fc2ブログ

    2022-05

    中山鳥居,台輪鳥居を見つけた@ここは南砺市だったのかな - 2011.08.13 Sat,18:58

    中山鳥居後で、別の記事で紹介するけど、2004年以来、富山の南砺市にある武田楽器に行って古い鍵盤楽器を触りまくってきたのですが、その帰り、車で南砺市から五箇山に連れて行って貰う途中で、わざわざ鳥居の前で撮らせて貰いました。

    この鳥居は、よく見かける島木系の形だけど、下の貫という部分が外側に突き抜けてない(下の写真と比べると良く分かる)のは、中山式というそうです。

    特徴を列挙します。
    1.島木(微妙だけど)と笠木両方とも反りがあり、端っこは斜めにカットされている。
    2.貫は外側に突き抜けない。
    3.額束はある
    4.貫が貫いてないから楔がない。

    そして、この下の写真の天満宮のものは、ポピュラーな島木系っぽくみえますが、明神鳥居に構造的補強で、柱の上部、島木と接する箇所に台輪があるもののことを台輪鳥居というそうです。

    こっちの特徴は
    1.台輪があること。
    2.島木の反りは微妙だが両端は斜めにカットされている。
    3.貫は柱を貫いている。
    3.額束がある。

    追記にあるのは以前紹介した鳥居ですが台輪はありませんね。

    自分の家の近所の神社には本殿には、立派なしめ縄があるけど、鳥居とかには、こんな立派なしめ縄はなかったなあ。

    台輪鳥居@南砺市

    関連記事
    スポンサーサイト



    金剛頂寺,真光院(西寺)4,五葉松 - 2011.07.19 Tue,12:34

    五葉の松1西寺の境内には立派な松が生えていました。

    とっても葉っぱに特徴がある、五葉松(だと思いますが間違えていたらごめんなさい)です。

    僕が東京でLessonの場所に使わせて頂いている両輪山龍谷寺というところの松とは完全に種類が違いますね。

    宮崎で濃霧の中にあった赤松もまた違う魅力の迫力でした。

    演奏旅行に行くと色々な場所での樹木や花に出会えるのが面白いです。

    五葉の松2
    関連記事

    赤い葉っぱその後 - 2011.07.07 Thu,13:25

    五月の頭に真っ赤な生け垣を紹介しました。

    その後6/25に再び通りかかったので撮ってみましたが予想通り赤い色はかなり減っていました。
    赤い生け垣その後
    関連記事

    公園に出かけた猫が見たもの - 2011.06.14 Tue,22:20

    猫のきゃらめると近所の、相模原北公園に夕方散歩に行きました

    しばらく歩いて来たら、じっと動かなくなりました。
    きゃら@北公園9052

    その視線の先には、、

    関連記事

    ガクアジサイ,4連発 - 2011.06.14 Tue,20:35

    最初の二つは龍谷寺に咲いていたもの。
    ガクアジサイ23111

    ガクアジサイ23113

    こっちは相模原北公園に咲いていたもの。
    ガクアジサイ9035

    ガクアジサイ9047
    関連記事

    電車のPlatformから見えたもの - 2011.06.13 Mon,22:31

    今日は朝、今週末の17日の、“注文の多い料理店”のリハーサルをした後、小田急線に乗って町田方面に乗っていたら、眠りこけて相模大野まで行ってしまった。

    引き返すために別のPlatformに居たら、何か赤い丸いものが見えたのでzoomしてみた。
    ballなのかorangeなのかやっぱり分からないけど、写真に切り取って見ていたら、なんか地震でめちゃくちゃになっている日本(日の丸の国旗)みたいに見えてきた(爆)

    このがれきを取り除いて、さわやかな国旗になるように戻りましょう。
    石ころ国旗

    redとgrayのcontrastという点では、この写真と共通するものがあるが、印象はだいぶ違う。



    関連記事

    “オツベルと象”の音楽の台詞の部分は白石准の書いたラップなのです。 - 2011.04.23 Sat,11:21

    アフロ鹿のシャドウ“オツベルと象”関係の記事の高山正樹のコメントにする返事のつもりで書いていたが、長いので記事にすることにした。


    ある物を犠牲にして別のものを獲得する、というのは正に正しい解釈だと思う。

    この作品を「芝居」や「朗読」だと思って鑑賞する人と、音楽だと思って鑑賞する人で、欲求不満度は凄く違うだろうと思う。


    どんぐりと山猫を書いた30年前に栗鼠の場面で今回の手法を試しているのだが、それは僕の考えるラップの表現なのです。


    故に普通に朗読しているはずが、ある程度抑揚のない語り方になる(実はそういうところがあっても別にかまわないとまで思っている。役者にとっては許せないことなのだろうが。)のは二人ともしょうがない事だと思っていて、役者魂として綺麗な抑揚で喋ろうとこれからの段階でもがき苦しんでもらう事は作曲家として嬉しいことです。


    ただし、歌としてメロディが付いてない所も、音符に制御されている訳だから常にテンポや拍子の事を考えた語りにならなくてはいけないわけで、普通の朗読の延長線上でアプローチしようとする高山と、音楽のノリからアプローチしようとする楠とのせめぎ合いが面白いのだ。


    僕としては現状台詞の意味が伝わりにくくなっている状態について多分、演劇の専門家ほど深刻に考えてないのです。

    高山が、琵琶の先生に「あまり言葉を分からないように語って良い、なぜならば分かるように語ったら今風だから」みたいなことを云われたらしく、それを稽古場で実践したら、ベテランの女優さんに「ちゃんと分かる様に語らなければいけない」と云われてしまったのと似たようなことかも知れません。


    Storyが分からなければこの形式はまず成り立たないのだが、音楽に載せて語るということを本気でやりだして、ある意味声楽の領域に踏み込んだとたん、意味論が最優先課題にはならないわけで。

    まあ僕の作品には、メロディーに合わせて長母音で引っ張るところは敢えて取り入れてないけど。

    その代わり二人で一つの文章をリレーして読んだり、たとえば、急いで急いで、と一人が二度言うところを、同じ時間内に、もう一人が、それを三回言っていたりする明らかに、器楽的な処理をしていたり、輪唱していたりするところがあるから、まったく演劇的ではない。


    マイクを入れて楽器と鳴らすのは当日が初めてだし、それから予想される結果は今よりだいぶ改善すると思うけど、何よりも「これは朗読ではない」つもりとはいっても、聞く人は「語る」ということに対する先入観によって、この作品の「言葉のあり方」について厳しい批判を受ける事は十分覚悟はしてる。

    しかし、これがやっと僕が見つけたこれからの僕の作風の基本だと思うので、その点を批判されても意外には思わない。

    後は、演奏者としてのみんなと練習して作品を成長させないと。

    ピアニストとしてはまだ自分のパートが全然弾けてないし(爆)


    写真は、神奈川県相模原市の橋本駅近くにあった、樹の影で、なんかアフロヘアーの鹿かカンガルーが枝を加えて躍動する感じがある(爆)
    関連記事

    神奈川県相模原市橋本駅周辺のCityscape@Discover神奈川県相模原市 - 2011.04.23 Sat,00:37

    橋本駅近くのエクステリア屋のモデル子供たちのサッカーを見た後、しばらく行くと国道16号線を渡ることになる。

    その手前にエクステリアの会社があるのだが、サンプルとしてこういう小屋が建ててある。
    季節によって趣が違うのだけど、今の感じはこうだ。

    なかなか渋い。
    練習や作曲部屋で借りたいくらいだ。
    なんかGriegとかMahlerとかは作曲部屋があったらしいけどうらやましいよね。

    駅のそばの自転車置き場の最後の角を曲がる前、何時も通っているのに気づかなかったというより気にしてなかったのだが、ここに蔵があるんだね。
    橋本駅近くの元蔵1

    橋本駅近くの元蔵2仕事で地方に行くと、蔵の街というのはよく見かけるけどここにもあったんだな。

    もともとなんの蔵だったのだろう、、、橋本駅近くの事に詳しい人教えてください。

    そして追記にはこれらを撮ったCasioにで桜を撮影したものを投稿しました。

    そうなんです、これは今から数日前の相模原市なのだけど、まだ散ってない桜もあったんですよ。

    明日は激しい雨だって云うからもうだめかな。

    関連記事

    文字通りの草Soccer - 2011.04.23 Sat,00:16

    さっきの記事に続くのだけど、公園でも花を撮った後、駅に向かって行ったら子供たちがsoccerをしていた。
    懐かしいなあ、学校の帰り何時もやってた。

    でもおじさんの子供時代は公園にしろ学校の校庭にしろ、草は生えてなかったよ(爆)
    まあ本当の競技場の芝みたいにはなってないけど、ここじゃ転んでも校庭よりはましだね。

    たしか、昔のSoccer協会の会長は、totoのお金で、全国の小学校の校庭を芝生にしたい、と云っていたが、確かに管理が大変で先生達は嫌がるだろうけど、素晴らしいことだとは思った。

    かつてscotlandに一度だけ演奏しに行ったことがあったけど、どこでも芝生ばかりだった。
    で、hallの楽屋口で休憩していたら子供たちがballを蹴って近づいてきたので20分くらい一緒に遊んだもんだけど、そんな場所でさえ綺麗な芝生だった。

    芝生の上でsoccerをやれるだなんて本当にうらやましいと思ったよ。
    草サッカー8862

    せっかく多機能のCompact Digtal Cameraなので、一度も使ったことのない分解写真みたいなmodeで撮ってみた。
    設定でもっとShutterの間隔を開ければ面白い写真撮れそうだ。
    分身の術だね(爆)

    よく見たら、Ball liftingの達人が居た大木の所だ。
    草サッカー分身の術

    未来の俊輔や本田を目指してください。
    ちゃんと蹴っているところ向こうのおばあちゃんが注目してくれてるよ。
    最近は公園でボールも蹴ってはいかんという表示が多いけど、本当は男の子達はこうやって暴れないとエネルギーが有り余ってるんだよ。

    当たり前の風景だけどこういう、身近な公園のなかのsoccerってなんかものすごく久しぶりに見た気がする。
    グランドでは見かけるけどね。

    テレビの前でgameするよりよっぽど良いよ。本当は仲間に入りたいんだ、おじさん。
    まあ三分も持たないかも知れないけど、昔は俊足のFWだったんだぜ。高校時代や中学時代のやつしかそれを証言してくれないけど。
    草サッカー8865

    関連記事

    雑草も負けじと花を咲かせている - 2011.04.22 Fri,23:55

    たんぽぽ2011/04/20casio8844先日、駅の駐輪場になぜか二台の自転車が停めてあったので引き取りに行ったことは前にも書いたが、その時の場所より駅寄りの場所ではたんぽぽが咲いていた。

    毎年大事にされずにいても咲きまくるのが偉い(爆)

    これもCASIOのCameraで撮って居るが、結構綺麗に写っている。

    たんぽぽ2011/04/20casio8842数ヶ月前、船橋に行った時にOwlと遭遇し、しかも怪我をしていると勘違いし、腕に乗せたことがあるのだが、その時の柔らかさの感覚って、子猫を撫でている寄りは、このタンポポの毛のイメージに近いほど柔らかかった。

    (だいぶ投稿したけどまだまだ公開してない写真がある、たぶんまだほとんど梟の記事を出してない掛川花鳥園ではお金を払わないと乗せさせて貰えないのだからある意味ラッキー)

    しかし、Casioの設定をちょっと間違えたかな、細長すぎる(爆)

    たんぽぽ2011/04/20EOS3194こっちはEOSで撮ったやつだ。

    やっぱり質感が違うな。

    ヒメジオン2011/04/20casio8854まあ不幸にも誰にも綺麗だと云って貰えない代表の花がこの、ヒメジオンだろうね。

    何処でも見かけるけど、これが希少種だったらどんな云われ方したんだろうなあ(爆)

    まあ確かに、花びらというほどのものじゃなくて100円均一の店にありそうな雑な感じはするが、これだって、人間のために咲いている訳じゃないから、大事にされなくてもへっちゃらなんだろう。(爆)

    まあblogにヒメジオンの写真を出すひとも多くは無いだろうから、まあ5/1の“オツベルと象”の初演は予想するに、面白がる人と、言葉が聞こえないと、腹を立てる人と両方出ると思うので、後者が圧倒的多数だった場合は一生懸命咲いてもこの人達と僕の運命は同じになるかもと、思いました(爆)
    そんな批判は重々承知の上で自分のやっていることは間違ってないと思っています。
    一回で分からない作品は無数にあるからね。
    何でもすぐに伝わらないといけない、なんか「分かりやすいことが一番大事」という感じに迎合するつもりはないです。
    ヒメジオン2011/04/20casio8853

    こいつらにひきかえ、やっぱりこっちの人は育ちがいいなあと思いますよ、、、。↓

    関連記事

    植物園に行かなくても今は百花繚乱@神奈川県相模原市橋本編1 - 2011.04.20 Wed,17:56

    2011/04/20花1昨夜遅く、“オツベルと象”のRehearsal後も、都内の事務所から郊外の自宅まで車で送ってもらって帰ったので、さっき駅の自転車置き場に停めてある自転車を歩いて取りに行って来た。

    二台停まっちゃってるのでこれからもう一台(実は京都に行く前から停めているのだ(爆))を引き取りに再び駅まで歩いてくるのだが(歩くと約30分弱!!)、さっきは普段よりだいぶ時間がかかってしまった。

    なぜかというと、あちこちに咲いている花を撮して停まっていたからだ(爆)

    今日は久しぶりに、最近EOSの一眼レフで撮すので、使わなくなったCASIOのCompact CAMERA(EX-FH20)をもって歩いて色々なmodeで撮してみたが、結構綺麗に取れた。

    いくつか持って居るCameraのそれぞれの個性があって面白いものだ。

    京都の植物園の写真の続きをUploadするつもりが近所の花になってしまった。まあ続きはまた後で。


    芝桜の名所が秩父の方にあるらしいけど、行って見たくなった。
    白いのとこのPinkの奴が入り交じっているのが好きなのだが、広い敷地で見たら綺麗だろうな。
    2011/04/20花2

    桜の季節が終わると、街にはこのハナミズキ(Flowering Dogwood)の季節になります。
    今年初めて見た。
    これも白いのとピンクのがあるね。
    初めて一人暮らしをした町田市の鶴川のアパートのそばに白いハナミズキが沢山坂のところに咲いていて、ちょうど五月の頭に引っ越したのでその頃のことを思い出します。(田んぼがそばにあってゲロゲロ鳴いていたし)
    2011/04/20花3

    山吹(Japanese kerria)も咲き始めたね。
    2011/04/20花4

    同じ所に咲いていたこの小さな黄色いのは何だろう。
    薔薇の様な形だけど、写真ではclose-upなので大きく見えるけど小さい花です。
    雑草の部類かもしれないけど綺麗だ。
    さあ、暗くなる前に、というかこれからがMagic Hourなので、もしかしたら近所での面白い空が撮れるかもしれないし、もう一台の自転車を駅に取りに行こう。
    2011/04/20花5

    一眼レフじゃないけど、結構後ろのぼけは上手く撮れた。
    一眼レフを手にして初めて絞り優先とかのモードをこっちでも使える様になったからかな。
    しかもWhite balanceも曇りにしてやってみました。
    2011/04/20花6

    関連記事

    その辺に居る伝書鳩以外の鳩はみんなドバトだと思ってた、こりゃキジバトだったんだ - 2011.03.21 Mon,09:39

    こっちはこの間訪れた生徒さんの家の庭で見かけた鳩。
    なんか入れ墨しているお兄さんに見えてきた(爆)

    と、つい先日書いたのだが、
    http://juninho.blog16.fc2.com/blog-entry-1777.html
    に撮してある鳩とか、
    http://juninho.blog16.fc2.com/blog-entry-879.html
    に飛んでいる鳩とかが、一番街で見かける種類の鳩で、たしかに色々模様にヴァリエイションはあるが、それは、カワラバトとかドバトという種類のものなんだね。

    で、これはキジバトという種類であることがひょんなことで分かりました。
    まあそんなに珍しいものでは無いのだろうが、ドバトの中の様々な柄の一つだと思っていたら、そうではないみたいで、に興味を持ちだした初心者としてはそこそこの発見なので、最初に投稿した記事から分離して再投稿します。

    そうやって今まで鳩を撮してきた記事(けっこうたくさんあることに気づいた)をちょっと見直したら、家のそばにいた鳩もキジバトだな。
    そうか、こっちは山が近いからこういう子がいるんだね。

    やっぱり自分が住んでいる場所は都会じゃないという証明がされたと言うことだ(爆)

    白い伝書鳩は靖国神社にいたし、掛川花鳥園にはとっても美しい鳩がいた(まだ未投稿)ので近いうちに投稿しよう。
    児玉邸の鳩

    関連記事

    やっぱり音楽には生きる喜びを目覚めさせる力があるんだと僕は実感しました - 2011.03.15 Tue,22:52

    今日は、横浜の生徒さんの家に自転車で出張Lessonをしました。
    何時もLessonしているところに来て貰うことも今日は可能でしたが、僕もここ数日作曲のためにずっと一日中モニターの前に座りっぱなしで運動不足だし、もう報道を見ていると(あまり見ないようにはしていても)どんどんネガティブな気分に苛まれるし、出かけることにしました。

    予想では1時間40~50分で着く感じを思い浮かべていました。

    神奈川県のJRでいうと橋本という駅(八王子のちょっと下)からずっと下って、町田を超え、東名高速の横浜インターの近くまでは結構順調に1時間ちょっとくらいで到達していたのですが、そこからが持参した携帯端末に現れるGoogle Mapが酷い誘導をしたのです。

    あんなところ(保土ヶ谷バイパスの上河合インター付近の西側)に米軍の施設があるとは知りませんでしたが、保土ヶ谷バイパスのそばで地図では右折(南に向かって)してここを行けと書いてあるのですが、そこは米軍施設内で入れませんでした。

    迂回しようと色々走ったら袋小路になり、結局大回りをしていたのですが、国道246号線に来るまではほとんど坂らしい坂はなかったのですが、この辺りは坂だらけで、この二年間自転車をさぼっていたつけがまわり、そこまで結構調子よく来てたのに、もう家をでてたどり着けず2時間以上経ってしまっていました。

    またタイミング良くすごい坂を登っている時に電話に気づき坂の途中で電話を仲間にしたところ、またこれが悲惨なネガティブ情報を与えてくれて(爆)、もう原発の現状を鑑みるに国は沈没するという類のものでした。

    まあ今の状態では本当に彼の言うとおり余談を許さないのですが、その言葉を聞いて、肉体的疲労に加え、精神も僕は案外もろいんだなとその時思いましたが、絶望に苛まれ、もう明日にも死ぬかも知れないとまで思いました(爆)

    “オツベルと象”は僕の白鳥の歌で、未完のまま一度も演奏されず朽ちていくのだ、、、とか、、、

    そしてやっとこさ、目的地に着いたときには2時間半もかかっていました。総距離は33km弱くらいだったかな。

    すごく滅入っていたのですが、ご家族と一緒に飯を食い、そして馬鹿話をし、そしてLessonになって、他人の弾くピアノの音が、今日はなぜか凄く心に染み入り、もちろん恐ろしく厳しい現実は消え去っては居ないのですが、さっき坂の途中からここに来るまで感じていた、明日に死ぬと宣告されたようなな気分はどっかに行ってしまいました。

    自分でもその曲を弾くと、なんともいえない、なんか力が湧いてくる気がするのです。

    音楽家の存在がこの酷い状態に苦しんでいる人すべてを救えるとはとうてい思えませんが、他人と会うこと、話すこと(ネガティブなことだけではなく)、そして音楽を共有することは勇気を失わないためには絶対に必要だと感じました。

    ですから、4/9に予定されている僕の仲間達のアマチュアの発表会は物理的にそのころ、来られないとか、その人の気分が音楽なんかやっている場合じゃないといわれちゃわないかぎり、どんなに少ない人数だったとしても僕は決行するべきだと思いました。

    昼間だったら停電でもアナログの楽器たちだから大丈夫だしね。

    “オツベルと象”の初演になる5/1の音楽祭が開催されるかどうか、今の状況だと本当に不透明ですが、僕はいつものように(いつも以上に)きちんと準備をして臨むつもりです。

    もしなくなったって出来る事なら、共演者さえその気になってくれれば別の場所でやってやる。


    twitterを巡っていたら、かなり専門的な文章で科学には(高校の時は結構理解できてたんだが)ちんぷんかんぷんの僕ですが、この記事から得られることは、報道やみなさんの一部に破滅的な考えをもたらしている福島の原子力発電所の現状について言われるほど、そして思うほどの結末は来ないかもということを知ることが出来たので、この瞬間また気分が持ち直してきました(爆)

    なんか情報被災から少し救われた気分になりました。
    もちろんコメントには反論もあるし、何も起きなかった状態にすぐに戻れるとは確かに思わないし、現実的に花粉情報の様に放射能の濃度の報道も始まったからただ事ではないのですが、福島の原子力発電所はチェルノブイリとは決定的に違うし、あそこが破壊されても核爆弾が爆発するのとは違うということを知っただけでも、まだ色々チャンスはあるしすぐに首都圏から離れることを考えなくても明日も生きられる希望が湧いてきました。

    反論はあるかもしれませんが、それはそれとして、その僕にとってはすばらしいレポートは以下のURLにあります。
    他にもtwitterでとても有用な情報に巡りあってますが、そういうのはなるべく自分の意見を入れない公式リツイートしていますが、この情報はやっぱりそれをやってない人にも紹介したいと思いました。
    http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2406950.html


    写真は、今日訪れた生徒さん邸の庭に置いてあった鉢植えの写真です。
    先月も千葉の船橋のお宅でその辺に住むマダムたちの合同Lessonをしましたが、今日もその時も美味しいランチを頂きました。
    幸せ(爆)
    空腹とネガティブな感情は比例する。


    確かに状況はかなりネガティブだ。

    でも考えたら放射線が届かない地方にいくとこなんかないし、もうどうせあと20年もすれば死んでしまうかも知れないのでそれが癌なのか糖尿から引き起こされる合併症なのかくも膜下出血なのか脳溢血なのか白血病なのかってたいした違いはないと思えばたいしたことはない(爆)

    この災害で自分は今のところ「生かされた」のだと考えたら、無念に亡くなっていった人たちに、今絶望するな、と言われそうだ。

    twtterでretweetしたけど、救出されたおじいさんが「チリ津波も経験しているから平気、また再建しましょう」とあっけらかんと笑顔でインタビューに答えていたのが本当に頭が下がるし、負けちゃいけないと知らない人から教えて貰えるのだ。

    もちろん、地震と津波の再建と、原子力発電所の危機とは話が違うのだけどね。

    そうだ作曲した“ジョディと子鹿のフラッグと”にもジョディが絶望したとき、病で死んだフォダウィングが空から出てきて励ましてたじゃないか。

    考えたら、昨日の本来輪番停電の時に停電しなかったのだが、人によっては商売が上手く行かず、停電した方が良かったなんて言っている人がいるけど、僕は停電しないで本当に良かったと思います。

    そのおかげでその時間帯にかなり作曲を出来たからです。

    普段なら絶対にそんな考えにたどり着かないけど、あの瞬間停電を停めたのは節電に協力した首都圏の人たちなので、あの部分は、その人達が作曲したのだと、ブリッ子するなと言われようが書いちゃいます。

    生かされたし、(まったく僕と関係ない、これからも会うことの無い人たちの力によって)作曲させて貰ったわけで、共演者が意気消沈したりそれを受け入れる人が誰もいなくなったとしても、僕は今の仕事をやめないで出来るところまでは準備をしてもっと良いものに作り替えていきます。

    それを被災して絶望している人たちのために、なんて非現実的な事は書きません。
    まず自分の魂をしっかり助けないと誰も僕なりに助ける余裕が出来ないと思うからです。

    実際に被災して無くても、間接的な「情報被災」がひたひた自分の精神を確実に侵し始めていますし、いろんな公演が中止になったり交通機関が麻痺し続けたり本当に放射線の危機が増えてきたらLessonどころじゃないから給料生活をしてない僕は干上がってしまって税務上は音楽家で居られなくなるかも知れない。
    まあそう言うことが現実来ても音楽をやめられる訳はないのだから何とか生き続けている間に何か出来るよ、きっと。タイムラグがあったとしても、、。

    厳しい現実の状況は正確に把握しなければならないけど、でもしっかりするということは僕にとってはこういう事だと思うのです。

    もしかしたら、今、この日本では今まで見知らぬ人たちでおのおの限定的につきあっていたはずの人たちがいろんなシーンで手を差し伸べ合っていることを考えると、どうせ被災者にはこの思いは伝わらないとしても、どっかで気持ちの連鎖は何かを生み出す力になると思えるようになりました。


    花でも見て気分を入れ替えよう。
    今日は一眼レフを持って歩かなかったので結構写真にノイズが出てますがね、、。
    児玉邸の花



    と書いていたら凄い余震が、、って震源地が、携帯に来た情報からすると山梨だってよ、これって余震じゃなくて新たな地震の本震じゃないか、、、。
    ここまで気分が盛り返して来たのに、、、、、

    くじけず皆さんがんばりましょう。
    関連記事

    曇りの日は色が恋しくなるから - 2011.03.04 Fri,22:14

    花casio8810

    花2011/03/04-20913

    花2011/03/04-9735

    花2011/03/04-20915
    関連記事

    Moon, Crow & Building - 2011.02.10 Thu,01:40

    都庁、烏、月
    http://www.flickr.com/photos/belokamensky_juninho/5430782499/lightbox/
    関連記事

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました 顔に見えるもの cityscape RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました  funny 東京都 landscape  NIKON-D5100  神奈川県 龍谷寺 SIGMA-DP2Merrill   architecture 葉っぱ 僕の作曲  山猫合奏団 妙な看板 monochrome 宮沢賢治 @Discover神奈川県相模原市 SIGMA-DP2Merrillで撮りました 動物園 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました 岡山県 Fuji-FinePix2500Zで撮りました  横浜 動物 lighting CANON-PowerShotG10で撮りました 牛窓 静岡県 CASIO-EX-FH20で撮りました macro SIGMA-DP1sで撮りました art sky  CANON-EOS_KissX nostalgia  RICOH-CX3 Musical 八王子 白石准 紅葉 night  どんぐりと山猫  sunshine sunset 掛川花鳥園  Tokyo winter concert CANON-EOS_KissX3で撮りました 京都 flowers 金属系 俯瞰 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 人間 piano 新宿 楽器  沖縄県 セロ弾きのゴーシュ SIGMA-DP1s metallic ちいたま 室内 渋谷 retouch animals  reflection RICOH-CX6で撮りました birds  Kannon diorama  初めて知った漢字の読み書き food 鉄塔 新宿御苑  like-a-face 昭和の香り  公園 Yokohama story autumn 鍵盤  bridges music overlook Olympus-E-PL3 temple 井の頭自然文化園  orchestra pink 動く SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫 手造   zoo 庭園 RICOH-CX6 大阪府 神社 薔薇 Recording 宮崎県  Xmas 鳥居  相模原北公園 白石准の演奏姿 SD15 山梨県 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました clouds SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 leaves 富士山 飛翔 階段 子供 印象的な看板 human sea   trumpet history CASIO-EX-FH20  雨粒 服部牧場 Okinawa trees toilets  tower 植物園 片倉城跡公園 イギリス館 噴水  twilight 注文の多い料理店 京都府 相模川 soccer CANON-PowerShotG10 stations railways  きゃらめる カラス  演奏会場  富山県 river 黄昏 people  Ferris-wheels cats 静物 snow  梅田 Fuji-FinePix2500Z 乗り物 insects  tulip 杉並区  栗鼠 rusted SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001 枯れて綺麗なもの  立山 autumn-leaves swimming Osaka Kyoto 赤坂 moss 百合 有楽町  名古屋 spring iPhone4で撮りました むすび座 飛行機 歴史   牧場  愛知県  info orange the-last-century parks 西洋館 dogs 飛騨高山 ぼけ写真 枯葉 栃木県 とちぎ花センター  兵庫県 Mingle celesta tree 東大寺 紫陽花 Kanagawa films absence water 東山動植物園 秋桜  楽寿園 skytree manhole summer 河口湖 オツベルと象 SL 福島県 love 鉄道 owls aquariums 富士サファリパーク arts narcissus 単焦点 instruments   technic 昇仙峡  羽村動物公園 movie red 宮ヶ瀬湖 県立相模原公園 奈良 pigs みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 lakes 美ら海水族館 音楽 yellow Germany  kingfisher 小石川後楽園  山羊 Roland  white crane 城山湖 moving silhouettes temples children man-made tunnels   墨田区 不在 知多湾  morning 相模原市 pond falls factory 爬虫類 麻溝公園 concerto 訃報 サイガバレエ 小宮公園  岩手県 えびの高原 八重洲 contrast mountains Foveon セキレイ 巡礼 大磯城山公園 dam さがみ湖プレジャーフォレスト 水族館   蜻蛉 みゅう 韓国 CANON-EOS_KissX3 両生類  scrap ダリア   iTunes hotel moon  アルテリッカ joke  長野県 劇団あとむ 町田市 朝露 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました 木漏れ日 黒部ダム ponds  汐留 考える NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 concerts Islamic Steinway 東京駅 天王寺動物園 シーサー 浜離宮 garden liquor 三重県 カンガルー 教会 根性植物 曼珠沙華 椋鳥 lesson  cat お地蔵様 park キジムナー・フェスタ サンシャイン水族館 狛犬 浅草  my-father's-photos shadow swim peoples 秩父 正露丸 韓国の日本語表記 rare SIGMA-DP2Merril 六本木 Tokyo-bay  遠近法 東京ジャーミイ 変な建物 photo話 最乗寺  螺旋 蜘蛛  多摩動物公園  ズーラシア blue 富士花鳥園  向日葵 銀座 埼玉県 睡蓮 ラ・フォンテーヌ fail flower 三菱一号館 HDR 境川 railway 東京 自転車 USA 言語 Miyazaki Shinjuku Mt.Fuji glass モスク graveyards green SIGMA-DP1Merril 蚤の市 fishes gardens 根岸競馬場跡 architectures 青山 谷中 信号機 ノウゼンカズラ ゴジラ 演奏場所 パチもの 丸の内 f1.4 Halloween 高千穂 公孫樹 mushrooms 演劇 Wien bell  ススキ 仏像  日比谷 youtube 群馬県 cycling メディアに取り上げられたこと 岡山後楽園 枯れた蓮 technology 大阪城 観音 silhouette  sunrise Clematis MF パチンコ 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses rabbits   山手111番館 Andre_Henry 皇帝ダリア toriis ガラス ダム スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました 首里城 東京国際フォーラム PaxCrossOver 池袋 酔芙蓉 蒲公英 台風  YouTube France square_piano 東京Tower 線路 揚羽 pigeon Boesendorfer  カマキリ 外国 施食会 amateur flying DigitalPiano 編曲 WestsideStory Trumpet  寺子屋 fire stones smile 大宮八幡  京都市交響楽団 sheep 水中 grasshoppers black shrines mannequin wood rainbow cars move 屋根 神戸花鳥園 Hiroshima 大久野島 whale_sharks Nagoya アンドレ・アンリ 下北沢 reptiles 板橋区 銭湯 逆光 遊園地 吉祥寺 自動車 island Tokyo-tower gold 水面 達磨 藤野 ペンギン synchronized 動画 上野動物園 サボテン 牡丹  工場 川鵜  アルパカ 空港 steampunk レンガ エーデルささゆり 御茶ノ水 皇居 麒麟 帆船 仙台 親子 ハナミズキ 所有物 海遊館 流し撮り mirror 宮沢賢治展 美術館 岐阜県 かもめ  沖縄 シエナ・ウィンド・オーケストラ 陽光  animal pine 和田堀公園 箱根 二条城 江ノ島 廃墟系 空中写真  ivy 古墳 鹿 instrument aquarium ルミナリエ 上高地 MyComposition Foveon_Classic_Blue windows 招き猫 照葉大吊り橋 真鶴 ruins dragonflies 卒塔婆 downtown hippopotamus stairs spirals sleeping Illuminations DP2 SIGMA Merrill MFレンズ 睡眠 slow_shutter stories purple helicopters airplanes Shibuya gull crows  長屋門公園 透過光 絶滅危惧種 フィルム写真から 硝子 Chita-bay プリモ芸術工房 三嶋大社 床屋 organ 辺野古 ship Tokyo-Rainbow-Bridge road ドライフラワー car indoor Yokohama-Bay-Bridge bike 千葉県 正月 ceiling ハイビスカス   大阪 嵐山 道志川  朝顔  赤外線 模型 独奏  インコ 煙突 アシカ symmetry 野毛山動物園 Erard Bechstein 岡本太郎 清水寺 松島    宮城県 横浜マリンタワー   羽田空港 お台場 山科 心斎橋 鶏頭 表参道 石川県 金沢 原宿 秋葉原 絵画館 外苑 小物 誕生寺 ホウジャク 広島県 七沢森林公園 dance crow 精進湖 dragonfly 神戸 草野心平 bridge 京都府立植物園 飛行機雲 高山正樹 津堅直弘 新日本フィルハーモニー insect 楠定憲 Piano 津山 山口県 rose rain spiral シマウマ  鸚鵡 髪切虫 BIKE 幻冬の詩 神楽坂  reflections 菖蒲 黒鳥 多摩川 bicycle 八王子市 東京湾 turtle 八王子車人形 山猫 Guys&Dolls keyboards 神奈川  お盆 四天王寺 candle chimneys 吉祥院 towers asses lions trolley_bus trumpets ropeways Nara 透明人間 cigarettes bricks roofs dark ice_needles woods fishings 古宇利大橋 jellyfishes meerkats ジオラマ 鉄道模型 椿 lights Olympus-E-M5 Story 自衛隊  @親父の撮った写真から farms shadows RICOH-CX4 halls deers chameleons blue_rock-thrush jeu_de_timbres airports Santa_Claus roller_coaster 東林寺 原鉄道模型博物館  カラー(花) cembalo 壁画 コウノトリ  Shiodome Tokyo-International-Forum iPhone4 神話 横浜DockyardGarden 野牡丹 小学校 movies  記念撮影 旅客機 物真似 sepia 28-80mmの中古MFレンズで撮りました Ushimado 草野心平記念文学館 doors Okayama koala bench still-lifes bottle pigeons ropeway seal Tokyo-Sky-Tree turtles farm street-lamp Arashiyama Tokyo-Gate-Bridge Sunshine-aquarium Kobe paint Sendai Matsushima beach Hackbrett dolls illuminations winte performances  photos skating Ginza earthquake fighters bicycles pansies ToyPiano ToyPianos dams islands keybords squirrels fishing battles tulips buoys Dance snowman surprise tablephoto fennecs walnuts cityscapes fliers sonw organs lover objets Sinjuku cicadas lens sunshines 枯れた moths ducks wooper‐looper amphibians otters education buds stingrays stars maras capybaras 檜ホール icstruments table 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins bamboos fisshs Japanese_blue_magpie raccoon_dogs raccoons vines spiders foods dragons Ninja apples icicles asteroids dolphins fountains sea_lions singing XmasTree flamingos cable_car Caramel 135mm単焦点の中古MFレンズ ムラサキシキブ photo Pipe-Organ Cheetama アトリエ萌 リス  三渓園 ピンク jupiter8 chain 自分の作曲 E-PL3 Olympus DP Mt.FUJI lock 配管 車両 横浜開港記念館 ダンス  Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 三輪車 Olympus-EM5 Architecture Jupiter8 Musician DIGNO2 slowshutter 玉暈け 八ヶ岳 白黒  モノレール SIGMA-DP!Merrill 那覇 レトロ sunflower 等々力渓谷 monpou cocert  sprinkler stove running 碍子 変電所 白石 platforms mirrors reflectons table_photos Landscape storms landscapes 街灯 hat tortoise advertisement solo 井手詩朗 illumination 山之口貘 Lion Like-a-face donkey 東山動物園 花虻  gerbera 兵庫 retro laughing neon brown 墨絵 gazing glasses 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    04 | 2022/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: