fc2ブログ

    2024-03

    横浜の根岸周辺の神社の狛犬 - 2013.01.05 Sat,18:30

    最近は神社や寺に自分から入っていくことも増えたので、結構狛犬を目にしているのだが、狛犬というcategoryを作った割にはほとんど素通りし、撮ってないことに気づいた。
    昨年秋には神社だらけの高千穂に行ったのに七五三縄に気をとられて狛犬撮らなかったなあ。
    一時は鳥居の形に興味を覚え、色々集めたが、面白い鳥居も最近あまり見かけないのだから今年は狛犬を狙っていこう。
    この狛犬は、工場夜景を撮りに行こうと横浜の根岸公園の側の丘に行ったら全然駄目で(爆)、そのすぐ横にあったもの。
    暗くて何と言う神社かは調べないで帰ってしまったが、狭いながらも滝が境内にあったりして、面白そうだった。
    そのうちまた行って昼間に撮ろう。
    しかもこの狛犬を撮る時、MFレンズだったから、手動で夜にピントを合わせてまだ初心者の僕が鮮明に合うわけ無いね。
    残念。
    根岸周辺の神社の狛犬

    これは苔も生えてないし、かなり新しい狛犬だと思います。
    このちょっと階段の下(参道はひたすら階段でした。)に古い狛犬があったから、今度は滝とその狛犬も撮ることにしよう。
    根岸周辺の神社の狛犬

    気づいた事があるぞ。
    鳥居は、木製だったり石で出来ていたり、中には金属のものもあるが、狛犬は大体石で出来てるよな。
    木製や金属製の狛犬はもしかしたらどこかに在るのかも知れないけど、少なくとも僕は見かけたことがない。
    狛犬じゃなくて牛やイノシシ、他の動物のものはこのcategoryの中にもあるけどね。
    関連記事
    スポンサーサイト



    天岩戸は何処まで飛んでいったのか - 2012.12.06 Thu,09:57

    10月中旬に高千穂に行った記事があまりに投稿間隔が空きすぎていかんなあと思います(爆)

    昨日の未明に書いて、昨日の朝、再投稿した八王子車人形の記事の中に、「天岩戸」の事に言及したので、この記事は、天岩戸について書きます。

    高千穂に行って泊まった民宿のご主人に聞いた神話のストーリー、実はみんなは知っている当たり前の事なのかもしれないが、僕は歴史に疎いので、この時初めて知った事があります。

    天岩戸神社の西本宮の入口には、こんな迫力のある彫像が観光客を迎えています。
    天岩戸神社のアメノタジカラヲ

    天照大神が閉じた天岩戸を無理矢理開けたのがアマノタジカラヲという神様だ。
    それは、その部分を作曲したので判っているが。(タジカラヲノミコトという表記との違いを誰か教えてください。アマノが着くのは高天原の、という意味かなそして、ミコトというのは人間側から見た呼称なのだろうか。)

    近づくと結構迫力があるぞ。
    天岩戸神社のアメノタジカラヲ
    撮影@SONY-DSC-HX100V



    さあ、この怪力の神様が投げた先は、、、、?

    関連記事

    夜の穴八幡宮@東京早稲田,劇団民藝公演のお知らせ - 2012.12.01 Sat,12:40

    2012/11/24(土)、白石准は、Piano奏者としてではなく、Cembalo奏者(Cembaloの専門家からすると糾弾されるほど「なんちゃって奏者」ではあるのだが僕の仕事の守備範囲からすると、「ありがたいことに」弾かざるを得ない状況がこういうときにあったりするのだ。)として、作曲家池辺晋一郎氏の書いた劇音楽、「満天の桜」劇団民藝12月公演,2012/12/20に公演は終了します。)の録音の為に、東京早稲田にあるAVACO Studioに赴きました。

    僕は長年、ラジオドラマだったり、こういう劇音楽の録音の仕事をしていますが、延びちゃった事はあったり、時間になって途中で終了、ということもあったりもしたが、逆に初めてと言って良いだろう、ちょっと早くというにはあまりにもの凄く早いスピードで(つまりほとんど誰も間違えなかった(爆))録れたので、予定時間の半分以下(なんと一時間掛からなかった)で仕事が終わりました。

    故に帰り、もちろん夜だったがすぐそばにある穴八幡宮に行って撮影三昧をしました。

    というか、夜のこんな録音の仕事にまで一眼レフ(昨日は夜だし(爆)高感度に弱いSIGMAの最強コンパクトは持ってなかった)に、レンズトータル三本を持って歩く僕は馬鹿でしょうか。
    そうです、こういう録音の仕事は、当日に譜面を見せられて初見で弾くので、カメラ以外には、持って行くものはなかったのです(爆)
    だから、スタジオに現れた出で立ちは、カメラを肩から提げた怪しげなおっさんでした。
    Cembaloの調律の方(たぶんプレイヤーだったと思います、お名前を訊くのを忘れた)に、ごくごく基本的なCembaloの機構と譜面の表記(まったく何も書かない作曲家もいるが、さすが楽器を熟知していらっしゃる池辺先生は、楽器のセッティングについて細かく書いているのだ。)を反映する仕方をこの歳になって初めて知りました(爆)

    で本番までは面白がってバッハを弾いていたら、案の定調律が狂いまくり、録音開始15分弱の間、もう一回調律をさせるという暴挙になってしまいました。すみません。
    本当にちょっと弾くと狂いやすいのですよ。だから、Harp奏者と同じく、プレイヤーが自分でやられるのです。

    さて、スタジオを出て、穴八幡宮の境内に続く階段を登ります。
    これはノイズが酷いので、写真投稿サイトには大きいサイズでアップロードしませんでした。
    故に他のと違い、この写真だけはclickしても何も起きません。
    夜の穴八幡宮@早稲田

    この撮影にはNIKKORの35mm/f1.8の明るさに頼り、フラッシュ無しにこんなに明るく(眼で見るより明るかったかも知れません(爆))撮れました。
    久しぶりにISOを500に上げました。
    僕は結構SIGMAのカメラを使うときは、もともと高感度に弱いので、ISO50とか100のままで長時間露光をするのが好きなので、一眼レフの時もそれに準じた撮り方をします。
    でもSIGMAだとちょっと荒れてしまうが通常の現在のカメラだったら全く常用範囲であるISO500だと安心して手持ちで撮れるけど、この山門を撮るには、やはり真っ暗の中手振れしてしまうので、正面からは無理で、横から灯りが当たっているときに、なんかの台に置いて撮りました。
    夜の穴八幡宮@早稲田

    隣接するお寺に続く階段ですが、燈籠が綺麗だなと思って撮りました。
    やっぱりこんなに暗いからISO上がってるしノイズはしょうが無いかな。
    夜の穴八幡宮@早稲田

    正しい名称は知りませんが、この狛犬に似た人たちが沢山山門には居ました。
    実は、この右上に、綺麗な半月が昇っており、それも一緒に撮りたかったからこういうアングルにしたのですが、それはやっぱり広角レンズがないと駄目でした。
    魚眼に近いくらいの超広角レンズが欲しい(爆)
    夜の穴八幡宮@早稲田

    この神社の境内でひときわ異彩を放っているのが、この布袋様です。
    かつて何年も前、夏の昼間に来たときも撮ったけどその時は境内に生えている大木に感動して記事にしたけど、布袋様については、写真の出来に満足できず公開しなかったかなと思う。
    夜の穴八幡宮@早稲田

    一番暗くてカメラを支えるものもない、参道のど真ん中から手持ちで苦労して撮った本殿です。
    きっと、昼間より綺麗に見える気がしました。
    夜の穴八幡宮@早稲田

    最初に書いたとおり、最初の写真以外はclickすると大きく見ることが出来るようになります。

    撮影@NIKON-D5100
    AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G(単焦点)
    関連記事

    今日15日は七五三の日だから書くけど、しめ縄って漢字でどう書くかご存じですか?@高千穂発探訪4 - 2012.11.15 Thu,23:59

    titleの「七五三」と「しめ縄」には関連性が無いように思いますね。


    民宿天和の七五三縄と佐藤さん実は、先月、宮崎県に行って、“どんぐりと山猫”を演奏した後、それが数回目の宮崎県訪問だったけど、前前から一度は天孫降臨の地、高千穂に行って見たかったのです。

    古事記編纂1300年の今年、それとは全く関係ないが(爆)、高千穂でconcertの話が来るともおもえないし、ついでに行った方が交通費のことを考えても、行くなら今しか無い、と直感的に思って一人で高千穂まで足を伸ばしたのです。

    そして、とてもリーズナブルに泊まれた民宿の天和(てんほう)のご主人、佐藤さん(写真の右側に立っていらっしゃる方)が泊まった夜に質問を投げかけたのが、titleの文章の後半部分でした。


    その答えを聞いてっくり、、

    関連記事

    八百万の神々が集った場所、天安河原@高千穂初探訪1 - 2012.10.30 Tue,01:33

    拙作“どんぐりと山猫”を宮崎県の新富町に行って弾いた記事に続きます。

    今までに演奏をしに何回も宮崎には行っているのに、一度も神々が降り立った場所、高千穂に行くチャンスがなかったのです。
    恐ろしく昔に、高千穂に行くには必ずといっていいほど宮崎側からは通る延岡でも演奏した(初宮崎は延岡だったと思う。)けど、毎日演奏会が別の場所であって、すぐに移動しなければいけなかったしその時点では、高千穂が何処にあるかも判ってなかったし、とにかく地方に演奏に行き始めたばかりだったからその事で興奮しているし、その場所に行きたいと言う気持ちも無かったはず。

    今回はもう一生に二度とチャンスは無いかも知れないと思って、意を決して民宿を予約して、弾いた当日、山猫合奏団の人たちとは別れて一人高千穂に向かいました。
    (でも行ってみて結論から言うと、絶対にまた高千穂には行ってみたいと思うようになったけど。)

    高千穂に入る前にも面白いものを沢山見かけたので時間軸に沿えばそっちの写真を出すのが、記事の流れからすれば正しいのですが、明日(というか今日)、僕が長年教えてきた人達が、ある意味人生初めての挑戦とも癒えるconcertを迎えるにあたって、神々のそばに行って撮った写真をこのめでたい日に掲示したいなと思ったのです。

    ここは、天照大神がスサノオの乱暴に今風で言えば、ぶち切れて、天岩戸に隠れてしまい、全世界が真っ暗になってしまったとき、八百万の神々が集まって会議をした、天安河原(あまのやすかわら)という場所です。

    今までも写真で見たことがあって、是非行ってみたかったのです。

    場所は、天岩戸神社の西本宮の奧に十数分歩いてたどり着けます。
    天岩戸神社の西本宮と東本宮についてはまた別記事で今回学んだ事を記述しますが、この場所は、天岩戸そのものだと勘違いしている人がいるようですが、ここにはありません。

    単に会議をした場所ですが、なにせ八百万の神々が集ったところだから、どんな願いや悩みにも誰かが聞いてくれるということで、来る人が各々の祈りや願いを込めて石を積んでいるのだそうです。

    今日居たら、このconcertが上手く行きますようにと願うところです。
    願いの石積み

    上の写真に、右側を撮っている方が見えますね。
    そうです、その右側には、下の様に天安河原の洞窟が見えるのです。
    何で白黒かって?
    この写真を撮ったカメラは上の写真を撮ったカメラとは違います。
    単に設定を白黒にしていたのです。
    余り上手くは撮れてませんね。
    やっとたどり着けて、今度いつ来られるかも判らないのに、この方向から撮ったのはこれしか無かったことに気づき大いに後悔しましたが、しょうがない。

    なんでこうなったか考えてみました。
    洞窟の中側から見た写真を見たことがあって、それがあまりに美しかったので、その印象が強すぎて、外側から撮るという意識がほとんど欠落していたのだと思います。思い込みというのは本当に駄目だ。まだまだ修行が足りません。
    天安河原

    洞窟の中に入ってみました。
    中からは相当な広角レンズを持ってない限り、洞窟が浅いのでさっき外から撮った様には洞窟の円周を全部フレームに収めることは不可能です。
    時々綺麗に全体が写っている写真を見かけますが、それはそういうレンズで撮影されたものというわけです。
    写真をclickして写真の情報を参照して頂ければ判るけどこれだって、結構な広角レンズなんですよ。
    (この記事の写真の多くがこういう暗い条件で手持ちだったからピンぼけだけど(爆))
    天安河原

    同じような写真が続いて申し訳ないが、左側の方に、無数の石積みが見えるでしょうか。
    他のものを倒さないでどうやって中側の方の石積みをしたのだろうと考えてしまいました。
    天安河原

    関連記事

    神社の木は巨大だよね@Discover神奈川県相模原市 - 2012.06.03 Sun,13:15

    以前にも似たような写真を出したが、ご神木?なのか、神社にある木はでっかい。

    知り合いと近所の神社で。
    やっぱり境内の一番端っこに行ってやっと木の一番上の部分までフレームに入ったくらいです。

    人間の体が小さすぎて、実際に見た「でけえ」という感じが、白飛びもしているこんな写真じゃ表現しきれない。
    ご神木?はでかい
    関連記事

    そうか、最初はこんな色から始まるのね - 2012.04.19 Thu,10:47

    錦糸町の葺いたばかりのお稲荷さん先日、東京錦糸町にあるホールで仕事をした時、いつもとは違う道でホールに向かったら、ありがたい事に、屋根を葺き替えたばかりのお稲荷さんに出会いました。

    現在、東京駅の駅舎もrenewal中で、毎月一度は東京駅に降りるのだけど同様に今は屋根がピカピカです。
    これが段々深緑色に染まっていくのですね。

    こんなに新しい屋根のお稲荷さんは見た事がありませんでした。

    錦糸町の葺いたばかりのお稲荷さんこの左の写真と一番下の写真だけclickすると大きくなって、このお稲荷さんの場所が判ります。


    錦糸町の葺いたばかりのお稲荷さん神社やお寺の建物の屋根って、妻入り形式と平入り形式が在るらしく、これは平入り形式なんだろうけど、正面から見ると三角形の装飾も見えて建築の事はとんと判らないけど、こんな小さなものまで様式美と細かい細工がとても素敵だと思いました。


    錦糸町の葺いたばかりのお稲荷さんこれからここに来る度に屋根の色の変化に注目してみたいと思います。

    そういえば撮るのをいつも忘れるというか、まだカバーがしてあるから本気がでないのだけど、二月あたりに東京駅のホームから見えた新しい銅の屋根がこの間行ったら、もう少しくすんで来た感じがしました。

    次回東京駅に行ったら撮ってみよう。
    関連記事

    宮崎青島神社の鳥居 - 2012.02.10 Fri,21:54

    たまに、真っ赤な鳥居の一部分がこのように白かったり、鳥居全体が白かったりするものがあるが、朱色の鳥居と、木のそのままの色のものと、石そのものと、金属のものの意味の違いを深く知りたいものです。

    まあ金属のものはきっと近代になってからのものでしょうし、コンクリートっぽいので出来ているものもそんなに古いとは思えないけどね。

    お稲荷さんに代表される鳥居の朱色はきっと魔除けの色でしょうね。
    白いものもきっと神聖な色なんだとは思いますが。


    これは、昨年の秋、山猫合奏団の宮崎ツアーの際、僕は行けなかったのですが、帰りに同行した知り合いが、最近鳥居好きになった僕のために(爆)、青島に行って撮ってくれたものです。
    鬼の洗濯板と言われる模様が見えて居ます。


    この鳥居は、広島の宮島にある厳島神社と同じく、脚の所に補強の様な柵の様なものが付いている「両部鳥居」であるけど、配色が個性的だね。

    あと、台輪も付いてる。

    宮崎青島神社の鳥居

    また宮崎には行ってみたい。

    特に高千穂などの古く神聖な所に。

    宮崎青島神社の鳥居

    これを知り合いが撮っていた頃、我々は空中に居たと思われます。
    関連記事

    赤坂にある山王日枝神社に居た山王のお猿さん - 2012.01.10 Tue,11:57

    昨日所用で、赤坂六本木近辺に行った。
    この前三つの記事もその近辺の情景です。

    この時以来、日枝神社に行ったのだが、山王のお猿さんを撮りました。

    猿は古くから魔が去る「まさる」と呼ばれているそうで、そういえば、「まさるお守り」というのが売っていたのだけど、何なのかな?と思ってました。
    赤坂山王日枝神社の猿

    赤坂山王日枝神社の猿

    関連記事

    三囲(Mimeguri)神社の三角鳥居 - 2011.12.14 Wed,22:07

    昨日も東京の下町、墨田区の向島というところに居たのだが、そこから浅草までは結構近い。

    それで思い出したことがある。

    このblogでは、最近、この記事のcategoryにあるように、珍しい形の鳥居との出会いはかなり増えてきたが、11月の頭くらいに、江戸川区で朝、本番があった後、訪れた隅田川沿いの浅草に近いところに牛嶋神社の三輪鳥居を見たときも、びっくりしたのですが、その近所にもう一つやっぱり変わった鳥居のある神社がありましたのでその日は珍しい鳥居を一日で二つも見たことになりました。

    その名は、三囲(みめぐり)神社と言います。

    三巡りと書かず、三囲と書くのには、たぶん三井家とのつながりがあるからだろうと言われているのですが、どうなのでしょうか。
    確かに境内に一般の人が参拝できないコーナーがあってどうやらそこは三井家の参拝所だった感じでした。

    そういえば、三井家の人に知り合いがいるので、今度機会が合ったら聞いてみようかな。

    そこには他にも珍しいものがあったのですが、まずは、この見たことのない立体的な鳥居を紹介します。

    三角鳥居とこの場所には書かれていますが、三柱鳥居とも言うそうです。

    これを案内する色々なページがありますが、だいたいこのアングルで撮られていますね(爆)
    というか、よっぽど広角レンズとかで攻めない限りこの位置からしか取れないスペースにありました。

    神社の端っこの方にひっそりと佇んでいました。

    三囲神社の三角鳥居

    近寄ってみましょう。
    三角形になっているのを正確に分かりやすく撮すには、相当下からかもっと上から撮った方が分かりやすいとは思いますが、そうする手段を持ちませんから、思い切り背伸びをして、カメラを頭上に構え(RICOHの小さいカメラです)て撮ったのがこれです。

    真ん中にはきっと鳥居の持つ意味を象徴するような井戸がありました。

    三囲神社の三角鳥居

    三囲神社の三角鳥居説明書きにはこうありました。

    やっぱり三井家との関係が見て取れますね。

    今度京都に行くチャンスが来たらそこにも行って見たい。

    今度は下から撮ってみました。
    三囲神社の三角鳥居

    なぜこういう形になったのか。
    色々と説があるようで、なかには西洋の宗教との関係もささやかれている様です。
    興味のある人は検索してみると色々でてきます。
    三角鳥居

    三柱鳥居

    関連記事

    原始的な黒木鳥居を発見 - 2011.11.11 Fri,10:44

    昇仙峡近くの原山神社の鳥居1鳥居に興味を持ちだしてから数ヶ月。

    このcategoryの記事もそこそこ増えてきた。

    行ける範囲でのリサーチだけど、それぞれの鳥居は化粧と言うか、特に木製のものにはきちんと鉋がかけられたり彩色を施していたり柱などの表面は綺麗になっているものがほとんどだった。

    これは、丸太の皮も剥がない状態で組み上げた原始的な鳥居ですね。

    山梨県にありました。原山神社と書いてありますが、ネットで調べても有名な原山神社(分社なのか)とは違う、二又に別れる街道沿いの小さなものでした。

    分類としては、神明系なのですが、黒木鳥居というそうです。

    昇仙峡近くの原山神社の鳥居2また地方に行く機会があって大規模な黒木鳥居がある場所に行ったら撮ってみたいです。

    上記の黒木鳥居という文字列のlink先の立派なものは、笠木の両端の太さは同じような大きさになっている様に見えますが、この鳥居は小規模なものだから、脚は当然だとしても、笠木(一番上の横の丸太)が左側が根元で右側が少し細くなっている状態のままになっているくらいそんなに大きな木を使ってなくて本当に原始的な構造だと思いました。
    関連記事

    三輪鳥居(みわとりい)@牛嶋神社 - 2011.11.08 Tue,08:48

    東京は墨田区の向島の方にある、牛嶋神社には三輪鳥居 ( 1つの明神鳥居の両脇に小規模な明神鳥居を2つ付けたもの)があるので、先月江戸川の方に仕事に行った帰りに寄って撮りました。

    だいぶ鳥居のcategoryのvariationsも増えてきたので嬉しいです。

    この神社は牛の象があってそれも色々な由来がありますが、それはいずれ狛犬のcategoryで紹介するとして、まずはこの鳥居を。

    歴史的には昔の絵には両部鳥居はあっても三輪鳥居ではなかったらしいです。
    どちらにせよ、珍しい形なので最近鳥居ウォッチャーになった僕としては嬉しいです。

    この日はもう一つ神社に行きました。
    この神社のそばには、また三囲神社(みめぐりじんじゃ)というのがあって、中には非常に珍しい鳥居と、なぜか閉店した三越の池袋店のライオンが居たりするのでそれも別記事で。
    牛嶋神社の三輪鳥居
    関連記事

    山王鳥居@赤坂日枝神社の鳥居 - 2011.09.16 Fri,17:34

    山王日枝神社の山王鳥居3今まで、鳥居の種類として、明神式(八幡式、台輪式)や神明式(靖国式、伊勢式を含む)、そして基本は明神式だけど、稚児柱がある両部式など鳥居のcategoryを参照して頂けたらそこそこ形式がこのblogでも集まってきたが、今日は笠木(かさぎ)の中央に棟柱を建てて合掌形の破風を架した、山王鳥居を紹介します。

    ここは東京赤坂(昨年にはCHICAGOで一時毎日通っていたけど行ったことはなかった(爆))の有名な日枝神社の鳥居です。

    この形の鳥居のRootsは日吉大社にあるらしいですが、一度行ってみたいです。
    赤い鳥居とこういう石の鳥居の由来もあまり良く分からないのでそのうち知り合いの宮司さんに訊いてみよう。

    これは割合からするといわゆる鳥居の形を思い浮かべたときにはあまりこの形を描く人は多いとは言えないでしょうね。

    とても立派です。

    山王日枝神社の山王鳥居2境内の外に向かって大きい鳥居はこの三つの様でしたが、微妙に色がちがうけど、全部山王式でした。

    実は境内の中にはちょっと様式の違う鳥居がありました。
    (それはそれでちょっと変わっていたので、いずれ別記事にします。)

    でも同じ神社の中に違う流派の鳥居があるのはそう珍しいことでは無いと最近判ってきたので驚きはしませんでした。

    だんだんこの鳥居のcategoryも種類が増えてきて面白くなってきました。

    山王日枝神社の山王鳥居1

    関連記事

    たぶん全国的にも相当珍しい狛犬だと思うよ。熊野神社@八王子みなみ野 - 2011.09.15 Thu,20:46

    八王子みなみ野の熊野神社の狛犬1この鳥居の記事を書いたときに予告しましたが、僕が良くPianoを練習しに行ったり、Lessonしに行ったりする東京の郊外の八王子の龍谷寺に自転車で行く途中にある熊野神社の狛犬です。

    犬ではないね、きっと。

    実はここは色んなCameraで何度も撮影していて、全体の写真とか、神社の由来の看板とかの写真もあるのだけど、とりあえず今日は狛犬から出して、そのうち追記にそれらを出して再投稿しましょう。

    残念ながら、手というか前足は欠損していますが顔の迫力、およびこの胴体は本当に奇天烈なものでしょうね。

    八王子みなみ野の熊野神社の狛犬2反対側の人です。

    狛犬としてはとても小さいです。
    八王子みなみ野の熊野神社の狛犬3

    下にある葉っぱと比べても解る様に、猫の体くらいと表現して間違いないと思います。
    今度猫を連れてって並んでもらって大きさが分かる様に撮ろうかな。
    八王子みなみ野の熊野神社の狛犬4

    八王子みなみ野の熊野神社の狛犬5なんか、この日は左側の人の頭の上に虫がいるのが気になっていた(爆)

    八王子みなみ野の熊野神社の狛犬6居心地がいいのか僕がそばに寄って撮っていても全然逃げませんでした。

    八王子みなみ野の熊野神社の狛犬7この狛犬の作られた時代は相当に古いらしいです。
    背中に書いてある明和二年というのはMozartが子供でまだBeethovenが生まれる前頃だったように書いてあった記憶があるけど。

    そうだ、来週の月曜日にはMozartを弾く訳だから彼が生きていた頃に生まれたこの狛犬に本番までにもう一度お参りしてこようかな。

    この狛犬に関しては、Netで「八王子みなみ野 熊野神社」などのkeywordで検索すると沢山の人が驚きをもって紹介してます。由来や場所はここでアナウンスしなくてもそれらを見てもらえればいいかな。
    関連記事

    相原諏訪神社の狛犬 - 2011.09.07 Wed,10:10

    相原諏訪神社の狛犬全景以前にこの記事でちょっと触れた、東京の郊外、町田市の相原(ほぼ八王子市と相模原市の境目、横浜線の相原という駅のそば)にある諏訪神社の勇壮な狛犬をご紹介しましょう。

    相原諏訪神社の狛犬左この口をつむっている方の狛犬の乗っている台も荒々しい感じですが、子供なのかな、別に二匹の狛犬もこの中に居たりします。

    写真をclickするとよくわかりますが、上に居る大きな狛犬の後ろ足の辺にしがみついているのが一匹。

    そして、大きな狛犬の珍しく下を向いた心配そうな視線の先というか、下に登りかけているのが一匹。

    追記にそれらのclose upを乗せてありますが、台座自体が深山を表しているようで、なかなかstoryを感じる動きのある狛犬ですね。

    相原諏訪神社の狛犬右一方口を開けている方の狛犬は対照的によくあるように勇壮に頭を上にしています。

    で、こっちは小さい狛犬はやはり足下の方に一匹いますが、左の様にもう一匹は一見したところ見当たりませんでした。

    もしかして左下のでっぱりのところかな、とも写真を見て思いましたが、今度実際にまた行って確かめようかな。

    関連記事

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました 顔に見えるもの cityscape RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました  funny 東京都 landscape  NIKON-D5100  神奈川県 龍谷寺 SIGMA-DP2Merrill   architecture 葉っぱ 僕の作曲  山猫合奏団 妙な看板 monochrome 宮沢賢治 @Discover神奈川県相模原市 SIGMA-DP2Merrillで撮りました 動物園 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました 岡山県 Fuji-FinePix2500Zで撮りました  横浜 動物 lighting CANON-PowerShotG10で撮りました 牛窓 静岡県 CASIO-EX-FH20で撮りました macro SIGMA-DP1sで撮りました art sky  CANON-EOS_KissX nostalgia  RICOH-CX3 Musical 八王子 白石准 紅葉 night  どんぐりと山猫  sunshine sunset 掛川花鳥園  Tokyo winter concert CANON-EOS_KissX3で撮りました 京都 flowers 金属系 俯瞰 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 人間 piano 新宿 楽器  沖縄県 セロ弾きのゴーシュ SIGMA-DP1s metallic ちいたま 室内 渋谷 retouch animals  reflection RICOH-CX6で撮りました birds  Kannon diorama  初めて知った漢字の読み書き food 鉄塔 新宿御苑  like-a-face 昭和の香り  公園 Yokohama story autumn 鍵盤  bridges music overlook Olympus-E-PL3 temple 井の頭自然文化園  orchestra pink 動く SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫 手造   zoo 庭園 RICOH-CX6 大阪府 神社 薔薇 Recording 宮崎県  Xmas 鳥居  相模原北公園 白石准の演奏姿 SD15 山梨県 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました clouds SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 leaves 富士山 飛翔 階段 子供 印象的な看板 human sea   trumpet history CASIO-EX-FH20  雨粒 服部牧場 Okinawa trees toilets  tower 植物園 片倉城跡公園 イギリス館 噴水  twilight 注文の多い料理店 京都府 相模川 soccer CANON-PowerShotG10 stations railways  きゃらめる カラス  演奏会場  富山県 river 黄昏 people  Ferris-wheels cats 静物 snow  梅田 Fuji-FinePix2500Z 乗り物 insects  tulip 杉並区  栗鼠 rusted SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001 枯れて綺麗なもの  立山 autumn-leaves swimming Osaka Kyoto 赤坂 moss 百合 有楽町  名古屋 spring iPhone4で撮りました むすび座 飛行機 歴史   牧場  愛知県  info orange the-last-century parks 西洋館 dogs 飛騨高山 ぼけ写真 枯葉 栃木県 とちぎ花センター  兵庫県 Mingle celesta tree 東大寺 紫陽花 Kanagawa films absence water 東山動植物園 秋桜  楽寿園 skytree manhole summer 河口湖 オツベルと象 SL 福島県 love 鉄道 owls aquariums 富士サファリパーク arts narcissus 単焦点 instruments   technic 昇仙峡  羽村動物公園 movie red 宮ヶ瀬湖 県立相模原公園 奈良 pigs みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 lakes 美ら海水族館 音楽 yellow Germany  kingfisher 小石川後楽園  山羊 Roland  white crane 城山湖 moving silhouettes temples children man-made tunnels   墨田区 不在 知多湾  morning 相模原市 pond falls factory 爬虫類 麻溝公園 concerto 訃報 サイガバレエ 小宮公園  岩手県 えびの高原 八重洲 contrast mountains Foveon セキレイ 巡礼 大磯城山公園 dam さがみ湖プレジャーフォレスト 水族館   蜻蛉 みゅう 韓国 CANON-EOS_KissX3 両生類  scrap ダリア   iTunes hotel moon  アルテリッカ joke  長野県 劇団あとむ 町田市 朝露 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました 木漏れ日 黒部ダム ponds  汐留 考える NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 concerts Islamic Steinway 東京駅 天王寺動物園 シーサー 浜離宮 garden liquor 三重県 カンガルー 教会 根性植物 曼珠沙華 椋鳥 lesson  cat お地蔵様 park キジムナー・フェスタ サンシャイン水族館 狛犬 浅草  my-father's-photos shadow swim peoples 秩父 正露丸 韓国の日本語表記 rare SIGMA-DP2Merril 六本木 Tokyo-bay  遠近法 東京ジャーミイ 変な建物 photo話 最乗寺  螺旋 蜘蛛  多摩動物公園  ズーラシア blue 富士花鳥園  向日葵 銀座 埼玉県 睡蓮 ラ・フォンテーヌ fail flower 三菱一号館 HDR 境川 railway 東京 自転車 USA 言語 Miyazaki Shinjuku Mt.Fuji glass モスク graveyards green SIGMA-DP1Merril 蚤の市 fishes gardens 根岸競馬場跡 architectures 青山 谷中 信号機 ノウゼンカズラ ゴジラ 演奏場所 パチもの 丸の内 f1.4 Halloween 高千穂 公孫樹 mushrooms 演劇 Wien bell  ススキ 仏像  日比谷 youtube 群馬県 cycling メディアに取り上げられたこと 岡山後楽園 枯れた蓮 technology 大阪城 観音 silhouette  sunrise Clematis MF パチンコ 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses rabbits   山手111番館 Andre_Henry 皇帝ダリア toriis ガラス ダム スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました 首里城 東京国際フォーラム PaxCrossOver 池袋 酔芙蓉 蒲公英 台風  YouTube France square_piano 東京Tower 線路 揚羽 pigeon Boesendorfer  カマキリ 外国 施食会 amateur flying DigitalPiano 編曲 WestsideStory Trumpet  寺子屋 fire stones smile 大宮八幡  京都市交響楽団 sheep 水中 grasshoppers black shrines mannequin wood rainbow cars move 屋根 神戸花鳥園 Hiroshima 大久野島 whale_sharks Nagoya アンドレ・アンリ 下北沢 reptiles 板橋区 銭湯 逆光 遊園地 吉祥寺 自動車 island Tokyo-tower gold 水面 達磨 藤野 ペンギン synchronized 動画 上野動物園 サボテン 牡丹  工場 川鵜  アルパカ 空港 steampunk レンガ エーデルささゆり 御茶ノ水 皇居 麒麟 帆船 仙台 親子 ハナミズキ 所有物 海遊館 流し撮り mirror 宮沢賢治展 美術館 岐阜県 かもめ  沖縄 シエナ・ウィンド・オーケストラ 陽光  animal pine 和田堀公園 箱根 二条城 江ノ島 廃墟系 空中写真  ivy 古墳 鹿 instrument aquarium ルミナリエ 上高地 MyComposition Foveon_Classic_Blue windows 招き猫 照葉大吊り橋 真鶴 ruins dragonflies 卒塔婆 downtown hippopotamus stairs spirals sleeping Illuminations DP2 SIGMA Merrill MFレンズ 睡眠 slow_shutter stories purple helicopters airplanes Shibuya gull crows  長屋門公園 透過光 絶滅危惧種 フィルム写真から 硝子 Chita-bay プリモ芸術工房 三嶋大社 床屋 organ 辺野古 ship Tokyo-Rainbow-Bridge road ドライフラワー car indoor Yokohama-Bay-Bridge bike 千葉県 正月 ceiling ハイビスカス   大阪 嵐山 道志川  朝顔  赤外線 模型 独奏  インコ 煙突 アシカ symmetry 野毛山動物園 Erard Bechstein 岡本太郎 清水寺 松島    宮城県 横浜マリンタワー   羽田空港 お台場 山科 心斎橋 鶏頭 表参道 石川県 金沢 原宿 秋葉原 絵画館 外苑 小物 誕生寺 ホウジャク 広島県 七沢森林公園 dance crow 精進湖 dragonfly 神戸 草野心平 bridge 京都府立植物園 飛行機雲 高山正樹 津堅直弘 新日本フィルハーモニー insect 楠定憲 Piano 津山 山口県 rose rain spiral シマウマ  鸚鵡 髪切虫 BIKE 幻冬の詩 神楽坂  reflections 菖蒲 黒鳥 多摩川 bicycle 八王子市 東京湾 turtle 八王子車人形 山猫 Guys&Dolls keyboards 神奈川  お盆 四天王寺 candle chimneys 吉祥院 towers asses lions trolley_bus trumpets ropeways Nara 透明人間 cigarettes bricks roofs dark ice_needles woods fishings 古宇利大橋 jellyfishes meerkats ジオラマ 鉄道模型 椿 lights Olympus-E-M5 Story 自衛隊  @親父の撮った写真から farms shadows RICOH-CX4 halls deers chameleons blue_rock-thrush jeu_de_timbres airports Santa_Claus roller_coaster 東林寺 原鉄道模型博物館  カラー(花) cembalo 壁画 コウノトリ  Shiodome Tokyo-International-Forum iPhone4 神話 横浜DockyardGarden 野牡丹 小学校 movies  記念撮影 旅客機 物真似 sepia 28-80mmの中古MFレンズで撮りました Ushimado 草野心平記念文学館 doors Okayama koala bench still-lifes bottle pigeons ropeway seal Tokyo-Sky-Tree turtles farm street-lamp Arashiyama Tokyo-Gate-Bridge Sunshine-aquarium Kobe paint Sendai Matsushima beach Hackbrett dolls illuminations winte performances  photos skating Ginza earthquake fighters bicycles pansies ToyPiano ToyPianos dams islands keybords squirrels fishing battles tulips buoys Dance snowman surprise tablephoto fennecs walnuts cityscapes fliers sonw organs lover objets Sinjuku cicadas lens sunshines 枯れた moths ducks wooper‐looper amphibians otters education buds stingrays stars maras capybaras 檜ホール icstruments table 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins bamboos fisshs Japanese_blue_magpie raccoon_dogs raccoons vines spiders foods dragons Ninja apples icicles asteroids dolphins fountains sea_lions singing XmasTree flamingos cable_car Caramel 135mm単焦点の中古MFレンズ ムラサキシキブ photo Pipe-Organ Cheetama アトリエ萌 リス  三渓園 ピンク jupiter8 chain 自分の作曲 E-PL3 Olympus DP Mt.FUJI lock 配管 車両 横浜開港記念館 ダンス  Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 三輪車 Olympus-EM5 Architecture Jupiter8 Musician DIGNO2 slowshutter 玉暈け 八ヶ岳 白黒  モノレール SIGMA-DP!Merrill 那覇 レトロ sunflower 等々力渓谷 monpou cocert  sprinkler stove running 碍子 変電所 白石 platforms mirrors reflectons table_photos Landscape storms landscapes 街灯 hat tortoise advertisement solo 井手詩朗 illumination 山之口貘 Lion Like-a-face donkey 東山動物園 花虻  gerbera 兵庫 retro laughing neon brown 墨絵 gazing glasses 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    02 | 2024/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: