fc2ブログ

    2024-03

    檜チャリティーホール - 2013.02.01 Fri,17:22

    檜チャリティーホール
    キャプションやコメントは、写真をclickするか、
    http://photozou.jp/photo/show/1934405/167786758にあります。

    どことなく、正面は顔に見えるが、、、(爆)
    関連記事
    スポンサーサイト



    午後のひととき@ピアノサロン「樂」(がく)にて - 2012.12.23 Sun,01:02

    柔らかい日差しの中で、午後のくつろぎ
    柔らかい日差しの中で、午後のくつろぎ posted by (C)belokamensky
    この空間の名前はかつて、ANDANTE、そして今年リニューアルして、ピアノもスタインウェイ(STEINWAY)から、馴染みがないかもしれないけど、同じドイツの名器、160年の歴史のある可愛い木目のザイラー(SEILER)に代わり、そのピアノのオーナーである、服部めぐみさんが管理人になりました。

    コンサートも出来て、もちろんLessonやセミナー、はたまた会議やちょっとした展示会、展覧会にも使えるその名も「樂」(がく)で、先日恒例の合同レッスンをしました。

    僕に習いに来る人の中には服部さんを含む船橋近辺の人が数人、二ヶ月ほど前に横浜のイギリス館でConcertをやった人達は横浜近辺にお住まいでいらっしゃるので、たまには、出向いてみんなで他人のLessonも共有するという事をして自分の問題だけでは無く他人の問題も自分のものとして考える事にしています。
    (実は、美味しいLunchをその日に食べさせて貰えるんでそれが目当てで行っている事はみんな知ってる(爆))

    これはLesson開始前のLunch終了後の飾らない時間帯の一コマ。
    僕の主宰する発表会では、ピアノだけでは無く器楽や声楽の人も出たりします。
    この日もピアノが三人、ヴァイオリンが一人でした。
    人数が多ければ一人当たりそんなに時間は取れませんが、この日は、14時くらいに始めて気づいたら、20時を大きく廻っていました(爆)
    ヴァイオリンを教えているのではありません、アンサンブル・ピアニストとしての活動が主な僕と一緒に音楽をすることによってアドヴァイスすることはたくさんあるからそういう人も来てくれるのです。
    中にはprofessionalの人も居ますが、そうじゃ無い人がほとんどです。

    ANDANTEと決定的に変わったのは、ピアノが変わった事でありますが、それと、「喫茶店」としての業務をなくし、完全な「貸し空間」になった事で、ちょっとだけ客席に使えるスペースが増えました。
    詳しくは、サロンのホームページへ。
    ピアノサロン樂〜GAKU

    実は近々正式に記事の中で告知しますが、来月の1/27(日)の午後、ここで僕の独奏会をします。
    SEILERのピアノはとても反応が良くて良い音がするので楽しみです。

    ANDANTEとしてのサイトもまだ残ったままになっていますが、もうこの場所はANDANTEではありませんので注意。以下の写真は、くだんのSEILERピアノ。
    今度行ったときにもっと楽器の事が判る写真を撮ります(爆)
    樂のSEILER Piano

    関連記事

    生演奏ではこんな配置は無いのだけど(爆) - 2012.12.15 Sat,11:22

    今日(2012/12/15(土))の夜22:00-22:50@NHK FMラジオで放送されるNHKのFMのラジオドラマの録音の際、最初Celesta(3枚目の写真左)で弾き始めて、曲の途中でPianoに乗り換える曲があった。
    そういう乗換は、管弦楽の鍵盤奏者には日常的なことなのだが、そういう場合、Celestaの置き場は、Pianoの右側に90°の角度で隣接して置くのがほとんどの状況だ。

    OEKのチェレスタ1配置によっては左側に置くことも無いわけでは無いと思うがそれは相当特殊な場合(Pianoの右側にSynthesizerなど別の鍵盤が置いてあるとか、、)だけだ。
    Celestaは単音で弾く状況も多く、Pianoの演奏に比べたら右手を使う頻度が圧倒的に多いわけだから、Pianoの右側に置くのがアフォーダンスとしては当然だろう。

    横の写真の様に左手はPianoで右手はCelestaを同時に弾くなんて曲も、Westside Storyの中ではあったりするからそういう置き方がポピュラーだ。(この写真の記事はこちら

    この写真のように大股開きをしているにも関わらず鋭角に配置しているのは僕の手が短いのと、この曲には必要の無いくらいYAMAHAの楽器の音域が広いモデルだったことと、しかも通常そういう弾き方をする可能性があるから、他の会社のCelestaのペダルは真ん中にあるのに、「ペダルは右足で踏む」という「この楽器を単独で弾くときの姿勢の自然さを追求した理由」だけでありがた迷惑で、YAMAHAがペダルを楽器の中心から寄せて右側に付けていやがって、凄く遠くなり、脚が拡がらなかったから届かない故、配置を鋭角にしているが、実は鍵盤が鋭角だと勿論手は弾きにくい。
    (管弦楽鍵盤奏者の条件としては、脚が楽に拡げられることと手が長いことが必須条件だなと実感しました(爆))
    別の記事にも書いたけど、Celestaがオーケストラの中での使われ方を知らないでこの一件親切な設計をしたYAMAHAの担当者出てこい!て感じですよ。

    ドビュッシー「管弦楽のための映像」マイクを通す音楽で無い限り、Pianoは蓋の開き方からして、奏者の右側に音が飛ぶから、奏者は客から視たらいつも右側を向いて弾いているのが通常だが、このCelestaの音が最も素直に飛ぶのは、楽器の背面からだから、奏者は、左の写真のように、指揮者に正対するのが基本。

    もちろん、協奏曲でない、管弦楽のパーツの一つとしてのPianoも指揮者に正対してはいるが、人間の向きは「指揮を見る」という事では重要なことだけど、「音の飛ぶ方向」という意味で象徴的なのは、録音の時のマイクの置き位置はPianoは、Pianoの独奏の時の客席の方向(蓋の開いている方向)から突っ込むが、Celestaは、楽器の背面に置くのであって、右側からも音は漏れているがそこにマイクを置いて録る意味がない。
    (この写真の記事はこの記事とは無関係だけどここにあります

    だから、こういう理由もあって、Pianoの配置が通常だとすると、Pianoの右側に置くべきで、左側に置く理由が見つからない。
    生演奏ではこんな配置は無いのだけど(爆)

    さて、楽器と椅子(この状態で演奏した)のこの置き方は何だ?(爆)

    もともと、このCelestaの左には、電気Pianoがあったが、この記事でも紹介したとおり、通常は各々の曲で独立して録るので、スタッフも、「鍵盤奏者が曲中に乗り換える事を想定した配置」にしないでセッティングしているものなのだ。

    この日も、録音して曲が進んでいくうちに、数曲曲の途中で乗り換える事が判明したので、楽器を理想的な配置にして、マイクのセッティングを変える手間よりは、奏者が抜き足差し足で乗り換えた方が手間が掛からないと思った。

    もちろん、作曲者も乗り換えに時間を要すると判っているから6小節とかの「暇」がある箇所なのだが、生演奏と違い、頭にはHeadphoneをしているし、余計な雑音を立ててみんなに迷惑をかけるのはいけないと思い、窮屈な配置の中でどうやったらスムーズに動けるか考えたあげく、椅子の背もたれをこういう風に90°向きを変え、Headphoneのケーブルも背中側に垂らして置いて、移動中背もたれに引っかからないようにし、Pianoに移動するとき、譜面を持ったままなのだが、ぱりぱり音がしないように、きっと見ていたら相当怪しい動きをしていた見えない苦労があったわけです(爆)

    さすがに裸足にはならなかったけど、こういう録音の時には、打楽器奏者や鍵盤の様に、移動するかも知れない楽器を担当する人は、踵が音のするような靴は履いていきません。


    移動の必要性は、この写真にあるようなもっと多くの楽器を弾いた別の時は楽器間の距離もあったし、大変でした。
    20120329NHK506St.
    しかし、この時の煩わしさは、曲中で乗り換える事は無かったので良かったのですが、Headphoneがささっている大きな機械(画面中央のCembaloのすぐ左にある各楽器のヴォリュームを調整するミキサー)を転がしながら「引っ越し」しなければいけなかったのと、奧にあるレスリースピーカー付きのOrganのスピーカーの回転を止めたり回すスイッチのON,OFFをその度にやらなければいけなかったことがありました。

    それに比べれば、今回はHeadphoneを付けたまま数歩歩けば良かったので雑音さえ立てなければ、そして、移動中に小節数のカウントを間違えなければ(爆)、大丈夫でした。

    関連記事

    独奏のStudio recordingは楽しかった - 2012.11.23 Fri,10:42

    先日も記事でほのめかしていたが、昨日と一昨日の二日間、白石准の独奏で、なんとショパンやベートーヴェンの楽曲を録音するという、僕を知っている人には前代未聞の「事件」が起こっていました(爆)

    皆さんの耳に届く(CDという媒体ではなく、ネット経由でパソコンやタブレット、スマートフォーンで聴く事になる)のはもしかしたら来年の事になるかもしれませんが、楽しみです。

    テイクの度に様々な試みをしたりして、「独奏の録音」という重圧というよりは、とても楽しんで過ごした二日間でした。
    だから、本当は、同じ曲でも違う試みをしたものを聞き比べた方が面白いと思う人も居るかも知れませんがそれはスタッフだけが味わえる「一番搾り」でした(爆)。

    SONY Studioにて

    上の写真は、今回お世話になった主要スタッフです。

    左から、僕の友人の作曲家でもある、レコーディング・ディレクターを務めて下さった横山淳氏、そして今回の仕事をくれたプロデューサーにして、僕が主宰する寺子屋音楽会のメンバーでもあるアマチュア・ヴァイオリニストの、SONYの大和田茂氏、そして、向こう側で作業をしているスタッフをとりまとめているボスの、SONYのスタジオのエンジニアの鈴木浩二氏です。
    その他、向こうに見えるエンジニアたちと、二日間最高の調律をしてくださった、中野護さん、そして、大和田氏と同じく寺子屋音楽会のメンバーである、児玉敦子さんと、上坂陽子さんにも、譜めくりと、それよりも大変な仕事になったであろう僕が弾く曲の譜面のをスタッフへの大量にコピーすることでお世話になりましたことをここに記しておきます。

    そうなのです、ノルマは5曲だったのですが、たぶん二日間でその数倍の曲数を録音しました。時間はもの凄く掛かった割には曲目は少ないかも知れませんがやっぱり多かったと思う(爆)

    イタリアの古典のガルッピ、そして、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、グリーク、サティ、バルトーク、そしてブルグミュラーまで(爆)弾きました。

    ベートーヴェンやショパン、グリークの曲の中にはピアノ弾きとしては誰でも知っているとは思うが、一般的にあまり知られていない曲も選んだものもあり、出来が楽しみです。(僕はほとんど結果を聴いてない(爆))

    蛇足ですが、医者に「とにかく水を飲め」と言われている白石准は、スタジオに居る間に写真にも写っているボトルの2L近い水を毎日飲みました。

    で、何だか知らないが、トイレに行った後に録った演奏はなかなか出来が良かった気がしました。
    故に、僕はかつてプロ野球で、「8時半の男」というキャッチフレーズがありましたが、さしづめ、「放尿後のインスピレーション男」ということになるのでしょうか(爆)
    関連記事

    “セロ弾きのゴーシュ”@祝プリモ芸術工房オープン2012/11/17 - 2012.11.19 Mon,01:00

    もう一昨日の事になってしまいましたが、我らが山猫合奏団のメンバーの1人、チェロの大島純がオーナーとしてデビューしたプリモ芸術工房での開館記念演奏会に“セロ弾きのゴーシュ”で参加してきました。
    演奏会の詳細は、山猫合奏団のblogに記しました。

    こっちのblogではそっちで出さなかった写真を出します。
    白石准は最近旅が多く、各地で食い過ぎたせいで、凄く丸くなっているのが一目瞭然だ(爆)
    しかし高山正樹はにこりともしてない。
    まあこの日は親不知が痛くて気の毒だったけど、反面、運転免許の書き換えに行って写真を撮ったら首をかしげて笑いやがった写真ばかりで、撮る人に散々駄目出しをされたという(爆)
    なんだろうな、この人のこの写真に対する表情の天の邪鬼さは。
    出演者一同

    山猫合奏団のイラストを一手に引き受けて貰っている宇夫方隆士画伯の絵がこの空間にも沢山見受けられます。
    娘でもある制作、そして影の団長宇夫方路女史と。
    宇夫方女史とパパの作品

    rehearsal開始です。
    なんか、大島君のシャツに比べて、白石准の服の趣味が酷すぎる。
    リハーサル中の白石准と大島純

    ステージの右側にはいつの間にかゾンビになったらしい高山正樹も居ます(爆)
    大島純とぞんび

    正式に多数の聴衆の眼に触れることになる宇夫方隆士作品の数々。
    デビュー直前の映像。
    宇夫方隆士画伯の作品1

    そうです、ここでは落語の公演も予定されています。
    宇夫方隆士画伯の作品2

    椅子も開演を待っています。
    開演を待つ椅子

    今回は、楠定憲が夜な夜なゴーシュの部屋に登場する動物たちを演じます。
    鼠の親子がそこに居ました。
    鼠の母

    山猫合奏団のblogの記事とは違うカメラで撮った花。
    こっちはSIGMA-DP2Merrill、あっちはNIKON-D5100、色調が全然違うね。
    プリモ芸術工房の花

    関連記事

    開館前のプリモ芸術工房に今居ます - 2012.10.31 Wed,18:43

    11/17に我らが山猫合奏団による久しぶりに東京公演があります。
    新しくオープンする小さなホールで、“セロ弾きのゴーシュ”を演奏するのです。

    目出度いことに、メンバーの1人、チェリストであり、“セロ弾きのゴーシュ”のゴーシュ役をも演じている、大島純が、ホールのオーナー、そしてプロデューサーとしてもデビューする記念すべき日でもあります。

    東京は、目黒区の洗足駅前(目黒線の改札を出たらすぐに見える)に開館する、その名も、
    プリモ芸術工房http://primoart.jp/)という所に来ています。(リアルタイム更新(爆))

    そして一番大事な備え付けのPianoは、彼の重要な共演者でもあり、僕も新日本フィルハーモニーなどで、良く共演する、Pianistの、加納麻衣子さん所有の、ちょうど今年で100歳を迎えるNEW YORK STEINWAYが置いてあります。
    プリモ芸術工房の100年前のピアノ

    今日は、ホールのオーナーと楽器のオーナーのお二人立ち会いのもと、試弾させてもらっています。

    上の写真にあるMAKERSという表記は、僕は沢山のSteinwayを見てきましたが初めてでした。
    音は、あまりNEW YORK製っぽくなく、なんとなくHamburg製っぽい感じがして訊いてみたらどうやら、元々NEW YORK製の楽器をHamburgにもっていってどうのこうの(爆)した楽器らしいです。

    楽器の事について少し書くと、実に品の良い音がする楽器で、実に気に入りました。
    いろんな音色が作れる、音のパレットの多い楽器だと思いましたし、サロンの大きさにはとても合っているサイズの楽器だとおもいました。

    本当にいつも思うけど、新しいサロンとかホールとか、「新品の楽器」を買う事が多いけど、僕が思うに、こういう古くて素晴らしい楽器を入れた方が、個性が出て良いようにいつも強く思います。

    100年前の楽器だけど響きは毎回新しい輝きを生み出して聴衆に届いていくはずです。

    このホールはきっと、この楽器の個性が「売り」になるホールになると思います。

    それと、横断歩道は渡る必要はあるけど、建物は駅の改札の真ん前だから視認性も良い位置に立っているから迷うことも無く、少々の雨なら走れば傘を差さないでもたどり着けるからアクセスも理想的。
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    時間を忘れて様々な曲を弾いています。

    会場には天井の低さからは想像できないくらいの豊かな響きがあります。
    最高です。

    昨日と今日は、カメラ小僧であることを忘れてしまいました。バキッ!!☆/(x_x)
    じゃない、pianistであることを思い出しました(爆)

    白石准としては、久しぶりに独奏のconcertをしてみたくなりました。
    でも、僕を知らない人がこの写真を見たら、ピアノ弾きが座っているのでは無く、清掃に来たようなおじさんに座って貰って写真を撮ったとしか思えないだろうなあ(爆)
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    前にも別の記事で書いた「譜面台」の話ですが(link先の楽器も同じ時代のNEW YORK製)、古い楽器のこう言った「素通し」の細工は実に演奏者にとって譜面台を降ろしたときと上げたときの差が無くて嬉しいし、楽器の品を感じるね。
    プリモ芸術工房で弾く白石准

    最後の写真と、ここからが追記。
    帰り際、ホールへの階段の登り口で、記念撮影。
    勿論、左側が、pianistの加納麻衣子さん、右側がゴーシュこと、cellistの大島純氏。
    この二人で、このホールを運営していくそうです。
    頑張れ。
    かのまいと大島純

    11/17の“セロ弾きのゴーシュ”の宣伝記事に関しては、家に帰ってから書きました。
    トラックバックに表示されています。
    関連記事

    2012/7/21新しいメンバーと配役で“どんぐりと山猫”を上演します。 - 2012.07.13 Fri,13:07

    高山&宇夫方来る2012/07/21(土)に六行会ホールという、東京の品川にあるホールで“注文の多い料理店”と、“どんぐりと山猫”の二本立てのconcertを山猫合奏団は行います。

    今回の“どんぐりと山猫”は、昨年11月以来二度目になる、宇夫方路(写真左)と、高山正樹(写真右)と僕の三人版です。

    宇夫方さんの“どんぐりと山猫”デビューの前回は、語り手三人版という新たな試みで、かつCelloのオブリガート付きでしたが、今回は語り手二人版の宇夫方版ということになります。

    彼女が一郎と語りを、そしてそれ以外の登場人物を高山正樹がつとめます。

    そして、昨年、拙作“セロ弾きのゴーシュ”と共に、「社会保障審議会推薦児童福祉文化財」として、厚生労働省から認可を得ることができた“注文の多い料理店”のオリジナル版の、語り手一人とピアノという形式で久しぶりに、高山正樹と僕で演奏します。

    この時期白石准は来日公演のWestside Storyの公演で弾いていますが、この日だけ別の方に代わって頂いて、これを弾く事になります。

    是非とも沢山の人に聴いて頂きたいと思いますので、どうぞ、いらしてください。


    六行会(「りっこうかい」と読むらしいです。)ホールの場所は、ここにmapがあります

    催し物の公式サイトもあるようです

    我々の情報はここにあります。
    「チルドレン・フェスティバル」という子供のためのお祭りの様です。

    山猫合奏団の公演日:2012/7/21(土)
    14時開演(13:30開場)
    17時開演(16:30開場)


    前売:一般2,500円,小中学生1,500円
    当日:一般3,000円,小中学生2,000円

    全自由席。

    チケットの予約などは近々方法を告知いたしますが、とりあえず、山猫合奏団の事務所のM.A.P.のお問い合わせ先のページをここに表示しておきます。

    なお主催者である、チルドレンフェスティバルの連絡先は、03-3471-3200です。


    このsiteでも
    “どんぐりと山猫”についてと、
    “注文の多い料理店”について、
    そして蛇足ですが、“セロ弾きのゴーシュ”についてのcategoryもありますので、まだご覧になってない方はどうぞ。

    以下、広告として、このページの流儀で主張してみます。

    注文壁画

    どんぐりin山猫の目
    関連記事

    名護市民会館の裏側には素晴らしいSeascapeが@山猫合奏団沖縄tour2011-23 - 2011.08.16 Tue,20:36

    8/3の公演を控えた8/2、この日は辺野古にある公民館の様な所で児童養護施設のための公演があったのだが、午前中、翌日の演奏の位置取りなどの打ち合わせに名護市民会館にやってきた。

    昨年もここで演奏させて貰ったのだが、その時は駐車場側から楽屋入り口を通っただけだったので気づかなかったのだが、この日二階に上がって事務所に行ったとき、なんと奥に写真の様なすばらしい海の色があることにみんな一様に驚き、高山正樹は左の事務所に入る前に直進してしまった。
    名護市民会館から見た海1
    おい、戻って来いよ。
    名護市民会館から見た海2
    お金を出す展望台じゃなくてもここで十分というLocationでした。
    ここから景色の写真はClickすると大きくなります。
    でかくした方がなぜか色が綺麗になっている様な気がします。
    名護市民会館から見た海3

    凄いなあ。
    名護市民会館から見た海4
    右側を見るとこうでした。
    名護市民会館から見た海5
    右後ろには別棟の建物が見えますが、これ自体素敵なデザインです。
    沖縄のこういった建物は台風への備えなのか、空気の通りの良い壁をしていますね。
    名護市民会館から見た海6

    関連記事

    白石 准atPiano@牛窓シーサイドホールby 島 隆諦氏2 - 2011.05.30 Mon,01:30

    白石准by島隆諦島隆諦さんの撮してくださった写真の続きです。


    白石准by島隆諦clickすると少し大きくなります。

    僕の撮した写真もそうですが、1の記事もそうですが、この写真は特に転載不可です。
    関連記事

    白石 准atPiano@牛窓シーサイドホールby 島 隆諦氏1@牛窓滞在2011/5-45 - 2011.05.26 Thu,11:38

    島隆諦撮影白石准monochrome15/12に岡山県の牛窓シーサイドホールで練習していたら、カメラマンの島 隆諦(Shima Ryutai )さんが周りのホールの写真を撮りに来ていらして、その流れで僕の写真もいくつか撮って貰いました。

    やっぱりプロのカメラマンの写真はすごいですね。

    島隆諦撮影白石准monochrome2もったいないので、あまり大きいサイズでは表示しませんがclickすると少々大きく見られます。
    これから小出しにしてご紹介していきます。
    公開は撮影者本人のご了解も得ていますが、転載は禁止です。

    関連記事

    2011/05/14,“白石准のピアノの部屋 in 牛窓シーサイドホール Vol.0”@牛窓滞在2011/5-17 - 2011.05.16 Mon,00:05

    今回、このブログを含む、牛窓シーサイドホールのWebsite(http://ushimadoseasidehall.jp)正式稼働のために、色々と実際に会ってやらなければならない作業をメインに、東京圏からやって来た白石准の、プレコンサート(正式には17日(火)の11時)が2011/5/14の14時からホールで行われました。
    喋る准
    17日がVol.1と銘打っているのでこの日の催しは、
    Vol.0ということにしました(笑)

    とにかく近所の方々に顔を覚えてもらうために白石准は東京でもやった事の無い試みをやりました。

    演奏する白石准20110514これは、たぶん、スクリアビンの「左手のために前奏曲と、夜想曲」を弾いているところですが、この様にまじめに演奏した事は勿論なんですが、、、続きは追記に書いてあります。


    関連記事

    Mingle Live@京都Moderntimes2011/04/15 - 2011.04.18 Mon,15:32

    2011/4/15(fri.)は4/8の東京に引き続き、京都でMingleの明石敏子さんの代役で出てきました。

    このwebsiteのmingleのcategoryはここ

    まず店に入ってsetting。
    レトロな感じの店なので色調もちょっとレトロ(nostalgic)にしてみました(爆)
    Mtimes20110415-2436

    反対側のカウンターの辺り。
    Mtimes20110415-2442

    Mtimes20110415-2503小田島saxSaxのwarm-up中の小田島氏。

    Mtimes20110415-1338kao昭和の香りがする画調になりました。Vl.のkaoちゃん。

    今度はFluteを吹いています。
    Mtimes20110415-1343小田島fl.

    Sax。
    Mtimes20110415-1345小田島sax

    piano@明石敏子さん@belokamensky。
    Mtimes20110415-1352准

    関連記事

    一郎と馬車別当の会話@12/12の山猫合奏団の“どんぐりと山猫”に向けて - 2010.12.11 Sat,08:46

    山猫合奏団RH20101210-2昨日は12日にある山猫合奏団のコンサートのためのリハーサルでした。

    今回は宮沢賢治原作の僕が作曲した“どんぐりと山猫”をマルチ・リード版でやるのですが、マルチ・リード奏者の大下氏は今日からの参加なので、まず事前に人見共さんと「スノーマン」のRehearsalをして、それから写真にあるようにいつものメンバーと“どんぐりと山猫”をやりました。


    山猫合奏団RH20101210-1この場面は、一郎(今回は左の高山正樹が一郎と語り)が山に入っていっていろんな動物と会ってさんざんめちゃくちゃな方角を指示されて、やっとたどり着いた原っぱで馬車別当(今回は右の楠定憲が一郎が出会う山猫や馬車別当を含むすべての生き物を担当します)と出会い会話をしているところです。


    山猫合奏団RH20101210-3高山:そこんところ、そういう風に言われるとこっちがやりにくいんだよ、、、

    最近はきのこの楽隊の部分では、かならず、楠氏のトロンボーンが一瞬演奏されますから、今回他の楽器も入ってくるわけでどんなことになるのか実に楽しみです。

    マルチリード版は世界初演になります。


    関連記事

    かつてここが僕の個人的なコンサートの始まりだった - 2010.09.29 Wed,23:13

    准@Ensembleたしか30歳になったころだから今から20年以上まえのことになる。

    自分に来る仕事が伴奏ばっかりで、もちろんそれは自分の生きる道だったし、その年月があったからこそ、今のアンサンブルへの経験値として大事なことではあったのだけど、たまには共演者の事をおもいはからず思いっきり独奏でフォルテを出したい(最初は歌が多かったから)とか思っていた(爆)

    ちょうどそこのころ、東京の目黒区というと東京生まれでも場所を勘違いするのだけど、渋谷の近くの井の頭線の駒場東大前という駅から、東大とは反対側に行ってバス通りにでてすぐ右にカフェ・アンサンブル(http://www.cafe-ensemble.com/)というのが出来た。

    それはひょんなことで知り合ったご家族が経営するもので、何回か通っている内に、そこで小さなコンサートを始めることになった。

    それが、しゃべりながら弾くというスタイルを始めたきっかけ。
    だって、30人くらいしかはいらないところだったから、目の前に居るのに黙って弾くのはおかしいとおもったから(爆)

    これは別にコンサート中ではなく、知り合いのカメラマンと一緒に遊びに行ったときに撮って貰ったもの。

    髪は黒いし若かったね。

    写真だけ見るとクラシックではなく、ジャズの人みたいだ(爆)

    でもなかなか写真としては良い構図。

    ああ、久しぶりにハイネケン飲みたくなった。

    関連記事

    牛窓シーサイドホールのこけら落とし前にスタインウェイを弾いて来た(加筆再投稿) - 2010.09.10 Fri,09:58

    牛窓シーサイドホール013山猫合奏団の岡山でのコンサートの翌日、牛窓の服部邸の米蔵を改造してできた
    牛窓シーサイドホール
    に友人の奥山茂氏と訪れました。

    牛窓って日本のエーゲ海と呼ばれているらしい。

    本当に美しい場所でした。

    海の写真はこの記事の下側に表示されているトラックバックにある別記事で。


    東服部邸1畑からの全貌まず、岡山市内からどのくらいだったろう、小一時間ってところだろうか、いよいよ近くに来たら、畑の奧に、巨大な敷地の建物が見えました。

    あれば全部一つのお屋敷だそうです(驚)

    もしかしたら全部はフレームに入ってないかも。

    もちろん、パソコンでは、クリックすると写真はでかくなって見やすくなります。


    東服部邸2倉正面に廻ると、蔵が。

    ううむ、りっぱな「びっくり顔」に見えるぞ。

    もともと材木関係の会社だそうです。


    東服部邸3駐車場から車を停めた駐車場からの眺め。

    もちろんこの駐車場も持ち物。

    上の蔵も見えますが、本当は二つもあったね。

    その右側の倉が最初の写真です。

    もともと米蔵だったそうです。

    左側はなんなのかは後ほど。


    東服部邸4ヨットハーバー駐車場の背中側はすぐに海でご自分の船があって(この桟橋自体ご自分のもの)、今度来たときには乗せてくださるそうです。


    牛窓シーサイドホール入り口蔵の中はあんなに広いのに入口は人が一人通れるだけの狭い通路でした。

    これは蔵だった故の構造なのかな。


    牛窓シーサイドホール全室美術館細い入口を入ると、まず、絵画やオブジェの置いてある「前室」に入ります。

    ここは、先ほどの蔵の左側の部分だね。

    音楽だけではなく、美術にも解放しているのがなんともよいじゃないですか。


    牛窓シーサイドホール絵画中国の方の作品だそうですが、飾ってありました。


    牛窓シーサイドホール001はいってみました。

    ファーストインプレッションは、すげえ、のひとことでした。

    個人的には、神奈川の真鶴にある、吉祥院の休憩所のイメージにちかかった。

    でも檜ではなく、ここは松だそうです。

    そういえば、最近訪れてないな、吉祥院。

    龍谷寺を白石准の本拠地にする前は、みんなで良く行ったものです。


    牛窓シーサイドホール002天井を見てください。

    すごいでしょう。


    牛窓シーサイドホール003ピアノに座って逆を向けばこの通り。

    天井の梁なんて、一本だもんね。

    これをつくった大工さん達、ここはもう100年以上前のものらしいけど、どうやってこの大木を天井まで持ち上げたのかなあ、、、。


    牛窓シーサイドホールSteinway1さあ、いよいよピアノとご対面です。

    このSteinwayは日本で良く見かけるハンブルグ製のものではなく、ホロビッツも愛したニューヨーク製です。

    ニューヨーク製のスタインウェイは、ハンブルグ製や他のメーカーの譜面台とは逆になっていて、手前から奧に立ち上がります。

    ゆえに、譜面台の角度は調整できません。

    正確には知らないけど、日本のホールではたぶん、99%と言っていいほどの割合で、スタインウェイが置いてあったらハンブルグ製と相場が決まっていますが、そういう意味では珍しいのです。

    印象的なニューヨークスタインウェイのあるホールは、ぱっと思い出すと、東京三鷹の風のホールだったか、あの津堅さんの「鮭」を録音した場所と、神戸のホールに佐渡裕と京都市響と行ったときにあったな。
    他にもあるだろうけど(たしか玉川学園のチャペルにもあって一度弾いたけど)直感的に思い出すのがそこだけというくらいだから、やっぱり僕が訪れた様々な場所のホールやそうじゃない場所にしても割合は少ないのです。
    (あ、良く数年前まで出ていたトナカイも小さいけどニューヨークのものだったね)


    牛窓シーサイドホールSteinway2実は、ここのご主人が、この間ニューヨークに行ったときに、衝動買いをしてしまったそうです(爆)

    2000万円だって(爆)

    僕は専門家じゃないからあまり詳しく書けないけど、ハンブルグ製とニューヨーク製のスタインウェイは、ハンマーの出来方が根本的に違うみたいで、ハンブルグ製になれていてニューヨーク製を知らない調律師がハンマーをいじると大変なことになるというのは聞いたことがあります。

    ハンブルグ製はとても固く作ってあって、それに針を入れて柔らかくして、調整するようで、ニューヨーク製はとても柔らかくてそれをなんかあとで固くする方法(薬品をかけるのか他の方法かしらんからそれは今度聞いておこう)をとるらしく、だから、時々見かけるニューヨーク製のそれがあまりピンとこなかったりするのはそのせいだと聞いたことがあります。

    調整が難しいらしいね、ニューヨーク製のスタインウェイは。


    牛窓シーサイドホール准007さあ、弾こう、そうだな、ちゃんとしたピアノは先月のケンツビッチ音楽祭以来弾いてなかったことに気づきました。(爆)


    牛窓シーサイドホール准021しつこく、別アングルも。


    牛窓シーサイドホール運008ほんと、最近見慣れない、お尻の長いピアノで弾く白石准(爆)

    しかし腹の出方がはんぱじゃない。おい、食い過ぎだ。

    しかし、やっぱり艶消しのスタインウェイって良いね。

    昔は全部艶消しだったのに、最近、ハンブルグ製は、みんなつやつやして光ってるから、実はこの艶消し意外なところで重宝してるんですよ。

    オーケストラで協奏曲をやるとき、蓋を全開にすると、後ろで弾いているホルンなんかの人などが照明が反射してまぶしくてしょうがなかったりするのです。

    艶消しならそんな心配ないし、第一渋い。

    他のメーカーがそういう風でないからなおさら格好いいと思う。

    でも、たしか、シエナの誰かに聞いたけど、地方公演に行ったときのアンケートで、「予算が足りないのは同情するが、ピアノぐらいは磨いておけ」というものがあったそうで、それって、古いスタインウェイだったから、もともと艶消しだったのね(爆)

    ピアノは光っているというのが定説だからな、、、。

    そしてトイレを借りようと外にでて、またびっくりなものが、、。(追記に続く)



    関連記事

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    日本語→英語自動翻訳

    Japanese to English

    English English得袋.com

    Profile

    白石准


  1. あまりに雑多なブログなので、特定のテーマだけに興味のある方は、この下にあるCategory別にご参照下さい。
  2. ほとんど噴飯百科事典になりつつあります(爆)
  3. twitterもFacbookもmixiもやめてしまったので、記事の更新をリアルタイムでお知りになりたい方はRSSをbookmarkにご登録下さい。
  4. このBlogをWindowsでご覧になっている方々は、IEでブラウズすると、写真の廻り込みのtextのレイアウトがめちゃくちゃになることが分かっていますのでお勧めできません。GoogleのChromeで見るとそれが正常になります。
  5. Infomation

    ★昨年秋に、草野心平記念文学館で演奏するために書いた詩と音楽の作品、まだ数回の本場でしか披露していませんが、今年の創作欲に繋がるきっかけになるかもしれません。
    このサイトと共に山猫合奏団公式サイトも宜しくお願いします。
    個人のtwitterはやめてしまいましたが、時々山猫合奏団のtwitterの中でつぶやくこともありますので、宜しくお願いします。このコラムの下の方に最新数件のものが表示されています。
    ★白石准のWebsiteのHomepageは以前は、http://shiraishijun.netでしたが、今は
    http://shiraishijun.jpになっていますのでご注意を。

    Lc.Tree Category(Index)

    白石准@牛窓シーサイドホールプロフィール用

    白石准の写真を大きく見られるsite

    以下は最近一番投稿している、というより、blogよりはっきり言って情熱を注いで居るPHOTO蔵のもの。 こちらの方が更新は頻繁になってます。 ここに出ている写真がほとんどこのblogの記事になるので、こちらを先にご覧になった方が良いかも知れません。

    以下はPHOTOHITOのもの。 こっちでは、一眼レフの場合、どのレンズを使っているか(Exif情報)とかは鮮明に判ります。

    PHOTOHITOブログパーツ

    PHOTO蔵もPHOTOHITOもこのblogの写真と連動しているものがほとんどです。(blogの方が間に合ってないことが多いです(爆))
    写真によっては撮影場所がGoogle Mapとリンクしているものもあります。

    Recent Article

    Comments+Trackback

    Comments<>+-
    Trackback <> + -

    Tags

    (記事の中のキーワードで検索する時にお使いください。)

    NIKON-D5100で撮りました 顔に見えるもの cityscape RICOH-CX3で撮りました CANON-EOS_KissXで撮りました  funny 東京都 landscape  NIKON-D5100  神奈川県 龍谷寺 SIGMA-DP2Merrill   architecture 葉っぱ 僕の作曲  山猫合奏団 妙な看板 monochrome 宮沢賢治 @Discover神奈川県相模原市 SIGMA-DP2Merrillで撮りました 動物園 SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001で撮りました 岡山県 Fuji-FinePix2500Zで撮りました  横浜 動物 lighting CANON-PowerShotG10で撮りました 牛窓 静岡県 CASIO-EX-FH20で撮りました macro SIGMA-DP1sで撮りました art sky  CANON-EOS_KissX nostalgia  RICOH-CX3 Musical 八王子 白石准 紅葉 night  どんぐりと山猫  sunshine sunset 掛川花鳥園  Tokyo winter concert CANON-EOS_KissX3で撮りました 京都 flowers 金属系 俯瞰 SONY-DSC-HX100Vで撮りました 人間 piano 新宿 楽器  沖縄県 セロ弾きのゴーシュ SIGMA-DP1s metallic ちいたま 室内 渋谷 retouch animals  reflection RICOH-CX6で撮りました birds  Kannon diorama  初めて知った漢字の読み書き food 鉄塔 新宿御苑  like-a-face 昭和の香り  公園 Yokohama story autumn 鍵盤  bridges music overlook Olympus-E-PL3 temple 井の頭自然文化園  orchestra pink 動く SANYO-Xacti-HD2で撮りました 赤レンガ倉庫 手造   zoo 庭園 RICOH-CX6 大阪府 神社 薔薇 Recording 宮崎県  Xmas 鳥居  相模原北公園 白石准の演奏姿 SD15 山梨県 50mm単焦点マニュアルレンズで撮りました clouds SONY-DSC-HX100V Lumix-DMC-GX1 leaves 富士山 飛翔 階段 子供 印象的な看板 human sea   trumpet history CASIO-EX-FH20  雨粒 服部牧場 Okinawa trees toilets  tower 植物園 片倉城跡公園 イギリス館 噴水  twilight 注文の多い料理店 京都府 相模川 soccer CANON-PowerShotG10 stations railways  きゃらめる カラス  演奏会場  富山県 river 黄昏 people  Ferris-wheels cats 静物 snow  梅田 Fuji-FinePix2500Z 乗り物 insects  tulip 杉並区  栗鼠 rusted SonyEricsson-Cyber-shot携帯S001 枯れて綺麗なもの  立山 autumn-leaves swimming Osaka Kyoto 赤坂 moss 百合 有楽町  名古屋 spring iPhone4で撮りました むすび座 飛行機 歴史   牧場  愛知県  info orange the-last-century parks 西洋館 dogs 飛騨高山 ぼけ写真 枯葉 栃木県 とちぎ花センター  兵庫県 Mingle celesta tree 東大寺 紫陽花 Kanagawa films absence water 東山動植物園 秋桜  楽寿園 skytree manhole summer 河口湖 オツベルと象 SL 福島県 love 鉄道 owls aquariums 富士サファリパーク arts narcissus 単焦点 instruments   technic 昇仙峡  羽村動物公園 movie red 宮ヶ瀬湖 県立相模原公園 奈良 pigs みなとみらい SANYO-Xacti-HD2 lakes 美ら海水族館 音楽 yellow Germany  kingfisher 小石川後楽園  山羊 Roland  white crane 城山湖 moving silhouettes temples children man-made tunnels   墨田区 不在 知多湾  morning 相模原市 pond falls factory 爬虫類 麻溝公園 concerto 訃報 サイガバレエ 小宮公園  岩手県 えびの高原 八重洲 contrast mountains Foveon セキレイ 巡礼 大磯城山公園 dam さがみ湖プレジャーフォレスト 水族館   蜻蛉 みゅう 韓国 CANON-EOS_KissX3 両生類  scrap ダリア   iTunes hotel moon  アルテリッカ joke  長野県 劇団あとむ 町田市 朝露 黄色 一歩 135mm単焦点の中古MFレンズで撮りました 木漏れ日 黒部ダム ponds  汐留 考える NIKON-S700で撮りました 横浜中華街 concerts Islamic Steinway 東京駅 天王寺動物園 シーサー 浜離宮 garden liquor 三重県 カンガルー 教会 根性植物 曼珠沙華 椋鳥 lesson  cat お地蔵様 park キジムナー・フェスタ サンシャイン水族館 狛犬 浅草  my-father's-photos shadow swim peoples 秩父 正露丸 韓国の日本語表記 rare SIGMA-DP2Merril 六本木 Tokyo-bay  遠近法 東京ジャーミイ 変な建物 photo話 最乗寺  螺旋 蜘蛛  多摩動物公園  ズーラシア blue 富士花鳥園  向日葵 銀座 埼玉県 睡蓮 ラ・フォンテーヌ fail flower 三菱一号館 HDR 境川 railway 東京 自転車 USA 言語 Miyazaki Shinjuku Mt.Fuji glass モスク graveyards green SIGMA-DP1Merril 蚤の市 fishes gardens 根岸競馬場跡 architectures 青山 谷中 信号機 ノウゼンカズラ ゴジラ 演奏場所 パチもの 丸の内 f1.4 Halloween 高千穂 公孫樹 mushrooms 演劇 Wien bell  ススキ 仏像  日比谷 youtube 群馬県 cycling メディアに取り上げられたこと 岡山後楽園 枯れた蓮 technology 大阪城 観音 silhouette  sunrise Clematis MF パチンコ 28-80mmの中古レンズで撮りました 理科 horses rabbits   山手111番館 Andre_Henry 皇帝ダリア toriis ガラス ダム スリービーチ製310mm-600mmレンズで撮りました 首里城 東京国際フォーラム PaxCrossOver 池袋 酔芙蓉 蒲公英 台風  YouTube France square_piano 東京Tower 線路 揚羽 pigeon Boesendorfer  カマキリ 外国 施食会 amateur flying DigitalPiano 編曲 WestsideStory Trumpet  寺子屋 fire stones smile 大宮八幡  京都市交響楽団 sheep 水中 grasshoppers black shrines mannequin wood rainbow cars move 屋根 神戸花鳥園 Hiroshima 大久野島 whale_sharks Nagoya アンドレ・アンリ 下北沢 reptiles 板橋区 銭湯 逆光 遊園地 吉祥寺 自動車 island Tokyo-tower gold 水面 達磨 藤野 ペンギン synchronized 動画 上野動物園 サボテン 牡丹  工場 川鵜  アルパカ 空港 steampunk レンガ エーデルささゆり 御茶ノ水 皇居 麒麟 帆船 仙台 親子 ハナミズキ 所有物 海遊館 流し撮り mirror 宮沢賢治展 美術館 岐阜県 かもめ  沖縄 シエナ・ウィンド・オーケストラ 陽光  animal pine 和田堀公園 箱根 二条城 江ノ島 廃墟系 空中写真  ivy 古墳 鹿 instrument aquarium ルミナリエ 上高地 MyComposition Foveon_Classic_Blue windows 招き猫 照葉大吊り橋 真鶴 ruins dragonflies 卒塔婆 downtown hippopotamus stairs spirals sleeping Illuminations DP2 SIGMA Merrill MFレンズ 睡眠 slow_shutter stories purple helicopters airplanes Shibuya gull crows  長屋門公園 透過光 絶滅危惧種 フィルム写真から 硝子 Chita-bay プリモ芸術工房 三嶋大社 床屋 organ 辺野古 ship Tokyo-Rainbow-Bridge road ドライフラワー car indoor Yokohama-Bay-Bridge bike 千葉県 正月 ceiling ハイビスカス   大阪 嵐山 道志川  朝顔  赤外線 模型 独奏  インコ 煙突 アシカ symmetry 野毛山動物園 Erard Bechstein 岡本太郎 清水寺 松島    宮城県 横浜マリンタワー   羽田空港 お台場 山科 心斎橋 鶏頭 表参道 石川県 金沢 原宿 秋葉原 絵画館 外苑 小物 誕生寺 ホウジャク 広島県 七沢森林公園 dance crow 精進湖 dragonfly 神戸 草野心平 bridge 京都府立植物園 飛行機雲 高山正樹 津堅直弘 新日本フィルハーモニー insect 楠定憲 Piano 津山 山口県 rose rain spiral シマウマ  鸚鵡 髪切虫 BIKE 幻冬の詩 神楽坂  reflections 菖蒲 黒鳥 多摩川 bicycle 八王子市 東京湾 turtle 八王子車人形 山猫 Guys&Dolls keyboards 神奈川  お盆 四天王寺 candle chimneys 吉祥院 towers asses lions trolley_bus trumpets ropeways Nara 透明人間 cigarettes bricks roofs dark ice_needles woods fishings 古宇利大橋 jellyfishes meerkats ジオラマ 鉄道模型 椿 lights Olympus-E-M5 Story 自衛隊  @親父の撮った写真から farms shadows RICOH-CX4 halls deers chameleons blue_rock-thrush jeu_de_timbres airports Santa_Claus roller_coaster 東林寺 原鉄道模型博物館  カラー(花) cembalo 壁画 コウノトリ  Shiodome Tokyo-International-Forum iPhone4 神話 横浜DockyardGarden 野牡丹 小学校 movies  記念撮影 旅客機 物真似 sepia 28-80mmの中古MFレンズで撮りました Ushimado 草野心平記念文学館 doors Okayama koala bench still-lifes bottle pigeons ropeway seal Tokyo-Sky-Tree turtles farm street-lamp Arashiyama Tokyo-Gate-Bridge Sunshine-aquarium Kobe paint Sendai Matsushima beach Hackbrett dolls illuminations winte performances  photos skating Ginza earthquake fighters bicycles pansies ToyPiano ToyPianos dams islands keybords squirrels fishing battles tulips buoys Dance snowman surprise tablephoto fennecs walnuts cityscapes fliers sonw organs lover objets Sinjuku cicadas lens sunshines 枯れた moths ducks wooper‐looper amphibians otters education buds stingrays stars maras capybaras 檜ホール icstruments table 古本屋 Silhouettes Youtube 蝋梅 mannequins bamboos fisshs Japanese_blue_magpie raccoon_dogs raccoons vines spiders foods dragons Ninja apples icicles asteroids dolphins fountains sea_lions singing XmasTree flamingos cable_car Caramel 135mm単焦点の中古MFレンズ ムラサキシキブ photo Pipe-Organ Cheetama アトリエ萌 リス  三渓園 ピンク jupiter8 chain 自分の作曲 E-PL3 Olympus DP Mt.FUJI lock 配管 車両 横浜開港記念館 ダンス  Olympus-TG-3 Olympus-E-PL5 三輪車 Olympus-EM5 Architecture Jupiter8 Musician DIGNO2 slowshutter 玉暈け 八ヶ岳 白黒  モノレール SIGMA-DP!Merrill 那覇 レトロ sunflower 等々力渓谷 monpou cocert  sprinkler stove running 碍子 変電所 白石 platforms mirrors reflectons table_photos Landscape storms landscapes 街灯 hat tortoise advertisement solo 井手詩朗 illumination 山之口貘 Lion Like-a-face donkey 東山動物園 花虻  gerbera 兵庫 retro laughing neon brown 墨絵 gazing glasses 

    (新しい記事には極力付けるようにしていますが、全記事検索にはほど遠い状態ではあります。
    少しずつ古い記事にもtagを付けていく所存であります。
    検索しやすいように日本語でtagを付けていましたが、URLにすると、メールなどで、日本語の部分を認識してくれないことが判りましたので、今は日本語で書いた方が良いと思われる地名や固有名詞以外のものは英語に書き直していますが、勿論一辺には出来ないので同じ言葉が日本語と英語で別れているという妙な事になっていますが、追々統一したいと思います。)

    My Works

    iTunes Storeで配信されている、僕の作曲した作品です。
    両方とも宮沢賢治の物語を元に「語りと音楽」による編成で作曲されています。
    “どんぐりと山猫”については、ここ
    “セロ弾きのゴーシュ”についてはここ
    に補足説明があります。
    これらの作品の生演奏のオファーも随時ここで受け付けています。

    二つの作品のうち、“セロ弾きのゴーシュ”はこの真下の欄にあるようにCDとしてもリリースしました。

    お断り

    commentやtrackbackは記事そのものに直接関係ない(記事が取り上げていることに関連があったにせよ)と僕が判断したものは断りなしに削除させていただきますし、頻発する迷惑投稿を拒否するために認証後反映する時もありますのでご容赦。

    PhotoはものによってClickすると写真共有サイトや、そのまま大きいサイズで見ることができます。

    様々なテーマについて投稿することにより将来的には一種の白石准の百科事典のような「作品」に成長していくことを期待しています。

    検索フォーム

    Link

    このブログをリンクに追加する

    山猫合奏団のTwitter

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    02 | 2024/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    + アーカイブ
     

    RSSフィード

    Mail form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: