嵐山 道志川  朝顔  赤外線 模型 独奏  インコ 煙突 アシカ symmetry 野毛山動物園 Erard Bechstein 岡本太郎 清水寺 松島    宮城県 横浜マリンタワー   羽田空港 お台場 山科 心斎橋 鶏頭 表参道 石川県 金沢 原宿 秋葉原 絵画館 外苑 小物 誕生寺 ホウジャク 広島県 七沢森林公園 dance crow 精進湖 dragonfly 神戸 草野心平 bridge 京都府立植物園 飛行機雲 高山正樹 津堅直弘 新日本フィルハーモニー insect 楠定憲 Piano 津山 山口県 rose rain spiral シマウマ  鸚鵡 髪切虫 BIKE 幻冬の詩 神楽坂  reflections 菖蒲 黒鳥 多摩川 bicycle 八王子市 東京湾 turtle 八王子車人形 山猫 Guys&Dolls keyboards 神奈川  お盆 四天王寺 candle chimneys 吉祥院 towers asses lions trolley_bus trumpets ropeways Nara 透明人間 cigarettes bricks roofs dark ice_needles woods fishings 古宇利大橋 jellyfishes meerkats ジオラマ 鉄道模型 椿 lights Olympus-E-M5 Story 自衛隊  @親父の撮った写真から farms shadows RICOH-CX4 halls deers chameleons blue_rock-thrush jeu_de_timbres airports Santa_Claus roller_coaster 東林寺 原鉄道模型博物館  カラー(花) cembalo 壁画 コウノトリ  Shiodome Tokyo-International-Forum iPhone4 神話 横浜DockyardGarden 野牡丹 小学校 movies  記念撮影 旅客機 物真似 sepia 28-80mmの中古MFレンズで撮りました Ushimado 草野心平記念文学館 doors Okayama koala bench still-lifes bottle pigeons ropeway seal Tokyo-Sky-Tree turtles farm street-lamp Arashiyama Tokyo-Gate-Bridge Sunshine-aquarium Kobe paint Sendai Matsushima beach Hackbrett dolls illuminations winte performances  photos skating Ginza earthquake fighters bicycles pansies ToyPiano ToyPianos dams islands keybords squirrels fishing battles tulips buoys Dance snowman surprise tablephoto fennecs walnuts cityscapes fliers sonw organs lover objets Sinjuku cicadas lens sunshines 枯れた moths ducks wooper‐looper amphibians otters education buds stingrays stars maras capybaras 檜ホール icstruments table 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins bamboos fisshs Japanese_blue_magpie raccoon_dogs raccoons vines spiders foods dragons Ninja apples icicles asteroids dolphins fountains sea_lions singing XmasTree flamingos cable_car Caramel 135mm単焦点の中古MFレンズ ムラサキシキブ photo Pipe-Organ Cheetama アトリエ萌 リス  三渓園 ピンク jupiter8 chain 自分の作曲 E-PL3 Olympus DP Mt.FUJI lock 配管 車両 横浜開港記念館 ダンス  Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 三輪車 Olympus-EM5 Architecture Jupiter8 Musician DIGNO2 slowshutter 玉暈け 八ヶ岳 白黒  モノレール SIGMA-DP!Merrill 那覇 レトロ sunflower 等々力渓谷 monpou cocert  sprinkler stove running 碍子 変電所 白石 platforms mirrors reflectons table_photos Landscape storms landscapes 街灯 hat tortoise advertisement solo 井手詩朗 illumination 山之口貘 Lion Like-a-face donkey 東山動物園 花虻  gerbera 兵庫 retro laughing neon brown 墨絵 gazing glasses 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    01 | 2024/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: